<   2014年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

今年話題のディズニーのアニメーション映画といえば、
3月公開の「アナと雪の女王」です。
去年の「モンスターズユニバーシティ」にしても「シュガーラッシュ」にしても、
映画館へ行くほどの興味は湧かなかったのに、
(といっても、DVDを観たらどちらも予想外に面白かったけど^^)
今回は映画を観にいってもいいかなと思うくらい、気になっています。
評判もかなり良いみたいだし。



「Let it go」という挿入歌をIdina Menzelというミュージカル女優が歌っていて、
(ドラマ「glee」で主人公レイチェルの実の母親役だった人です^^)
これがとても素敵なのです。歌詞もいい。
ディズニー映画のヒロインって、昔は王子様が迎えに来るのを待つだけだったけど、
最近はみんな意志が強くて自立していて、やはりこういうのも時代の流れですね。



姪っ子ののちゃん(4歳)と一緒に行こうかな、と思ったものの、
その場合は吹き替え版になっちゃうのでしょうかね、やっぱり。
(字幕とかまだ読めないしね)
2人のプリンセスの声は、松たか子さんと神田沙也加さんが演じるそうです。
他にもピエール瀧さんなども話題になっているみたいですが、
でも、うーん、やっぱりオリジナル版を観たいかなぁ。

ちなみにこの映画、25ヶ国語に訳されていて、
当然、歌も25ヶ国語で歌われています。
それぞれの言語で、声の質感などの近い歌手を見つけてきて、
なるべくオリジナルのイメージを損なわないようにしているそうです。
25ヶ国分を続けて聞くと、同じ人がいろんな言葉で歌っているように聞こえます。
こういうところ、ディズニーのこだわりってすごいです。



これでまたディズニーのプリンセスが増えてしまいます。
ののちゃんはすべてのプリンセスを、そのシルエットだけで区別できる、という
特技(?)をもっていますが、今度の新しいプリンセスたちについても
あっという間に詳しくなるんだろうなぁ、と思います。

読んでくださってありがとうございます。
また更新してね!と応援してくださる方はこちらをクリック♪

にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ
にほんブログ村

ついでにこちらもお願いします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by hadleywood | 2014-01-23 23:04 | 映画・アート | Comments(0)

4歳になったののちゃん

1月12日は姪っ子ののちゃんの4回目の誕生日でした。

ところが、主役のののちゃんが朝から39度近い熱を出していて、
パーティーは当然延期かと思いきや、
妹からは「とても楽しみにしているので決行します」とのお知らせが。
よくわからないけど、とりあえず相方といっしょに妹の家へ向かいました。

行ってみると、ののちゃんはふつうに起きて活動しています。
たしかにいつもより少しだけおとなしめかもしれないけど、
ぐったりするでもなく、機嫌が悪いわけでもなく、
ママからの誕生日プレゼントのピンクのドレスを着て、
ふつうに動き回り、ふつうに遊んでいるのです。
小さい子って熱に強いのか何なのか、
大人だったらぜったい休みたいと思うのに、不思議。

玄関のところに新しいピンクの自転車が置いてあったので、
「ののちゃん、自転車もらったの?」と聞くと、
「うん、オーマ(おばあちゃん)からのプレゼント」
「じーじ(おじいちゃん)もいっしょにくれたんじゃないの?」
「ううん、じーじはお金出しただけ」
え~~!?

その答え方があんまり大人びていたので大笑いしてしまいました。
お金出した人=プレゼントした人、じゃないんだ。

話を聞くと、どうやらその自転車はののちゃんとママとオーマと
3人で見に行って、実際に乗って大きさなどをチェックして購入したものらしく、
その場にじーじはいなかったので、贈り主からは除外されてしまったようです。
それでたぶん、あとから誰かが「じーじがお金出したのよ?」と言ったのでしょう、
プレゼントをくれたのはオーマだけど、お金を出したのはじーじ。
なんだかじーじがかわいそうな気もします。

誕生日ケーキは妹の手作りでした。
e0190984_22363392.jpg

ハッピーバースデイの歌をみんなで歌うと、急にまじめな顔になって、
いつになく緊張している様子。
注目されている、ということを意識するようになったんでしょうか。
それでも、ちゃんとふーっとキャンドルの火を消すことができました。
e0190984_22393374.jpg

「ののちゃん、何歳になったの?」
「4歳」
「去年は何歳だった?」
「1歳」
ん?そうなんだ?

