タグ:サルサ ( 23 ) タグの人気記事

すっかり更新が滞っております。
なんだか6月に入ってから、あっという間に今日に至っています。
梅雨入りし、連休などもなく、退屈に淡々と過ぎていくはずだった6月が
こんなに一瞬で過ぎ去りつつあることにびっくり。
こうやってあっという間に40代になって、50代になっていくのかなぁ、と。

あまりいないとは思いますが、
全然ブログが更新されない、と不満に思っている奇特な方のために、
ざっと振り返ると近況はこんな感じです。

まず、6月1日からサラリーマン業のほうで正社員になりました。
もともとは産休に入る社員の代理で引き受けた仕事でしたが、
1年経ってその人が戻ってくると、同じ部署の別の人が産休に入り、
さらに1年経ってその人も戻ってきたのですが、
いろいろあって、今後も働いてほしいというオファーを受けたのです。
1年更新の契約社員が大半を占める外資系企業なので、
「期限なしの正社員で」と言われたときはちょっと驚きましたが、
仕事の内容も待遇もほとんど今までと変わらないので、
まぁ、気持ち的に安定した、というくらいで特に何の変化も感じていません。

それから、2週連続で会社の同僚女子たちとサルサを踊りにいきました。
1週目は途中から同じく同僚の台湾系アメリカ人男性が参加し、
2週目はインターンで会社に来ているMITの男子学生(コスタリカ人)が参加。
ふたりとも日本語を始めてまだ何年も経っていないというのに、
大音量のラテン音楽の中、ふつうに流暢な日本語を話していました。

サルサに行くメンバーとは別の同僚女子3人を自宅に招き、
ホームパーティーをした日もあります。
土曜日の午後1時半に集まって、解散したのは夜の10時半。
毎日顔を合わせているのに、何をそんなに話すことがあったのかは不明ですが、
シャンパンや手作りサングリア(初めての挑戦だったけど絶品☆)に、
マスカルポーネと明太子のディップ、スティック野菜、バゲット、
クスクスサラダ、茹でたポーク、チキンのトマト煮込み等々、
我が家のいつものメニューでひたすら飲み食い&おしゃべりを続けました。
相方のサルサレッスンと、マッサージのサービスも好評だったし、
私が少しだけ披露したピアノ(まったく練習不足でしたが)にも感心してくれて、
楽しいひとときでした。

週末は少しでも運動しようと思って、相方といっしょにジョギングしています。
月曜夜のレゲトン(ラテン系のヒップホップ?)のレッスンも再開したし、
月に1度、スコティッシュダンスの練習にも顔を出しています。

あと、中学からの同級生(女子)の小学校時代の同級生(男子)の
誕生日パーティーというのに呼ばれて行ったら、
久しぶりに会う同級生たちに加え、新しい知り合いが増えました。
私が通っていた学校は幼稚園から大学までの一貫校なのですが、
中学と高校は(たいして交流のない)男女別学で、私は中学から入っているので、
同じ学年でも男子と女子とでは、大学で同じ学部にならない限り、
知り合うきっかけがないのです。
それに対して小学校からの人たちはある程度、顔見知りということになります。
初対面でもお互いに警戒心を抱かなくて済むのは、友達の友達だからか、
育ってきた環境が似ているのか、とにかく不思議に居心地の良い人たちでした。

前の職場の同僚ちゃんから結婚報告がありました。
私たちがいっしょに働いていた3年前からすでに結婚を考えている彼がいて、
ようやく決心させたとのこと。相手がなかなか結婚に踏み切らない、という
同じような経験をした身として、とてもとてもうれしいニュースです。

私のまわりのアラフォーミガール(身軽な女子)たちにも、
近いうちに良い話があるといいんですが。

そんなところでしょうか。他にもいろいろあった気がしますが、
とりあえず今回の近況報告はこのへんで。

読んでくださってありがとうございます。
また更新してね!と応援してくださる方はこちらをクリック♪

にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ
にほんブログ村

ついでにこちらもお願いします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by hadleywood | 2013-06-22 17:00 | 日常 | Comments(0)
六本木のサルサバーEl Cafe LatinoのDJのひとりが、
代々木公園のシンコ・デ・マヨでゲリラライブをやります、と
Facebookでお知らせを出していて、
「ゲリラライブのお知らせ」なんてあるの?と疑問に思いつつ、
(本来、予告なしにするからゲリラなのでは?)
さらに、イベントのウェブサイトを見たらスケジュールにちゃんと
「18:15~ラテン革命 サルサのDJのグループ」と書いてあり、
全然ゲリラじゃないじゃんね、と相方とケチをつけながら、
それでも行ってきました^^。

