<   2010年 11月 ( 12 )   > この月の画像一覧

週末、半年後に結婚式を挙げる友達のドレス選びに付き合いました。
会場のフォーシーズンズホテルはもうすっかりクリスマスの装い。
e0190984_14321716.jpg

新郎新婦ともに20代で、比較的ご予算に余裕がある、という点で、
我が家(新郎40代、新婦30代、出費はなるべく抑えたい)とは違い、
ドレスひとつ取っても選び方に迫力があります。
シンデレラ、とか、マリーアントワネット、とか勝手に名前をつけて、
「いやぁ、マリーアントワネットは誰でも似合うってわけじゃないから、
是非着てほしいなぁ」なんて、
自分なら選ばない(&似合わない)ことを知りつつ、おすすめしてみたり。
女子3人(+本人)でそれはそれは騒がしいひとときを過ごしました。

新郎も新婦も、大手法律事務所の弁護士さん。
人一倍収入がある分、ふたりとも人一倍、体を酷使して仕事をしています。
話に聞くだけでどっと疲れるような、ハードな毎日。
エステに行くよりお休みをとって、十分睡眠をとったほうがいいんじゃない、と
そんな話にもなりました。

結婚式の準備にあたり、全てが順風満帆という人って、
実は少ないんじゃないかと思うのです。
ぶつかる壁は人それぞれで、たとえばお金が足りない、時間が足りない、
パートナーと趣味が合わない、親と意見がぶつかる、などなど。

挙式を3週間後に控え、今の自分にとって最大の壁は、腰痛、です。
1ヶ月ほど前から、原因不明の、今までにも何度か悩まされてきた腰痛で、
朝起きたり、椅子から立ち上がったり、駅の階段を上ったりするのが辛いのです。
今朝は特にひどかったので、会社を休んで病院に行きました。

「仙腸関節」という仙骨と腸骨を結ぶ間接が炎症を起こしている、とのこと。
まぁ、以前もそう言われたのですが、痛み止めを飲むくらいしか対策もなく。
来月結婚式なんです、当日に痛くなるわけにはいかないんですよ、と言うと、
ひどくなったら痛み止めの注射もできるので、いつでも来て下さい、と言われ、
今日のところはお薬だけもらって帰ってきました。

パーティーは半分ダンスパーティーのようなものなので、踊れないと困るのです。
そのためにドレスも裾を引きずらないシンプルなものを選んでいるし、
みんなと踊ったりしゃべったりしたいので、席の配置も工夫しています。
お人形のようにずっと座っている、というわけにはいかないのです。

お金はそんなにないけど、やりたいことをがまんするほどではなく、
仕事は早く帰れるから夜は準備に専念できて、時間的には恵まれている方だし、
パートナーとの衝突もなければ、親や親戚からの干渉もなく、
本当にただ健康に、どこも痛くなく当日を迎えること、が今の私の課題です^^。

読んでくださってありがとうございます。
また更新してね!と応援してくださる方はこちらをクリック♪

にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ
にほんブログ村

ついでにこちらもお願いします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by hadleywood | 2010-11-30 15:21 | 恋愛・結婚 | Comments(0)

晩秋の神田川

いよいよ結婚式の1ヶ月前を切りました。

今年は夏の終わり頃からバタバタしていたので、
移りゆく季節に気がつくヒマもなく。
e0190984_8231836.jpg

いつのまにか神田川の辺りがすっかり晩秋です。
葉っぱが完全に落ちたら、しばらくは寂しい景色のまま数ヶ月。
次にこの辺りが活気づくのは、来年の春、桜の季節です。

なんだか、月日の流れが加速しているような気がするのは私だけでしょうか。
満開の桜の写真を撮ったのは、ついこの間だと思うのですが。

読んでくださってありがとうございます。
また更新してね!と応援してくださる方はこちらをクリック♪

にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ
にほんブログ村

ついでにこちらもお願いします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by hadleywood | 2010-11-28 08:28 | 日常 | Comments(0)
紅いもタルトは通販で買えることが判明しました。
沖縄出張から私と同じ飛行機で東京へ戻ってきたブラジル人弁護士に、
「ほらこれ、ネットで買えるみたい。もう沖縄に行く必要がなくなっちゃいましたね」
と報告すると、
「女の子って本当、そういう情報に早いよね、甘いものとか特にね」
と、えらそうにおっしゃっていました。ぜったい自分のほうが甘いもの好きなのに。
(ついでに言うなら、しつこいですが、どんな女子よりもよくしゃべるくせに)

