5月の連休明けから、勤め先が虎の門ヒルズに移転しました。
e0190984_18430053.jpg
名前からして虎の門の駅に直結かと思いきや、そういうわけでもなく、
私は日比谷線の神谷町の駅を使っています。
以前は目黒まで山手線で1本だったので少し遠くなってしまいました。
e0190984_18433015.jpg
パン屋さんのメゾンカイザーや中華料理の糖朝、ドイツビールのお店、
アジア料理、イタリアン、スペインバル、アメリカンなお店などなど、
ランチやディナーの場所には事欠きませんが、お値段は少々お高め。
森ビルに勤務する人のためのワーカーズパスとやらを使うと、
飲み物やデザートが無料になったりします。
e0190984_18435425.jpg
夕方はハッピーアワーでビールが1杯500円というお店もありますが、
よそに行けばふつうにもっと安いんじゃないか、という意見も。
まだ開拓していませんが、新橋のほうまで歩けばもっと庶民的なんでしょうか。
e0190984_18441915.jpg
いつまでたっても慣れないのが、エレベーターです。
まず、階数によって乗り場が3ヶ所に分かれている上に、
偶数階へ行くには2階から、奇数階へ行くには3階から乗らないといけなくて、
でも偶数階行きのエレベーターがたまに27階にも止まったりして、
よくわからないのです。
「上かご乗降中です」という謎のメッセージが出て、しばらく動かない、
ということもあります。ひとりでいると妙に長く感じるひとときです。

建物の上層階にはアンダーズというホテルが入っています。
海外駐在中の国家公務員の友達に、一時帰国の際に利用しては、と提案すると
1泊するのに彼の出張の日当4日分くらいを使うんじゃないかと言われましたが、
私の勤め先の本社の女性(40代後半?)が出張で利用していました。
米国企業が大盤振る舞いなのか、日本の公務員が恵まれていないのか、
会社生活も後半戦?な40代、同世代の金銭感覚もいろいろだなと思う
今日この頃です^^。

読んでくださってありがとうございます。
また更新してね!と応援してくださる方はこちらをクリック♪

にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ
にほんブログ村

ついでにこちらもお願いします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by hadleywood | 2015-07-15 17:52 | 会社勤め | Comments(0)

目黒川沿いの桜

新年度ですね。
目黒川沿いの桜も満開です。
e0190984_13455389.jpg
目黒川のすぐそばの会社に勤めるようになって早4年。
(最初は1年だけのつもりがいつのまにか居ついています^^)
もうすぐ引越しをするので、ランチタイムにこの桜を眺めるのも最後です。
e0190984_13504116.jpg
目黒、よかったのにな。
引っ越し先はもっとおじさんの街(?)だけど、
近くに桜の木があるといいなと思います。

読んでくださってありがとうございます。
また更新してね!と応援してくださる方はこちらをクリック♪

にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ
にほんブログ村

ついでにこちらもお願いします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by hadleywood | 2015-04-02 13:44 | 日常 | Comments(0)
同僚女子3人でランチをしていて、学校のプールの授業の話になり。
E子さんのご主人は文武両道の厳しい男子校で育ったらしく、
「ふんどしで遠泳をしたり、妙な泳ぎ方を習ったりしてるんだよ」と。
一瞬、私の出身校の男子部のほうかと思いました。
(実際には都内の別の進学校でした。そういえばうちの学校以外にも
ふんどしで遠泳をする学校があると聞いたことがあります。)

私が通った中高一貫の女子校も水泳にやたらと力を入れていて、
1年中泳げる温水プールがあって毎週水泳の授業があったし、
中2の夏にはほぼ全員が沼津の海で2キロ泳いで、
高校になると100メートル4種メドレーでタイムを測ったりして、
(バタフライ、背泳ぎ、平泳ぎ、クロールを順番に泳ぐやつです。)
水泳部でもないのに、何これ?という気合の入れようでした。
私を含め、たいして水泳に興味のない大半の生徒にとってはいい迷惑です。