シンコ・デ・マヨはスペイン語で5月5日という意味。メキシコの祭日です。
北米やハワイなどでも移民のお祭りとして有名だそうで、
今回の代々木公園では、ラテンのみならずアメリカ大陸全体をテーマに、
各国料理や飲み物、音楽やダンスが楽しめる日になっていました。

屋台はどこも長蛇の列です。
e0190984_14375083.jpg

日差しが強く、半袖でも暑いくらいで、ビールがたくさん売れていました。
メキシコのテカテやドスエキスといったビールを持っている人が多かったけれど、
私はあえて北米系エールビールのドラフトを買ってみました。
これがとても美味しくて、私の好みの味。
陽気なラティーノとはまた違う雰囲気の、爽やかなお兄さんが売っていました。
そういえば、ステージのほうでも「第七艦隊ブラスバンド」などが演奏していて、
米軍の関係者が多かったのかもしれません。
e0190984_14493257.jpg

とにかくすごい人です。
でも、3年前の夏、ブラジルフェスティバルで来たときよりは、
初夏の風が気持ちよく、人ごみの熱気もそれほど殺人的ではありません。

夕方から始まったメキシコの歌手ファビオラ・ハラミージョのステージでは、
わりと前のほうを陣取って、まじめに音楽を聞きました。
最初はトラディショナルな感じの衣装を着て、
トラディショナルな感じの歌(演歌みたいなの)を歌っていた彼女、
e0190984_1523225.jpg

突然、ステージの真ん中で服を脱ぎだして、こんなに身軽になりました。
e0190984_1524554.jpg

全然雰囲気が違う~!
思ったより若いし、きれい!ていうかすごいスタイルいい!
とみんなを感心させたところで、曲の雰囲気もがらっと変わって今風になって、
一部の観客しかわからないはずのスペイン語で、終始会場を盛り上げていました。

その後、同じくメキシコ出身の歌手オスカル・ロボが登場して、
昼間から飲み続けていい感じに酔っ払った観客たち(主に女性)が
ステージに上がっていっしょに踊るという、めちゃくちゃな感じになって、
e0190984_1525999.jpg

最後、サルサのDJたちが登場するころには、すっかり出来上がった人々が多数。
バーやクラブの暗がりではなく、屋外でこれだけたくさんの酔っ払いを見るのは、
なんだか久しぶりで、あぁ、夏が始まるんだな~という気分になりました。

それにしても、最初にステージによじ登ったのは、国籍を問わず、
成人した子どもがいてもおかしくないくらいの世代のマダムたち。
飲んで、笑って、歌って、踊って、人生を楽しんでいる感じが、
これからそちらの方向へ向かおうとしているマダム予備軍(?)としては
明るい未来を見るようで、ちょっと心強かったりもするのです。

読んでくださってありがとうございます。
また更新してね!と応援してくださる方はこちらをクリック♪

にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ
にほんブログ村

ついでにこちらもお願いします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by hadleywood | 2013-05-05 22:03 | ラテン音楽・ダンス | Comments(0)
相方と一緒にめずらしく下北沢へ行ってきました。
あまり出かける用事のない町ですが、
相方にとっては20代の頃(つまり20年前)よく遊びにきていた思い出の地で、
私も中高時代(やはり20年前)に毎週ピアノのレッスンに来ていた場所、
ついでに言うなら、3年前の7月、私がひとりで婚姻届を出しにきた町でもあります。

目的は、サルサ・レボリューションというイベント。
北沢タウンホール(まさに私が訪れた戸籍係のあるビルです)の最上階で、
昼間から開催されているサルサパーティーです。
私が運動しなきゃと騒いでいるので(昨日の記事参照^^)
エクササイズのつもりで行こう、と相方が提案してくれました。

