<   2011年 05月 ( 11 )   > この月の画像一覧

さて、昨日のつづき。
東京カテドラル聖マリア大聖堂で厳かな式を挙げたあとは、
フォーシーズンズホテルで盛大な披露宴が行われました。

新郎新婦の職場の人たち(つまりみんな弁護士さん)が多数を占め、
それぞれの来賓のスピーチはどちらも大手法律事務所のパートナー弁護士という、
その業界では珍しくないのかもしれませんが、
私が出席する結婚式としては、なんというか、今までになくすごい感じでした。
(←全然説明になっていませんね^^;)

こういうのは、誰も「玉の輿」とは言わないと思うのです。
なぜなら新婦も新郎と同じくらい優秀で、収入も社会的地位も高いから。
そう考えると、「あの人は玉の輿ね、いいわねぇ」と言われるのは、
それは女性にとって本当にほめ言葉なのだろうか?なんて思ってしまいます。

とにもかくにも、そんな前途洋々といった言葉がぴったりの披露宴ですが、
中でも印象に残ったのは、お色直しの後の新婦の華やかな内掛け姿、
(京都の出身だからでしょうか、もともと和装がよく似合うのです)
それと鏡開きでした。
e0190984_23362214.jpg

「よいしょ」とみんなで掛け声をかけて、新郎新婦が木槌で樽のフタを割り、
樽の中のお酒はみんなに振舞われます。
当たり前だけど、どこから見ても紛れのない「和」な感じ。
外国人に見せびらかしたい気持ちになります。

そういえば結婚式で鏡開きを見るのは、今回が2度目です。
前回はもう10年以上前、出席者700人という超大規模な披露宴で、
コンサート会場のように大きなスクリーンがあって、
新郎新婦が遠くてよく見えない人たちはそのスクリーンを見ていたのですが、
とにかくそのときに鏡開きをしたのを覚えています。
新郎が政治家の卵だったため、出席者はテレビでよく見る有名人ばかりで、
鏡開きのときもずらっと政治家たちが並んでいました。

思えば、その結婚式も私の中ではかなり「すごい」結婚式でしたが、
すごいのは新郎新婦自身ではなく、そのお父さんたちの人脈だったところが、
今回のウェディングとは大きく違う点です。

新婚旅行にもしばらくは行けないくらい、超多忙な新郎新婦。
まずはこのビッグイベントを無事に乗り越えてホッとしていることでしょう。
(私たちのように疲れて寝込まなければよいのですが^^)

読んでくださってありがとうございます。
また更新してね!と応援してくださる方はこちらをクリック♪

にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ
にほんブログ村

ついでにこちらもお願いします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by hadleywood | 2011-05-30 23:11 | 恋愛・結婚 | Comments(0)
ロースクール時代の友達が、同じくロースクールの同級生と結婚しました。
二人とも1982年生まれの弁護士さん。
以前の記事でご紹介した、ドレス選びにつきあった友達です。
披露宴会場は椿山荘のお隣のフォーシーズンズホテル。

挙式は、道をはさんだ向かい側の、東京カテドラル聖マリア大聖堂で。
e0190984_17503261.jpg

こちらの教会は、場所柄、フォーシーズンズホテルや椿山荘ホテルと
何か関係がありそうに見えますが、実は何の関係もありません。
カトリック教会の東京教区の中心となる教会です。

信者でない人がカトリック教会で挙式を挙げるとき、
「結婚講座」なるものを4回くらい受講しなければならないのですが、
その講座を開講している場所が意外と少なく、
ここはその数少ない教会のひとつでもあります。
私も、相方がカトリックではないため、挙式の前にはこの教会に通いました。
(ちなみに私たちが挙式をしたのはこの教会ではなく、高輪教会です)

「うちは教会です。お向かいの結婚式場とはまったく関係ありません」
「お向かいの式場にもチャペルはあります」
というようなことを結婚講座のときに何度も強調されたのを思い出します。

実際、フォーシーズンズホテルの封筒で招待状をいただくと、
何時までに東京カテドラル聖マリア大聖堂にお越しください、という
小さい紙片が同封されているので、
招かれたほうとしてはやはり、同じ系列のチャペルなんだろう、と
思ってしまうのは仕方ない感じなのです。

