タグ:ビーチ ( 5 ) タグの人気記事

ドバイ女子旅2日目は、朝からビーチへ行きました。
ドバイ近郊のパブリックビーチはいくつかあるようなのですが、
よくわからないまま、タクシーの運転手さんに「ビーチへ」というと、
ジュメイラパブリックビーチへ連れていってくれました。
(ちなみにドバイでの移動はタクシーが安くてとても便利です。)

到着したらこんな感じ!
想像していた以上に海が青くて砂浜もきれいで、都会のビーチとは思えません。
遠くに7つ星ホテル「バージュ・アル・アラブ」の三日月形のシルエットが見えます。
e0190984_13472158.jpg
ビキニを着るなんて20年ぶり(←ほんとに?)というA子も、
この海の美しさに「早く泳ごうよ」と言い出すほど。
何はともあれ日焼けを気にするY子でさえ、H子といっしょに飛び込んでいきました。
水は冷たすぎず、波も穏やかで、水際ではしゃぐにはちょうどよい感じです。
e0190984_13472234.jpg
イスラム教の国とはいえ、外国人がその8割以上を占めるというドバイ。
ドバイ在住の外国人と観光客で、ビーチはふつうに賑わっていました。
e0190984_13472280.jpg
地中海とも違うし、ハワイでもない。もちろんアジアのリゾートでもない。
ペルシャ湾(!)で泳いでいるんだ、ということを実感したのが、
最寄りのモスクから大音量で流れてくるコーラン。
コーランを聞きながらビーチで泳ぐなんて!貴重すぎる体験です。
e0190984_13472231.jpg
お昼近くになってくると急に混んできました。
パラソルとチェアを有料で借りて、日焼けしたお兄さんが場所を見つけてくれて、
砂浜を掘ってパラソルを立ててくれるのは、日本の海と同じシステムです。
e0190984_13472310.jpg
ひとしきり遊んだあと、午後からはまったく別の場所へ向かいます。
この日の午前と午後では、私たち4人の格好がまったく対照的で、
あとから写真を見るとおかしくて笑ってしまいます。
このあとどこへ行ったのかは、次の記事で。


[PR]
by hadleywood | 2017-04-02 13:44 | ドバイ | Comments(0)
カピオラニ公園で走るほか、私たちの毎年定番のアクティビティとして、サーフィンとボディボードがあります。どちらもビーチで1時間単位でレンタルしています。

サーフィンをやるというと驚かれることがありますが、いわゆるサーファーではありません。ハワイのしかも夏場のワイキキビーチ限定で(有名な大会がある冬場のノースとかじゃないです、もちろん)サーフィンに挑戦しているというだけで、かれこれ10年以上初心者です。

今年は少し東寄りのポイントでやってみました。
e0190984_05483042.jpg

ワイキキど真ん中より空いていて良いのですが、ボードをレンタルする場所から少し歩きます。
e0190984_05483115.jpg

相方は10フィート、私は8フィートのロングボードを借りましたが、いつもより少し小さめで(ショートボードに乗る人には信じられないでしょうけど)いまひとつバランスが悪くてうまく波に乗れず。もうワンサイズずつ大きいほうが良さそうです。

ボディボードはピアの横に専用(?)のエリアがあるので、ここで地元の子供たちに混じって遊べます。子供たちは軽いし慣れているので、沖のほうから大きな波に乗って弾丸のように飛んできます。ボディボードなのにその上に立ってサーフィンのようにしている子もいます。
e0190984_06453954.jpg

サーフィンのスポットより頻繁に大きな波がくるし、波に乗り損ねてもバランスを崩してひっくり返っても、サーフィンより小回りがきくので何度でもトライできます。
e0190984_06454024.jpg

そういえば今年はハワイで水着を買おうと思っていたのだけど、お店にあるのが最近流行りのブラジリアンビキニ中心で、生地はぺらぺらで何の補正もしないし面積はやたら小さいし(何しろ下はTバック)でこんなのどうやって着るんだ?とか思っていたところ、ビーチにはそんなビキニを着た褐色系の肌の女の子たちがたくさんいました。すごく絵になっていたけど、日本人の体型にはやっぱりちょっと似合わないかなぁ。


[PR]
by hadleywood | 2016-09-25 05:38 | ハワイ | Comments(2)

ペレの椅子とマカプウ岬

ハワイの神話にペレという女神がいます。
ハワイ島に住んでいるペレが、たまにオアフ島に来たときに休憩するための椅子、というのがワイキキから少し北上した海沿いにあります。ちょっとしたモニュメントのような大きな岩です。
e0190984_17414563.jpg