午後の遅い時間に下北沢に到着し、まずはモグモグ(MOGMOG)という
昨年できたばかりの新しいカフェで腹ごしらえ。
にぎやかなエリアを抜けて踏み切りを渡り、すぐのところに突然あるので、
ちゃんと調べてから行かないとたどり着けなさそうなお店ですが、
店内はほぼ満席でした。
名物のパンケーキがしっとりとしてとても美味しく、大満足♪
e0190984_15141952.jpg

プラス100円で焼きりんごやコンポートなどのトッピングが追加できます。
私としてはちょうどいいボリュームでしたが、相方は案の定、
「日本のパンケーキは小さい」と。

そりゃあハワイのパンケーキは巨大でフルーツも盛りだくさんで、
e0190984_15314169.jpg

ランチの時間にお腹をすかせて行っても食べきれないボリュームですが、
e0190984_15325778.jpg

そもそもお茶の時間にあんな巨大なパンケーキ、日本人の需要に合わないし、
日本は日本でいいのです。

さて、エネルギーを蓄えたら、早速エクササイズです。
タウンホールでのサルサは、六本木のサルサバーとは違って、
禁煙、飲み物は各自持参、ゴミはお持ち帰り、というシステムで、
照明を落としてはいるものの比較的明るく、音量も大きすぎず、
雰囲気としては社交ダンスの紳士淑女の皆さまといった感じ。
年齢層も高めです。夜9時半にはお開きになります。

ちょうど日が沈む時間帯、下北沢の、まわりに高い建物のない12階からは、
夕焼けの空に富士山のシルエットがきれいに見えます。
少し離れたところに新宿の夜景、そこへ向かって走る小田急線の明かり、
ちょっと違うけど、映画「Shall We Dance?」を思い出しました。

サルサは女性よりも男性のほうが格段に修行を要するダンスです。
相方の友達などは、六本木のバーは気後れするから、
まずは公民館などでやっているサルサのイベントから参加したい、と
言う人たちもいますが、今回、下北のイベントに行ってみて思ったのは、
こういう場所こそ上手になってからでないと来れない、ということです。
お酒を飲むところではないので、とにかくひたすら踊るために来る、
ペットボトルのお水を片手に何時間もくるくる回り続ける人々ばかりで、
見たところ、初心者は皆無でした。

というわけで、ふたりで9時ごろまでノンストップで何曲も踊り、
いい運動になったね、と満足して帰宅する道すがら、
下北沢の駅前で「すた丼」を食べたいと相方が言うのです。
仕方なく付き合い、それでも私はミニ丼(生姜味のほう)にしたのですが、
パンケーキとすた丼で結局サルサの分の消費エネルギーを上回るのでは?という
出かけた意味があったのかなかったのか、という土曜日になりました。

読んでくださってありがとうございます。
また更新してね!と応援してくださる方はこちらをクリック♪

にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ
にほんブログ村

ついでにこちらもお願いします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by hadleywood | 2013-02-17 16:01 | 美味しいもの | Comments(0)
数年前から(正確にはロースクールで司法試験の勉強をしていたころから)
年に1度か2度、恒例の「腰痛祭り」が開催されます。
何をきっかけにというわけでもなく、祭りはいつの間にか始まっています。
ピーク時には立っていても座っていても、寝転がっても何をしても痛い、
という大変な盛り上がりを見せます。当然、家から出られません。

過去、いくつもの整形外科に通い、レントゲンやらMRIやらを撮り、
長時間待たされたあげく、特に異常はないですね、という診断にお金を払い、
鎮痛剤と湿布をもらって帰ってきて、ひたすら痛みが消えるのを待つ、
ということをずっとくり返してきました。

その後、目白整形外科内科というクリニックで
仙骨と腸骨の間の仙腸関節が炎症を起こしている、と診断されました。
長く座り続ける仕事をしている20代から30代の女性に多い症状だそうです。
やはり鎮痛剤と湿布をくれて、あとはブロック注射をしてくれるくらいですが、
異常がないと言われるよりはずっと納得がいきます。

