<   2015年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

2月22日の日曜日、東京国際フォーラムのホールAで開催された、
「フレンズ・オブ・ディズニー・コンサート」に行ってきました。
e0190984_1128349.jpg

チケットを入手したとき、これはいちばん喜ぶのは姪っ子ののちゃんだな、と思い、
妹とののちゃんにあげることも考えたのですが、
私とののちゃんがコンサートを見て、妹と義弟はその間、銀座でディナー、という
新しいプランに決定しました。

私がののちゃんと2人きりになるのは2010年の6月以来。
前回はこんなに小さかったのに、
今やハンカチとティッシュを入れたポシェットを肩から斜め掛けにして、
休憩時間に食べるためのチョコパンを持って、
私と手をつないで「さあ行こう!」と歩き出すのですから、大きくなったものです。
まともに会話ができるようになったののちゃんとは実質これが初めてのデートです。

席は1階の最初の通路に面したど真ん中という、とても良い席でしたが、
目の前が、パソコンその他の機材を設置したスタッフ席になっていて、
大人は気にならないけど、ののちゃんの視界は少し遮られる感じ。
「・・・見えない。うん、hadleywoodのひざにすわるから、いいや」と
こちらの同意も得ずに勝手に決めて、終始ののちゃんは私のひざに乗っていました。
これならもう一人、大人が来てもよかったかも・・・。

曲目はこんな感じで、ののちゃんにはおなじみのメロディばかりです。

~第1部~
Let It Go 『アナと雪の女王』より May J.
自由への扉 『塔の上のラプンツェル』より 中川翔子
ユール・ビー・イン・マイ・ハート 『ターザン』より 関智一
Once Upon a Dream 〜いつか夢で〜 『マレフィセント』より 麻衣
いにしえの子守唄 『メリダとおそろしの森』より 坂本美雨
ワンス・アポン・ア・タイム 『東京ディズニーランド』より 綿引さやか
ホール・ニュー・ワールド 『アラジン』より 渕上祥人(Friends of Disney Singers) & 麻生かほ里
フレンド・ライク・ミー 『アラジン』より 山寺宏一
『アナと雪の女王』スペシャルメドレー 『アナと雪の女王』より
Friends of Disney Singers / Little Glee Monster
みんなで歌おう!Let It Go〜ありのままで〜(エンドソング) 『アナと雪の女王』より
ALL Friends of Disney

~第2部~
ミッキーマウス・マーチ 『ミッキーマウス・クラブ』より All Cast
ハイホー 『白雪姫』より Little Glee Monster
アンダー・ザ・シー 『リトル・マーメイド』より 坂本美雨
サークル・オブ・ライフ 『ライオン・キング』より 高尾直樹(Friends of Disney Singers)
ハクナ・マタタ 『ライオン・キング』より Little Glee Monster
アロハ・エ・コモ・マイ 『リロ・アンド・スティッチ』より 関智一
チム・チム・チェリー 『メリー・ポピンズ』より 綿引さやか
ジッパ・ディー・ドゥー・ダー 『南部の唄』より May J.
『シンデレラ』コーナー 『シンデレラ』より 麻衣/中川翔子/麻生かほ里/ナビゲーター:山寺宏一
星に願いを 『ピノキオ』より All Cast

休憩時間にホールの扉を出てすぐのところでチョコパンを食べていると、
「企画の都合上、ここのエリアからは出てください」と追い出され、
ロビーに降りて、ののちゃんを待たせて私はお手洗いへ行き、
すると「まもなく第2部が始まります」の放送が聞こえ、急いで手を洗っていたら、
ののちゃんがチョコパンを持ったまま血相を変えてトイレに駆け込んできて、
「始まっちゃうよ!」
そんなに慌てなくても大丈夫だよ、と言いつつ急ぎ足で席に戻り、
第2部が始まったのですが、そこでいきなりサプライズ。

