おすすめ☆マッダレーナ諸島めぐり(美味しいランチつき)

サルデーニャ島の北部に滞在したら、ぜったい外せないのがマッダレーナ諸島めぐり。サンタ・テレーザ・ガッルーラの街にもいろいろな場所(お土産屋さんとかスーパーとか)にツアーのパンフレットが置いてあります。ツアー会社によって航路や料金は少しずつ違いますが、おおざっぱに言うとこんな感じ。
e0190984_17132832.png
La Contessaの管理人兼コンシェルジュのローラに聞いたら、適当なツアーを見つけて電話をしてくれました。現地の言葉で電話で予約というのは旅行者にとってはなかなかハードルが高いので助かります。翌朝、車で港まで行くと、私たちのツアー会社のブースがありました。
e0190984_16395688.jpg
船に乗り込んで、さあ出発!まだ朝早いので空気は冷たく、風が気持ちいい。でも日差しは強いので要注意です。
e0190984_17410497.jpg

それでも屋根のない甲板の上が満席で、船室の中は人もまばら。さすが日焼けを気にしない(というかむしろしたがる)ヨーロッパ人。日本だったらぜったい逆だろうになぁと思います。
e0190984_16403030.jpg

マッダレーナ諸島に近づくと、小さな島の近くにヨットがたくさん停泊しています。みんなどこから来ているのでしょう。
e0190984_16421828.jpg
最初の島、サンタマリア島に到着。みんなと一緒にぞろぞろと船を降ります。何時に戻ってくればいいのか、船員さんに聞いても返事はイタリア語のみ。壁のボードに書いてある数字を指差してくれるのだけど、その数字も微妙になんだかよくわからず。時間を表すイタリア語くらいちょっと覚えてくればよかった。というか、こういう商売をしてるのだから、船員さんも英語の数字を学んでみるというのはどうだろう・・・。
e0190984_16514100.jpg
透明な海!透明すぎて水中眼鏡いらないんじゃないかというくらい。ちょっとまだ水が冷たいので、私たちはビーチでのんびり過ごしましたが、みなさんザブザブと水の中に入っていきました。
e0190984_16435187.jpg
船に戻ると(ちゃんと時間通りに戻れた)魚介の美味しそうな匂い。ランチタイムです。甲板にいた人たちもみんな船室に入ってきて、船員さんがワゴンでパスタを配って歩きます。プラスチックの容器に大きなお玉でどちゃっと入れてくれるので見栄えは悪いけど、これがものすごく美味しかった!

トマトソースにこれでもかというくらいエビの味が染み込んでいて、ちょっと自分では作れない味です。これを人の3倍くらい(おかわりができるので)食べた相方は、この旅行でいちばんこれが美味しかったと言っています。
e0190984_16441874.jpg
午後は、マッダレーナ諸島の中心地であるマッダレーナ島に向かいます。この日の海は本当に穏やかで、ヨットやクルーザーがたくさん。海賊船みたいにドクロマークの旗を掲げたヨットもいます。
e0190984_16450247.jpg
マッダレーナ島に到着しました。絵本に出てきそうな古い港町が出迎えてくれます。ここに停泊しているのは漁船かな?
e0190984_16453643.jpg
島に上陸して街を散策します。南欧らしく建物の色が鮮やかで、ちょっとした路地にも趣があります。
e0190984_16471415.jpg
こんなピンクなエリアも。それにしても細い小路と階段ばかりで迷子になりそう。
e0190984_16470027.jpg
これは市役所か何か?
e0190984_17441222.jpg
迷路を抜けるとこんな広場も。
e0190984_17443087.jpg

カフェで相方と一杯だけコーヒーを飲んで船に戻り、最後の目的地はまた別の、スパルジ島です。ここも海の色が本当にきれい。水に潜ると、水中の世界をずっとずっと遠くまで見ることができます。地中海なので熱帯魚はいないけれど、魚もたくさんいます。
e0190984_16511193.jpg
そして相変わらず水が冷たい!同じツアー仲間のおじいさんたちが3人、ご機嫌な様子で水に入って行って、大きな声で歌い始めました。完全な酔っ払いで、あ、そうか、さっきのランチでワインを飲んだんだ、ということに気づきます。ちょっと気合いを入れないと飛び込めない水温の海で、お酒が入った、70代かそれ以上と思われるおじいさんたちが歌っている・・・。いろいろ心配になりましたが、とりあえず大丈夫だったようです。

島の反対側の小さなビーチ。海の色がちょっと違って、ここはエメラルドグリーンです。
e0190984_16521154.jpg

その後は一路、サンタ・テレーザ・ガッルーラの街へ戻ります。
朝から夕方まで1日がかりのツアーで、ランチもついて、おひとり様50ユーロ。物価の高いヨーロッパにしてはリーズナブルだと思うし、相方と私がよく行くハワイだったら(こういうツアーには参加したことはないのだけど)たぶん半日ツアーくらいの料金じゃないでしょうか。

いずれにしても大満足!
マッダレーナ島には車をフェリーに乗せて訪れることも可能ですが、複数の島をホッピングしてくれて、上陸しない島についてもいろいろ説明してくれて(イタリア語だからわからないけど)、お得なのではないかと思います。おすすめです。


[PR]
Commented by trutina at 2018-07-01 20:34 x
美しい海ですね。
良い台詞ではありませんが「紅の豚」でアドリア海を「海も陸も見かけはいいがな、この辺りはスッカラカンなのさ」というのがありました。あの海のようです。
半島の西と東じゃ違いも大きそうですが。遊泳には適さないのでしょうか。
偉丈夫の白人とは決して同じことができると思ってはいけない、の典型例ですね。(飲酒海水浴)

これ、アイランドホッピングというやつですね。結構近くて同じようなのに島ごとに様相が違っていて楽しかった覚えがあります。昔モルジブでやりました。
いずれにせよ素敵ですねぇ。
Commented by hadleywood at 2018-07-03 17:20
> trutinaさん
そうそう、紅の豚っぽいかもしれません。スッカラカン・・・笑。海がきれいで食べ物が美味しくて、何もないけど長生きできそうな(実際、長寿の島らしいです)そういう感じですね。

アイランドホッピングです、まさに。似ているけど違う島々、ひとつひとつ訪ねてまわるにはちょっと手間がかかりすぎるようなところを一気に巡ってくれるので助かります。ビーチは基本、穏やかな遠浅で遊泳には向いていますが、水が冷たいので元気な人(飲酒おじいさんのような)限定です。
by hadleywood | 2018-06-27 16:38 | イタリア | Comments(2)

海外暮らし10年、訪れた国30ヶ国以上、紆余曲折を経て、語学教室の経営と外資系企業の法務部勤務をこなす日々☆旅行、美味しいもの、日々のいろいろ、ラテン音楽・サルサなどなど☆


by hadleywood