<   2010年 06月 ( 25 )   > この月の画像一覧

日本、負けちゃいましたね。
でも今回のワールドカップはいつもと少し違った気がします。
いつになく日本が強くて勢いがあって、
サッカーに詳しくない私でも見ていて面白かったし、
選手の人たちにもなんとなく親近感が持てたし。
(もちろん実際には超人というか、ほんとにすごい人たちばかりなんでしょうけど)
また次、がんばってほしいなぁ、と。
次はブラジルでしたっけ。
4年後。アラフォーど真ん中になっていますね~^^。

金曜日はブラジルvsオランダの試合があるので、
今度はどこかに見に行こうかと思っています。

ところで、今日の職場でのひとこま。

私が今働いている東京のオフィスは最近引越しをしたばかりで、
それを登記しないといけないんですが、
事務所移転の日が正確にはいつなのかという話になり。
ほら、賃貸借契約の開始日と実際の入居日は違ったりしますよね。

「日付は厳密に移転した日じゃなくても、縁起の良い日でいいらしいです」
「えんぎのいい日?」
「はい、大安吉日とかそういうのです」
「たいあん?」
「ほら、大安とか仏滅とか、そういうの気にする人もいるじゃないですか」

ブラジル人の上司はきょとんとしています。
普段の会話は日本語だし、読み書きも不自由なさそうな上司ですが、
こういうところで外国人であることを思い出させます。

私自身、大安とか仏滅とか、まったくこだわらないし、
カレンダーに小さく書いてあるアレ、
結婚式をするなら大安は値段が高くて混んでいて、仏滅は安くて空いている、
お葬式を友引にやってはいけない、くらいの認識しかないのですが。

ちょっと調べたら、引越しにも大安を選ぶ人は多いんですね。
引越し業者の都合などで仏滅になってしまった場合は、
大安の日に前もって何か植物とか引越し荷物を運び入れたり、
あとは、お払いをしてもらったり、塩を置いたりするそうです。
そういう風習にも地域差があるんでしょうけど、
ネットで調べるといろいろ出てきて面白いです。

上司にはこの話がとてもツボだったらしく、
ひとしきり驚いたり笑ったり、オーマイゴッド的なポルトガル語を連発して、
結局、私に任せるから「縁起の良い日」を決めて、ということになりました。
「ブラジルに聞かれたら、日本の風習でこの日に決めましたって言うから」と。
きっとものすごくエキゾチックな印象を与えるんでしょうね。

まぁ、外国人で「六曜」に詳しかったら相当マニアックだし、
お~出た、不思議の国ニッポン、みたいな反応が普通なのかもしれません。

読んでくださってありがとうございます。
また更新してね!と応援してくださる方はこちらをクリック♪

にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ
にほんブログ村

ついでにこちらもお願いします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by hadleywood | 2010-06-30 23:59 | 会社勤め | Comments(0)
最近、「朝5時半起きの習慣で、人生はうまくいく!」という本が、
職場でちょっと流行っています。
同僚ちゃんが3週間前くらいから取り組んでいる「朝5時半起き」。
そんなにいいの?ということで、
本を持ってきてもらってみんなで回し読みをしているところです。

人間の睡眠時間は90分のサイクルで動いている、ということは知っていました。
だから、90分の倍数の時間眠ればすっきり起きられるというわけです。
6時間とか、7時間半とか、何なら9時間でも、10時間半でも^^。
でもこの本は4時間半睡眠をすすめています。
午前1時に寝て、5時半に起きる、それで十分だというのです。

著者は睡眠の専門医で、いろいろと科学的な根拠が書かれているんですが、
ポイントは太陽の光だそうです。
朝起きて太陽の光を浴びることで、5時半でもちゃんと体が目覚めるそうです。
あとは毎日決まった時間に食事をして、規則正しい生活をすること。
そうやって、いいリズムで健康的な暮らしができる上に、時間が大幅に余る!
というわけで「人生がうまくいく」らしいです。

基本的に朝起きるのはそんなに辛くないので(お酒を飲みすぎた翌日とかは別)
もっと質の良い睡眠を!という欲求はあまりないんですが、
確かに、今7時間から7時間半は寝ているところを4時間半でいいとなると、
余った3時間でいろんなことができるような気がします。

一度トライしてみよう、無理そうだったらやめよう、と思いつつ、
まだ一度もトライできていません。(この時点で無理なのかも?)