さっきまで私とののちゃんがいた場所から、ミッキーとミニーが登場したのです。
気分はすっかりディズニーランド^^。
通路沿いに座っていたので、ミッキー、ミニーとハイタッチもできて、
ののちゃんだけじゃなく、まわりの大人たちも興奮状態です。
司会の人の「ミッキー、ミニーを呼んでみましょう、用意はいいですか?」の声に
「はーい!」と勢いよく手を挙げて「ミッキー!ミニー!」と叫ぶののちゃん。
その反応の良さというか、集中力というか、飲み込まれっぷりというか、
そんな5歳児の様子が大人の目には新鮮だったのか、
たまたま隣りに座っていた同僚が後日、「なんか感動したよ」と言っていました。

2時間半の長丁場でしたが、最後まで集中して聞いているののちゃんを見て、
大人になったなぁと、感慨深いものがありました。
途中、いろいろと話しかけてはくるものの、全部この舞台に関する話だし、
(ライオンキングのお父さんの弟は悪い人なんだよ、とか
この曲知ってる、うちにCDある、あ、歌手の人のドレスが変わったね、とか)
飽きちゃう、つまんなくなっちゃう、出たくなる、ということがなくて
ののちゃんの成長もすごいけど、ディズニーってすごい、とあらためて思いました。

読んでくださってありがとうございます。
また更新してね!と応援してくださる方はこちらをクリック♪

にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ
にほんブログ村

ついでにこちらもお願いします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by hadleywood | 2015-02-25 12:03 | 音楽・舞台 | Comments(0)
誕生日ネタを引っ張りますが^^;
友達に祝ってもらった翌日の2月1日、実家でパーティーをしてもらいました。

朝、何時ごろ行けばよいか聞こうと思って、母の携帯に電話すると、
なぜかののちゃんが出てきて、
「今日、何時にくるのー?」と聞いてきます。
「それを聞こうと思って電話したんだけど、何時がいい?」
「4時に来て!」
「4時?わかった、じゃあ4時に行くわ」
それで電話を切ろうとすると、あわてて母が出てきましたが、
なんか、ののちゃん大人になったなぁと。
ふつうに電話でしゃべって、じゃあまたね、って切れるなんて。

約束の4時に、前の日のパーティーの残りを持って、
途中でラグビー帰りの相方と合流して、実家へ行きました。
着くなり、ののちゃんが走ってきて、
「お花買ったんだよ!ママとののから!」
と、まだその場にお花がないのに(あとで妹が渡してくれましたが)
先に言っちゃう、というのが笑えました。
サプライズとかそういう考えはまだないんだろうな。
e0190984_17483539.jpg
両親と、妹夫婦とののちゃんと信二くんと、叔父叔母も来てくれて、
総勢10名のパーティーになりました。
ケーキは母の手作り、いつものアプフェルクーヘン(りんごケーキ)に
キャンドル4本と、ドイツ、イギリス、デンマークの国旗を立て、
e0190984_17490389.jpg
ハッピーバースデーの曲をののちゃんがピアノで弾いて、
みんながそれに合わせて歌ってくれました。
(私に向かってというより、ののちゃん中心に、という感じでしたが^^;)
e0190984_17561081.jpg
今日が30代最後の日だね、という話をしていると、
「ののはこないだの1月11日が4歳最後の日だった」と話に入ってきます。
そりゃ誰でも誕生日の前の日は、前の年齢の最後の日なんだけど、
ののちゃんの4歳最後、と私の30代最後、はぜんぜん重みが違うの。
わかんないだろうなぁ。

叔母が40歳になったときは、自分の思い描いていた40歳と
現実の自分とのギャップが受け入れられなくて、
胸を張って40歳です、と言えなかった、と言います。
きっと、「不惑」の年齢になり、迷いなく確固たる道を進んでいるはず、という
40歳に対する期待値が高かったのでしょう。

最近の40歳はよく言えば若い、悪く言うと幼い、未熟、発展途上で、
まだまだこれから頑張らなければいけない人たちが多いので、
個人的には、40歳、まぁこんなもんだろう、という気持ちでいます。
相方が7歳半年上なのに、ちっとも「不惑」な感じではないことも、
40代に対する期待値があまり高まらない一因かもしれません。

会うたびに成長しているののちゃんと違って、
大人はなかなか成長しません。
それでもゆっくり前進できればいいかなと思っています。
e0190984_17534971.jpg
ちなみに最も成長著しいのはこちらの方。
e0190984_17492980.jpg
この1ヶ月で体重が倍になったそうです。倍ですよ。
2ヶ月前に登場したばかりなのに、え、もう6キロ?
そんなもんですか?