そして最近、「仙腸関節炎」でGoogle検索すると最初のほうに出てくる、
職場から近い、しかも平日は午後8時まで受け付けてくれる、という理由で
祥泉針灸整骨院というところに行ってきました。
ここで初めて「仙腸関節炎は治りますからね」と言われ、
まだ半信半疑ですが、しばらく通ってみようという気になりました^^。
どういう仕組みで痛みが生じているのかを詳しく説明され、
要は捻挫(ぎっくり腰)と同じなので痛いときは安静にする、
むやみに動かしたり温めたりしない、痛みが引いたらストレッチをする、
という、まぁそれほど想定外のことを言われたわけではないのですが、
丁寧に説明してくれるというだけで人間、安心するものです。

職場でバランスボールを椅子代わりに使っていることを話すと、
(それが実はよくないのかも?とも思ったので)
「バランスボールは姿勢を保つためにもいいので、ぜひ続けてください」

それから、問診表の趣味の欄に「サルサ」と書いたら、
「ダンスをしてるんですか?それは、痛みが引いたらぜひ再開してください」

バランスボールもサルサも私の腰痛に良いのか悪いのか微妙だったのですが、
思いのほか大絶賛だったので、ちょっと驚きました^^。
でもどちらも前からやっているけど、腰痛祭りは滞りなくやって来る・・・。
それだけでは予防になっていないということなんでしょうね。

2012年12月後半に開催された腰痛祭りも年末には下火になり、
年明け最初の週末、2013年初サルサに行ってきました。
相方は毎週会っている常連さんたちですが、私はものすごく久しぶり。
再会を喜び合い、近況を報告し合い、一緒に飲んで、踊りました。

そのうちのひとり、ミャンマー出身シンガポール人の友達いわく、
「腰が痛いんだったらね、カニがいいよ、カニ」
「カニ?食べるの?」
「ちがーうよ、くだいて飲むんだよ、川のカニだよ、ちいさいの」
「・・・」
よくわからないけど、川なんか近くにないし、
そんな小さなカニを「くだいて飲む」ために売っているのも見たことない。
なんだか気持ち悪いし、どう考えてもまずそうなので却下。

いろいろな民間療法があるのだろうけど、とりあえず針の先生の言葉を信じて、
今年は二度と腰痛祭りが開催されないように全力を尽くしたいと思います。

読んでくださってありがとうございます。
また更新してね!と応援してくださる方はこちらをクリック♪

にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ
にほんブログ村

ついでにこちらもお願いします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by hadleywood | 2013-01-08 00:58 | 日常 | Comments(0)
今年の夏はよく海に行っています。
といっても泳ぐわけではありません。
泳ぐのは好きだけど、東京近辺の海はどうも入る気がしないのです。
e0190984_1648352.jpg

目的はビーチサルサ。
海の家で開催されているサルサパーティーです。
e0190984_1650449.jpg

今回の鎌倉由比ガ浜のクイックシルバーという海の家には
わりと毎年来ているような気がします。
朝から雷と大雨でどうなることかと思いましたが、
午後からは思いっきり晴れて、1000人を超える人が参加したそうです。
e0190984_1716536.jpg

今年は職場の同僚3人と女子ばかりで参加しました。
そのうちの1人と私は前の週も江ノ島に行ってるので2週連続です。
ビキニで踊るのはちょっと、なのでその上に羽織る服をH&Mに買いに行ったり、
ビーチサンダルでは踊りにくいのでクロックスのバレーシューズを買ったり、
事前の準備も盛り上がっていました。
相方と一緒も楽しいけど、女友達とこうやって弾けるのもすごく楽しい☆

そして当日はほとんど別行動になります。
みんなそれぞれ踊っているので、用事があって誰かを探すのも一苦労。
大音量の音楽で、携帯で話すこともできません。
たまに顔を合わせて、こんな人と踊ったとか、イケメンがいたとか、
そういうプチ報告会をしたりします^^。

相変わらずの猛暑だけど、エアコン漬けの毎日から抜け出して、
汗をかくのもたまには必要かな、と思います。
外で飲むビールやモヒートは格別の味だし、
それに夕方になると海からの風が気持ちよいのです。
夏、満喫中です☆

