サルデーニャ島への行き方(ロンドン経由LCC利用)

さて、再び2017年の夏休みの話に戻ります。

サルデーニャ島への行き方については最初ちょっと悩んだのですが、
いちばん安くて手間も少ない(と思うかどうかは人による)ロンドン経由にしました。
相方も私も、まだ知り合う前にイギリスに何年か住んでいたことがあって、
10年以上ぶりのロンドンです。一緒に行くのは初めてです。

ちなみに王道はアリタリア航空でミラノかローマ経由でしょうか。お値段は高めです。

【往路】
9月15日 
12:55 成田空港発 British Airways
17:30 ロンドン・ヒースロー空港着

この日はもうサルデーニャ島に動くのは難しいので、ロンドン泊です。
Heathrow Expressでパディントン駅に出て、そこからタクシーに乗ります。
次に利用する空港がガトウィックなので、ヴィクトリア駅近辺のホテルにしました。
ヴィクトリア駅からGatwick Expressというのが出ていて空港まで1本で行けるのです。

e0190984_12183638.jpg
9月16日
Premier Innは、朝ごはんの美味しいホテルでした。
イングリッシュブレックファーストってこんなに美味しかったっけ?というくらい。
10ポンドで食べ放題なので、ロンドンの物価からするとリーズナブルです。
e0190984_12211133.jpg
せっかくだからもう1泊しよう、ということで丸1日ロンドンで遊ぶ時間をとります。
バラマーケットに行ったり、
e0190984_12300010.jpg
少し郊外のリッチモンドまでわざわざラグビーの試合を見に行ったり、
e0190984_12311176.jpg
シェパーズブッシュの巨大なショッピングモールに行ったりしました。
私が住んでいたころ(1998年から2000年まで)はなかったものです。
バラマーケットにしろシェパーズブッシュにしろ、昔はいまひとつ治安の悪いイメージだったところが、すっかりおしゃれになって若者や観光客でにぎわっているのが印象的でした。

9月17日
12:55 ロンドン・ガトウィック空港発 easyjet
16:35 オルビア空港着

e0190984_12344705.jpg
オルビアからサンタ・テレーザ・ガッルーラまで小1時間かかります。
私たちのアパートLa Contessaには事前に到着時刻を伝えておきました。

【帰路】
9月26日
10:45 オルビア空港発 easyjet
12:15 ロンドン・ルートン空港着

この日もそのままヒースローに移動して日本行きの便に乗るのは大変なので、再びロンドン泊。
ルートン空港からは、特急列車1本でセントパンクラス駅に出られます。
車窓にはイギリスらしい牧草地が広がります。
e0190984_12224649.jpg
羊もいた。
e0190984_12230159.jpg
セントパンクラスの駅に着いたら、どこだかわからないくらいきれいになっていて驚きました。
e0190984_12222168.jpg
セントパンクラス駅の近くのホテル、Studio2Letに泊まります。
e0190984_12242162.jpg
便利な場所にあるのに静かで、お部屋はせまいけどきれいで快適でした。
e0190984_12240786.jpg
何番地か覚えておかないと、あとからわからなくなるので要注意。
e0190984_12243925.jpg
かつて私が通ったロンドン大学が近所なので、構内を散歩したり、
(ちょうど新学期でものすごく混んでいました。古いカフェテリアもそのままでした。)
e0190984_12263050.jpg
リージェントストリートで相方のシャツを買ったり、夜はサルサバーに行ったりしました。
e0190984_12503353.jpg
9月27日
15:45 ロンドン・ヒースロー空港発 British Airways
翌11:25 成田空港着

帰国当日は出発まで時間があるので、特に目的もなくそのへんを散歩して、
e0190984_12474637.jpg
こういうどこにでもある「なんとかスクエア」が美しいなと思ったり。
e0190984_12473016.jpg
久しぶりの地下鉄に乗って(乗らなくてもいいのだけど)
e0190984_12475985.jpg
コヴェントガーデンをぶらぶらしたりして過ごしました。
e0190984_12543939.jpg

e0190984_12270672.jpg
というわけで、ロンドンには行きと帰りで合わせて3泊しました。
9月のわりにはお天気もよく、寒すぎず、もちろん南国のサルデーニャとは空の色も太陽の力強さも全然違うけど、これはこれで楽しめてよかったです。

[PR]
by hadleywood | 2018-07-14 13:02 | イギリス | Comments(0)

海外暮らし10年、訪れた国30ヶ国以上、紆余曲折を経て、語学教室の経営と外資系企業の法務部勤務をこなす日々☆旅行、美味しいもの、日々のいろいろ、ラテン音楽・サルサなどなど☆


by hadleywood