でも、1日があと3時間増えるとなったら、何をしようかなぁ、と
まるで宝くじが当たったら、みたいな感じで思っています。
1時間は何か体を動かすことがしたい、ヨガとか筋トレとか。
(あ、ちなみに運動は朝より夜やったほうが体にいいそうです。)
1時間は本でも読んで、あ、ポルトガル語の勉強でもいいし。
あとの1時間で、料理が一品増えるかもしれないし、
毎日掃除ができるかもしれない。(ダイソンはうるさいので夜は無理だけど。)

夢は膨らむばかりですが、実現するのでしょうか?

読んでくださってありがとうございます。
また更新してね!と応援してくださる方はこちらをクリック♪

にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ
にほんブログ村

ついでにこちらもお願いします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by hadleywood | 2010-06-29 00:11 | 日常 | Comments(2)
イングランドvsドイツ戦。
どっちを応援するでもなくなんとなく見ていたら、
前半でドイツが2点入れて、イングランドが1点入れ返して、
なんだか動きが激しくて目が離せなくなりました。

そしてイングランドがまたゴール。2対2の同点か?
と思ったら、その2点目は入っていないことになったようです。

そんなことあるんですね。
サッカーの審判の仕組みについてよく知らないのですが、
カメラではどう見ても入っているのに、判定次第で得点にならないことがある、
ってなんだか不思議。

観衆の7~8割がイングランドのサポーターらしいので、
この後、暴動にならなければいいんですが。
あとから「あれはやっぱり得点していました」って訂正することは
ないんでしょうか。

読んでくださってありがとうございます。
また更新してね!と応援してくださる方はこちらをクリック♪

にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ
にほんブログ村

ついでにこちらもお願いします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by hadleywood | 2010-06-28 00:16 | スポーツ | Comments(0)

ハイボールという飲み物

金曜の夜も、土曜の夜も飲みに行き、今日はまったり休肝日です。

そういえば「休肝日」という言葉を先日、ブラジル人の上司に教えてあげました。
「もともとは新聞がお休みの休刊日ですが、それを『肝』の字に変えて、
アルコールを飲まない、肝臓を休ませる日という意味で使われています」
という丁寧な解説付き。
基本、毎日飲んでる上司ですが、木曜日は「休肝日にしました」と
早速新しい言葉を使って威張っていました^^。

さて、昨日は珍しく、大学の同級生たちと高田馬場の居酒屋に行きました。
大学院(ロースクール)の友達と馬場で飲むことは珍しくないんですが、
大学の友達とはたいてい、大学のある目白か、女子飲みだったら銀座とかで、
馬場に行く機会はあまりないんです。

ビールでもチューハイでもカクテルでも、
なんでもジョッキで出てくる感じの大衆居酒屋さんで、
最初はビールを飲んでいたんですが、
途中から流行りの「ハイボール」に切り替えてみました。
ウイスキーを炭酸で割ったもの?でしたっけ。
さっぱりしていて飲みやすくて、あ、確かにこれなら、
ウイスキーを飲まない世代にも受け入れられるかも、という感じ。
ビールよりカロリーも低そうだし、お腹いっぱいにならないのもいいです。

でも、今朝起きたら頭が痛くてびっくり。
飲んだ翌日に頭が痛くなることはあまりないので、犯人は絶対ハイボール。
あんなにさらっと飲める、軽くてやさしい感じだったのに?
やっぱりウイスキーを甘く見てはいけないんでしょうか。
普段飲むのはビールかワイン、カクテル、たまーに日本酒、焼酎(梅酒とか)で、
ウイスキーってよく考えたら何年も飲んでいなかったかもしれません。
次からは少し警戒しつつ飲もう(←それでも飲む気)と思います。