少し離れたところに入り口があるのでここに車を停めて、
e0190984_17414620.jpg

遠くにペレの椅子が見えるでしょうか、徒歩で20分ほどの距離です。2年前に来たときより道が広がり歩きやすくなっていました。
e0190984_17414715.jpg

ほとんどの人が目指すのが、この静かなビーチ。ここも素敵なんですが、
e0190984_17414840.jpg

私たちはさらに歩いて、ペレの椅子のすぐ下にある岩場を目指します。
e0190984_17414962.jpg

そこには小さいながらも絶好のシュノーケルスポットがあるのです。すぐそばまで大きな波が来ますが、ここは入り江になっているのでプールのように穏やか。
e0190984_17415005.jpg

岩場なので海へのアプローチに若干コツがいりますが、飛び込んでしまえばあとは水族館の水槽の中です。南の島らしいカラフルな魚がたくさんいます。
e0190984_17415138.jpg

ひとしきり泳いだあとは、いったん車まで戻って、今度は山を登ります。マカプウトレイルという名前が付いていますが、ずっと舗装された道なので気軽に挑戦できます。ベビーカーを押している人もいます。
e0190984_17415293.jpg

岬の先端には古い灯台があります。
e0190984_17415211.jpg

頂上まで行くとペレの椅子とは反対側の、カイルア方面の海が見えます。
e0190984_17415376.jpg

ペレの椅子の麓のビーチまで往復40分くらい、マカプウ岬のトレイルが1時間ほどでしょうか。日陰がないので帽子とサングラスに日焼け止めが必須ですが、風が強くてカラッとしていてあまり汗はかきません。

美味しいものを食べ過ぎたときの、ちょうど良いトレーニングになるのでおすすめです。

[PR]
by hadleywood | 2016-09-22 16:00 | ハワイ | Comments(0)
ハワイ滞在の2日目にやることはたいてい決まっていて、とりあえずカピオラニ公園でジョギングをします。
コンドミニアムを出てまっすぐ歩くとすぐビーチで、まずはここで波の具合とかサーファーの混雑具合とかをチェックして、
e0190984_13065200.jpg

特に意味もなくピアの先端まで行って戻ってきて、
e0190984_13065212.jpg

e0190984_13065352.jpg

公園を目指す私たち。
e0190984_13065484.jpg

公園に着いてダイアモンドヘッドが目に入ると思わず「ただいま」と言ってしまいます。そのくらい毎年欠かさず、滞在中はほとんど毎日のように訪れる場所です。
e0190984_13065524.jpg

この公園の周りは約2キロくらい?
会話をしながら走れるくらいの軽いジョギングで一周します。
それから相方は何やらダッシュをしたりヤシの木にぶつかって首を鍛えたり(?)し始めるので、私は木陰で寝転がってひと休みします。
e0190984_13065672.jpg

相方が海水パンツを忘れた(!?)というので、この後またお買い物に行きました。Ross dress for lessというアウトレットショップでちょうどいいサイズのがあったのでお買い上げ。ちなみにこのお店、だだっ広い店内に雑然と並んだ服の山から宝探しのように掘り出し物を探さないといけないので時間がない人には不向きですが、バスタオルだけは妙に粒ぞろいというか、わりと上質なものが安く買えるのでおすすめです。

[PR]
by hadleywood | 2016-09-17 12:36 | ハワイ | Comments(0)

夏休みも終わり・・・

e0190984_17463980.jpg

大変おくればせながら。

今年も夏休みが終わってしまいました(涙)。

帰ってきて1週間経ちますが、まだ若干時差ぼけが残っているようで。
20日間を過ごしたメキシコ・カンクンと、キューバは、
東京と13~14時間の時差があります。
ラテンの空気をいっぱい吸ってきました。またその話は追々。

さあ、いよいよ仕事開始!
起業を決意してから、早2ヶ月が経とうとしています・・・。
相方は今日から大学の授業が始まりました。

読んでくださってありがとうございます。
人気ブログランキングに参加しています。
応援クリックよろしくお願いいたします。

人気ブログランキングへ

こちらもお願いします。
にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by hadleywood | 2009-10-12 17:57 | 日常 | Comments(0)

海外暮らし10年、訪れた国30ヶ国、紆余曲折を経て、語学学校(WLA)の経営と外資系企業の法務部勤務をこなす日々☆旅行、美味しいもの、日々のいろいろ、ラテン音楽・サルサなどなど☆


by hadleywood