年明けから、この人が私の直属の上司になります。32歳、既婚。
前にお話した、前代未聞の遠距離上司です。

最近ようやくわかってきたことですが、
ブラジル人たちの要求は「とりあえず」「ダメもと」なことが多いです。
「今すぐ来て」
「明日までにやって」
「6日間、出張に行って」
「年末までは辞めないで」
それを断っても、べつにいいのです。それは無理です、といえば引き下がります。

何に似ているかというと、アジアの市場で買い物をするときの感覚。
最初の言い値で買う人は誰もいない、値切るのが当たり前、というあれです。

他社と契約書を交わすときもそう。
こんな条項を入れたら、相手は納得しないどころか怒るのでは?と心配すると、
いいのいいの、ダメならまた考えるから、とりあえず言ってみる、という調子。
日本人にはあまりない感覚だと思うのですが、どうでしょうか。

先日、沖縄の海で作業をしていたら、海中から自転車が出てきたそうです。
その話をブラジル人たちは鼻で笑って、
自転車が何?リオの海では車が出てきたんだよ、
しかもその車のトランクには銃で撃たれた人の死体が入ってたんだから!
というのです・・・><
まったく笑えない話です。

大学を出ても就職は大変で、親元を離れて生活できるほどの収入が得られない、
しかもブラジルの法律では、民間企業は理由なく従業員を解雇してよいので、
(一応、多少の罰金を払うことになっているそうですが)
いつクビになるかわからない上に、10年もいると少しだけ給料が上がって、
もっと安く雇える若者たちに取って代わられる。
つまり、仕事の質は全然重視されていない、という話。
だからみんな安定を求めて公務員や国営企業の従業員になりたがるそうです。

前述のブラジル人弁護士が国営企業の法務部の採用試験を受けたとき、
試験会場には2万人の弁護士が集まったそうです。
2万人の受験者、ではないです。2万人の弁護士、です。
ちなみに日本の弁護士は現在、全部で2万8000人くらい。
ブラジルの人口(1.9億人)が日本より多いことを考えても、
「コパカバーナのビーチだけで2万人の弁護士がいると思うよ」
というのはすごくないですか?

そんなわけで、なんだかいろいろ、日本とは違うのです。
バックグラウンドを知れば、日々、なんでこうも違うのか、ということについて、
少しは理解できるような気がして見聞を深めているのですが、
知れば知るほど、まだまだ知らないことがたくさん出てきそうな気配です^^;

読んでくださってありがとうございます。
また更新してね!と応援してくださる方はこちらをクリック♪

にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ
にほんブログ村

ついでにこちらもお願いします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by hadleywood | 2010-11-25 15:55 | 会社勤め | Comments(0)
よく、女性は起こった出来事の1から10までを全部しゃべって、
男性はそれを整理して要点だけを話す、というようなことを聞きます。
でも、日本人の女性が1から10までしゃべるとしたら、
ブラジル人の男性はその10倍はしゃべるような気がするのです。
ブラジル人の女性って、そうすると一体どうなってしまうんだろう?

「僕の奥さんはイタリア系でよくしゃべるから、自分はほとんど黙ってるんだ」
と、ものすごくよくしゃべるブラジル人の弁護士に言われたときは、
なんだか気が遠くなるような気がしました。
「う~ん、想像がつかない」
「僕はそんなによくしゃべりますか?」
「しゃべりますよ!」
そのすぐそばで、50代くらいの日本人男性がぽつんと
「まぁそれだけしゃべり続けていたらボケないよ」
とつぶやいたのも妙に印象的でした^^。

ブラジル人同士が話を始めると、それは永遠に終わらないかのように続きます。
私がポルトガル語を理解できないから余計にそう感じるのかもしれませんが、
とにかくいつでもどこでも、想像を超える量の言葉が飛び交うのです。
会議中、役員と通訳が勝手に話を始めて、他の日本人はずうっと待っていたり、
電話会議ではみんなが同時にしゃべるから、全然話がまとまらなかったり。

ついでに独り言も多いです。
悪態をつくことも非常に多い。
パソコンや電話に向かってこわい顔をして暴言を吐きます。
どう考えても些細なことなのに、全身で力いっぱい不満をぶつけて、
そうかと思うと突然口笛を吹き出したり、大きな声で歌ったりします。
喜怒哀楽が激しい、ってこういうことをいうのでしょうか。
とてもオフィスで仕事をしている人たちとは思えません。

