カテゴリ:日常( 193 )

新年あけましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

2003年大晦日の夜、
中学以来の女友達aquaちゃんと渋谷のクラブのカウントダウンパーティーへ行き、
「バッキンガム(イギリスの大学)のときの友達も来るよ」というので待っていたら、
2004年元旦の午前1時半ごろ、ふらりと現れたのが今、隣りにいる相方です。
あの日からちょうど10年経ちました。

次の誕生日で20代最後の1年が始まる、と思っていました。
今、いよいよ40代目前、ということで同級生たちの新年の挨拶は持ちきりです。
36歳だった相方も、当たり前だけど、46歳になっています。

デンマーク駐在を終えて帰国したばかりだった私は、
その後すぐに法律事務所で働き始め、
1年後にはロースクールに入学して3年間プラス1年間の勉強生活を経て、
WLA:早稲田ランゲージアカデミーを立ち上げ、
同時に外資系企業の法務部門での仕事を始めて、一度転職し、今に至ります。

一方の相方はというと、ずっと同じ大学で教えていて、
ずっと同じクラブチームでラグビーをしています。

変わっていくものもあり、変わらないものもあります。
振り返れば、思い通りにいかないことも多かったけれど、
今のところ毎日楽しいので、これからもそれが続くといいなと思います。
今日が今まででいちばん幸せ、と思って年齢を重ねていきたいものです。

今年はもう少し定期的にブログを更新しようと思っていますので、
どうぞよろしくお願いいたします。

読んでくださってありがとうございます。
また更新してね!と応援してくださる方はこちらをクリック♪

にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ
にほんブログ村

ついでにこちらもお願いします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by hadleywood | 2014-01-01 22:20 | 日常 | Comments(0)
昨日に引き続き、3年前の結婚式の写真を見ていて、
相方も私もまぁそんなに変わっていないな、まわりの友達も同じだな、
と思っていたところ、最も変化の激しい人物を発見しました。

こちらの方です。
e0190984_1415950.jpg

ドレスを着ているけど、男の子か女の子か微妙にわかりにくい
(英国王室の赤ちゃんだってドレスを着ることがあるけど男の子です)
姪っ子ののちゃん、当時11ヶ月です。

今ではこんな感じ。
e0190984_14175080.jpg

ディズニーのプリンセスが大好きな3歳児です。
こないだまでラプンツェルに夢中だったけど、最近のお気に入りはアリエル。
ディズニーシーに行っても、リトルマーメイドエリアから離れません。

もうずいぶん前から、一人前に話をします。
私の知らないこと、たとえば、アリエルの6人のお姉さんの名前とか、
うちの実家のお風呂に修理が入って前よりも暖かくなったこととか、
(ののちゃんは実家の隣りにすんでいますが、このお風呂には入らないらしい)
いろいろ教えてくれます。

私のiPhoneのどこにYoutubeのアイコンがあって、
どこをどういじると自分が前に見た動画を見られるか、ということまで
すでに知っています。
ディズニーのお話の一部を見るだけならいいけど、
うっかりへんな動画(暴力的なものとか、事故の衝撃映像とか)にアクセスして
ショックを受ける子どももいるらしいので、
スマホやパソコンの扱いはむずかしいですね。
かといってまったく触らせないというわけにもいかないだろうし。

赤ちゃんのころの大変さはなくなったのでしょうけど、
また別の大変さが出てきて、それはこの先ずっと形を変えて続くんだろうなと、
たった3年で劇的な変貌を遂げたののちゃんを見て、そう思いました。

読んでくださってありがとうございます。
また更新してね!と応援してくださる方はこちらをクリック♪

にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ
にほんブログ村

ついでにこちらもお願いします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by hadleywood | 2013-12-22 10:11 | 日常 | Comments(0)
8月28日は相方の誕生日です。

相方は自分の誕生日を祝われるのが嫌いなので、
毎年あまりたいしたことはしていません。
去年も当日は何をしたか覚えていないし、プレゼントは3ヶ月くらい後に、
急に思い立ってDVDレコーダーを買いました。
(というかそれはもはやクリスマスプレゼントでは?)

