<   2013年 01月 ( 14 )   > この月の画像一覧

私の両親の友達の友達(要するにぜんぜん知らない人)が、
この映画のプロデューサーをやっていて、2人分の割引券をもらったので、
相方と一緒に観てきました、「渾身 KON-SHIN」。



「まさか、相撲で泣くなんて」という宣伝文句になっていますが、
相撲だけじゃないのです。
もともとは相方が相撲をやっているからと思って連れて行ったのですが、
相撲に興味のない人でも心を動かされると思います。

20年に1度という、人生にそう何回も経験できない伝統行事、遷宮相撲。
今の時代にそんなものがあること自体、隠岐ってすごい島だと思うのですが、
その大会に向けた島の人たちの、日に日に固い絆で結ばれていく様子と、
ささやかな日常の中の関わり合いが、とても日本的で印象に残ります。
昔の日本人的、といったほうが正確かもしれません。

女性たちの古風な感じも印象的です。
たとえば、今から30人のお客さんが来るから、料理の準備をしておいて、
と言われて準備できる女性が昔はたくさんいたのでしょうが、
今の日本にどれくらいいるのでしょう。
料理の専門家などを除き、一般的には絶滅危惧種ではないでしょうか。
それとも地方へ行くと違うのでしょうか。
家族や親戚で集まったりすると「女の子は手伝いなさい」と言われて
小さいころから料理や家のことができる女性が、田舎ほど多い、というのは
相方の持論ですが、どうなんでしょう。

ところでこの映画、私たちが行った回は意外にも満席で、
最前列の席しか空いていませんでした。
映画を最前列で観たのは初めてでしたが、これはおすすめしません。
首が痛くなるし、映像が歪んで見えます。
これでアクション系だったら気持ち悪くなっていたと思います。
やはり映画は前もってチケットを買って、席を予約しないとだめですね。

読んでくださってありがとうございます。
また更新してね!と応援してくださる方はこちらをクリック♪

にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ
にほんブログ村

ついでにこちらもお願いします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by hadleywood | 2013-01-28 22:47 | 映画・アート | Comments(0)

全身グリーンの山手線

毎日の通勤でお世話になっている、JR山手線。
シルバーの車体にグリーンのラインが入ったものがお馴染みですが、
今年に入って全身グリーンの車体が走っているのをたまに見かけます。
e0190984_014850.jpg

山手線50周年(この色になってから50年?)の企画だそうで、
今年いっぱい走らせるそうです。

大学生や社会人になって初めて東京に来た同世代には知らない人も多いですが、
私が中学生のころは全身グリーンの山手線が走っていました。
真夏の暑いときに、窓の開いた古い車種の電車がやってくると、
あ~ハズレだ、と思ったのを覚えています。エアコンが付いていないのです。
全身グリーンの山手線がすべてエアコンなしだったのかどうかは不明ですが、
夏にエアコンが効いていない電車なんて、今では考えられません。

いつから山手線は全身グリーンじゃなくなったのか、
そういえばいつから自動改札になって、いつからスイカになったのか、
正確には思い出せません。
少なくとも私が中学1年生のときは、渋谷駅のJRの改札口に駅員さんが立って、
カチャカチャ音を立てて切符にハサミを入れていました。

若い人の知らない昔を知ってる、という世代になってきたのかなぁ、と
全身グリーンの山手線を見てしみじみと思いました。

読んでくださってありがとうございます。
また更新してね!と応援してくださる方はこちらをクリック♪

にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ
にほんブログ村

ついでにこちらもお願いします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by hadleywood | 2013-01-26 00:04 | 日常 | Comments(0)
年末、代々木にある正統派フレンチ、キノシタで忘年会をしたばかりの、
身軽女子会、通称「ミガール」のメンバーで早くも新年会をしてきました。
e0190984_1031095.jpg

(写真のお料理はキノシタのものです^^)

「ミガール」とは私を含め、誘えばいつでも集まれる身軽な女子たち
(大半が独身か、既婚でも子どもがいない人たち)のことで、
私の中高時代の同級生(1974~1975年生まれ)を指します。
誰かが思いついたものすごく内輪な呼び方ですが、これが意外と便利で、
私は職場やそれ以外のいろいろな場所でもよく使っています^^。