イタリア系奥様のいる弁護士さんとは、今回の出張でずっと一緒でした。
ホテルの朝食、社員食堂のランチ、近くのレストランでのディナーに加えて、
移動中のタクシーの中でも、とにかく彼はよくしゃべるのです。
(もちろん私はポルトガル語がわからないので、英語でですが)
こちらが相槌を打っても打たなくても、何ならいてもいなくてもいい様子で、
仕事のこと、気に入らない役員のこと、ブラジルにいる上司のこと、
ブラジルのマフィアのこと、ブラジルの裁判所の仕組み、就職について、
ブラジルのお菓子、日本食について、亡くなったおじいさんのこと、等々。

たいして知らない相手に対して、これだけ話したいことが出てくるのだから、
そりゃあ語学も上達するだろうという感じです。
実際、彼は英語が流暢だし、日本語もだいぶ覚えてきました。

彼の情報は相当インプットされましたが、私の情報はほとんど伝わっていません。
こういう微妙な温度差というかバランスの悪さが続くのも問題ですね。
かといって自分も負けずにしゃべろうという気にもならないのです。
今後も聞き役に徹するか、ちょっとずつこちらの情報も開示していくか、
悩むところです。

読んでくださってありがとうございます。
また更新してね!と応援してくださる方はこちらをクリック♪

にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ
にほんブログ村

ついでにこちらもお願いします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by hadleywood | 2010-11-23 00:58 | 会社勤め | Comments(0)
人生初、沖縄に行ってきました。
「紅いもタルト」をお土産に買ってきました。

2泊3日、特に沖縄らしいことは何ひとつせず、
タクシーでホテルと会社を往復して、
親切で感じの良い沖縄ローカルの人たちと、
とにかくひたすらしゃべり続けるブラジル人たちに囲まれ、
たまたま運悪くやっていた外壁工事の、歯医者さんにいるような騒音と、
なぜかやたらと遅いパソコン(メールもネットもOfficeの動作も全てが遅い)、
いろいろなものと格闘しながら仕事をしてきました。

いろいろな意味で、学ぶところも多かったのですが^^、
そのご報告はまた明日。
耳の奥にまだポルトガル語がガンガン鳴っているような感覚で、
たぶんとても疲れているので、もう寝ます。

東京は寒いですね。
沖縄は夜でもシャツ1枚で十分な暖かさでした。
今度はちゃんと旅行で行きたいなぁ。

読んでくださってありがとうございます。
また更新してね!と応援してくださる方はこちらをクリック♪

にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ
にほんブログ村

ついでにこちらもお願いします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by hadleywood | 2010-11-19 23:38 | 会社勤め | Comments(0)
旅行が好きで、毎年どこかへ出かけて行っているわりには、
国内旅行の経験値が低いのです。
とはいえ、一応、北は北海道、南は鹿児島まで行ったことはあるのですが、
沖縄には行ったことがありません。

いつかは行きたい、と思いつつ
沖縄って一年中泳げるというわけではないし、台風が来るし、
ベストシーズンが意外と限られていて、しかもその期間はものすごく高い、
という壁に阻まれ、なかなか行くチャンスがなかったのですが。

突然ですが、明日、沖縄に行ってきます。
出張です。

出張なんて、昔、デンマークで働いていたとき以来です。
ベルギーのブリュッセルやら、リトアニアのヴィリニュスやら、
出張と聞いたら二つ返事で喜んで飛んでいったものですが、
なんだか今回は気が乗りません。

理由は単に、今そんな気分じゃない、ということ^^;
1ヵ月後に結婚式を控え、いろいろとやらなきゃいけないことが山積しているのに、
今、荷造りをして、空港へ行って、飛行機に乗って、ホテルに泊まって、なんて
やってる場合じゃない、と思ってしまうのです。

最初は、日曜日の夜に羽田を発って、金曜日の夜に帰ってくるという、
1週間丸ごとコースを提案されたのですが、
それは無理です、百歩譲って2泊3日が限界、というと、それでもいいから、と
先月からずっと沖縄にいる上司が懇願するので(←えらそう^^)
水曜日の朝に行って金曜日の夜に帰ってくることが決まりました。