それで、ホテルなのにサービスがなってない、という不満が出たことも、
今までにはあったのかなぁ、と。
教会で結婚式のお手伝いをしてくれる人たちは、ふつうの信者さんたちで、
特別な訓練を受けたわけではない、要はボランティアさんなので、
教会側の悩みもわからなくはないです。

それでも、キリスト教式にするなら、どうせなら本物の教会で、と考えるか、
信者でもないし、結婚講座やら何やら何かと面倒な教会でわざわざするより、
併設のチャペルで式を挙げたほうが手間がかからない、と考えるか、
選ぶ基準は人それぞれなのでしょう。
ホテルウェディングならではの悩みですね。

フォーシーズンズでの披露宴の話を書こうと思っていたのに、
挙式のところで長くなったので、続きは次回^^。

読んでくださってありがとうございます。
また更新してね!と応援してくださる方はこちらをクリック♪

にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ
にほんブログ村

ついでにこちらもお願いします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by hadleywood | 2011-05-29 23:06 | 恋愛・結婚 | Comments(0)
最近、サラリーマン業のほうが忙しく、なかなかブログを更新できません。
今週は新しいロイヤー(40代?女性)が仲間入りし、
約20名(うち男性3名)のリーガルスタッフみんなでランチに行ったり、
何かとイベントが多いのです。(もちろん仕事もしています^^)

たまたまネコ好き、犬好きの人たちが多くて、
やっぱり癒されるよね~とかそういう話になったとき、
そういえば!と
「土曜日の朝、友達の家の真っ白いトイプーに起こされたんですよ」
という話をしたら、大変うらやましがられました。

金曜日の夜、フランスから一時帰国中のパリのわんこさんと一緒に、
aquaちゃんの豪邸@田園調布を初めて訪れ、
そのまま朝の4時半までしゃべっていたのですが、
6時過ぎにはトントントントンと何かが体をよじ登ってきて、目覚めたのです。

犯人はこちら。
e0190984_21554864.jpg

トイプードルのジョイくん。
写真で見るよりずっと小さくて軽くてふわふわしてて柔らかい生き物です。

もう朝だよ!起きる時間だよ!遊ぼうよ!
という調子で、満面の笑顔でワウッと軽く吠えるのです。

う~ん、ごめん、まだ起きられない。だってさっき寝たばかりなのよ。
誰か他の人(aqua邸には他にも住人がいます)に遊んでもらってください、
と、その白い綿菓子みたいなやつを部屋の外に出してドアを閉めてしまうと、
ドアの向こうでク~ン、ク~ンとずうっと鳴いているのです。

ごめんねぇ、と思いながら心を鬼にして(?)布団をかぶったものの、
いや、何も部屋を追い出さなくてもいいかもしれない、と思い直し、
ドアのそばまで行って聞き耳を立てていると、声が聞こえなくなって、
あ、もう誰かのところに行ったのね、と安心して布団に戻ってきたら、
またク~ン、ク~ンが始まって、あぁ、まだいる…としばらく葛藤が続き、
結局、ジョイくんが去ったのが先か、私が眠りに落ちたのが先か、
次に目覚めてドアを開けたとき、もう彼はそこにはいませんでした。

あのときは睡魔に負けてしまったけど、
朝起きたら動物が目の前(本当に目の前でした!10センチ先くらい)にいるって、
なんだか素敵な暮らしだなぁと思います。

読んでくださってありがとうございます。
また更新してね!と応援してくださる方はこちらをクリック♪

にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ
にほんブログ村

ついでにこちらもお願いします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by hadleywood | 2011-05-26 22:19 | 日常 | Comments(2)
日曜日は姪っ子「ののちゃん」の洗礼式でした。
場所は、昨年12月に私が結婚式を挙げたカトリック高輪教会
結婚式と違って洗礼式は、通常の日曜日のミサに追加するような形でするので、
参列者は200人以上。
みんなが見守る中、ののちゃんはカトリック教徒になりました。
洗礼名は妹と同じ、カトリーヌ・ラブレ。フランスの聖人の名前です。
e0190984_235348.jpg

赤ちゃんのときに洗礼を受けることを幼児洗礼といいますが、
自分の意志で洗礼を受けたわけではないので、
これからご両親の育て方が重要になります、というようなことを
神父様が言っていました。

