叔父と叔母がスペイン2週間の旅に出かけて行き、
マロンは広い一軒家にひとりでお留守番です。
e0190984_10204871.jpg

親戚一同、みんなで代わる代わる様子を見に行くことになり、
まずは初日の夜、私と相方が泊まってきました。
e0190984_10212754.jpg

実は私は猫を飼ったことがなく、その生態についても詳しくないのですが、
まわりに聞くと、同じ猫ちゃんでもそのライフスタイルは実にさまざま。
基本、外で生活していてごはんのときだけ帰ってくる子もいれば、
生まれてこの方、ずっとマンションから出たことのない子もいます。
e0190984_10255034.jpg

マロンは出たり入ったりで、夜中じゅう出かけていることもあります。
人間とタイミングがあえば家の中に入れてもらえるし、外に出してもらえる。
タイミングがあわないときは(人間が外出中など)あきらめて、
しばらくお散歩を続けたり、家の中をうろうろしたりして過ごすようです。
ごはんのタイミングも一定ではありません。
e0190984_10384899.jpg

この日は夜12時ごろにごはんを食べて、
しばらくしたら、外に出たい、とにゃーにゃー言うので出してあげたところ、
午前3時半くらい(もちろん相方も私も熟睡中)に戻ってきて、
中に入りたい、と網戸を引っかいてがたがた揺らし、中に入れてあげたら、
1時間後くらいに今度は私の耳元でにゃーにゃー言い出し、
何?また出たいの?それともごはん?
と、ごはんのお皿が空っぽだったので、新しいのをあげたらもりもり食べ始め、
安心して眠りにつくと、またまた1時間後くらいににゃーにゃー。
外に出たいのかと思って戸を開けると、しばし考え込み、
ねぇ、出るなら出てよ、出ないなら閉めるよ、蚊が入るから、というと
ようやくおもむろに腰を上げて出て行きました。
そして6時くらいにまた網戸をがたがたさせて、戸を開けると入ってきて、
7時半、人間たちが起きる時間、マロンは床ですやすやと眠り始めました。
e0190984_10592965.jpg

一晩いっしょに過ごしてみて、しみじみ思ったのは、
猫にルールなんてない、その日その日で自由気ままなんだ、ということと、
猫には猫の都合があるのだろうけど、こっちにもこっちの都合がある、という
そのくらい毅然とした態度でのぞまないと、猫といっしょには暮らせないんだろう、
とそんな気がしました。

読んでくださってありがとうございます。
また更新してね!と応援してくださる方はこちらをクリック♪

にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ
にほんブログ村

ついでにこちらもお願いします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by hadleywood | 2013-07-28 11:05 | 日常 | Comments(0)
土曜日の午後、同僚の女性がおうちに招待してくれました。
元ご主人の彼氏(←?)と二人暮らしの素敵なマンション@広尾、です。

今、勤めている会社にはなぜか広尾や恵比寿辺りに住んでいる人が多くて、
広尾にお呼ばれするのは、これが2軒目。
1軒目は先日イギリス人と結婚した同僚の豪邸でしたが、
今回も負けず劣らず高級感あふれるおうちで、
家具はすべてデンマークから取り寄せたものだそうです。

そんな居心地のよい空間をしなやかに動き回るのは、2匹のねこちゃん。
人見知りでなかなか近寄ってきてくれないほうがこちら、ランラン。
(種類を聞いたのですが、なんとかという珍しい名前で覚えられず・・・)
e0190984_23383722.jpg

それでも帰る頃には心を開いてくれて、こんな感じになっていました。
e0190984_23411518.jpg

こちらがランランより人懐っこく、体格も良いタバサちゃん。
スコティッシュなんとか、という種類の子に特有の座り方をします。
e0190984_23365657.jpg

リビングの真ん中にこんなふうに座って、なんだかおっさんぽい?