学校といえば、以前、転職先で出会った同級生たちという記事を書きましたが、
それ以降、同じ会社で働く同窓生の人数が年々少しずつ増えていて、
現在9名(1人産休中)になります。
(それほど大規模でもない、しかも新卒採用をしない外資系企業で、
あの小さな学校の出身者が9人も集まるというのはすごいことなのです。)
不定期に飲みに行ったりしてなかなか良い感じの同窓会ができているのですが、
そこでも先日、この水泳の話になりました。

あの学校を卒業して良かったことはいろいろあるけど、
ふつうの人より泳げる、というのもあるよね、と女子部出身者が言うと、
でも公共の海水浴場で一般の人もいるのにふんどしで泳ぐのは嫌だったし、
あの妙な日本泳法がその後、役に立ったことはない、と男子部出身者。

日本泳法!
あったね、そんなの。忘れてたよ!とみんな食いつき、
横泳ぎとかね、あの、永遠に泳げるやつね!
あと「じゅんか」とかあったよね、飛び込んでも沈まないやつ。
などなど、異様な盛り上がりを見せました。

横泳ぎは文字通り横向きに泳ぐものです。「のし」ともいいます。
これができると足のつかない深い場所でもずっと泳いでいられます。
あと、立ち泳ぎも習いました。これも足のつかない場所で便利です。
水面に顔を出して両手を挙げても沈みません。
「ここ、足つくよ~」と誰かをだますこともできます。

「じゅんか(順下)」というのは足から飛び込むことです。
飛び込むときに両手で水面を斜めに叩くので、ほとんど沈まずに着水できます。
緊急の際、船から海へ避難するときなどに大変有効です。
あとはお化粧を崩すことなく海やプールに飛び込みたいときにも便利です。

調べてみたらこんな説明がありました。
「古式泳法(日本泳法)は、1秒でも「長く」泳ぐことが目的なのです。
それは、城に忍び入った忍者が、堀の中で仲間の助けを待つために、
いかに体力を使わず、長い間泳いでいられるかが問題になったからです。」

忍者・・・。

そんなわけで、話は戻りますが、E子さんのご主人とは話が合いそうです。
まるで戦前の学校教育みたいですが、一応、平成の時代のお話です。

読んでくださってありがとうございます。
また更新してね!と応援してくださる方はこちらをクリック♪

にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ
にほんブログ村

ついでにこちらもお願いします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by hadleywood | 2014-07-10 21:37 | 日常 | Comments(0)
季節はずれの写真ですが、今日の記事のヒントです^^。
e0190984_2344167.jpg

私の勤め先は全体的にみても女性が多い会社だと思うのですが、
うちの部署は特に女性の割合が高く、23人中18人が女性で、
しかも30代半ばから40代前半くらいの年齢層に集中しています。
そのうち、婚活中の女子は、私が知る限りでは今のところ4名。

会社が雇ったセキュリティの人の中にイケメンがいる、とか。
最近イギリスから異動してきたオーストラリア人がかっこいい、とか。
隣りの部署にいい感じの若者が入ってきたが残念ながら指輪をしている、とか。

既婚未婚バツいちを問わず、わりとよくそういう話題が飛び交います。
おじさんばかりの会社に勤める友達には、学生みたいで楽しそうだね、
と言われました。たしかに、毎日それなりに楽しいかもしれません^^。

そして今週、最もホットだった話題は、
あるソフトウェア会社の営業マンがいけてる、という件。
うちの部署で取り入れているソフトウェアをみんながあまり活用できていないので、
使い方をレクチャーしてもらおう、ということで説明会が開かれ、
私は別の用事があって参加できなかったのですが、
戻ってきたみんなに「どうだった?」と聞くと、「イケメンだった」と。
(そういう意味で聞いたんじゃないのに・・・^^;)

顔が小さくて、やせているが、実は筋肉質っぽい。
30代前半か?若いわりには説明が上手でしっかりしている。信頼できる。
物腰が柔らかく、丁寧で感じが良い。指輪はしていない。

まずは独身で彼女がいないことを確認しなければならない、
誰がどういう形でコンタクトをとるか?
どうやってプライベートなことを聞き出すか?