ちなみにその出張を命じたのは、
私が今、WLA:早稲田ランゲージアカデミーの経営のかたわら、
派遣社員として働いている外資系企業です。
派遣社員の出張は、それが本来の契約内容にない場合は覚書を結んだりして、
法律上、けっこう面倒なのですが、
そこまでして私を沖縄に呼ばなければいけない理由がいまひとつ不明で、
「とにかく来て!」という感じ。

24時間かけて地球の裏側からやってくるブラジル人たちにとって、
東京と沖縄なんて飛行機でほんの2時間半、
ちょっと隣り町へ行くようなものなのかもしれません。
(でも飛行機代は8万円近くかかりますけどね)

読んでくださってありがとうございます。
また更新してね!と応援してくださる方はこちらをクリック♪

にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ
にほんブログ村

ついでにこちらもお願いします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by hadleywood | 2010-11-16 13:42 | 会社勤め | Comments(0)
中学時代からの女友達の家に、双子ちゃんを見に行きました。
前回は生後1ヶ月の新生児でしたが、もう4ヶ月。
あっという間に大きくなって、もうすぐ離乳食だというから驚きです。

奥沢の駅で待ち合わせたら、こんな感じで登場♪
e0190984_1458188.jpg

双子ちゃんといえばこの横並びベビーカー^^。
駅の改札には入れないだろうし、お茶する場所も限られてくるでしょうけど、
やっぱり同じ顔が並ぶと目立ちますね。
ブルーを着ると男の子みたいですが、両方女の子です。一卵性です。
e0190984_1513078.jpg

ふたりともソファの端っこが好きなのだけど、
どちらかが角に座れば、もうひとりはその子に寄りかかる感じで。
どちらかが泣くと、もうひとりはおとなしくしています。
(夜中などは、両方一度に泣くときもあるみたいですが)
どちらかが抱っこされているとき、もうひとりは順番待ち。
眉間にしわを寄せて、悲しそうにがまんしていたりします。

まだお互いの存在をどのように認識しているのかは不明ですが、
ふつうにひとりで生まれてくる赤ちゃんとは、何かが違う感じです。
「空気読んでるから」とママは言うのですが、ほんとにそんな感じ。

ママは春には育児休暇を終えて仕事に戻ります。
だからこそ今は赤ちゃんといる時間をたっぷり楽しめるようですが、
それにしても同時にふたりってやっぱり大変ですね~。
文字通り、人手が必要です。みんな手は2本しかないのだから。

昔、デュッセルドルフの日本人学校に通っていたとき、
なぜか同じ学年に双子が5組もいたことを思い出します。
一卵性もいれば二卵性もいて、簡単に見分けられる子もそうじゃない子も。
一卵性の片方と同じクラスだったところ、クラス替えでもう片方と一緒になって、
えっと、どっちがどっちだっけ、ということもありました。
顔は同じなのに性格が全然違うから、しゃべってみたらわかる、ということも。

今、みんな35、6歳になって、お父さんお母さんになっているのでしょう。
大人になった今でもそっくりなのかなぁと思うと面白いです。

読んでくださってありがとうございます。
また更新してね!と応援してくださる方はこちらをクリック♪

にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ
にほんブログ村

ついでにこちらもお願いします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by hadleywood | 2010-11-14 15:32 | 日常 | Comments(6)
教会の結婚式では指輪の交換があります。必ずあります。

「どうしてもなければいけないというものではないんですが」
なんて、結婚講座のときに神父様がうっかり言ったものだから、
べつにいらないんじゃないかと、相方はいつまでも指輪を買う気配がなく。
(ちなみに私のほうはすでに「エンゲージとマリッジのあいだ」を購入済み)

「指輪は相手への愛と忠実を示すものです」とも言っていたじゃない、
それに甥っ子のしゅうくんにリングボーイも頼んでいるし、
指輪の交換をしないなんて考えられない、
普段はつけなくていい、その日のためだけでいいから、
とにかく買おう、安いのでいいから買おう、と私は言い続けてきたのですが。

先日、渋谷にウェディングドレスを引き取りに行ったとき。
近道をしてセンター街を抜けていこうと、ごみごみした人通りの中に入ると、
左手にアクセサリーを売る露店が見えてきました。

「あ、指輪売ってるね」
相方が自分からそんなことを言い出したので、
おぉ、やっと買う気になってくれたのね、良い傾向、とうれしくなって、
とりあえずサイズがどのくらいなのか確かめようと思い、
陳列台に並ぶ指輪の中から大きめのものを適当にひとつ選んで、
相方の左手の薬指にはめてみました。
お店のお兄さんが出てきて、23号ですねぇ~と教えてくれました。
鼻とか唇とかにたくさんピアスをしているお兄さんです。

「これいくらですか」
「3,600円になります」
「じゃあこれください」

え~~~っ!

