ディズニー映画「アナと雪の女王」(原題:Frozen)

今年話題のディズニーのアニメーション映画といえば、
3月公開の「アナと雪の女王」です。
去年の「モンスターズユニバーシティ」にしても「シュガーラッシュ」にしても、
映画館へ行くほどの興味は湧かなかったのに、
(といっても、DVDを観たらどちらも予想外に面白かったけど^^)
今回は映画を観にいってもいいかなと思うくらい、気になっています。
評判もかなり良いみたいだし。



「Let it go」という挿入歌をIdina Menzelというミュージカル女優が歌っていて、
(ドラマ「glee」で主人公レイチェルの実の母親役だった人です^^)
これがとても素敵なのです。歌詞もいい。
ディズニー映画のヒロインって、昔は王子様が迎えに来るのを待つだけだったけど、
最近はみんな意志が強くて自立していて、やはりこういうのも時代の流れですね。



姪っ子ののちゃん(4歳)と一緒に行こうかな、と思ったものの、
その場合は吹き替え版になっちゃうのでしょうかね、やっぱり。
(字幕とかまだ読めないしね)
2人のプリンセスの声は、松たか子さんと神田沙也加さんが演じるそうです。
他にもピエール瀧さんなども話題になっているみたいですが、
でも、うーん、やっぱりオリジナル版を観たいかなぁ。

ちなみにこの映画、25ヶ国語に訳されていて、
当然、歌も25ヶ国語で歌われています。
それぞれの言語で、声の質感などの近い歌手を見つけてきて、
なるべくオリジナルのイメージを損なわないようにしているそうです。
25ヶ国分を続けて聞くと、同じ人がいろんな言葉で歌っているように聞こえます。
こういうところ、ディズニーのこだわりってすごいです。



これでまたディズニーのプリンセスが増えてしまいます。
ののちゃんはすべてのプリンセスを、そのシルエットだけで区別できる、という
特技(?)をもっていますが、今度の新しいプリンセスたちについても
あっという間に詳しくなるんだろうなぁ、と思います。

読んでくださってありがとうございます。
また更新してね!と応援してくださる方はこちらをクリック♪

にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ
にほんブログ村

ついでにこちらもお願いします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by hadleywood | 2014-01-23 23:04 | 映画・アート | Comments(0)

海外暮らし10年、訪れた国30ヶ国以上、紆余曲折を経て、語学教室の経営と外資系企業の法務部勤務をこなす日々☆旅行、美味しいもの、日々のいろいろ、ラテン音楽・サルサなどなど☆


by hadleywood