<   2015年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

パリに着いて3日目、ベルギー一人旅を満喫してきたA子と合流して、
その翌日には日本から弾丸でやってきたK子も合流。
3人でエッフェル塔のそばのアパルトマンに宿泊したのですが、
このアパルトマンが素晴らしかった!
e0190984_19180600.jpg
パリの中心街のホテルはどこも高くてその割に狭い、という先入観に反し、
ここは100平方メートル以上で広々としたリビングとダイニングがあって、
e0190984_19191551.jpg
ベッドルームは3つ、バスルームとトイレがそれぞれ2つずつ、
キッチンには洗濯機と乾燥機もあって、とにかく言うことなしの豪邸です。
e0190984_19200822.jpg
ベッドルームのうち2つはダブルとツインなので、最大5人まで宿泊可能。
今回は3人それぞれ個室に眠ることができました。
e0190984_19214151.jpg
時差ボケで朝早く目覚めても、朝日でいっぱいのリビングで
エッフェル塔を見ながら今日1日のプランを立てることができるし、
夜はライトアップされたエッフェル塔が深夜までの毎時きらきらと光るのを、
楽しかった1日の思い出を語りながら、眺めることができるのです。
e0190984_19242116.jpg
Expediaでたまたま見つけたアパルトマンですが、
日本人の口コミはほとんどなく、穴場なのかもしれません。
ホテルとの違いは、毎日クリーニングが入らず、コンシェルジュがいないこと、
朝ごはんがついていないこと、くらいでしょうか。
近所のパン屋さんでクロワッサンとを買って、お部屋でいただくのもありです。
キッチンにはコーヒーメーカーなどもそろっています。

読んでくださってありがとうございます。
また更新してね!と応援してくださる方はこちらをクリック♪

にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ
にほんブログ村

ついでにこちらもお願いします。
人気ブログランキングへ

[PR]
by hadleywood | 2015-06-28 18:57 | フランス | Comments(0)
パリに着いて最初の週末は友達の家でお世話になり、
あいにくのお天気の中、5歳と3歳の可愛い姉妹を連れて、
ディズニーランドに行ってきました。
e0190984_16494869.jpg
日本のディズニーランドとディズニーシーのように、
パリにもディズニーランドとディズニースタジオという2つのパークがあり、
ディズニースタジオのほうは映画を素材にしているので、
「ラタトュイユ(邦題:レミの美味しいレストラン)」の乗り物があったり、
ディズニーランドでも、日本未上陸(もうすぐ上陸予定)の「スティッチ」など
ちょっと日本とは違うものが楽しめます。
e0190984_16501044.jpg
フランス語をしゃべるスティッチに、5歳のレナちゃんが大爆笑していて、
おぉ、なんかよくわからないけどウケてる、とつられて笑いながら、
今なんて言ったの?とあとから友達に聞いても、何が面白いのかよくわからず。
日本語版になったらどんなふうになるのか楽しみです。
e0190984_16520065.jpg
それにしてもパリのディズニーランドは全体的に日本とは全然違います。
数年前、カリフォルニアのディズニーランドに行ったときにも、
日本と比べてあまり大人のゲストは想定していないというか、
ミッキーやミニーも大人にはあまり愛想を振りまかない、という印象でしたが、
パリはその点をもっと顕著にした感じがありました。

すべてが子供向けで、基本、大人は後ろで見守っている、というスタンスです。
しかも禁煙ではないので大人たちのタバコの煙がすごい。
音響にあまり力を入れていないのか、音楽もほとんど聞こえてこない。
雰囲気としては田舎のちょっとさびれた遊園地です。
「子供だけでなく大人も楽しめる遊園地を」というウォルト・ディズニーの思いが
まるで実現されていないのです。

ショーに出てくるキャラクターたちも一歩間違えればニセモノ?という
やる気のない感じで踊っていて、中の人が笑顔でないことは一目瞭然だし、
イッツアスモールワールドのいくつかの機械は止まっていて、友達いわく、
「あれ、ずいぶん前から止まってるんだけどね、直す気がないみたい」
e0190984_16513652.jpg
遊園地なんてしょせん子供向けだし、ショーもアトラクションも子供だまし。
冷静に考えるとたしかにその通りかもしれませんが、
子供だましを大人が本気で考えて本気で満足度を上げようと思ったら、
大人だってだませる、と私は思うのです。

東京ディズニーリゾートは「大人だまし」に成功していると思います。
日本人の大人が幼いのではなく、大人たちもだまされてしまうくらい、
本来は子供向けであるはずの遊園地のレベルが高いのです。
ユーロディズニーだったら日本人の大人は夢中になりません。
園内でいちばんましなレストランがマックというのもいただけません。