と、言っているそばから、ののちゃんは体をよじってご機嫌ななめ。

この日はとても暑くて、
ずっとパパ(義弟)に抱っこされていることも、
自由に歩き回れないことも、楽しいことがひとつもないことも、
何もかもが気に入らなかったに違いないのです。
まぁ、ののちゃんの身になったら、そりゃあ怒り出すのも無理はない状況。

リハーサルもしたそうですが、ののちゃん的にはそんなのまったく関係なく。
神父様は式次第に従ってお祈りの言葉を続けつつ、
「はい、もう少しで終わるからね」とののちゃんをあやしているし、
頭に白いベールをかけてもらっても、瞬間的に払い落とすののちゃんに、
見ていた子どもたちがくすくす笑い出すし、で
なんというか、ほのぼのとしたセレモニーでした。

式が終わってお庭に解放され、端っこの小さな塔の中に入って
すっかり機嫌を直したののちゃん。
e0190984_23292084.jpg

お日様の下で白いドレスで、きらきらと天使みたいです。
e0190984_23323698.jpg

この後、中華料理のビュッフェでもずっとご機嫌。
相変わらずの食欲旺盛ぶりを発揮して、大人たちとほぼ変わらない時間、
テーブルについていました。これって実はけっこうすごいことみたいです。
私や妹は食べることに興味のない子どもで、食事の時間は大変だったらしく、
その点、ののちゃんはみんなから高く評価されています^^。

読んでくださってありがとうございます。
また更新してね!と応援してくださる方はこちらをクリック♪

にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ
にほんブログ村

ついでにこちらもお願いします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by hadleywood | 2011-05-23 23:35 | 日常 | Comments(4)
同僚の女性(30代半ば?の日本人)がゴールデンウィークに引越しをして、
ハウスウォーミングパーティーに招待してくれたので行ってきました。
秋に結婚するお相手(10歳くらい年上?の英国人)との新居です。

広尾駅から徒歩10分。
美術館か?というようなエントランスの素敵なマンションで、
玄関のドアを開けると、段差がないのでどこで靴を脱いだらいいのか^^
そもそも脱ぐの?脱がないの?という感じの入り口。

ベッドルームが3つ、バスルームが2つ、
使いやすそうなキッチンと、広々とした明るいリビング、
唯一、我が家のほうが広い(←なぜ張り合う?^^;)テラスがあって、
公園でもあるのかというくらいの、木々の緑が見えます。
テラスの向こうもいかにも高級そうなおうちで、とにかく静か。
同じ高級マンションでも、夜景のきれいな45階とかよりこういうのがいいな、と
べつに引越しの予定もないのに考えたり^^。

引っ越したばかりで家具は少なめ。
その代わり、壁にはたくさんの絵やオブジェや鏡が飾ってあって、
ちょっとしたところにお花やキャンドルが置いてあります。
キャンドルの炎って落ち着くし、まわりのものを洗練させて見せるので、
うちでも活用したいところですが、なかなか普段使いはしませんね。

ゲストは40人くらいでしょうか、夫婦やファミリーで来ている人も多く、
ハーフの可愛い双子姉妹や、雑誌のモデルになりそうな黒人の姉&弟など、
ちびっ子たちもおしゃれをして来ていました。

家主の英国人は某イギリス系法律事務所の弁護士さんです。
その事務所には私のロースクール時代の友達とか、
前の職場の同僚ちゃんのロースクール時代の友達(←遠い)とかが勤めていて、
もしかしたら知り合いかも?と思ったのですが、聞きそびれてしまいました。

女性陣の間では「セレブ」とか「玉の輿」とかいう言葉が飛び交っていて、
ただでさえ結婚相手としては人気と思われる弁護士(男性)に、
外資系とか、高いポジションとか、ブリティッシュアクセントの英語とか、
プラスの要素が加わって、それはもう理想的なわけです。

「セレブ」も「玉の輿」も、個人的にはあまり好きな言葉ではないのですが、
どこでどうやったら彼のような人材をゲットできるか、というテーマで、
初対面同士、熱く議論している女子たちが、その日はとても可愛く見えました。
みんな年齢は30代。バツいち、子持ちの人もいます。
何ごとも目標を持つのは大事ですね。がんばれ~!(←他人事^^)