「まち(←まだ微妙に発音が違う)は何歳?」
「37歳。あ、違った、38歳だった。あれ?そうだよね、そうそう、38歳だよ」
そんな大きな数字はののちゃん的にはわからないというか、どうでもいいことです。
3歳だったののちゃんが4歳になった。
これは本人にとってもまわりにとっても大きな出来事ですが、
その10倍近く生きていると、本人でさえたまにわからなくなったりするのです。

「えー?そうだっけ。私がもうすぐ37になるのに?」と
かなり昔からの知り合いのはずの妹まで、妙なことを言ったりします。
2歳と2ヶ月違いの姉妹で、私が2月生まれ、妹が4月生まれなので、
計算は合っているはずです。私はもうすぐ39歳になります。
ののちゃんの1年と私の1年、重みも、過ぎていく早さも全然ちがいますね。

読んでくださってありがとうございます。
また更新してね!と応援してくださる方はこちらをクリック♪

にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ
にほんブログ村

ついでにこちらもお願いします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by hadleywood | 2014-01-13 22:55 | 日常 | Comments(0)
昨日はディズニーシーでのプライベートパーティーに行ってきました。
ディズニーチャンネルの開局10周年記念ということで、
夜の7時半から10時半までの3時間、入場者数1万人限定の貸切イベントです。
e0190984_0261398.jpg

1万人ってどのくらい?混んでるの?空いてるの?
と思って調べたら、通常の入場者数は7万人くらいだそうで、
じゃあきっと空いているね、と思いきや、全員が同時に入場するので
入り口には長蛇の列。中に入るのに30分近くかかりました。

入るといきなりウェルカムグリーティングといって小さなパレードがやって来て、
ミッキー&ミニーを間近で見ました。写真を撮るヒマはなし。
いつもの火山にWelcomeの文字とディズニーチャンネルのロゴが出ていました。
e0190984_18184066.jpg

会社の同僚たちとその友達の計7人で参加していた私たちは、
今回のイベントのためのスペシャルセレモニー(約5分)を見たあと、
残り2時間半という短い時間でどれだけのアトラクションに乗れるかという
1万人との戦い(?)を早速開始しました。

でも考えることはみんな同じで、トイストーリーマニアは50分待ち。
(といってもこれは普段に比べたら空いているほうなのかも?)
ビックバンドビートも早くから列ができていました。
一方、「期間限定、怖さ倍増、Level13(←何?)」というタワーオブテラーは
意外と空いていて10分待ち。

まずトイストーリーはあきらめて(50分の待ち時間がもったいないので)、
絶叫系を制覇したい5人はタワーオブテラーへ向かい、
私は、ビックバンドビートを観たことがないという同僚女子を連れて、
シアター前の列に並びました。

比較的すぐに中に入れて(さすがに寒かったので助かりました^^)
かなり前のほうの、しかもど真ん中というベストな位置に陣取り、
それから30分ほど生演奏とダンスのショーを楽しみました。
ディズニーシーのアトラクションで、私はビックバンドビートが一番好きです。
同僚ちゃんも気に入ってくれて、「ミッキーに惚れたわ~」と言っていました^^。
ドラムが叩けてタップダンスにもキレがあって、ミッキーはここで見るのが一番。

ショーを観終わった時点で夜の9時半。まだあと1時間あるね、ということで、
以下、2人でデートのように(笑)駆け足でまわりました。

①スカットルのスクーター
マーメイドラグーンにあるスカットル(アリエルの友達のカモメ)の乗り物。
いかにもキッズ向けで、初めて乗ったけど意外と地味に酔う感じ。
②レイジングスピリッツ
同僚ちゃん人生初の360度回転ジェットコースターに挑戦。
「これ怖いですか?」って答えようのない質問でキャストの女性を困らせていたが、
案外大丈夫だった模様。実は私もこれに乗るのは初めてで、楽しかった☆
上から見るシーの夜景も素敵で、カップルにはぴったり。
③ジャスミンのフライングカーペット
これはうちの姪っ子ののちゃんも大好き。
前の席では上下、後ろの席では前後の傾きを変えるレバーを操作できると聞き、
前後に座る私たち。(ふつうは連れ同士で前後どちらかに隣り合わせで座ると思う)
④シンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジ
これも2人とも初めて。イッツアスモールワールドのようにボートで旅をするもの。
10人乗りくらいのボートに2人きりで、ますますカップルみたいだった・・・笑

もっと急げばもっと乗れたのかもしれないけど、
何も飲まず食わずトイレにも行かずで、気付けば閉園時間の10時半。
絶叫チームの5人と合流して帰宅の途につきました。
e0190984_1833276.jpg