読んでくださってありがとうございます。
また更新してね!と応援してくださる方はこちらをクリック♪

にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ
にほんブログ村

ついでにこちらもお願いします。
人気ブログランキングへ

[PR]
by hadleywood | 2015-02-08 22:22 | 日常 | Comments(2)
あらためまして、去る2月2日、私は晴れて40歳を迎えました。

昔の人は「不惑」といい、今の人は「2度目の成人式」といい、
やれ、人生の折り返し地点だ、会社人生の後半戦スタートだ、
ジョン・レノンは「Life begins at 40」と歌った、
イタリア人は「女性は40歳から」といっている、
「しじゅうから」という名前の鳥だっている、などなど、
まわりは騒然としていますが、とにかくそんな40歳です。

海外では自分の誕生日パーティーを自分で開催する国も多いので、
まずは1月31日、同級生3人と会社の同僚3人を自宅に招き、
午後4時半から夜の11時半まで、決して広くない空間で飲み食いし、
ひたすらしゃべり続けました。

見たことのないような大きなブーケ(40本のお花入り!)に、
偶然それと同じ色合いの可愛らしい花束、
e0190984_18513855.jpg

似顔絵付きのケーキに、前から欲しかった急須、
e0190984_23311570.jpg

大好きなルピシアの紅茶が100個も入った「The Book of Tea」まで
e0190984_23301159.jpg

申し訳ないくらい豪華な贈り物をたくさんいただいてしまいました。
e0190984_23313626.jpg

中高時代の友達と会社の同僚という、まったく接点のない人たちが、
私を介して知り合って、いつものようにガールズトークで盛り上がっている、
という様子がうれしかったです。
6人のゲストのうち5人がミガール。どんな人が好みか、という
永遠(であってはいけないが)のテーマでいくらでも話せます。

相方はいつもの紅茶でゆでた豚の酢醤油漬けと、
レモン風味のチーズケーキを作ってくれました。
出来た瞬間はフワフワすぎてスフレのようだったのに、
冷蔵庫に入れてしばらく置いたらちゃんとケーキになっていました。
スイーツは奥が深いです。

あと、希望者には相方の肩もみマッサージのサービスがありました。
みなさん毎日のオフィスワークで首やら肩やらが凝っているので、
相方の「長時間揉んでも疲れない手」はなかなか好評でした。

これからやりたいこと、欲しいもの、考え出すといろいろありますが、
まずは自分と家族が心身ともに健康で、仕事とお金と時間のバランスがとれていて、
この日のようにリラックスして笑い合える友達がいればもう十分すぎるくらいです。
いろんな40歳がいると思いますが、今の自分でよかったです。

読んでくださってありがとうございます。
また更新してね!と応援してくださる方はこちらをクリック♪

にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ
にほんブログ村

ついでにこちらもお願いします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by hadleywood | 2015-02-05 22:37 | 日常 | Comments(0)
最近、「マクーマの部屋」で検索して、このブログにいらっしゃる方が多いです。
このページの左端にある「お気に入りブログ」に入れているので、
それでこのブログが検索結果の上のほうに出てくるのでしょう。

「マクーマの部屋」は、このたび開設されたばかりの新しいブログです。
新しいブログというのは、タイトルでGoogle検索しても出てこないのですね。
そのうち出てくるようになるのでしょうけど。