読んでくださってありがとうございます。
また更新してね!と応援してくださる方はこちらをクリック♪

にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ
にほんブログ村

ついでにこちらもお願いします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by hadleywood | 2011-05-17 00:19 | 恋愛・結婚 | Comments(2)
この時期、最高気温が前日の倍になったり半分になったり、
電車も職場もエアコンが入っていなかったり、逆に入りすぎていたりで、
毎朝、着ていく服に悩みます。

GW最終日の母の日は、夏みたいな陽気でした。
たいして遠くもない相方の実家に向かう途中でバテそうになりました。

結婚して初めての母の日ということもあり、
あと、1月のお誕生日をお祝いできなかったこともあって、
(相方が教えてくれないから知らなかったのです)
今年の母の日は相方のお母さんを訪ねることにしました。

誕生日は、たまに家族で同じ誕生日という人がいるけど、たいてい別々です。
お正月は3が日があるので、日程を調整することができます。
でも母の日って、世のご夫婦はどちらのお母さんを訪ねるのでしょうか。
ランチで一方、ディナーでもう一方、というのでは忙しすぎるし、
ふたりそれぞれのお母さんを別々に訪ねるというのも、なんか変だし。

メゾンドショコラのチョコレート詰め合わせと、
完全に自分の趣味で買ったスカーフをプレゼントして、
近所のフレンチでディナーをごちそうになりました。
去年の夏、相方の誕生日に行った「Au bord de l’Eau(水のほとり)」
前菜からしっかりしたボリュームのカジュアルフレンチです。

今回、私は前菜にエビ入りの春巻きと、
かぼちゃのポタージュ(これは前よりサイズダウンしたかも?)
メインに鴨肉、
デザートはヌガーグラッセという巨大アイスクリームをいただき、
パンもおかわり自由で、満腹になりました。

母の日だね、と言って押しかけていって、結局ごちそうになる、というのは、
なんだか矛盾しているような気がしなくもないですが^^;
楽しいひとときでした。

読んでくださってありがとうございます。
また更新してね!と応援してくださる方はこちらをクリック♪

にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ
にほんブログ村

ついでにこちらもお願いします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by hadleywood | 2011-05-09 22:40 | 美味しいもの | Comments(2)
都会の真ん中を歩いていて、声をかけられることは誰でもあります。
かけるほうもかけられるほうも、老若男女を問いません。

居酒屋さんの呼び込みとか、
カラオケどうですか?とか、
アンケートお願いしてるんですが、とか
最近あまり見ないけれど「あなたの健康と幸せをお祈りします」とか。

たいてい「いえ、大丈夫です」と曖昧な返事をして立ち去るか、
「すみません、急いでいるので」と断るか、
何も言わずに無視してしまうか。
そして、そんなふうに声をかけられたこと自体、10秒後には忘れています。

それが先日、妙に記憶に残ってしまったおじさんがいました。

世の中的にはお兄さんというより確実におじさんだけど、
本人的にはまだお兄さんだと思っているくらいの、
もしかしたら私とそう年の変わらない、サラリーマン風の人です。
「待ち合わせですか?」
「友達ですか?男性ですか、女性ですか。彼氏ですか?」
「お茶でもする時間なんてありませんよね?」
「きれいな人だなと思って。あ、でも僕なんかいたら迷惑ですね」
「彼氏が来たら何だあいつって思いますよね、いなくなったほうがいいですね」
…etc.

渋谷のマークシティ内の人通りの多い場所で、
すぐ隣りにいた女の子のグループも聞き耳を立てていて、
私はなにしろ一人だし、「へんなおじさんに声をかけられて困っている人」
というポジションが非常に不快で、
結局、待ち合わせはいったん断念してその場を離れたのですが、
(携帯のある時代でよかったです^^)
「すみません、もう行かないといけないので」とかなんとか、
言い訳をして立ち去ったような気がします。

あとから思えばなんでそんな説明をしなきゃいけなかったのか、
そしてそもそも、なんで私のほうがそこを去らなきゃいけなかったのか、
どうして追い払うことができなかったのか、悔やまれます。
「きもいからあっち行ってよ!」とはっきり言わないところが、
日本人女性が世界中で人気がある(もしくはなめらてれいる)原因かと、
自分の行動を省みて、改めて思いました。