おととしとその前の年は相方の両親といっしょにフレンチでお祝いしました。
2011年:44年目にして知る?自分の名前
2010年:誕生日は「Au bord de l’Eau(水のほとり)」でフレンチ
誕生日でもない私もついでにごちそうになっているので、
自分でお祝いしたという実感はなく。
プレゼントも何を買ったか覚えていませんが、たぶんたいしたものはあげていない。

さらにその前の年はふたりで近所のレストランに行っています。
2009年:誕生日♪
なつかしいですね。まだ結婚する前です^^。
このブログを始めてすぐのころです。

一緒に過ごす誕生日も、気づけばもう今年で10回目。
次のお正月には、出会って10年になります。

それでも相方は「だから何なの?」という感じで気にも留めていない様子で、
誕生日のディナーに出かける気などさらさらないのです。
私が手料理をふるまうという選択肢もあることはあるのですが、
私のほうが仕事から帰ってくるのが遅いので、
それまでに相方がほとんど用意してくれているのが日常になっています。

それならせめてケーキだけでも、と思って
アンリ・シャルパンティエの小さいショートケーキを買って帰り、
相方がなぜか大量に作ってくれたマカロニサラダと豚のステーキを食べたあと、
食後にキャンドルを6本(←1の位だけ)立てたケーキをテーブルに出し、
ハッピーバースデーを歌ってあげました。
歌を歌ってもらって、キャンドルの火をふーっと消すなんて、
こんなことやったのは初めてだ、と相方は言うのですがぜったい初めてなわけない。
子供のころにはきっと誰でもやっていると思うのです。
ただ、たしかに私も相方に対してやったことは過去にないかもしれません。
e0190984_16112299.jpg

誕生日ケーキとキャンドルと歌、これは基本ですね。
会社の同僚とか女友達とか、大勢でお祝いするときはけっこう歌っているのに、
意外と身近な人に歌う機会がありません。
来年からも続けようと思います。

読んでくださってありがとうございます。
また更新してね!と応援してくださる方はこちらをクリック♪

にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ
にほんブログ村

ついでにこちらもお願いします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by hadleywood | 2013-08-29 22:39 | 日常 | Comments(0)
叔父と叔母がスペイン2週間の旅に出かけて行き、
マロンは広い一軒家にひとりでお留守番です。
e0190984_10204871.jpg

親戚一同、みんなで代わる代わる様子を見に行くことになり、
まずは初日の夜、私と相方が泊まってきました。
e0190984_10212754.jpg

実は私は猫を飼ったことがなく、その生態についても詳しくないのですが、
まわりに聞くと、同じ猫ちゃんでもそのライフスタイルは実にさまざま。
基本、外で生活していてごはんのときだけ帰ってくる子もいれば、
生まれてこの方、ずっとマンションから出たことのない子もいます。
e0190984_10255034.jpg

マロンは出たり入ったりで、夜中じゅう出かけていることもあります。
人間とタイミングがあえば家の中に入れてもらえるし、外に出してもらえる。
タイミングがあわないときは(人間が外出中など)あきらめて、
しばらくお散歩を続けたり、家の中をうろうろしたりして過ごすようです。
ごはんのタイミングも一定ではありません。
e0190984_10384899.jpg

この日は夜12時ごろにごはんを食べて、
しばらくしたら、外に出たい、とにゃーにゃー言うので出してあげたところ、
午前3時半くらい(もちろん相方も私も熟睡中)に戻ってきて、
中に入りたい、と網戸を引っかいてがたがた揺らし、中に入れてあげたら、
1時間後くらいに今度は私の耳元でにゃーにゃー言い出し、
何?また出たいの?それともごはん?
と、ごはんのお皿が空っぽだったので、新しいのをあげたらもりもり食べ始め、
安心して眠りにつくと、またまた1時間後くらいににゃーにゃー。
外に出たいのかと思って戸を開けると、しばし考え込み、
ねぇ、出るなら出てよ、出ないなら閉めるよ、蚊が入るから、というと
ようやくおもむろに腰を上げて出て行きました。
そして6時くらいにまた網戸をがたがたさせて、戸を開けると入ってきて、
7時半、人間たちが起きる時間、マロンは床ですやすやと眠り始めました。
e0190984_10592965.jpg