マンションでねこを飼うとせまい空間にずっといてかわいそう、と
思っていたのですが、ここの家は広いベランダがあるのでその問題もなく。
ついでに寝室には高さ2メートルくらいのねこ用タワーがあって、
そこで運動したり、爪を研いだりできるのです。

ふたりにとっては、いったい今日はなんなの?うるさいニャー、
という感じだったでしょうけど(訪問客は女子3名)
久しぶりに動物をさわって、とても癒されました。

読んでくださってありがとうございます。
また更新してね!と応援してくださる方はこちらをクリック♪

にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ
にほんブログ村

ついでにこちらもお願いします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by hadleywood | 2011-11-06 23:54 | 日常 | Comments(0)
最近、サラリーマン業のほうが忙しく、なかなかブログを更新できません。
今週は新しいロイヤー(40代?女性)が仲間入りし、
約20名(うち男性3名)のリーガルスタッフみんなでランチに行ったり、
何かとイベントが多いのです。(もちろん仕事もしています^^)

たまたまネコ好き、犬好きの人たちが多くて、
やっぱり癒されるよね~とかそういう話になったとき、
そういえば!と
「土曜日の朝、友達の家の真っ白いトイプーに起こされたんですよ」
という話をしたら、大変うらやましがられました。

金曜日の夜、フランスから一時帰国中のパリのわんこさんと一緒に、
aquaちゃんの豪邸@田園調布を初めて訪れ、
そのまま朝の4時半までしゃべっていたのですが、
6時過ぎにはトントントントンと何かが体をよじ登ってきて、目覚めたのです。

犯人はこちら。
e0190984_21554864.jpg

トイプードルのジョイくん。
写真で見るよりずっと小さくて軽くてふわふわしてて柔らかい生き物です。

もう朝だよ!起きる時間だよ!遊ぼうよ!
という調子で、満面の笑顔でワウッと軽く吠えるのです。

う~ん、ごめん、まだ起きられない。だってさっき寝たばかりなのよ。
誰か他の人(aqua邸には他にも住人がいます)に遊んでもらってください、
と、その白い綿菓子みたいなやつを部屋の外に出してドアを閉めてしまうと、
ドアの向こうでク~ン、ク~ンとずうっと鳴いているのです。

ごめんねぇ、と思いながら心を鬼にして(?)布団をかぶったものの、
いや、何も部屋を追い出さなくてもいいかもしれない、と思い直し、
ドアのそばまで行って聞き耳を立てていると、声が聞こえなくなって、
あ、もう誰かのところに行ったのね、と安心して布団に戻ってきたら、
またク~ン、ク~ンが始まって、あぁ、まだいる…としばらく葛藤が続き、
結局、ジョイくんが去ったのが先か、私が眠りに落ちたのが先か、
次に目覚めてドアを開けたとき、もう彼はそこにはいませんでした。

あのときは睡魔に負けてしまったけど、
朝起きたら動物が目の前(本当に目の前でした!10センチ先くらい)にいるって、
なんだか素敵な暮らしだなぁと思います。

読んでくださってありがとうございます。
また更新してね!と応援してくださる方はこちらをクリック♪

にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ
にほんブログ村

ついでにこちらもお願いします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by hadleywood | 2011-05-26 22:19 | 日常 | Comments(2)

にゃんこのいる暮らし

2月22日はネコの日、だそうですが。
(あ、しかも今年は平成22年2月22日だ!)
e0190984_10504488.jpg

叔父叔母の家に遊びに行ってきました。
常に動物のいる家です。
一番多いときで、犬2匹、ネコ2匹がいました。
昔、遊びに行ったら誰もいなくて、玄関が開いていたから勝手に入ると、
2匹の犬と2匹のネコが、こたつを囲んで仲良くテレビを見ている、
という光景に出くわしたことがあります。
もう老犬、老ネコたちで、私が行ってもちらっと見るだけで立ち上がることもなく、
引き続き、視線はテレビ。ほんとにちゃんと見ているんです。

彼らの亡き後、今は元気な男の子がいます。
マロンといいます。3歳です。
e0190984_1042417.jpg

以前の記事にも載せた写真ですが、拾われてきたときはこんな感じでした。
e0190984_11111172.jpg
 
ネコは好きだけど、飼ったことがないので、いまひとつ様子がわかりません。

ひとりで外に出て行って、いつ戻ってくるのか、
戻ってきたときにこちらが外出していたらどうするのか、
ごはんの時間は決まってるのか。

叔父叔母の家は一軒家だからいいけど、マンション暮らしの人はどうするのか、
犬みたいに紐を付けてお散歩をするわけにもいかないだろうし、
単独行動をされると、常に車の危険とかを心配していなきゃいけなくて、
犬を飼うよりも神経を使う気がするんですが。
e0190984_1118046.jpg