そして入園料は日本より高いのです。
友達は年間パスを持っている(これがまた妙にお得過ぎる)のですが、
子供たちが大きくなったらもう行かないんだろうなと思います。
もうちょっと工夫の余地があるんじゃないかなぁ?と思うのですが、
誰かアドバイスしてあげる人はいないのでしょうかね。

読んでくださってありがとうございます。
また更新してね!と応援してくださる方はこちらをクリック♪

にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ
にほんブログ村

ついでにこちらもお願いします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by hadleywood | 2015-06-27 15:57 | フランス | Comments(0)
だいぶ時間が経ってしまいましたが、初夏のパリに行ってきました。
e0190984_13194040.jpg
今年のゴールデンウィークはカレンダー通りでも5連休、
それに加えて勤め先の会社が引っ越しのため5月1日がお休みで、
2日分の有給休暇で10連休になるという、
そんな素晴らしいことに気づいてしまい、急きょひとりで行くことに。

ゴールデンウィークはどこへ行っても高い、という思い込みに反し、
エアフランスのパリ直行往復便は燃料費等すべて込みで8万円ほど。
なんでこんなに安いんだろう?
フランスが不人気なのかな?少し前にテロがあったから??

パリには、フランス人と結婚して5歳と3歳の姉妹を育てている、
中学時代からの親友が住んでいるので、まずはそちらに宿泊場所を確保^^。
15区の感じの良い住宅街です。

あと、デンマークで仕事をしていた時代の同業者(というのかな?)が
今はパリの大使館にお勤めなので、こちらにもお声掛けすると、
ぜひ会いましょう、ごはん行きましょうと言ってくれました。

去年一緒にデンマーク旅行をしたA子がベルギー旅行の後、パリに入り、
もうひとり、タンゴ仲間のK子も短い休みをとってパリを訪れることが決定、
3人でアパルトマンを借りて3泊する予定も立てました。

そんなこんなで急にいろいろなことを決めて、
お留守番の相方には「ゴーヤの苗が届くから鉢に植え替えよろしく」と託し、
バタバタと出発。思い立ってから2週間も経っていませんでした。

読んでくださってありがとうございます。
また更新してね!と応援してくださる方はこちらをクリック♪

にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ
にほんブログ村

ついでにこちらもお願いします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by hadleywood | 2015-06-25 17:50 | フランス | Comments(0)
毎年やっているわけではない父の日、今年は開催されました。笑
実家の父と、ののちゃんのパパ(私にとっては義弟)に感謝する日、ですが
パーティーのメニューのほとんどは父が用意するという、
いかにもうちの実家らしいイベントになりました。

しばらく登場させていませんでしたが、
ののちゃん(もうすぐ5歳半)はすっかりお姉さんになりました。
「hadleywoodはなんで髪の毛ぐちゃぐちゃなの?結んでたの?」とか、
「シミがあるならBBクリームぬったら?こないだテレビでやってた。
オーマ(おばあちゃん)も使ってるよ」とか、
びっくりするくらい目線が対等なときがあって、
もう母なんだか妹なんだかののちゃんなんだかわからないくらいです。 

対する男性チームはもっと原始的です。
じじもパパも、半年前に登場したばかりの「しんちゃん」という生き物に夢中。
「しんちゃん」と呼ぶとニコ~っと笑う、これまでになく愛想の良い0歳児、
言葉なんかいらない、ちゃんと気持ちは通じているのです。

母は2人姉妹、私と妹も2人姉妹、というところへ初めて登場した男の子。
むちむちしていてどっしりと重量感があって、大型犬の子犬、といった感じ。
私にも妹にも、ののちゃんにも見られなかった底抜けの愛想の良さが、
まわりの大人たちを魅了しているようです。

でも、そんなしんちゃんを自称、一番気に入っているのはののちゃんだそうで、
「ののがいちばんしんちゃん好きだもんね~」と話しかけていました。
e0190984_15091109.jpg
英語のレッスンでこんな作文を発表してまわりを驚かせたことも。
I have a brother.
His name is Shinji.
He is my treasure.

「しんちゃんがお腹の中にいたときから、ののが話しかけてたからね~」
とのこと。さぞかし毎日うるさかったことでしょう^^。
(というかそのうるささは今も続いているのだけど)

5歳年上の超うるさいおねえちゃんがいる、という宿命を背負って、
しんちゃんはどんな人生を歩むのでしょう。

読んでくださってありがとうございます。
また更新してね!と応援してくださる方はこちらをクリック♪

にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ
にほんブログ村

ついでにこちらもお願いします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by hadleywood | 2015-06-22 21:05 | 日常 | Comments(0)

海外暮らし10年、訪れた国30ヶ国、紆余曲折を経て、語学学校(WLA)の経営と外資系企業の法務部勤務をこなす日々☆旅行、美味しいもの、日々のいろいろ、ラテン音楽・サルサなどなど☆


by hadleywood