一晩いっしょに過ごしてみて、しみじみ思ったのは、
猫にルールなんてない、その日その日で自由気ままなんだ、ということと、
猫には猫の都合があるのだろうけど、こっちにもこっちの都合がある、という
そのくらい毅然とした態度でのぞまないと、猫といっしょには暮らせないんだろう、
とそんな気がしました。

読んでくださってありがとうございます。
また更新してね!と応援してくださる方はこちらをクリック♪

にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ
にほんブログ村

ついでにこちらもお願いします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by hadleywood | 2013-07-28 11:05 | 日常 | Comments(0)
すっかり更新が滞っております。
なんだか6月に入ってから、あっという間に今日に至っています。
梅雨入りし、連休などもなく、退屈に淡々と過ぎていくはずだった6月が
こんなに一瞬で過ぎ去りつつあることにびっくり。
こうやってあっという間に40代になって、50代になっていくのかなぁ、と。

あまりいないとは思いますが、
全然ブログが更新されない、と不満に思っている奇特な方のために、
ざっと振り返ると近況はこんな感じです。

まず、6月1日からサラリーマン業のほうで正社員になりました。
もともとは産休に入る社員の代理で引き受けた仕事でしたが、
1年経ってその人が戻ってくると、同じ部署の別の人が産休に入り、
さらに1年経ってその人も戻ってきたのですが、
いろいろあって、今後も働いてほしいというオファーを受けたのです。
1年更新の契約社員が大半を占める外資系企業なので、
「期限なしの正社員で」と言われたときはちょっと驚きましたが、
仕事の内容も待遇もほとんど今までと変わらないので、
まぁ、気持ち的に安定した、というくらいで特に何の変化も感じていません。

それから、2週連続で会社の同僚女子たちとサルサを踊りにいきました。
1週目は途中から同じく同僚の台湾系アメリカ人男性が参加し、
2週目はインターンで会社に来ているMITの男子学生(コスタリカ人)が参加。
ふたりとも日本語を始めてまだ何年も経っていないというのに、
大音量のラテン音楽の中、ふつうに流暢な日本語を話していました。

サルサに行くメンバーとは別の同僚女子3人を自宅に招き、
ホームパーティーをした日もあります。
土曜日の午後1時半に集まって、解散したのは夜の10時半。
毎日顔を合わせているのに、何をそんなに話すことがあったのかは不明ですが、
シャンパンや手作りサングリア(初めての挑戦だったけど絶品☆)に、
マスカルポーネと明太子のディップ、スティック野菜、バゲット、
クスクスサラダ、茹でたポーク、チキンのトマト煮込み等々、
我が家のいつものメニューでひたすら飲み食い&おしゃべりを続けました。
相方のサルサレッスンと、マッサージのサービスも好評だったし、
私が少しだけ披露したピアノ(まったく練習不足でしたが)にも感心してくれて、
楽しいひとときでした。

週末は少しでも運動しようと思って、相方といっしょにジョギングしています。
月曜夜のレゲトン(ラテン系のヒップホップ?)のレッスンも再開したし、
月に1度、スコティッシュダンスの練習にも顔を出しています。

あと、中学からの同級生(女子)の小学校時代の同級生(男子)の
誕生日パーティーというのに呼ばれて行ったら、
久しぶりに会う同級生たちに加え、新しい知り合いが増えました。
私が通っていた学校は幼稚園から大学までの一貫校なのですが、
中学と高校は(たいして交流のない)男女別学で、私は中学から入っているので、
同じ学年でも男子と女子とでは、大学で同じ学部にならない限り、
知り合うきっかけがないのです。
それに対して小学校からの人たちはある程度、顔見知りということになります。
初対面でもお互いに警戒心を抱かなくて済むのは、友達の友達だからか、
育ってきた環境が似ているのか、とにかく不思議に居心地の良い人たちでした。

