アルゼンチンタンゴの話(つづき)

昨日の記事の続きで、タンゴの話。
雑司が谷のタンゴバー「エルチョクロ」
チェロとバンドネオンのライブに聞き入っているときに、
ふと、思ったのです。
自分のお葬式のときはタンゴの音楽をかけてもらおうかな、と。

縁起でもないと言われるかもしれませんが、
結婚式はもう済んでいるし、今後予定される冠婚葬祭といえばお葬式くらい。
3年前の結婚式ではめっぱいラテン音楽をかけてみんなでサルサを踊ったけど、
お葬式にサルサは少し明るすぎるのではないか、と。
もちろん曲にもよりますが、長い人生いろいろなことを乗り越えてきて、
最後の締めくくりの日に似合うのは、タンゴの哀愁漂うメロディな気がするのです。

なんて思っていたところに、次に演奏された曲がぴったりすぎて驚きました。
「Adios Muchachos(さらば友よ)」という曲です。



とても明るい旋律ですが、病床に伏した人が友達に向けて歌ったものだそうです。

お葬式で使う遺影をプロのカメラマンに撮影してもらうのが流行っている、
という話を前にテレビでみましたが、
写真だけじゃなく、どういうお葬式にして、どんな音楽を流すかということも
決めておくと後に残された人たちが慌てずに済むと思います。

一緒にタンゴを聴きに行った同僚たちと、あと相方には早速伝えたのですが、
よく考えたらこういうことは自分と同世代ではなくもっと若い人に言わないと、
自分のお葬式のときに果たして来てもらえるかどうかわからないので、
もうあと何年かしたら、姪っ子ののちゃん(現在3歳)にでも言っておこう、
と思い直しました。そのときまでには気が変わるかもしれませんが^^。

読んでくださってありがとうございます。
また更新してね!と応援してくださる方はこちらをクリック♪

にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ
にほんブログ村

ついでにこちらもお願いします。
人気ブログランキングへ
[PR]
Commented by viosan at 2013-11-21 09:31 x
こんにちは、ハドレーウッドさん。
アルゼンチンタンゴとはいいですね。リズム感と切れが何とも言えないです。
アラサーの女性も多趣味で頑張りますね。タンゴは競技用の踊りしか
頭になく、激しくて身体がばらばらになりそうな気がしますよ。
社交用のダンスらしいですから、優美に踊るハドレーさんの姿いいでしょうね。
Commented by hadleywood at 2013-11-21 14:21
viosanさま☆
コメントありがとうございます。
アラサーじゃないですよ、アラフォーです!笑
たしかにタンゴというとあの激しい踊り?と聞かれますが、
今のところゆっくり、歩くよりも遅いくらいのペースで踊っています。
たいしてむずかしい動きはしていないはずなのにバランスを崩したり、
優美とはまだまだ程遠いですが、楽しいです♪
by hadleywood | 2013-11-09 23:31 | ラテン音楽・ダンス | Comments(2)

海外暮らし10年、訪れた国30ヶ国以上、紆余曲折を経て、語学教室の経営と外資系企業の法務部勤務をこなす日々☆旅行、美味しいもの、日々のいろいろ、ラテン音楽・サルサなどなど☆


by hadleywood