次に声をかけられたら、ぜったい追い払ってやる!
と決意したところで、「次」なんてないに越したことはないんですが。

春はへんな人が多いって言いますからね。
この話をしたら、母は「気をつけなさいよ~、こわいんだから」と、
父は「それはまた、顔をよく見なかったんだねぇ」と、
それぞれ予想通りの反応をしてくれました。

読んでくださってありがとうございます。
また更新してね!と応援してくださる方はこちらをクリック♪

にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ
にほんブログ村

ついでにこちらもお願いします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by hadleywood | 2011-05-08 23:40 | 日常 | Comments(6)

広尾Cicadaで女子会

GW後半谷間の金曜日はふつうに出勤していました。
毎週金曜日、相方はスペイン語のクラス+たぶん朝までサルサなので、
帰ってごはん作るのもなんだかめんどくさいし、
ふと思い立って友達のaquaちゃんにメールしてみると、
スペイン語仲間とふたりで女子飲みをするところだから一緒にどう?と。
しかもそのお店がまさに私がちょうど行きたいと思っていた、
広尾のCicadaだというのでびっくりしました。
心が通じていたのかも?^^

Cicadaへ行くのは久しぶりでした。
カヴァで乾杯をして、あとはひたすらしゃべるしゃべる食べる食べる。
イベリコ豚のチョリソーと、
チーズの3種盛り合わせ(パルメザンとブルーと軽めのウォッシュタイプ)、
生ハムとシェーブルチーズ(山羊のチーズ)とナッツとほうれん草のサラダ、
ホタテのソテーと小麦のリゾット、
ラムチョップ、
レモンとオリーブのチキンタジン+クスクス、
それとクレームブリュレを3人でシェアしていただきました。
パンもついて、かなり満腹!そしてどれもすごく美味しかった!

その後、2人は素敵な出会いを求めて西麻布のバー巡りをするというので、
私もついて行きました。(あとから思えばこれがよくなかったのかな?)

目当てのお店が見つけられず、とりあえず1軒入ってモヒートを注文し、
「小さっ!」「エルカフェのとちがう」と文句を言って、
(注:六本木のサルサバーEl Cafe Latinoのモヒートは巨大で、
お砂糖たっぷりの、実際それで正しいのかどうかは不明な飲み物です^^)
そのお店を出たところで最初に目指していたバーを見つけ、
2軒目はそこに決定。本棚に囲まれたリビングルームのようなバーです。
好きなフルーツを選んでカクテルを作ってもらえます。
個室のようなところに通され、私たち3人でまったりゆったり、
終電ぎりぎりまでしゃべり続け、当然、何の出会いもありませんでした。

女子だけでしゃべっていると楽しくて、時間の経つのを忘れてしまって、
やっぱりそこで出会いを求めるのは無理があるのかもしれません。

読んでくださってありがとうございます。
また更新してね!と応援してくださる方はこちらをクリック♪

にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ
にほんブログ村

ついでにこちらもお願いします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by hadleywood | 2011-05-08 00:48 | 美味しいもの | Comments(2)
相方と義弟と3人で高尾山に行ってきました。
いいお天気で日差しが強く、風がとても気持ちの良い日でした。

高尾山口の駅に着いたときから、空気のきれいさに感動☆
そういえばもうずいぶん長いこと都心を離れていなかったことに気づき、
久しぶりの田舎の空気がうれしくて、
改札を通るまでの花火大会並みの混雑も気になりませんでした。

ケーブルカーなどは当然、長蛇の列。
歩いて出発しても、人、人、人。
その混雑は高尾山の山頂まで続きます。
でもまぁ、自分のペースで歩けないというほどではありません。

義弟が「やっぱり頭を使うのが一番カロリーを消費する」という話をして、
相方が「じゃあ何か頭を使うことをしよう」と提案。
「なぞなぞでもしよう。ごま」
私「…?」
義弟「それは答えですか?それともなぞなぞじゃなくてしりとりをするの?」
相方「あ、しりとりね。ごま、マンゴ」

よくわからないけど、「ご」に戻ったところでしりとりが始まり、
だらだらと坂を登っているうちに見晴らしの良い場所に着きました。
e0190984_22225259.jpg