今回、新年会のメインの話題となったのは、
メンバーのひとりが検討中の彼氏(すなわち結婚相手)候補の男性について。
結婚を視野に入れてお付き合いするのであれば、
彼女の両親に対しても、その決意表明をして欲しいところだが、
現段階ではまだお互いにそこまでの気持ちには至っていない、とのこと。

彼女としては、どうしても彼と結婚したい、というほどではないけど、
彼のほうが彼女の迷いを吹き飛ばすほどの熱い思いで結婚を希望しているなら、
結婚するのもやぶさかではない、といった雰囲気です。
他方、おそらく彼のほうはまずは恋愛関係を進展させたい、というところで
今すぐ彼女の両親に「お嬢さんをください」とは言いにくいのだと思います。

望まれて結婚するのが女の幸せ、という考え方もありますが、
(もちろん望まれないより望まれたほうがいいに決まっているけど)
彼がどう思うか、どのように行動するか、ということよりも、
自分がどう思うか、どう行動したいのか、ということのほうが大事。
他人はしょせん他人なのだから、自分の思うままに動かせるものではありません。
それなら、まず自分がどうしたいのか。
「あのとき彼が○○してくれなかった」ということより、
「あのとき私は○○しなかった」ということの後悔のほうが数倍大きいはずです。

ミガールの人たちは基本的に受け身です。
見た目もきれいで昔からモテて、だから自分から動くことはしません。
いや、そんなことはない、自分からメールしたり食事に誘ったりもしている、
と反論されそうですが、それはそうかもしれないんですが、
誰かを自発的にすごく好きになったりすることが少ない気がするのです。

一緒にいると楽しいけど、離れたら離れたで、自分の時間も楽しい。
だから、どうしてもずっと一緒にいたい、とまでは思えない。
上記の彼女はそんなふうに言っていました。

以前の記事で、ミガールはときめきを求めるロマンティックな人たちである、
という話を書きましたが、
その一方で妙に冷静というか、感情の起伏が少ないというか、
この人が大好き!ずっと一緒にいたい!という気持ちになりにくい。
どちらかというと現状維持派で、今の暮らしも悪くない、と思っている。
(でも結婚しないでひとりでいる60代の自分というのも想像できない)
そういう特徴があると思います。

ときめきというのはたいていの場合、思い込みによる勘違いだと思うのですが、
そういう思い込みの力が圧倒的に不足しているような気がするのです。
それはもともとの性質なのか、年齢を重ねたことによるのかは不明ですが、
ときめきを求めるのであれば、そのための力を磨く必要もあるのかな、と
他人事ながら真剣に考えてしまいました^^。

読んでくださってありがとうございます。
また更新してね!と応援してくださる方はこちらをクリック♪

にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ
にほんブログ村

ついでにこちらもお願いします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by hadleywood | 2013-01-15 20:12 | 恋愛・結婚 | Comments(0)

東京の真ん中で初雪!

テレビのニュースを観るまで気づかなかった、今日の雪。
「皇居前です、すでに2センチは積もっているようです」とか
「渋谷駅前の現在の状況です、雪が降り続いています」とか
え、え~!?東京の話?とびっくりして、
曇って外の見えない窓を開けたら、こんなことになっていました。
e0190984_1361932.jpg

ベランダのほうに出てみるとこんな感じ。
e0190984_1363654.jpg

テーブルの上に乗った雪がまるくふくらんでいてお菓子のようです。
e0190984_13232913.jpg

今日は朝からめずらしくフレンチトーストを作ったりカフェオレをいれたり、
何の予定もない祝日の朝をのんびり楽しんでいたところ、
相方が寒い寒いと騒ぐので、え~?そんなに寒い?と思っていたら、
なんと、現在の気温は1度以下だそうです。
東京では積雪5cmで「大雪」というそうで、夜には大雪になるかも、とのこと。

今日は成人式なのに、みんな振袖を着ているのに大丈夫なのかしら?
ただでさえ慣れない和装で足元もおぼつかないはずなのに、
ふつうの靴でも歩きづらい雪道をどうやって歩いているんだろう?