ちょっと学生みたいで楽しい3時間でした。

読んでくださってありがとうございます。
また更新してね!と応援してくださる方はこちらをクリック♪

にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ
にほんブログ村

ついでにこちらもお願いします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by hadleywood | 2014-01-12 00:23 | 小旅行 | Comments(0)
昨日から私も相方も仕事が始まっていますが、
気分はまだなんとなくお休みモード。

年末にやり残した仕事については、これ何だっけ、と思い出すのに時間がかかり、
人の記憶ってほんとうに、びっくりするくらい無くなるものだねぇ、と
職場のみんなでのんきに感心しあったりしています。

休みの間も仕事のことが気にかかる人、というのも中にはいますが、
私はもともと週末や年末年始、夏休みに仕事のことを思い出すことは一切なく、
戻ってきてからの仕事はもちろん、まずPCのログインパスワードを忘れていたり、
ひどいときはオフィスのフロアが何階だったっけ、ということも過去にあったくらい。
オンオフの切り替えは徹底しているのです。(←自慢できるのか?)

といっても、仲良しの同僚たちのことまで忘れてしまうわけではありません。
どうせすぐに会うしなぁ、とは思いつつ、日頃の感謝を込めて年賀状を送りました。
去年の2月、福岡へ行ったときに相方とふたりで撮った写真つきです。

で、今日のランチでその年賀状の話になり。
知らない子供の写真だけでコメントもないと「誰?」ってなるよね、
一言でいいから何か個人的なメッセージが欲しいよね、とか
結婚すると、結婚式に来てくれた人たちを含め、年賀状の量が増えるよね、とか
もう全然お付き合いのない人から毎年来る年賀状はどうしたらいいのだろう、とか
とりとめもなくしゃべっていたのですが。

独身女子が自分ひとりの写真を年賀状にすることについても話題が及びました。
着物姿の自分の写真を年賀状にして送ってくれた同僚の女子がいるのですが、
それがとても素敵だったのです。
意外とみんな思いつかないけど、いい企画だと思います。何と言っても本人だし。

でも、そういう写真を自分の夫宛ての年賀状の中に見つけて、
不愉快に思う既婚女性もいるそうです。
(うちの職場は女性だらけなのであまりそういう心配はありませんが)
え~そうなの?それはちょっと器が小さすぎない?
べつにそのだんなさんだけに宛てて出しているわけじゃないんだし。
それともよっぽどセクシーショットとか、水着姿とかだったのかなぁ?

と、どうでもいい話で盛り上がりました。
独身女子のおひとりさま写真つき年賀状、どうでしょうか?

読んでくださってありがとうございます。
また更新してね!と応援してくださる方はこちらをクリック♪

にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ
にほんブログ村

ついでにこちらもお願いします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by hadleywood | 2014-01-07 23:14 | 日常 | Comments(0)
新年あけましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

2003年大晦日の夜、
中学以来の女友達aquaちゃんと渋谷のクラブのカウントダウンパーティーへ行き、
「バッキンガム(イギリスの大学)のときの友達も来るよ」というので待っていたら、
2004年元旦の午前1時半ごろ、ふらりと現れたのが今、隣りにいる相方です。
あの日からちょうど10年経ちました。

次の誕生日で20代最後の1年が始まる、と思っていました。
今、いよいよ40代目前、ということで同級生たちの新年の挨拶は持ちきりです。
36歳だった相方も、当たり前だけど、46歳になっています。

デンマーク駐在を終えて帰国したばかりだった私は、
その後すぐに法律事務所で働き始め、
1年後にはロースクールに入学して3年間プラス1年間の勉強生活を経て、
WLA:早稲田ランゲージアカデミーを立ち上げ、
同時に外資系企業の法務部門での仕事を始めて、一度転職し、今に至ります。

一方の相方はというと、ずっと同じ大学で教えていて、
ずっと同じクラブチームでラグビーをしています。

変わっていくものもあり、変わらないものもあります。
振り返れば、思い通りにいかないことも多かったけれど、
今のところ毎日楽しいので、これからもそれが続くといいなと思います。
今日が今まででいちばん幸せ、と思って年齢を重ねていきたいものです。

今年はもう少し定期的にブログを更新しようと思っていますので、
どうぞよろしくお願いいたします。

読んでくださってありがとうございます。
また更新してね!と応援してくださる方はこちらをクリック♪

にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ
にほんブログ村

ついでにこちらもお願いします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by hadleywood | 2014-01-01 22:20 | 日常 | Comments(0)

海外暮らし10年、訪れた国30ヶ国、紆余曲折を経て、語学学校(WLA)の経営と外資系企業の法務部勤務をこなす日々☆旅行、美味しいもの、日々のいろいろ、ラテン音楽・サルサなどなど☆


by hadleywood