婚活女子のうちのひとりが特に彼のことを気に入っている様子なので、
まわりは一気に「お見合いおばちゃん」化して盛り上がり、
そんな中、「この人じゃない?」と
Facebookのリンクを貼り付けたメールがまわってきました。
今ってそんなふうにすぐ検索できてしまうんだから、こわいですね。

どれどれ、と思ってリンクを開けてみると、
彼の名前と、卒業した大学、学部、卒業年度が書いてあって、
その下に「共通のともだち」2人、と。
私の大学時代の友達がたしかに2人、写真つきで載っているのです。

え?え?え?
どういうこと?
一瞬、何のことかわからずに、じっと画面を見つめてしまいました。
ソフトウェアの使い方を説明しに来てくれた「イケメン」営業マンと、
その説明会に行かなかった私との間に、共通の友達がいるって何?

よく見たら、大学も学部も学科も卒業した年も、すべて私と同じ。
要するに彼は私と同級生だった、ということです。

早速、この衝撃の事実をみんなにお知らせすると、
まず最初の反応は、「え!そうなんだ。もっと若く見えた」
婚活女子的には、「若すぎなくてよかった、ちょうどいい」
そして「あぁ、やっぱりそれなりに(その分野について)勉強してる人なのね」
と、さらに盛り上がりに拍車がかかり、
「hadleywood経由で連絡をとったらどうだろう?」
などと言い出す人まで出てきました。
いやいや、私、直接の知り合いじゃないし。しかも説明会行ってないし。

名前を聞いてもピンとこないので、大学時代に接点はなかったと思うのですが、
それにしても、そんなに大きな大学じゃないのに、この偶然にびっくりです。
以前の記事「転職先で出会った同級生たち」にも書きましたが、
今の会社で働くようになってから急に、同級生に出くわすことが増えた気がします。

読んでくださってありがとうございます。
また更新してね!と応援してくださる方はこちらをクリック♪

にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ
にほんブログ村

ついでにこちらもお願いします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by hadleywood | 2013-07-06 23:16 | 恋愛・結婚 | Comments(0)
すっかり更新が滞っております。
なんだか6月に入ってから、あっという間に今日に至っています。
梅雨入りし、連休などもなく、退屈に淡々と過ぎていくはずだった6月が
こんなに一瞬で過ぎ去りつつあることにびっくり。
こうやってあっという間に40代になって、50代になっていくのかなぁ、と。

あまりいないとは思いますが、
全然ブログが更新されない、と不満に思っている奇特な方のために、
ざっと振り返ると近況はこんな感じです。

まず、6月1日からサラリーマン業のほうで正社員になりました。
もともとは産休に入る社員の代理で引き受けた仕事でしたが、
1年経ってその人が戻ってくると、同じ部署の別の人が産休に入り、
さらに1年経ってその人も戻ってきたのですが、
いろいろあって、今後も働いてほしいというオファーを受けたのです。
1年更新の契約社員が大半を占める外資系企業なので、
「期限なしの正社員で」と言われたときはちょっと驚きましたが、
仕事の内容も待遇もほとんど今までと変わらないので、
まぁ、気持ち的に安定した、というくらいで特に何の変化も感じていません。

それから、2週連続で会社の同僚女子たちとサルサを踊りにいきました。
1週目は途中から同じく同僚の台湾系アメリカ人男性が参加し、
2週目はインターンで会社に来ているMITの男子学生(コスタリカ人)が参加。
ふたりとも日本語を始めてまだ何年も経っていないというのに、
大音量のラテン音楽の中、ふつうに流暢な日本語を話していました。