読んでくださってありがとうございます。
また更新してね!と応援してくださる方はこちらをクリック♪

にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ
にほんブログ村

ついでにこちらもお願いします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by hadleywood | 2010-06-27 14:45 | 美味しいもの | Comments(0)
結局、サッカーのことは忘れて、目覚ましもかけずに寝たんですが、
「うおっ、日本勝ってる!」
という相方の声とテレビの音に起こされ、後半の後半だけ見ました。
最後の得点の瞬間もちゃんと目撃しました。
あの試合だったら、頑張って3時半に起きてちゃんと見てもよかったかも。
何なら外に出かけて行って、バーや飲み屋や渋谷の交差点のスクリーンで見ても
後悔しなかっただろうと思います。
なんか、素人の印象としては、日本じゃないみたいでした。

見終わって、すごいねぇ、よかったねぇ、と言い合いながらも
飛び上がって騒ぐほどの情熱まではなかった私と相方は、
(だって後半になって起きてくるくらいですから)
その後すぐに布団に戻って一眠りしました。

朝、ふつうに会社に行くと、例によってジーンズ姿の(今日は金曜日です)
ブラジル人たちに「おめでとうございます」と声をかけられました。
おはようございますの代わりに、おめでとうございます・・・^^。
心なしか今日はずっと、職場全体がごきげんな感じ。
口笛を吹いている人までいて、なんというか、とてもラテンでした。

で、今度はブラジルvsポルトガル戦。
同僚たちはレストランやバーに出かけて友達と見る予定を立てていました。
私はロースクール時代の友達と女3人で神楽坂でごはんを食べて、
その後、11時を少し過ぎたころに帰宅したんですが、
テレビはつけていたものの、なぜかあまり試合に集中できず。
しかも点は結局入らなかったし。
日本vsデンマーク戦のほうがドラマティックでしたね。

読んでくださってありがとうございます。
また更新してね!と応援してくださる方はこちらをクリック♪

にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ
にほんブログ村

ついでにこちらもお願いします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by hadleywood | 2010-06-26 01:47 | 会社勤め | Comments(2)
あと3時間半と少しで、ワールドカップの日本vsデンマーク戦が始まります。
日本時間午前3時半キックオフ。
これをみなさんご覧になるようなんですが、明日ってふつうに平日ですよね。

3時半に始まって、終わるのが5時過ぎ?
それから出かける支度をして、そのまま会社に行くんですか?
それって3時半起きってことですよね。
そんなことが可能なんでしょうか。私には到底無理です。

それとも5時に試合が終わって、それからまた寝るんでしょうか?
7時に起きる人だったら、約2時間。
それをやって、ちゃんと寝坊せずに起きられる自信が、私はないです。

そうこう言っているうちに12時が近づいてきたし、
もうこれから寝て3時半に起きるなんて無理そうだし、
ハイライトをあとで見ればいいんじゃないか、という気持ちになっています。

ちなみに、金曜日のブラジルvsポルトガル戦は夜11時からで、
職場のブラジル人たちはみんなどこかのバーやレストランへ見にいくようです。
11時から、それかせめて1時からだったら見る気がするんですが、
3時半じゃねぇ・・・というのが正直なところ。
やっぱりワールドカップのときだけのにわかファンですから、
こういうときに差が出ますね^^;

読んでくださってありがとうございます。
また更新してね!と応援してくださる方はこちらをクリック♪

にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ
にほんブログ村

ついでにこちらもお願いします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by hadleywood | 2010-06-25 00:02 | 会社勤め | Comments(2)

デンマーク王室のこと

英国バッキンガム宮殿の衛兵交代は有名ですが、
デンマーク王室にも衛兵はいます。
e0190984_0243233.jpg

毎日決まった時間に行進して、観光スポットにもなっていて、
その間、建物(アマリエンボー宮殿といいます)には入れません。

肝心の女王様が外出先から帰ってきて、
「ただいま~」
「あ、今、衛兵交代やってるんでちょっと待ってください」
と言われてお城の入り口で待たされた、という、
うそかほんとかわかりませんが、いかにもありそうな話を聞きました。
誰のための衛兵よ?と突っ込みたくなりますが^^、
ふつうに出かけて、ドライブして、デパートで買い物をする女王様です。
王室の伝統は伝統として守っていくけど、時代には適応していく、
一国民として違和感なく社会に馴染んでいる感じが、とても自然なんです。