呆気にとられている私を尻目に、相方はその場で指輪をご購入。

こんな、10代の若者だらけの道ばたで、
ガイコツとか十字架とかそういう系のアクセサリーを売ってるようなお店で、
顔じゅうピアスだらけの店員さんから、買っちゃうのでいいの?
それ、マリッジリングなんだけど?

というか、私はそれでいいのか?
結婚式の晴れ舞台でこの指輪を彼の指にはめるのは私なんだけど、
本当にそれでいいのか?
・・・自問自答しながら、うーん、うーん、と頭を悩ませる私に、
「なくすからもってて」
相方は私に指輪を渡し、それっきりたぶん思い出しもしないのです。

おそらくこれは挙式の日まで私が保管して、当日、一瞬だけ日の目をみて、
あとは永遠の眠りにつく運命なのでしょう。かわいそうに。
おしゃれな男子高校生なんかに買われたほうがよっぽど幸せです。

半年ほど前に結婚した草食系友人(♂)が、
自分の指輪にも奥様の指輪にもすごくこだわって何軒も見てまわって、
結局、なんとかというブランドの、なんとかというラインのものにした、
という話を聞いたばかりだったので、
あまりの違いにちょっとめまいがするくらいです。

シルバーだかスターリングシルバーだか何でもないんだか、
よくわからないから、実際のところ3,600円が安いのかどうかもわからず。
でも、お店があんな雰囲気だったわりにはふつうの感じのシンプルなデザインで、
少なくとも左手の薬指に入ります。とりあえずこれが一番大事。

というわけで、新郎の指輪を買いました。
指輪の交換ができます^^。

読んでくださってありがとうございます。
また更新してね!と応援してくださる方はこちらをクリック♪

にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ
にほんブログ村

ついでにこちらもお願いします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by hadleywood | 2010-11-12 21:53 | 恋愛・結婚 | Comments(0)
久々に姪っ子のどか、通称「ののちゃん」の話題。
明日でちょうど10ヶ月です。
だいぶしっかりした感じになってきました。

座ったときの姿勢が以前のようにふにゃふにゃしてないし、
車輪のついた手押し車のようなよくわからないもの(写真参照)を押して
部屋のすみからすみまで、満面の笑みでダッシュしているし、
物の陰から「いないいないばあ」をするのが流行っているし、
もうふつうに子どもです。
e0190984_23214773.jpg

あと少しで手を離して歩き出しそうです。
話も通じるような気がします。
e0190984_2313451.jpg

会うたびに明らかに行動範囲が広がっています。
これからどんどん目が離せなくなるんでしょうね。
e0190984_23141630.jpg

とにかくよく動くので、正面からのちゃんとした写真が撮れません。
次回、可愛い写真が撮れたら改めてアップします。

読んでくださってありがとうございます。
また更新してね!と応援してくださる方はこちらをクリック♪

にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ
にほんブログ村

ついでにこちらもお願いします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by hadleywood | 2010-11-11 23:15 | 日常 | Comments(0)

結婚式まであと38日!

なんだかバタバタと慌しい日々が続いています。
何がそんなに忙しいのか自分でもよくわからないのですが、
もしかしたら、あれもやらなきゃこれもやらなきゃ、と
気持ちが焦っているだけで、たいして忙しいわけじゃないのかもしれません。

結婚式と、引越しと、入籍・苗字の変更と、新婚旅行と、
すべてを一度に準備できる人の気が知れません。超人です。
ついでに寿退社で会社を辞めて、相手の扶養家族になる人なんかは、
保険とか年金のことも考えないといけないわけです。

私の場合、4年前から相方と一緒に住んでいる家に引き続き住むし、
旅行は(それが新婚旅行だったかどうかはともかく)もうハワイに行ってきたし、
苗字が変わらないので、事務的な手続きといえば入籍くらいで、
とにかく結婚式のことだけを考えていればいいんですが、
それでもなんとなくせわしないのです^^;