サルサに行くメンバーとは別の同僚女子3人を自宅に招き、
ホームパーティーをした日もあります。
土曜日の午後1時半に集まって、解散したのは夜の10時半。
毎日顔を合わせているのに、何をそんなに話すことがあったのかは不明ですが、
シャンパンや手作りサングリア(初めての挑戦だったけど絶品☆)に、
マスカルポーネと明太子のディップ、スティック野菜、バゲット、
クスクスサラダ、茹でたポーク、チキンのトマト煮込み等々、
我が家のいつものメニューでひたすら飲み食い&おしゃべりを続けました。
相方のサルサレッスンと、マッサージのサービスも好評だったし、
私が少しだけ披露したピアノ(まったく練習不足でしたが)にも感心してくれて、
楽しいひとときでした。

週末は少しでも運動しようと思って、相方といっしょにジョギングしています。
月曜夜のレゲトン(ラテン系のヒップホップ?)のレッスンも再開したし、
月に1度、スコティッシュダンスの練習にも顔を出しています。

あと、中学からの同級生(女子)の小学校時代の同級生(男子)の
誕生日パーティーというのに呼ばれて行ったら、
久しぶりに会う同級生たちに加え、新しい知り合いが増えました。
私が通っていた学校は幼稚園から大学までの一貫校なのですが、
中学と高校は(たいして交流のない)男女別学で、私は中学から入っているので、
同じ学年でも男子と女子とでは、大学で同じ学部にならない限り、
知り合うきっかけがないのです。
それに対して小学校からの人たちはある程度、顔見知りということになります。
初対面でもお互いに警戒心を抱かなくて済むのは、友達の友達だからか、
育ってきた環境が似ているのか、とにかく不思議に居心地の良い人たちでした。

前の職場の同僚ちゃんから結婚報告がありました。
私たちがいっしょに働いていた3年前からすでに結婚を考えている彼がいて、
ようやく決心させたとのこと。相手がなかなか結婚に踏み切らない、という
同じような経験をした身として、とてもとてもうれしいニュースです。

私のまわりのアラフォーミガール(身軽な女子)たちにも、
近いうちに良い話があるといいんですが。

そんなところでしょうか。他にもいろいろあった気がしますが、
とりあえず今回の近況報告はこのへんで。

読んでくださってありがとうございます。
また更新してね!と応援してくださる方はこちらをクリック♪

にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ
にほんブログ村

ついでにこちらもお願いします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by hadleywood | 2013-06-22 17:00 | 日常 | Comments(0)
数年前から(正確にはロースクールで司法試験の勉強をしていたころから)
年に1度か2度、恒例の「腰痛祭り」が開催されます。
何をきっかけにというわけでもなく、祭りはいつの間にか始まっています。
ピーク時には立っていても座っていても、寝転がっても何をしても痛い、
という大変な盛り上がりを見せます。当然、家から出られません。

過去、いくつもの整形外科に通い、レントゲンやらMRIやらを撮り、
長時間待たされたあげく、特に異常はないですね、という診断にお金を払い、
鎮痛剤と湿布をもらって帰ってきて、ひたすら痛みが消えるのを待つ、
ということをずっとくり返してきました。

その後、目白整形外科内科というクリニックで
仙骨と腸骨の間の仙腸関節が炎症を起こしている、と診断されました。
長く座り続ける仕事をしている20代から30代の女性に多い症状だそうです。
やはり鎮痛剤と湿布をくれて、あとはブロック注射をしてくれるくらいですが、
異常がないと言われるよりはずっと納得がいきます。

そして最近、「仙腸関節炎」でGoogle検索すると最初のほうに出てくる、
職場から近い、しかも平日は午後8時まで受け付けてくれる、という理由で
祥泉針灸整骨院というところに行ってきました。
ここで初めて「仙腸関節炎は治りますからね」と言われ、
まだ半信半疑ですが、しばらく通ってみようという気になりました^^。
どういう仕組みで痛みが生じているのかを詳しく説明され、
要は捻挫(ぎっくり腰)と同じなので痛いときは安静にする、
むやみに動かしたり温めたりしない、痛みが引いたらストレッチをする、
という、まぁそれほど想定外のことを言われたわけではないのですが、
丁寧に説明してくれるというだけで人間、安心するものです。