読んでくださってありがとうございます。
また更新してね!と応援してくださる方はこちらをクリック♪

にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ
にほんブログ村

ついでにこちらもお願いします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by hadleywood | 2012-08-19 18:04 | ラテン音楽・ダンス | Comments(2)

江ノ島ビーチでサルサ

真夏日が続いた後に急に気温が下がり、どんより曇り空の日曜日、
雨が降らないことに賭けて、江ノ島のビーチまで行ってきました。

といっても海で泳ぐわけではありません。
ビーチの端の海の家でサルサパーティーが開催されていたので、
夕方、相方と一緒にぶらっと寄ってきました。
今年初めてのビーチです。
e0190984_2310398.jpg

六本木のサルサバーのDJさんたちが仕切るイベントで、
お客さんもほとんどみんな顔見知りの様子。

こういうときいつも思うのですが、私は他人に顔を覚えられにくく、
それに対して相方はびっくりするほどよく覚えられるタイプです。
足して2で割ったらちょうどいいくらい。
どうもどうも、と挨拶を交わした後で、誰だっけ?ということが多い相方と、
挨拶をしながら、あ、この人、私のこと覚えてないな、と気づいてしまう私。
何が違うんでしょうか。体の大きさ?存在感?
e0190984_23234092.jpg

特にサルサを踊りに行くと、相方はさすがに毎週通っているだけあって、
いろんな人たちに挨拶をされます。その年齢も国籍もさまざま。
e0190984_23251733.jpg

この日は涼しい風に吹かれながら、ラテン音楽を聴き、踊る人たちを眺め、
満足して帰りました。暑くない海というのもいいですね^^。

読んでくださってありがとうございます。
また更新してね!と応援してくださる方はこちらをクリック♪

にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ
にほんブログ村

ついでにこちらもお願いします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by hadleywood | 2012-07-24 23:30 | ラテン音楽・ダンス | Comments(0)

Salsa Sudadaが閉店する理由

六本木のサルサバーで最も老舗のSalsa Sudadaが、
残念なことに今月末をもって閉店してしまうそうです。
(関連情報はこちら
連休最初の夜に、女子6人で行ってきました。

Sudadaのロモ・サルタードというペルー料理が好きだったのですが、
それももう食べられなくなります。
食べ収め、ということで若干みんなの邪魔になりながら^^;
バーカウンターで食事をしました。テーブル席は予約で満席。

閉店までカウントダウンということで、最近のSudadaはものすごく混んでいます。
満員電車の中で無理やり体を動かし、かろうじてステップを踏んでいる感じ。
こんなに繁盛しているのになぜ閉店?と誰もが思ってしまうのですが、
閉店の理由は、法律。いわゆる風営法というやつです。

最近、この法律に基づいて警察の取締りが厳しくなっているそうで、
Sudadaもこれに対応しきれず、やむなく閉店するということです。
なんだか納得のいかない思いでいっぱいです。

以前の記事にも詳しく書きましたが、
今の日本では、真夜中を過ぎてダンスをすることは法律で禁じられています。
(バーやクラブでの話です、念のため。自宅で踊るのはもちろん自由です^^)
深夜営業をしたいなら飲食のみで、ダンスはだめ。
ダンスをするなら12時で閉店しなければならない。
そういうふうになっているのです。大昔(昭和23年)にできた法律です。

真夜中を過ぎて男女がダンスをすると風紀が乱れる、売春の温床になる、
と考えられていた(実際にそうだった?)時代の法律がまだ生きているのです。
昭和23年といえば、還暦を過ぎたうちの母だって生まれていません。
大正生まれの祖母がお嫁に行ってすぐのころ、と思えば、
朝までダンスをするのが一般的な娯楽でなかったことは理解できます。
だいたい戦後まもない頃で、みんな遊びに行くどころじゃなかったはずです。

平成24年の今、12時で閉店するわけにいかないバーやクラブは、
深夜営業の申請だけして、「ダンスをする場所」としての許可はとっていません。
人々がフロアを埋め尽くし、ぎゅうぎゅうに踊っている中、
壁には「ここで踊らないでください」という張り紙が貼ってあったりします。
お店としてはダンスを認めていないが、客が勝手に踊っている、ということです。
そうでもしないとクラブを経営することはできないのでしょう。
12時で追い出されるようなクラブなんて聞いたことがありません。

朝までお酒を飲むのは自由なのに、朝まで踊るのはなぜだめなのか?
今の日本で、バーやクラブで踊ることは悪いことである、という認識が
社会一般の常識といえるのか?
善良な市民は夜中に踊ったりはしない、とみんな考えているのか?
「週末、朝まで踊ってしまった」と罪悪感をもって小声で打ち明ける人がいるのか?