料理長は日本人だし、
長男フレデリック皇太子はオーストラリア人のお嫁さんをもらったし、
次男ヨアキムは香港のキャリアウーマンと結婚して、離婚、
夫のヘンリック王配殿下はフランス人で、しょっちゅう帰省しています。
なんとなく自由で開放的で、身近な感じ。
人口550万人の小国だからこそできることかもしれません。

コペンハーゲンの街には女王様所有の池が南北に4つ並んでいて、
e0190984_0531087.jpg

私の通勤路でした。
冬は容赦なく凍りますが、夏は緑たっぷりの憩いの場です。

読んでくださってありがとうございます。
また更新してね!と応援してくださる方はこちらをクリック♪

にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ
にほんブログ村

ついでにこちらもお願いします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by hadleywood | 2010-06-24 00:59 | 北欧 | Comments(0)
デンマーク戦まであと2日、ということで、
テレビでは珍しくデンマークの話題が盛りだくさん。
サッカーとはあまり関係なさそうな、レゴランドとか風力発電とか、
デンマーク料理とかマルグレーテ2世(女王)とか。

そういえば忘れていた、デンマーク王室の料理長は日本人だということ。
オーブンでカリカリに焼き上げた美味しい豚肉の存在。
男性の平均身長は186cmで、日本人より15cmも高いこと。
ちなみに女性は170cm台だったと思います。
(デンマーク在住の2年間、子供服しか買えなかったのはこのためです^^;)

ここのところよく出てくるデンマーク大使の控えめなしゃべり方に、
そうそう、デンマーク人ってこういう感じだった、と思い出しました。
みんな二言目には「デンマークのような小さな国が」と言うのだけど、
でも誰よりも自分の国を愛していて、幸せの実感度は世界一で。
e0190984_2154348.jpg

コペンハーゲンの市街を見渡すとこんな感じです。
どこから撮ったのかというと、こちら。
e0190984_21111263.jpg

塔の外側のらせん階段に歩いて登れるようになっています。
結構高いし、手すりは低めで適当な感じだし、ついでにものすごい強風なので、
高いところが苦手な方にはおすすめしません。

そういえばデンマークはいつもわりと風が強かった気がします。
だから風力発電が普及しているんですね。
車を運転していると、道が空いてるのでついスピードを出しすぎて、
横風に吹き飛ばされそうになったこともありました。
ちなみに乗っていたのはこの車。
e0190984_2131092.jpg

トヨタのヴィッツ。ヨーロッパでは「ヤリス」という名前でした。
私の人生で車を所有したのはまだこの1台しかない、思い出の愛車^^。
後ろの赤レンガは日本大使館が入っている建物です。
あ、でも最近引っ越したという話を聞きました。賃貸借契約が切れたとか。
代官山の一等地に立派な建物を構えているデンマーク大使館と比べて、
ちょっとかわいそうな感じもします。

読んでくださってありがとうございます。
また更新してね!と応援してくださる方はこちらをクリック♪

にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ
にほんブログ村

ついでにこちらもお願いします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by hadleywood | 2010-06-22 21:39 | 北欧 | Comments(2)
世の中、木曜日のデンマーク戦の話題で持ちきりですね。
夜中の3時から、ってみんなどうやって観るんでしょうか。
デンマークは前回のカメルーンとの試合も3時からだったけど、
在京デンマーク大使館にはデンマークを応援する人たちが集まって、
大使(←元気すぎる)まで出動して応援していたそうです。
木曜日はさらに盛り上がるんでしょうね~。
だって同じ職場にデンマーク人と日本人の両方が働いているわけで、
そもそも同じグループだってことも偶然だし、そりゃあ大変な騒ぎでしょう。

