ドバイの砂漠

ドバイ女子旅4日目、最終日はバブ アル シャムス デザート リゾート アンド スパで、
チェックイン後も夕方までのんびり過ごさせてもらうことにしました。
帰りの飛行機は深夜発です。
それまで大きなスーツケースを持ってうろうろするのは大変だし、
ここにはプールも砂漠もバーもレストランもあって、夕方にはラクダにも会えるのです。
e0190984_14121134.jpg
砂漠というとサハラ砂漠のような、きれいな砂丘を思い浮かべるでしょうか。
こちらの砂漠は平らで、ところどころに植物が生えていて、荒涼としています。
e0190984_14121169.jpg
この風景は太古の昔から変わらないのかなぁと思いを馳せます。
ドバイには世界一高いビルがあって世界一大きなショッピングモールがあって、
椰子の木の形に海を埋め立てた巨大リゾート地もたくさんできて、
何もかもが人工的、といった印象もありますが、この砂漠は違います。
e0190984_14121256.jpg
ホテルの屋上から見た砂漠。
少し離れたところに見えるのは夜のショーをする野外レストラン、かな?
e0190984_14121230.jpg
砂漠から振り返るとホテルがこんなふうに見えます。
砂漠の真ん中にプール付きのホテルを作るなんて大変なことでしょうけれど、
外観は違和感なく溶け込んでいて、とても美しいです。
e0190984_14121328.jpg
お部屋のテラスから見える砂漠。
「砂漠ビュー」のお部屋なんてなかなか泊まれません。
e0190984_14121364.jpg
「砂漠ビュー」のプールというのもまた貴重です。
なんて贅沢なのでしょう。どれだけお金がかかっているのでしょう。
ここで私たちは午後までのひとときをのんびり過ごしました。
砂漠なのにビキニ。
砂漠をバックにセクシーショットをたくさん撮りましたが、残念ながら非公開です。
e0190984_22290601.jpg
日が傾いてくるころ、ホテルの敷地内にラクダたちがやってきて、
(ラクダもここの従業員なのです。)
その背中に乗せてもらうことができます。2人乗りです。
e0190984_14430680.jpg
前のラクダにH子とY子、後ろに私とA子が乗って、その辺りを1周します。
ラクダは意外と背が高くて、乗り降りがけっこう大変。
座っている状態からまず後ろ足をぐーーーんと立てるので前に落ちそうになるし、
降りるときも前足をがっくん!という感じで折るのでやはり落ちそうになります。
e0190984_14430642.jpg
砂漠に沈む夕陽。
ドバイの太陽とはこれでお別れです。
e0190984_14430795.jpg



[PR]
by hadleywood | 2017-04-05 23:09 | ドバイ | Comments(0)

海外暮らし10年、訪れた国30ヶ国、紆余曲折を経て、語学学校(WLA)の経営と外資系企業の法務部勤務をこなす日々☆旅行、美味しいもの、日々のいろいろ、ラテン音楽・サルサなどなど☆


by hadleywood