<   2017年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ドバイ女子旅2日目は、朝からビーチへ行きました。
ドバイ近郊のパブリックビーチはいくつかあるようなのですが、
よくわからないまま、タクシーの運転手さんに「ビーチへ」というと、
ジュメイラパブリックビーチへ連れていってくれました。
(ちなみにドバイでの移動はタクシーが安くてとても便利です。)

到着したらこんな感じ!
想像していた以上に海が青くて砂浜もきれいで、都会のビーチとは思えません。
遠くに7つ星ホテル「バージュ・アル・アラブ」の三日月形のシルエットが見えます。
e0190984_13472158.jpg
ビキニを着るなんて20年ぶり(←ほんとに?)というA子も、
この海の美しさに「早く泳ごうよ」と言い出すほど。
何はともあれ日焼けを気にするY子でさえ、H子といっしょに飛び込んでいきました。
水は冷たすぎず、波も穏やかで、水際ではしゃぐにはちょうどよい感じです。
e0190984_13472234.jpg
イスラム教の国とはいえ、外国人がその8割以上を占めるというドバイ。
ドバイ在住の外国人と観光客で、ビーチはふつうに賑わっていました。
e0190984_13472280.jpg
地中海とも違うし、ハワイでもない。もちろんアジアのリゾートでもない。
ペルシャ湾(!)で泳いでいるんだ、ということを実感したのが、
最寄りのモスクから大音量で流れてくるコーラン。
コーランを聞きながらビーチで泳ぐなんて!貴重すぎる体験です。
e0190984_13472231.jpg
お昼近くになってくると急に混んできました。
パラソルとチェアを有料で借りて、日焼けしたお兄さんが場所を見つけてくれて、
砂浜を掘ってパラソルを立ててくれるのは、日本の海と同じシステムです。
e0190984_13472310.jpg
ひとしきり遊んだあと、午後からはまったく別の場所へ向かいます。
この日の午前と午後では、私たち4人の格好がまったく対照的で、
あとから写真を見るとおかしくて笑ってしまいます。
このあとどこへ行ったのかは、次の記事で。


[PR]
by hadleywood | 2017-04-02 13:44 | ドバイ | Comments(0)
早朝にドバイに到着したとは思えないほど、私たちの旅は初日から盛り沢山でした。
何といってもこの日にお土産の半分くらいは買ってしまったのです。

まずは旧市街バスタキヤ地区のドバイ博物館の近くにある、Lucky Kidsというお店。
ここのパシュミナのストールが安いという情報をネットで仕入れて、
まだ1ディルハムがいくらなのかもよくわからない状態で行ってきました。
e0190984_15211064.jpg
一見して格安な感じの衣料が所狭しと並んでいる、庶民的なお店です。
(店名は「Kids」だけど子供服だけでなく大人用もたくさんあります。
インド系の人たち向けなのか、色鮮やかなサリーの品揃えが充実していました。)
その一角に、カシミア100%とかシルク100%とか、まぁ本物かどうかはさて置き、
さまざまな色や柄のストールが積み上げられている棚を発見。
どれも1枚15ディルハム。1ディルハム30円で計算すると、なんと450円!

前日の深夜に飛行機に乗って10時間のフライト後、早朝に着いたばかりで、
ほとんど寝ていないのに、何かに夢中になると人間は覚醒するものです。
さんざん迷って、棚と鏡を行ったり来たり(これがなぜか遠い)して、
私は4枚、ほかの3人は1枚か2枚を選んでやっと購入。
今思えば、もっとざっくり10枚とか買ってもよかったくらいです。

同じ日の午後、今度はナッツ専門店の「Choc and Nuts」へ。
あいにく昼休み(?)をとるお店で、夕方の開店まで待つことになりましたが、
この間、近くのスーパーでデーツのチョコレートやらお菓子やらを購入し、
あらためて訪問。人気店らしくお客さんの出入りが絶えません。

そんな中、ピスタチオ、カシューナッツ、アーモンドなどのナッツ類や、
フィグ(いちじく)などのドライフルーツを試食させてもらい、
その場で煎りたての温かいものをパックしてもらいます。
e0190984_15211055.jpg
私たち4人がだいたい選び終わったころ、ひとりの日本人女性がお店に入ってきて、
ピスタチオを大量買いしていたので(200g×20パックくらい?)
それ美味しいんですか、と聞くと、日本に一時帰国するときはいつもこれを買うこと、
旦那さまはもう7年もドバイに駐在していることなど、笑顔で話してくれました。
上品で感じの良いマダムでした。
私たちは追加でピスタチオを買いました。

[PR]
by hadleywood | 2017-04-01 17:22 | ドバイ | Comments(0)
旧市街バスタキヤ地区を歩いたあとは、徒歩でスーク(市場)へ。
いちばん近いスークはオールドスーク(テキスタイルスーク)と言われるもので、
パシュミナのストールなどを売るお店が続きます。
e0190984_14092292.jpg
ここでお土産を買ってもよかったのですが、いかんせん客引きがすごい。
木曜日の昼下がりという時間帯もあってか空いていて、
観光客が通るのをみんな店先で待ち構えているのです。
そこへ4羽のカモがネギしょって歩いてくるわけで、
「カワイイ!」「安い安い!」「高い高い!(だめじゃん)」「るるぶ!(?)」
日本語で声をかけられたのはここだけかもしれません。
(基本的にドバイでは、アジア人=中国人のようで、ニーハオと言われます。)
e0190984_14092267.jpg
もう少し放っておいてくれたら、ゆっくり選んで買ったのに、と。
何しろ落ち着かないので、ここはささっと通り過ぎてしまいました。
ちょっともったいなかったかな。

スークを出ると目の前はドバイクリークという川(?)で、船着き場があります。
ここからアブラという小舟に乗って、対岸に渡るのです。
乗船料は1ディルハム。約30円です。
e0190984_14092400.jpg
観光客に人気のアブラですが、ローカルの日常的な交通手段でもあります。
商売道具らしき絨毯か何かを丸めて抱えている人もいました。
e0190984_14092390.jpg
ドバイクリークはドバイの町の発祥の地だそうです。
近年ものすごい発展を遂げたドバイですが、
こんなところに昔の面影が残っているような気がします。



[PR]
by hadleywood | 2017-04-01 16:37 | ドバイ | Comments(0)

海外暮らし10年、訪れた国30ヶ国、紆余曲折を経て、語学学校(WLA)の経営と外資系企業の法務部勤務をこなす日々☆旅行、美味しいもの、日々のいろいろ、ラテン音楽・サルサなどなど☆


by hadleywood