さらに、数あるクラブの中でも、サルサバーのように比較的年齢層の高い、
まじめにサルサを習ってまじめに上手くなろうとしている、
またはラテン音楽が好きで、ラテン文化に親しもうとしている、
そんな人たちの集まる、見るからに健全な遊び場の
一体どこが善良な風俗に反するというのか?

音楽がうるさいとか、酔っ払いが増えて困るとか、
そういう近隣の迷惑については、また別の法律で規制すればいいし、
売春とか窃盗とか麻薬売買とかの犯罪は、それ自体をもっと取り締まればいい。
ダンスを規制する必要なんてどこにもないのに、何をやっているのだろう?

警察の人たちはそれが仕事だから、彼らに罪はないのですが、
このことについてどう思っているのかなぁ?と思います。
おまわりさんはクラブに行って踊ったりはしないのでしょうか。

読んでくださってありがとうございます。
また更新してね!と応援してくださる方はこちらをクリック♪

にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ
にほんブログ村

ついでにこちらもお願いします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by hadleywood | 2012-07-16 22:06 | ラテン音楽・ダンス | Comments(2)

去年の今頃といえば

2012年☆新春スペシャルTOEIC短期集中コース、好評受付中です!
日時:1月7日(土)・8日(日)・9日(祝) 13:00~18:00 (計15時間)
対象:TOEIC700点~を目指すレベル
内容:リーディングパート(Part5~Part7)の強化
料金:39,375円 (税込) ←2,650円 /60分(税込)


12月ですね!
去年の今頃は18日の結婚式と26日のパーティーの準備で大わらわでした。
もう1年という気持ちと、まだ1年という気持ちが半々です。
e0190984_13543059.jpg

最近サルサを始めた友達のために、ラテン音楽の詰め合わせCDを作る、という、
相方が大好きな作業をしながら、去年のパーティーを思い出していました。
私たちのウェディングで彼が担当した準備といえば、
会場で流すBGM(及びサルサレッスン用)の音楽を用意すること、以上。

ドレス&ブーケ選びにエステやヘアメイクのお店探しなんかはともかく、
(そこらへんは通常、女性のほうが担当する内容かと思うので)
招待状を注文して発送して出席者の確認をして、
カメラマン(写真と映像)の手配をして、
挙式の式次第を手作りし、(カトリック教会では用意してくれないので、
お祈りや聖書の言葉などをせっせとワードに手打ちします)
パーティーのプログラムと席次表もワードとエクセルを駆使して手作り、
ふたりの生い立ちスライドショーはパワーポイントで手作り、
お土産用CDのジャケットも、自分で撮った写真をパワーポイントで編集して、
CDを人数分コピーして、ケースを注文して・・・。

あ、ケースにCDとジャケットを入れてビニールの袋に入れる、という作業は
相方も一緒にやってくれました。
でも、あとはほとんど私がやった!と思っています^^。

ちなみにパーティーのプログラムはこんな感じでした。
15:00 受付
15:30 新郎新婦(+愉快な仲間たち?)入場
15:40 乾杯
16:15 余興 by新婦友人
16:30 バンド演奏
17:10 Salsa レッスン
18:00 フリーダンスタイム
19:30 閉会のご挨拶
20:00 終了

ふつうの披露宴が2~3時間なのに対して5時間は長いかな?と思ったら
思いのほか、あっという間でした。
全部自分たちで仕切る超手作りパーティーだったので、
新郎新婦ともにバタバタしていたせいかもしれません。

そんなにお金はかけていないけど、時間と手間のかかったパーティーでした。
あれは、お互いに趣味が合って、たくさん話し合う時間があって、
そして家族や友達の協力が得られることが大前提だったんだな、と
1年経って改めて思います。