でも、動物のいる暮らしっていいですよね。癒されます^^。

読んでくださってありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。
応援クリックよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ
にほんブログ村

こちらもお願いします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by hadleywood | 2010-02-22 11:19 | 日常 | Comments(0)

秋の日のお散歩@目白

今月初めに作ったチラシがまだだいぶ余っていて、
これ、どうしようかなー。
このまま余らせておいても仕方ないし、
固定電話から携帯に着信転送するサービスもつけたし、
(つまり自宅兼事務所にずっと張っていなくてもいいということ)
今日は暖かくて天気もいいし。
ということで、ふらりと散歩がてら、我が母校、学習院大学に行ってきました。
e0190984_15354226.jpg

(この写真はいただきものですが)イチョウの木が黄葉していて、とてもきれいでした。名物だったピラミッド校舎の跡地は現在工事中ですが、それにしても緑の深い、ちょっとした森のようなキャンパスです。これは夏、涼しいはずです。樹齢100年以上といった感じの巨木が生い茂り、急に空気の味が変わったような気がします。

さて、向かう先は、キャリアセンターという学生の就職活動を支援している窓口。
そこにチラシを置いてもらえないかなーという魂胆です。まぁ、たぶんだめだろうと思いつつ(早稲田大学もそうですが、だいたい大学の構内には商用のチラシは置いていないものです)、すみませーん、卒業生なんですけど、と押しかけてみました。

いきなり営業を始めてもよかったのですが、そういえば、と思い出したことがあり、
「もしかして私がずっと前に退職した会社が、卒業生の進路として登録されているんじゃないかと思いまして。退職後に、その会社に興味があるという学生から連絡をもらって(←何年も前ですが、本当の話)、訂正しておきたいのですが」
と言うと、はいはい、じゃあこちらに記入してください、桜友会(同窓会)のほうに連絡しておきます、と紙を渡されました。

卒業年度、学部、学科まではいいです。えっと、学籍番号・・・?そんなの覚えている人っているのでしょうか。
**-***-*** という8桁です。
93年入学ですから、最初が93であることは確かです。次が学科を表す番号だった気がします。最後が名簿順で、私は確か50番台くらいだったはずですが、思い出せません。なぜか唐突に、ある友達の番号を思い出しました。授業を代わりに受けてあげたり、出席票を出してあげたりした友達です。そんなの、今思い出しても何の役にも立ちません。
というわけでそこは「?」マークを入れておきました。

旧勤務先の欄に、大学を卒業してすぐに就職した会社の名前を書き、新勤務先の欄に「早稲田ランゲージアカデミー」と書き、ふと、この両者の間には3つの勤務先と2つの大学院が入っているという事実に、しみじみと思いを馳せてしまいました。

結局、チラシはやっぱり置いてもらえなかったのですが、見ず知らずの人に営業をするのって、思ったほどいやなものではないことに気づきました。自分は営業には向いていないとずっと思っていましたが、詐欺やごまかしをするわけでもなし、まっとうな仕事をしているのだから正々堂々と紹介すればいいんです。たまたま業界的にも、他人の不幸にかかわる種類のものではないので、気楽に話ができます。

まぁ、単に年を重ねて物怖じしなくなったというか、図々しくなっただけかもしれませんけど(^^;。幸い、相手も意外と親切で、今のところ冷たくあしらわれたこともありません。

最後におまけの写真です。
e0190984_11454534.jpg

在りし日の愛犬バンビ(♀)。若いときは屋外で、年を取ってからは家の中で暮らしました。晩年は叔父叔母の家で、人間が使うベッドの中や、こたつのそばに丸くなって大切に扱われ、17歳の大往生でした。

読んでくださってありがとうございます。
人気ブログランキングに参加しています。
応援クリックよろしくお願いいたします。

人気ブログランキングへ

こちらもお願いします。
にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by hadleywood | 2009-11-27 16:59 | 語学 | Comments(4)

海外暮らし10年、訪れた国30ヶ国、紆余曲折を経て、語学学校(WLA)の経営と外資系企業の法務部勤務をこなす日々☆旅行、美味しいもの、日々のいろいろ、ラテン音楽・サルサなどなど☆


by hadleywood