高尾山の山頂付近はお弁当を食べる人たちで大混雑。
自動販売機の飲み物も全て売り切れ。
私たちもすき間を見つけて座り、持ってきた大量のおにぎりを食べました。

私も義弟も高尾山に来るのは初めてで、
東京の人たちにとって高尾山って遠足とかで身近なんじゃないの?
福岡の油山みたいに、と相方は言うのですが、
そうでしょうか?私は遠足で高尾山に行ったことはありません。
それに、油山は車でのぼれて夜景が見れて、デートスポットになっているけど、
高尾山はその日の思いつきで行くにはちょっと遠いし、
行くなら前もってそのつもりの格好をしてこないといけないから、
デートスポットというには若干ハードルが高い気がするのですが。

高尾山から反対のほうへ降りていくと、急に人が減ります。
大半の人たち、特に子供連れはそのまま元来た道を戻るのでしょう。
私たちの今日の目的は、どこか目当ての山に登るのでも景色を見るのでもなく、
ただひたすら「歩く」「鍛える」ということなので、
とりあえず前に進むのみです。

トイレはわりとよく見かけます。
ただし水洗ではなく「雨水を使っています」とのことで、
私は初めて見たのですが、水の代わりに白い泡が出てくるタイプです。
泡の中に消臭の成分が含まれているようで、
いわゆる「水洗じゃないトイレ」よりは清潔な感じがします。

小仏城山の頂上で、義弟がどこからか入手してきた甘夏を食べ、
すっきり爽快な気分になったあとは、ひたすら山道を下るのみ。
そこを登ってくる人たちや、走ってくる人(!)までいて驚きました。
これはぜったい高尾山側から登ってきたほうが楽です。
すれ違いざま、思わず「がんばってください~」と声をかけてしまうほど。

山を降りきったところでお茶屋さんが待ち構えていて、
「お疲れさま~。おまんじゅういかがですか」
酒まんじゅうに生ビールという不思議な組み合わせでひと休み。
そこから弁天橋までさらに少しだけ道を下り、
e0190984_2223133.jpg

再び上り坂を上がると、ようやく相模湖です。
藤の花がきれいに咲いていました。
e0190984_22232645.jpg

合計10キロほどのハイキングでしたが、上り下りがあったので、
先日の10キロウォーク+5キロランとは別の感じで疲れました^^。

読んでくださってありがとうございます。
また更新してね!と応援してくださる方はこちらをクリック♪

にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ
にほんブログ村

ついでにこちらもお願いします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by hadleywood | 2011-05-04 22:50 | 小旅行 | Comments(6)
GW3日目の日曜日は、運動不足解消デー。
すっかりおなじみの「皇居ラン」ですが、今さらながらデビューしました。
(といっても今後続けられるかどうかは不明^^;)

英国大使館の前辺りから出発して、一周約5キロの道のりを左回りに走ります。
最初は下り坂が続いて余裕、だんだん暑くなってきて、最後は緩い上り坂。
相方とふたり、しゃべりながら走っていたので意外とあっという間でしたが、
終点が見えたときは予想以上に嬉しかったです。

これだけなら余裕だと思うのです。
なんならもう一周しても大丈夫だったかもしれません。
でもこの日の企画はそれだけではなかったのです。

皇居から約5キロ離れた自宅から、まずそこまで歩いていき、
5キロ走った後、そこからまた歩いて帰ってきました。合計15キロ。
正しい歩き方を研究しながら歩いたので、それだけで汗ばむ感じでした。
(しかもこの日はものすごく風が強かったのです)
帰宅したら、どっと疲れが出て、2時間お昼寝をしました。

明日は筋肉痛だぁ~と思っていたのに、
1日経った今でもいまひとつ痛くなりません…。
どうしてだろう?

読んでくださってありがとうございます。
また更新してね!と応援してくださる方はこちらをクリック♪

にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ
にほんブログ村

ついでにこちらもお願いします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by hadleywood | 2011-05-02 22:51 | スポーツ | Comments(2)

海外暮らし10年、訪れた国30ヶ国、紆余曲折を経て、語学学校(WLA)の経営と外資系企業の法務部勤務をこなす日々☆旅行、美味しいもの、日々のいろいろ、ラテン音楽・サルサなどなど☆


by hadleywood