職場でバランスボールを椅子代わりに使っていることを話すと、
(それが実はよくないのかも?とも思ったので)
「バランスボールは姿勢を保つためにもいいので、ぜひ続けてください」

それから、問診表の趣味の欄に「サルサ」と書いたら、
「ダンスをしてるんですか?それは、痛みが引いたらぜひ再開してください」

バランスボールもサルサも私の腰痛に良いのか悪いのか微妙だったのですが、
思いのほか大絶賛だったので、ちょっと驚きました^^。
でもどちらも前からやっているけど、腰痛祭りは滞りなくやって来る・・・。
それだけでは予防になっていないということなんでしょうね。

2012年12月後半に開催された腰痛祭りも年末には下火になり、
年明け最初の週末、2013年初サルサに行ってきました。
相方は毎週会っている常連さんたちですが、私はものすごく久しぶり。
再会を喜び合い、近況を報告し合い、一緒に飲んで、踊りました。

そのうちのひとり、ミャンマー出身シンガポール人の友達いわく、
「腰が痛いんだったらね、カニがいいよ、カニ」
「カニ?食べるの?」
「ちがーうよ、くだいて飲むんだよ、川のカニだよ、ちいさいの」
「・・・」
よくわからないけど、川なんか近くにないし、
そんな小さなカニを「くだいて飲む」ために売っているのも見たことない。
なんだか気持ち悪いし、どう考えてもまずそうなので却下。

いろいろな民間療法があるのだろうけど、とりあえず針の先生の言葉を信じて、
今年は二度と腰痛祭りが開催されないように全力を尽くしたいと思います。

読んでくださってありがとうございます。
また更新してね!と応援してくださる方はこちらをクリック♪

にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ
にほんブログ村

ついでにこちらもお願いします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by hadleywood | 2013-01-08 00:58 | 日常 | Comments(0)
職場のクリスマスパーティーで、「シークレットサンタ」という企画がありました。
値段は500円以内。
あらかじめクジを引いて誰にプレゼントをするかを決めて、
当日、もらったプレゼントは誰が用意してくれたものかわからない、という
ちょっと変わったプレゼント交換です。
500円という低予算でどれだけ気のきいたものを買えるか、という難しさに加え、
プレゼントをする相手を終始秘密にしなければならないので、
用意する段階から会話も慎重かつ探り合うような調子になります^^。
「何がいいか悩む~」
「結局、自分の好きなもの選んじゃうよね」
「えーでもそれってつまり女性なんだね?」
という感じ。まぁ、うちの部署は24人中、19人が女性なんですが。

当日、表参道のTwo Roomsで遅めのランチをして、
美味しいお料理でお腹いっぱいになった後、プレゼントが配られました。
私がいただいたのはこちらのキャンドル。
e0190984_2205463.jpg

「あ~これは女子が買ったね」
とみんな口をそろえて言います。しつこいですが、8割近くが女性なんですから、
そりゃあその確率が高いわけで、たいした推理にもなっていません。

それにしても同じ500円という予算で、人によってこうも選ぶものが違うのか、
というくらい、実にさまざまなプレゼントがテーブルに並びました。
おしゃれなマグカップに、スタバのカード、ちょっと高級なチョコレート、
明らかに予算オーバーなディズニーのスチームクリームがあるかと思えば、
「当たったら半分ください」という英文殴り書きメッセージ付きの宝くじ、
なんていうのもありました。
(これは筆跡が日本人じゃない、しかも殴り書きしそうな人、というので
贈り主はかなり特定されていたようです^^)