「マクーマ」とはブログ管理人の造語で、「mako」と「oma」を足したものです。
makoというのは彼女のニックネームで、omaはドイツ語でおばあちゃんです。
昨年夏にクロアチアを旅行し、そのときの記録を何やら大量に残していたので、
これ、ブログにでもしたら、これからクロアチアに行く人の参考になるのでは?と
私が提案したところ、じゃあそうしよう、ということになりました。
旅行のほかにも、趣味のアンティークとか、昭和の政治家、齋藤隆夫についてとか、
いろいろ書きたいことがあるようです。

そんなわけで、今後は当ブログとともに「マクーマの部屋」もご愛読いただきたく、
どうぞよろしくお願いいたします^^。

読んでくださってありがとうございます。
また更新してね!と応援してくださる方はこちらをクリック♪

にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ
にほんブログ村

ついでにこちらもお願いします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by hadleywood | 2015-02-04 13:45 | 日常 | Comments(0)
土曜日は同級生3人と職場の同僚3人の計6名の女友達を自宅に招き、
私の誕生日パーティーを自ら開催しました。

パーティーの様子はまたあらためて書きますが、
そこで出したラザニアが思いのほか好評だったので、
忘れないうちにレシピを残しておこうと思います。
e0190984_17495325.jpg
材料:
・ラザニア 6枚
・ピザ用チーズ  1袋(140g)
・ほうれん草 1束

<ミートソース>
・合挽き肉 300g
・にんにく 1片(みじん切り)
・玉ねぎ 中1個(みじん切り)
・セロリ 半分(みじん切り)
・白ワイン 100ml
・ホールトマト缶詰 1缶
・デミグラスソース缶詰 1/3缶
・ナツメグ
・塩、こしょう

<ホワイトソース>
・ホワイトソース缶詰 1缶
・牛乳 300ml
・塩、こしょう

作り方:
<ミートソースを作る>
① フライパンにオリーブオイルを引き、合挽き肉を炒め、火が通ったらみじん切りのニンニク、玉ねぎ、セロリを加えさらに炒める。(にんじん、パプリカなど入れてもよいかも)
② ①に白ワインを加え一煮立ちさせ、ホールトマト缶(潰す)、デミグラスソース、ナツメグを加え、水気がほとんどなくなるまで30分ほど弱火で煮込み、最後に塩、こしょうで味をととのえる。

<ホワイトソースを作る>
鍋にホワイトソースと牛乳を入れ、塩、こしょうをしてなめらかになるまで温める。
(バター、小麦粉、牛乳で手作りする時間がある方はどうぞそちらで)

<ラザニアとほうれん草をゆでる>
① 2リットルの湯を沸かし、塩大さじ1、オリーブオイル大さじ1(ゆで上がったラザニアがくっつくのを防ぐ)を入れてラザニアを4分弱ゆでる。
② ゆで上がりの少し前に、ざく切りにしたほうれん草を鍋に入れ、ラザニアとともにゆでて引き上げ、ほうれん草は水にさらして水気を絞る。

<材料を重ねてオーブンで焼く>
① ミートソース、ホワイトソース、ほうれん草、チーズ、ラザニア、の順番に重ねていき、最後にチーズをたっぷりかける。
② 220度に予熱したオーブンで15~20分、チーズに焦げ目がつくまで焼く。

初めての試みのわりには美味しくできたのでよかったです。
ほうれん草を入れるかどうかは好みの問題ですが、ヘルシー感が増します。
チーズはちゃんとしたものを使えばもっと濃厚になるのでしょうが、
とりあえずそこらへんのピザ用チーズでも十分でした。

読んでくださってありがとうございます。
また更新してね!と応援してくださる方はこちらをクリック♪

にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ
にほんブログ村

ついでにこちらもお願いします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by hadleywood | 2015-02-01 23:15 | 美味しいもの | Comments(0)

海外暮らし10年、訪れた国30ヶ国、紆余曲折を経て、語学学校(WLA)の経営と外資系企業の法務部勤務をこなす日々☆旅行、美味しいもの、日々のいろいろ、ラテン音楽・サルサなどなど☆


by hadleywood