それに、靴といえば私も明日、会社に履いていく靴はどうしよう。
電車やバスがふつうに動いているとも思えないし・・・。
北海道や東北地方の人たちからみたら、そんな程度の雪で?
と笑われるかもしれませんが、東京は雪に弱い街なのでしょうがないのです。

そういえば妹がののちゃんに雪遊びをさせたいといって
近場の雪山を探していましたが、今日はお庭で遊べるのでは?
まぁ、雪山とは程遠い、ささやかな庭ですが^^。

読んでくださってありがとうございます。
また更新してね!と応援してくださる方はこちらをクリック♪

にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ
にほんブログ村

ついでにこちらもお願いします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by hadleywood | 2013-01-14 13:23 | 日常 | Comments(0)

ののちゃん3歳の誕生日

1月12日は姪っ子ののちゃんの誕生日です。
前日に保育園のお友達にはお祝いをしてもらったらしく、
当日、土曜日のランチは家族だけの、大人に囲まれた誕生日になりました。
実家の隣りにある妹家族の家で、両親と私も含めて6人のパーティーです。

朝から頑張って作ったという妹の手料理と、
e0190984_18325154.jpg

サーティーワンのアイスクリームケーキ、
e0190984_18344413.jpg

そしてみんなからの誕生日プレゼントがたくさん。
クリスマス、お正月に続き、ののちゃんの冬はめでたいことだらけです^^。

この1年でののちゃんは体も大きくなり、髪の毛も伸び、
それより何よりものすごくいっぱいしゃべるようになりました。
誕生日ケーキのキャンドルの火を吹き消すのだって、
去年の誕生日に比べたら難なくやってのけます。

レストランごっこのできるおもちゃ(メニューと、注文をとる機械のセット)で
「何がいいですか?」と聞きにくるのですが、
「ケーキください」というと、
「ケーキはデザートだからダメ」と言われます。
先にごはんを食べてからデザートを食べてください、ということのようです。
「じゃあ、ハンバーグをください。それからケーキもください」というと、
「はい、どうぞ」と言ってハンバーグとケーキの絵の描かれた札をくれます。
ケーキやお菓子をごはん代わり、ということにはならない子なんだな、と
妙に感心してしまいました。

ママ(妹)からのプレゼントの中には指輪とネックレスがあって、
「わたし、前からね、指輪が欲しいって言ってたんだよね」と
紫の大きなハート型の石がついた指輪をうれしそうにしていました。
そういえばののちゃんはたまに自分のことを「わたし」と言います。
「ネックレスはマチ(←まだちょっと違う)とおそろいの。丸いの」と
私のパールのネックレスと自分のピンクのを比べます。
「ののちゃんのはピンクで、マチのは白いの。色違いだね」と
もう何ていうか、近々ショッピングにでも出かけて行きそうな勢いです。
3歳でも立派に女の子なのです。

読んでくださってありがとうございます。
また更新してね!と応援してくださる方はこちらをクリック♪

にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ
にほんブログ村

ついでにこちらもお願いします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by hadleywood | 2013-01-13 19:04 | 日常 | Comments(0)
昨年末から上映している映画「レ・ミゼラブル」、
ずっと観たいと思っていたのですが、昨日ようやく相方と一緒に観てきました。
新宿ピカデリーで午後9時からのレイトショー、終わったのは真夜中近くで、
終電から2つめの電車で帰ってきました。



ロンドンやニューヨークでミュージカルは何度か観ていて、
CDも持っているくらい音楽は全部好きで、
そのせいか、今回、映画はとてもよかったけど号泣するというほどではなく、
うんうん、やっぱりいいよねぇ、と思いながら観ました。

といっても、ところどころに知らないエピソードもあって(原作を読んでいないので…)
物語の根底にあるキリスト教的な罪と赦し、愛、生き方、といったテーマについて
改めて考えさせられたというか、新鮮な感動がありました。

相方は2時間45分の長丁場、ほぼずっと歌のみでストーリーが進むのが、
若干疲れた様子^^。
これは映画というよりミュージカルだよね?と言っていました。
「ミュージカル映画」というカテゴリーの中でも、
「マンマ・ミーア」なんかよりもセリフの部分が少ない、というか、ない。
とにかくずっと歌です。本物のミュージカルに近いと思います。

主人公ジャン・バルジャン役のヒュー・ジャックマンはミュージカル出身だし、
フォンテーヌ役のアン・ハサウェイは最初から話題になっていたから
歌が上手いのは想像できたけど、その他の人たち、
たとえば、警官ジャベール役のラッセル・クロウとか、
宿屋のおかみさんのヘレナ・ボナム・カーターとかも歌うんだ、と
失礼ながらちょっとびっくりしました。
ハリウッドの俳優さんで音痴な人なんていないんでしょうかね。