クリスマス当日の夜、相方の作った「サーモンとキャベツのパスタ」と
買ってきたケーキでささやかなクリスマスディナー。
シークレットサンタにもらったキャンドルに火をつけました。
e0190984_2211930.jpg

ちなみに相方からはヘアドライヤーをプレゼントしてもらいました。
マイナスイオンとともにスチーム状の美容液が出てくる「エステドライヤー」です。
これで髪を乾かすと、さらっさらのつやっつやになります^^。

読んでくださってありがとうございます。
また更新してね!と応援してくださる方はこちらをクリック♪

にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ
にほんブログ村

ついでにこちらもお願いします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by hadleywood | 2012-12-26 22:02 | 日常 | Comments(0)
今週は米国の本社からお客さんが来ていて、
何かとバタバタしています。
裁判を担当する弁護士で、さすがに威圧感のある^^大柄な黒人さんです。
日本に来るのは初めて。美人で感じのよい奥様もいっしょです。

初日の夜は、日本のえらいおじさんたちと会社の近くの焼鳥屋に行き、
2日目の夜は、もう少しえらくない人たち(私を含む)と、観光中の奥様も誘って、
西麻布の「権八」に行きました。

権八は、ブッシュ大統領と小泉元首相も来たという、
外国人に人気の居酒屋さんです。
西麻布の交差点の目立つところにあるので、存在は知っていましたが、
私自身は中に入ったことはありませんでした。

入り口を入ると、真ん中のカウンター席を中心に広いダイニングホールがあって、
天井は高く、吹き抜けになっているので2階部分まで見渡すことができます。
恵比寿のZEST(閉店してしまったけど)などにも共通する構造は、
やはり同じグローバルダイニング社のお店だからでしょう。

広いダイニングは平日なのに満席で、まぁ外国人の多いこと!
日本人(というかアジア系)だけのテーブルが見当たらないくらいです。

ちなみに私たちのテーブルは、日本人が私を含めて4人、
前述のアメリカ人の弁護士と奥様、同じくアメリカ人の弁護士がもう1人、
オーストラリアとニュージーランドの弁護士がそれぞれ1人ずつの、
総勢9人でした。

「えっ、初めてなの?」
と、オーストラリア人の同僚に驚かれました。
(って、この方、つい半年前くらいに日本に来たばかりなのに)
「ここは有名ですよ~。特に外国人にはね。ガイドブックにも載っているし。
こないだも、うちの妻が六本木の道端で場所を聞かれたんですよ、
『キルビルのレストランはどこですか?』ってね」

キルビルのレストラン?

そういえば、映画「キルビル」に出てくるシーンのモデルになったという話を
前に聞いたことがあるような気がしますが、
「キルビルのレストランはどこですか?」と聞かれても、
私だったら即答できないなぁ、と感心してしまいました^^;

こういうの、逆のパターンはよく知っているんですけどね。
たとえばベルギーのアントワープにある「フランダースの犬」の教会なんかは、
日本人観光客のほうが詳しいと言われているし、
クロアチアのドブロブニクが「魔女の宅急便」の舞台になった(諸説あり)なんて、
地元の人たちは絶対知らないだろうし。

30年以上住んでいる町なのに、外国人のほうが詳しい、というのが
なんだかへんな感じでした^^。

読んでくださってありがとうございます。
また更新してね!と応援してくださる方はこちらをクリック♪

にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ
にほんブログ村

ついでにこちらもお願いします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by hadleywood | 2012-06-28 23:30 | 会社勤め | Comments(0)
6月からサラリーマン業のほうの職場が変わりました。
去年の2月から勤めている米国系企業で、所属の部署が変わり、
仕事の内容は引き続きリーガル関係ですが、
扱う契約書の中身が今までとはだいぶ異なるのと、
あと、上司が米国人男性になって(今までは日本人女性でした)
働き心地も少し変わりました。