今、考えているのは、
①ペーパーアイテム(教会の式次第、パーティーの席次表・席札、等)
②パーティーのプチギフト
③カメラマン(ビデオ、スナップ写真)
④ヘアメイク
⑤エステ
⑥ネイル
⑦その他
以下、備忘録というか独り言なので、よっぽどおひまな方だけどうぞ^^。

①のペーパーアイテムはだいたいのドラフトはできているので、
あとはきれいな紙を買ってきて印刷するだけです。
(もちろん席次表は出席者の確認ができてからの作成になります)
あ、でもウェルカムボードについてはまだ手をつけていません。

②のプチギフトは、これは当日までのお楽しみなので秘密にしておきますが^^
事前の準備がけっこういろいろ大変なんです。

③のカメラマンは、最初、父にやってもらおうという話だったのですが、
教会での挙式で花嫁の父が突然カメラマンに変身するというのも、
見た目的にもどうかと思うので、外部の人に頼もうかと思っています。
あと、妹の結婚式(7年前!)のDVDを見たら、やっぱり動画も欲しくなり、
披露宴なしで、挙式だけを撮ってくれる業者さんを探しています。

④当日のヘアメイクをお願いする美容師さんも決めないといけません。
ブライダルヘアメイク、と検索すると、カメラマンやブーケもそうですが、
とにかくたくさんのウェブサイトが出てきます。
それはもう競争の激しい世界なんでしょうね。
個人でやっているところも多いです。
品質が同じなら安いに越したことはありませんが、本当に同じなのか、
よそとどこが違うのか、何を売りにしているのか。

自分の経営する語学学校も競合他社が無限にある業界なだけに、
利用者としての立場とは別に、サービスを提供する側の目線で見ると、
またいろいろ見えてきて面白いです^^。

そもそもブライダル業界自体が私の目からはかなり画一的というか、
どんなに「オリジナリティ」をうたってみたところで、結局どこも同じなので、
それに付随するこまごまとしたサービスもだいたい同じに見えます。

たとえばホテルや式場だと、会場に入れるのは披露宴の2時間前、
挙式が15分、披露宴が2時間半、
途中で1度退場してドレスとヘアメイクを変える、というパターンだと、
ヘアメイクにしろカメラマンにしろ、拘束時間は約5時間で、
それ以上は延長料金をいただきます、となるわけです。

私の場合、まず挙式とパーティーが別の日で、
どちらも会場に入れるのは1時間前。
教会にヘアメイクの人は入れないし、パーティー会場には控え室もありません。
なので必然的にヘアメイクは両日とも美容院でやってもらうことになります。
パーティーは5時間で、お色直しはしません。
髪の毛やお化粧が崩れたら自分で直すしかないですが、
それでいいと思っています。

⑤のエステは、先日結婚した友達がすすめてくれたお店が良さそうなんですが、
本当に必要かどうか、まだ悩み中です。
万が一、肌に合わないものを使われたら困るしなぁ、とか、
そんなに普段から敏感肌というわけでもないのに心配したりしています^^;

⑥のネイルも特にこだわりはないんですが、
ヘアメイクかエステかどこかで提携しているところがあれば、と思っています。

⑦その他、についてはこれまた準備がけっこう大変なものがひとつ。
ただ、これもプチギフト同様、当日までのお楽しみにしておきます。

ふー。

やらなきゃいけないことばかり考えていると落ち着かないので、
すでにやり終えたことも、心の平穏のために書いておきます^^。
・カトリック教会の結婚講座、全4回終了
・ドレス引き取り(サイズ合わせ終了=体型維持マスト!)
・インナー、靴、ヴェール等、購入
・新婦の指輪(オーダーメイド☆)引き取り
・新郎の指輪、とりあえず購入(この話はまた後日^^;)
・招待状発送
・ブーケ発注
・教会、レストランの予約+申込金支払い

こんな感じでしょうか。書いてみるとちょっと頭が整理されますね。
おつきあい、ありがとうございました。

読んでくださってありがとうございます。
また更新してね!と応援してくださる方はこちらをクリック♪

にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ
にほんブログ村

ついでにこちらもお願いします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by hadleywood | 2010-11-10 14:46 | 恋愛・結婚 | Comments(2)

海外暮らし10年、訪れた国30ヶ国、紆余曲折を経て、語学学校(WLA)の経営と外資系企業の法務部勤務をこなす日々☆旅行、美味しいもの、日々のいろいろ、ラテン音楽・サルサなどなど☆


by hadleywood