アラフォー女子、ラグビーに挑戦?

日頃の運動不足の解消のため、この週末はよく動きました。
相方といっしょに、昨日は近くの公園をジョギングし、
今日は新宿御苑のほうまで家から歩いていって(30分くらい)
そこでタグラグビーなるスポーツに参加してきました。
参加者は老若男女さまざまです。

高校のグラウンド(これがきれいな芝生なのです)を使って、
まずその周りを2周ジョギングして、準備体操をして、
それから横一列に5人くらい並んでボールをパスしながら走るという、
ラグビーの試合前などによく見る練習に初挑戦^^。
隣りの高校生が「ボールより後ろにいて。ボールは必ず後ろに投げるから」と
教えてくれましたが、前に走りながら後ろにボールを投げるって、
意外とむずかしいものです。

というかこの子、前に会ったことあるかな?
と、高校生の知り合いなんていないはずなのに、何か引っかかるものがあり、
「しゅん」とみんなが呼んでいるのを聞いて思い出しました。

そうだ!何年か前の冬、今日みたいに本格的ではなかったけれど、
ほんの少しだけ、どこかの公園でタグラグビーに参加させてもらったとき、
やっぱり同じように、初対面なのに物怖じせずまっすぐに目を見て、
「走ってきた人をよけちゃだめ」と言ってきた子がいたのです。
・・・あの子、小学生だったのに!
私の半分くらいの(←大げさ)身長でものすごくすばしっこい子だったけど、
今は大きくなってさらにそのすばしっこさに磨きをかけていました。

タグラグビーというのは、ふつうのラグビーのようにタックルをする代わりに、
腰につけたタグ(ビニールの紐のようなもの)を取る、というルールで、
タグを取られた人はそこで止まってボールを手放す(味方に投げる)ことになります。
ボールを持って走ると、敵側のみんながわっと寄ってくるので若干緊張しますが、
ぶつかってひっくり返されるわけではないので、要はすばしっこい人が勝つ、
男女混合で楽しめる仕組みになっています。

とはいえ、小学生の女の子と大学のラグビー部の人とでは試合にならないので、
小さい子たちとそのお母さんたちグループと、もうちょっと本格的なグループに
なんとなく分かれていきました。
私はルールも知らないし、どう考えても前者のグループに属しているのですが、
相方とそのラグビーの先輩以外に知り合いもいなかったので、
中高生以上の大人チームに混ぜてもらって、ひたすらじゃまをしていました。

それにしても、こんなに体を動かしたのは久しぶりでした。
ジョギングやウォーキングと違ってみんなでやるスポーツは楽しいですね。
自分にはこれといって得意なスポーツがないので(スキーくらい^^;)
こんなふうにド素人なのに仲間に入れてもらえる機会は貴重です。

読んでくださってありがとうございます。
また更新してね!と応援してくださる方はこちらをクリック♪

にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ
にほんブログ村

ついでにこちらもお願いします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by hadleywood | 2013-05-26 23:24 | スポーツ | Comments(0)

海外暮らし10年、訪れた国30ヶ国以上、紆余曲折を経て、語学教室の経営と外資系企業の法務部勤務をこなす日々☆旅行、美味しいもの、日々のいろいろ、ラテン音楽・サルサなどなど☆


by hadleywood