異動して3日目の先週水曜日、
舞浜にあるオフィスに用事があって、ミーティングを済ませた後、
みんなで(総勢8名)東京ディズニーランドを「視察」してきました^^。
e0190984_20505798.jpg

シンデレラ城の中とか、ファミリーロビンソンの「ツリーハウス」とか、
実はあまり知らなかったアトラクションを楽しみ、
その後、誰かが「シーにも行きたい」と言い出したので、
歩いてディズニーシーまで行って、ビックバンドのショーを観て、
ミッキーの多彩な魅力(ドラムとタップダンス!)に改めて圧倒され、
「タートルトーク」ではカメさんの即興トークに感心して、
そこへ来てまた誰かが「エレクトリカルパレードが見たい」と言い出し、
再び歩いてディズニーランドへ戻って、パレードを見ました。
e0190984_210577.jpg

この日は朝から雨で、天気予報では台風が来ているということでしたが、
でもお昼過ぎからは雨も上がって快適だった上に、
とにかく空いていてラッキーでした。パレードもすぐ目の前。
e0190984_211678.jpg

最後、舞浜の駅から花火まで堪能して帰りました。
ランド→シー→ランドというハシゴは初めてでしたが、とにかく歩きました^^;

全体的に陽気で、イベントの多い部署のようですが、
温かく迎えてもらって、今のところ居心地は良いです。

読んでくださってありがとうございます。
また更新してね!と応援してくださる方はこちらをクリック♪

にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ
にほんブログ村

ついでにこちらもお願いします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by hadleywood | 2012-06-09 21:10 | 会社勤め | Comments(0)

気づけばまた、この季節

ちょこっとご無沙汰しています^^;
4週間近くブログの更新をさぼっていたところ、
私の実家と相方の実家、両方の母から「大丈夫?」との生存確認がきました。
はい、元気にやってます。体調はいたって良好です。

ここしばらく、いろいろあってバタバタしていました。

ゴールデンウィークにはWLAのTOEIC短期集中コースを実施しました。
定員(6名)に満たなかったため、会場はWLAの事務所を兼ねた自宅で。
私はじゃまにならないよう、ほぼ毎日出かけていました^^。

あと、私のサラリーマン業のほうが5月末までの契約だったのですが、
産休に入るロイヤーがいて、そのカバーを務めてほしい、と
さらに1年間、契約延長になりました。
私はずっと企業のリーガル部門で働いているのですが、
弁護士資格があるわけではありません。
それでもかまわないなら、ということで、お受けすることにしました。

弁護士資格といえば、明日から今年度の司法試験が始まりますね。
ロースクール時代の友達で、受験の準備を進めている子が2人います。
これは私たちにとって最後のチャンスになります。
というのも、司法試験というのはロースクール修了時から5年目までに、
3回までしか受験できないことになっているので、
2008年に卒業して、その後3回受けきっていない人は、
2012年の今年の試験を最後に、もう受験の機会はないということなのです。

その2人は、私と同様、2回まで受けて少し息切れ(?)し、
就職したり、結婚して出産したり、法律の勉強とは距離を置いていたのですが、
最後の1回分を無駄にしてしまうのはもったいない、ということで
今回の試験の申し込みをしたようです。

正直、司法試験の準備は、仕事や子育てと両立できるようなものではないです。
それはみんなわかっていることです。
でも、挑戦するだけでもしたい、悔いを残したくない、という気持ちはわかるし、
陰ながら応援したいと思っています。がんばれー☆

読んでくださってありがとうございます。
また更新してね!と応援してくださる方はこちらをクリック♪

にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ
にほんブログ村

ついでにこちらもお願いします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by hadleywood | 2012-05-15 11:12 | 日常 | Comments(0)

海外暮らし10年、訪れた国30ヶ国、紆余曲折を経て、語学学校(WLA)の経営と外資系企業の法務部勤務をこなす日々☆旅行、美味しいもの、日々のいろいろ、ラテン音楽・サルサなどなど☆


by hadleywood