前々回、日韓のワールドカップのときを思い出します。
当時、私はデンマークに住んでいました。
デンマークと日本は同じグループではなかったように記憶してますが、
会う人会う人に「日本を応援してるよ、でもデンマークが勝つけどね」
と挨拶代わりに言われ、
テレビでは連日、和歌山の田舎の風景が流れていました。
(デンマークのチームは和歌山に宿泊していたんです。)

最後は確か、イングランドとの試合で敗退。
コペンハーゲンの市庁舎前広場の大きなスクリーンまで、
わざわざ観にいきました。
ものすごい熱気と人ごみに、立っているのがやっとでした。
e0190984_23113591.jpg

普段はこんな感じの広場です。
大道芸人がいて、ホットドッグの屋台なんかが出ています。
e0190984_2317819.jpg

教会の塔と、運河の多い街です。
夏は夜11時を過ぎても明るく、冬は午後3時には暗くなります。
今、6月は1年でいちばん良い季節。
南アフリカとの時差は1時間だし、デンマーク人のことだから、
仕事を休んで応援している人もいるんだろうなぁ、と思います^^。

読んでくださってありがとうございます。
また更新してね!と応援してくださる方はこちらをクリック♪

にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ
にほんブログ村

ついでにこちらもお願いします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by hadleywood | 2010-06-21 23:27 | 北欧 | Comments(0)
私のお気に入りブログのひとつ「パリときどきバブー」のとのまりこさんが
今月結婚されたことを、今、久しぶりにブログを読んで知りました。
結婚報告の記事はこちら
パリ在住のヘアメイクアーティスト&カメラマン&エッセイストで、
2年前の6月、私の友達がパリで結婚したとき
カメラマンとして来てくださった方です。☆そのときの記事はこちら☆

いつも他人の結婚式を素敵にプロデュースして、
フランスならではのおしゃれな写真をブログにたくさん紹介している方なので、
ご本人の結婚式となれば、それはそれは完璧だったんだろうと思います。
パリの市庁舎でまず式を挙げ、それからセーヌ川クルーズでパーティー、
6月のヨーロッパは季節も良くて、まさにジューンブライドという感じです。

フランスの結婚式は何から何まで自分でやらないといけないので、
意外と忙しくて感慨に浸るヒマはないのかもしれませんが。

私も今までたくさんの結婚式を見てきましたが、
本気で参考にしようと思って見たことはなかったので、
今、このタイミングで、自分と年齢の近い女性の結婚式の話を聞いて、
考えるところがたくさんありました。

まず、やっぱり一番大事なのは、大切な人たちに来てもらえること。
会場をどこにするかも、お料理をどうするかも大事ですが、
そんなことより誰と一緒に時間を過ごすか、
たぶんそれが一番「自分らしい」「世界にひとつだけ」なことだと思うのです。

そう考えると、私の場合は日にちを決めるが最初の難関。
海外在住の友達みんなに来てもらいたい、と考えると、年末年始?
と思うのですが、ふつうに考えて年末年始は忙しいし帰省する人もいるし、
国内在住の友達にとっては若干迷惑?とも思うし。

場所を決めるにしても、何から手を付けたらいいのか途方に暮れます。
こんなにたくさんの中から、みんなどうやって決めているんだろう?
片っ端からウェディングフェアに出かけていったらお金もかかるし・・・。

既婚者のみなさん、アドバイスよろしくお願いいたします^^。

読んでくださってありがとうございます。
また更新してね!と応援してくださる方はこちらをクリック♪

にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ
にほんブログ村

ついでにこちらもお願いします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by hadleywood | 2010-06-20 23:00 | 恋愛・結婚 | Comments(8)

海外暮らし10年、訪れた国30ヶ国、紆余曲折を経て、語学学校(WLA)の経営と外資系企業の法務部勤務をこなす日々☆旅行、美味しいもの、日々のいろいろ、ラテン音楽・サルサなどなど☆


by hadleywood