読んでくださってありがとうございます。
また更新してね!と応援してくださる方はこちらをクリック♪

にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ
にほんブログ村

ついでにこちらもお願いします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by hadleywood | 2011-12-03 13:55 | 恋愛・結婚 | Comments(0)
去年12月のウェディングパーティーで、
キューバ人の友人アレックス(Alexander Laborde)が
私たちのために歌ってくれた曲のひとつをYouTubeで見つけました。



続いて見つけた、やや古めの映像。
六本木のサルサバーSudadaの日曜日のライブの様子。



4年ほど前のものです。
少し音が悪いですが、ライブで聴くとすごく良いのです。

アレックスがここで歌っていた頃、私と相方はよく聴きに行きました。
日曜日は入場無料な上にライブが聴けて、ついでに食事も美味しくて。
その頃、野球のカブレラ選手がよく来ていました。
あと、元横綱の曙が来ていたこともありました。

私たちのウェディングではアレックスに歌ってもらいたいね、と
この頃から、いえ、たぶんもっと前からずっと思っていたので、
2011年12月、それが実現したときは感無量でした。
パーティーに参加してくれたゲストたちにも好評で、
みんな音楽に合わせて踊ってくれました。

ところで、このふたつめの動画、
よく見るとうちの相方とラグビーの先輩が写っているのです。
わかりますか?
YouTubeに投稿されたサルサの動画なんてそれはもう大量にあるのに、
たまたま見た動画になぜか写っている…。
どれだけ出没率が高いんだ?と思ってしまいます^^。

読んでくださってありがとうございます。
また更新してね!と応援してくださる方はこちらをクリック♪

にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ
にほんブログ村

ついでにこちらもお願いします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by hadleywood | 2011-09-08 21:51 | ラテン音楽・ダンス | Comments(4)
鎌倉駅から徒歩15分、由比ガ浜海岸まではるばる行ってきました。
目的は毎年恒例のビーチサルサ。
去年、「鎌倉の海でキューバ人をつかまえる」という記事で
見事に晴れ渡った真夏のビーチの写真を載せていますが、
今年はうって変わって、今にも雨が降り出しそうな灰色の空。
e0190984_20474559.jpg

本当なら残念な気持ちになるはずなのに、
日焼けを気にしなくていいし、いい感じに涼しくて海風が心地よく、
こんなビーチも悪くないなぁと思ったりしました。

大音量のラテン音楽で、かなり遠くのほうまで存在感をアピールしている、
目的地の会場はこちら。
e0190984_20513620.jpg

板張りの、海の家といった感じのスペースに、所狭しと踊る人たち。
e0190984_20545720.jpg

奥のほうではバンドが演奏しています。
e0190984_20591081.jpg

夕暮れ時の雰囲気はこんな感じ。ますます混み合ってきます。
e0190984_20595268.jpg

さらに日没後も踊る踊る。
e0190984_2114056.jpg

水着姿で踊っている人もたくさんいます。
水着で踊ると、相手の手が背中にじかに触るので気持ち悪くないかな、と
思ったりするのですが、みなさん気にならない様子。
頭から汗を振り飛ばして踊っている人もいます。
ビーチならではの、なんでもあり(?)のサルサイベントでした。

そうそう、この会場に入る前、ビーチでひとりでたそがれていたら、
若者にナンパされました^^;
なに?何かの罰ゲーム?それとも最近の人は年上の女性が好きなのか?
と、戸惑いつつ、あんまり動揺するのもみっともないと思って、
できるだけ感じ良く、適当に世間話をしてお別れしました^^。

読んでくださってありがとうございます。
また更新してね!と応援してくださる方はこちらをクリック♪

にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ
にほんブログ村

ついでにこちらもお願いします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by hadleywood | 2011-08-21 21:27 | ラテン音楽・ダンス | Comments(0)

海外暮らし10年、訪れた国30ヶ国、紆余曲折を経て、語学学校(WLA)の経営と外資系企業の法務部勤務をこなす日々☆旅行、美味しいもの、日々のいろいろ、ラテン音楽・サルサなどなど☆


by hadleywood