あと、子供時代のコゼットと、革命グループの少年の歌もよかったです。
子供の声ってまた特別にきれいですよね。

私の職場の上司(米国人)と同僚の女性(日本人)が、
それぞれ英語、日本語の翻訳で原作(もとはフランス語)を読んでいるそうで、
私も読もうかなーと思っています。
ミュージカルは何度も観たけど、本はきちんと読んでいないのです。
大昔、子供向けの「ああ無情」を、寝る前に母が読んでくれたのですが、
冒頭から興奮して眠れなくなった記憶だけあります^^;

読んでくださってありがとうございます。
また更新してね!と応援してくださる方はこちらをクリック♪

にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ
にほんブログ村

ついでにこちらもお願いします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by hadleywood | 2013-01-10 22:55 | 映画・アート | Comments(0)
数年前から(正確にはロースクールで司法試験の勉強をしていたころから)
年に1度か2度、恒例の「腰痛祭り」が開催されます。
何をきっかけにというわけでもなく、祭りはいつの間にか始まっています。
ピーク時には立っていても座っていても、寝転がっても何をしても痛い、
という大変な盛り上がりを見せます。当然、家から出られません。

過去、いくつもの整形外科に通い、レントゲンやらMRIやらを撮り、
長時間待たされたあげく、特に異常はないですね、という診断にお金を払い、
鎮痛剤と湿布をもらって帰ってきて、ひたすら痛みが消えるのを待つ、
ということをずっとくり返してきました。

その後、目白整形外科内科というクリニックで
仙骨と腸骨の間の仙腸関節が炎症を起こしている、と診断されました。
長く座り続ける仕事をしている20代から30代の女性に多い症状だそうです。
やはり鎮痛剤と湿布をくれて、あとはブロック注射をしてくれるくらいですが、
異常がないと言われるよりはずっと納得がいきます。

そして最近、「仙腸関節炎」でGoogle検索すると最初のほうに出てくる、
職場から近い、しかも平日は午後8時まで受け付けてくれる、という理由で
祥泉針灸整骨院というところに行ってきました。
ここで初めて「仙腸関節炎は治りますからね」と言われ、
まだ半信半疑ですが、しばらく通ってみようという気になりました^^。
どういう仕組みで痛みが生じているのかを詳しく説明され、
要は捻挫(ぎっくり腰)と同じなので痛いときは安静にする、
むやみに動かしたり温めたりしない、痛みが引いたらストレッチをする、
という、まぁそれほど想定外のことを言われたわけではないのですが、
丁寧に説明してくれるというだけで人間、安心するものです。

職場でバランスボールを椅子代わりに使っていることを話すと、
(それが実はよくないのかも?とも思ったので)
「バランスボールは姿勢を保つためにもいいので、ぜひ続けてください」

それから、問診表の趣味の欄に「サルサ」と書いたら、
「ダンスをしてるんですか?それは、痛みが引いたらぜひ再開してください」

バランスボールもサルサも私の腰痛に良いのか悪いのか微妙だったのですが、
思いのほか大絶賛だったので、ちょっと驚きました^^。
でもどちらも前からやっているけど、腰痛祭りは滞りなくやって来る・・・。
それだけでは予防になっていないということなんでしょうね。

2012年12月後半に開催された腰痛祭りも年末には下火になり、
年明け最初の週末、2013年初サルサに行ってきました。
相方は毎週会っている常連さんたちですが、私はものすごく久しぶり。
再会を喜び合い、近況を報告し合い、一緒に飲んで、踊りました。

そのうちのひとり、ミャンマー出身シンガポール人の友達いわく、
「腰が痛いんだったらね、カニがいいよ、カニ」
「カニ?食べるの?」
「ちがーうよ、くだいて飲むんだよ、川のカニだよ、ちいさいの」
「・・・」
よくわからないけど、川なんか近くにないし、
そんな小さなカニを「くだいて飲む」ために売っているのも見たことない。
なんだか気持ち悪いし、どう考えてもまずそうなので却下。