前の職場の同僚ちゃんから結婚報告がありました。
私たちがいっしょに働いていた3年前からすでに結婚を考えている彼がいて、
ようやく決心させたとのこと。相手がなかなか結婚に踏み切らない、という
同じような経験をした身として、とてもとてもうれしいニュースです。

私のまわりのアラフォーミガール(身軽な女子)たちにも、
近いうちに良い話があるといいんですが。

そんなところでしょうか。他にもいろいろあった気がしますが、
とりあえず今回の近況報告はこのへんで。

読んでくださってありがとうございます。
また更新してね!と応援してくださる方はこちらをクリック♪

にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ
にほんブログ村

ついでにこちらもお願いします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by hadleywood | 2013-06-22 17:00 | 日常 | Comments(0)
昨晩、自宅の給湯器が壊れて、お湯が出なくなりました。

真冬でなくてよかった・・・、とはいえシャワーを浴びたりお皿を洗ったり、
普段あたりまえにできることができないというのは緊急事態です。
一刻も早く修理に来てほしいところですが、
そういう業者さんは当然24時間体制ではありません。

折りしも今朝、NHKで「専業主婦とは家族のために待機する仕事である」
というようなことを言っていましたが、
こういうとき、平日昼間に待機していてくれる人がいたら本当に助かります。
今日はたまたま相方の大学の授業が早めに終わったからよかったものの、
普段の日だったら、私が会社を休まないといけないところでした。

夕方、点検に来てもらった結果、老朽化(10年以上?)による故障で、
新しいものと取り換える必要があります、とのこと。
部品を調達し、業者の都合を調整してまたご連絡します、と。
とりあえず今日はお湯ナシの暮らしをがまんしてください、という意味です。

「今日はお風呂に入れないから、ラクーアでも行く?」
という私の提案は却下され、近所のお風呂屋さんに行くことになりました。
e0190984_004798.png

「豊川浴泉」という昔ながらの銭湯です。
のれんをくぐって、まず右側にある靴ロッカーに靴を入れて鍵をかけ、
正面に受付の人が座っているので、ここで450円を払います。
右側が男湯、左側が女湯。天井はひとつでつながっています。

考えてみると、温泉には行くし、スーパー銭湯にも入ったことがありますが、
いわゆる伝統的な銭湯には実はあまり行ったことがなく、ちょっとドキドキです。
しかも相方とは離れてしまうので、たったひとりでの挑戦になります。

受付の人に、「中で小銭が必要になったりしますか?ロッカーとか」と聞くと、
「いいえ、ロッカーはただです。ドライヤーが10円かかります」とのこと。

脱衣所に入るといきなりそこは屋外?の雰囲気。
なぜか縁側があって、その向こうは小さな池のある庭になっていて、
縁側の突き当りにお手洗いがあります。
縁側が少し斜めになっているので、池に落ちないように要注意です。

脱衣所にはふつうの鍵付きのロッカーがあり、
意外と新しそうなタニタの体重計と、ものすごくレトロなマッサージチェアと、
そして昔の美容院にあったような、頭の位置にお釜をかぶせた状態の椅子。
これはもしやドライヤー?10円で使えるという・・・?