いろいろな民間療法があるのだろうけど、とりあえず針の先生の言葉を信じて、
今年は二度と腰痛祭りが開催されないように全力を尽くしたいと思います。

読んでくださってありがとうございます。
また更新してね!と応援してくださる方はこちらをクリック♪

にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ
にほんブログ村

ついでにこちらもお願いします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by hadleywood | 2013-01-08 00:58 | 日常 | Comments(0)
一昨年、ハワイにディズニーのリゾートができました。
アウラニ・ディズニー・リゾート&スパ、といいます。
オアフ島の西端にあるコオリナというビーチに面しています。
ワイキキから車で30分くらい。
ただし通勤ラッシュの渋滞に巻き込まれると1時間以上かかります。

飛行機もホテルもレンタカーもエコノミークラスで、B級グルメが大好き、
好きなときに好きなところへ行きたい私たちとしては、
ちょっと高級そう?ファミリー向け?街から遠くて動きにくい?という印象で、
はじめから検討対象にはなっていなかったのですが。

今回の滞在中、1日だけずっと雨が降っていた日があって、
ひまだし、ちょっとチェックしに行こうか?
ということで相方と一緒に行ってみました。
夕方の渋滞でちょっと時間がかかりましたが、着いたら雨はやんでいました。
e0190984_13235032.jpg

南国らしい開放感のあるロビーは、落ち着いた色の家具で統一されていて、
ディズニーリゾートという子どもっぽいイメージとは無縁の感じ。
e0190984_13274495.jpg

客室はすべてオーシャンビューです。
e0190984_13282366.jpg

ジャングルのように木々の生い茂る庭の真ん中には火山があって、
そのまわりを流れるプールが取り巻き、最後は大きなプールに合流しています。
e0190984_13304347.jpg

お庭の先にはこじんまりとしたプライベートビーチ。
入り江になっているので波は来ません。
シュノーケリングができて、カメがやって来ることもあるそうです。
e0190984_13333494.jpg

宿泊客でなくてもこれだけ中を散歩できて、レストランやバーを利用できて、
ホテル内のショップでお土産を買うこともできます。
ただ、ミッキーやミニーなどディズニーの仲間たちに会うには、
宿泊してキャラクターブレックファストをとったほうがよいかもしれません。
今回、私たちはチップとデールの後ろ姿を目撃しただけでした^^。

読んでくださってありがとうございます。
また更新してね!と応援してくださる方はこちらをクリック♪

にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ
にほんブログ村

ついでにこちらもお願いします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by hadleywood | 2013-01-07 00:28 | ハワイ | Comments(0)
ハワイのオアフ島に滞在している間、
私たちがおそらくいちばん長い時間を過ごすのが、
ここ、カピオラニ公園です。
e0190984_21495927.jpg

ここで走ったり、日陰でくつろいだり、そのまま眠ってしまったり。
空はだいたい晴れていて、遠くの山のほうには雲がかかっていて、
ちょうどいい感じの風が吹いています。
いつも同じ場所で同じことをしていますが、飽きることはありません。

地元の人たちが近くでバーベキューを始めたり、
少し遠くの木陰ではヨガ教室が開かれていたり、
小学生たちがサッカーの練習をしていたりもしますが、
人がいっぱいになることもなく、居場所はすぐに見つかります。

それが、今年はめずらしく大勢の人が集まっている日がありました。
e0190984_215727100.jpg

世界各地からやって来たラグビー選手たちです。
ワイキキでラグビーの大会があるらしい、と相方がどこかで
(正確には、前の晩に食事に行ったレストランのトイレにあった張り紙で)
情報を入手してきました。
ハワイでラグビー?というか、アメリカ人ってラグビーするんだ?
と私は半信半疑でしたが、確かにラグビーの格好をした大男たちがたくさん。
しかもやたらと年齢層が高い。
40歳以上の大会だそうで、中には60代かもっと上くらいの人たちもいます。
地元ハワイのチームに、アメリカ本土、カナダ、フィジー、
ニュージーランドやオーストラリア、遠く欧州からのチームもありました。

選手やその家族まで含めると、全体でかなりの人数になります。
ワイキキ市内のホテルに分散して宿泊しているようで、
私たちのコンドミニアムにも泊まっているグループがいました。
寒い地域から来たのか、真夏の太陽と非日常の開放感からか、
いい年のおじさんたちが子どものようにはしゃいでいて、
夜は屋外のバーベキューコーナーで、遅くまで飲んだり歌ったり、
すごく楽しそうで、相方は少しうらやましそうでした。
(同世代なんだし混ざってくればよかったのに^^)

残念ながら日程の関係で試合は見られなかったのですが、
この日の開会式(みんなでパレードをするだけ)は見ることができました。
e0190984_2262771.jpg

これもなかなかやって来ないチームがあったり、
現れたと思ったらみんなすでに酔っ払っていたり、
なんだかとてもゆるい感じの開会式でした。

読んでくださってありがとうございます。
また更新してね!と応援してくださる方はこちらをクリック♪

にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ
にほんブログ村

ついでにこちらもお願いします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by hadleywood | 2013-01-06 11:48 | ハワイ | Comments(0)
相方と私がハワイに行くたびに激安レンタカーを借りていることは、
わりと有名な話で^^(過去記事はこちら
屋根がないとか窓が閉まらないとか、速度計が壊れているのはまだいいとして、
ブレーキのきき方が微妙だったり、坂道を登ると煙が出たり、
(もちろん危険なときは交換してもらっています)
もう少しまともな車を借りたら?とよく言われます。

私自身は車にこだわりがないのと、どっちみち運転するのは相方なので
完全にお任せしていて、今までそれほど不満に思ったこともないのですが、
今回、たまたまいつもよりましな車が借りられて(お値段はたぶん同じ)
改めて、屋根があるっていい!エアコン快適!ということに気づきました。
e0190984_2302471.jpg

私たちが利用しているのはVIPという名前の、
ぜんぜん"VIP"な雰囲気ではないレンタカー屋さんです。
日本から予約ができる感じでもないです。(試したことはないですが)
だからいきなり行って、今どれが乗れる?と聞いて、
その場で空いている車を選んで、お金を払って、乗って帰ります。

もう何年も前から毎年同じアラブ系のお兄さんが受付をしてくれているのですが、
「あれ?なんか前に会ったことあるね?」
と今年ようやく相方の顔を覚えてくれました。
写真の右端にいるのが相方、窓口の向こうにいるのがそのお兄さんです。
e0190984_238585.jpg

VIPレンタカーの隣りにはHenry's Place(高橋果実店)というお店があって、
パイナップルやマンゴーなどのフルーツやアイスクリーム、
手作りのサンドイッチなんかを置いています。
ここのマンゴーアイスがとても濃厚で美味しいのですが、
e0190984_2310511.jpg

相方が車を借りている間に、ほとんどひとりで食べてしまいました。
こちらの雑誌の写真のほうがその美味しさが伝わるかもしれません↓
e0190984_23184181.jpg

冷凍庫にぎっしり詰まったカップには手書きで味の種類が書いてあって、
たくさんの中から選ぶのも楽しいです。

店長の高橋さん(?)は確か80代の元気なおじいさんで、
お店の前のモニターで流しているVTR映像によると、日系2世の方のようです。
たくさんの兄弟のうち、日本に残ったお兄さんとハワイへ移住したお兄さんが、
一方は日本の兵隊として、他方はアメリカの兵隊として戦争に参加した、という
映画のようなドラマティックなことを何でもなさそうに話していました。

ハワイは昔、アメリカに支配されるのを避けるために日本と同盟を結ぼうとした、
と、先日NHKのハワイ特集で知りました。明治時代の話です。
ハワイが日本だったら、日本が真珠湾を攻撃することもなかったでしょうが、
逆にアメリカに攻撃されて、沖縄のように占領されていたかもしれません。
日本の国内線は高いから、今のように格安航空券でハワイへ行くことはできず、
相方と私が毎年お世話になる、ということもなかったに違いありません。
(実際、沖縄は高いからふたりで行ったことはないのです・・・^^;)

読んでくださってありがとうございます。
また更新してね!と応援してくださる方はこちらをクリック♪

にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ
にほんブログ村

ついでにこちらもお願いします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by hadleywood | 2013-01-05 10:31 | ハワイ | Comments(0)

海外暮らし10年、訪れた国30ヶ国、紆余曲折を経て、語学学校(WLA)の経営と外資系企業の法務部勤務をこなす日々☆旅行、美味しいもの、日々のいろいろ、ラテン音楽・サルサなどなど☆


by hadleywood