夜の10時近かったので、利用者は私を含めて3人ほど。
誰もいなかったら写真を撮りたいスポットが、脱衣所だけでも盛りだくさんでした。

そして、肝心のお風呂場。
正面の壁には富士山の絵が描かれ、右下に22.8.20といった日付があって、
意外にも3年前に描かれた新しいものであることに気づき、
銭湯の壁画を描く仕事をしている人というのが今もいるんだなぁ、と。

黄色い洗面器には「ケロリン」の文字。
洗い場にはふつうの蛇口と、少し上のあたりに固定式のシャワーヘッド。
座って前かがみになって髪を洗うシステムのようです。
ホース状のシャワーを探したけれど見当たらず。
立って使うシャワーブースがあったので、そちらを利用しました。
なんだか私、外国人みたいだな、と思いながら。

湯船は3種類あって、ミクロの泡が出ているものと、ジャグジーと、薬草風呂。
温度は42度で少し熱く感じます。
だれもいなくて、広いお風呂を独り占めできて、気持ちよかった!
温泉に行くと限界まで浸かっていようとする貧乏性?をここでも発揮し、
体の底からぽかぽかになりました。

見渡せば、映画「テルマエロマエ」の世界そのもので、
(銭湯を題材にしているのだから当然ですが)
今にも隣りの浴槽からローマ人が出てくるんじゃないか、という気がしました。
男湯のほうにはもしかしたらいたのかもしれません。

再びレトロな脱衣所に戻り、
前述のドライヤーを使う勇気はなかったので、濡れた髪の毛のまま、
すっぴんの顔に化粧水すらつけず、わりとすぐに外に出ました。
相方もそれほど待たなかったと言っていました。
そのまま、家までぷらぷら歩いて5分ほど。
「神田川」みたいです。というか、本当に神田川のそばなのです。

家に帰って、現代のドライヤーで髪を乾かし、肌のお手入れをして、歯を磨いて、
あとはもう寝るだけ。お風呂のぽかぽかはまだ続いています。
銭湯、意外と手軽で見直しました。
家のお湯が出るようになっても、また行ってもいいかなと思っています。

読んでくださってありがとうございます。
また更新してね!と応援してくださる方はこちらをクリック♪

にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ
にほんブログ村

ついでにこちらもお願いします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by hadleywood | 2013-05-23 00:01 | 日常 | Comments(0)

早稲田の村にも春の足音

つい先日まで真冬の寒さだったのが嘘のように、
東京は急激に暖かくなりました。
花粉やら黄砂やらPM2.5やらの心配がなければいい季節なのに、と思いつつ
マスクをして、コンタクトレンズにゴミが入らないように注意しながら歩いています。

土曜日に桜の開花宣言があったようですが、
うちの近所の神田川沿いは、日曜日の時点でまだこんな感じ。
e0190984_23474063.jpg

あ、でもよく見たらピンク色にふくらんでいるつぼみもあります。
e0190984_23481857.jpg

毎年、ソメイヨシノよりも少し早く咲く、違う種類の桜はしっかり咲いていて、
e0190984_23485493.jpg

卒業生をお見送りする準備万端、といったところでしょうか。
e0190984_23483890.jpg

就職したり、大学院に進んだり、帰省したり、その他いろいろな道に進む人たちが、
4年間の学生生活を振り返って、どんな気持ちでここを去るのか、
また、全国津々浦々からやってきた、高校を卒業したばかりの人たちが、
どんな思いで今、始まったばかりの大学生活を歩みだそうとしているのか、
しみじみと思いを馳せながら、時の流れを感じる、そんな季節です。

自分がここの法科大学院に入学したのは、かれこれ8年前になります。
ここではないけど、大学の学部に入学したのなんて、
もはや何年前なのか数えるのも面倒なくらい大昔です。

・・・あえて数えてみたら、なんとぴったり20年前!
今年の新入生たちが生まれる前に、自分は大学に入学していたということ。
なんだか衝撃的です^^;

今年は開花が早いので、今度の新入生が入学してくるまで
桜は待っていてくれないかもしれませんが、
この時期の早稲田は、季節の移り変わりを最も感じさせてくれる街です。

読んでくださってありがとうございます。
また更新してね!と応援してくださる方はこちらをクリック♪

にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ
にほんブログ村

ついでにこちらもお願いします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by hadleywood | 2013-03-17 20:20 | 日常 | Comments(0)
誕生日にコーヒー豆をいただいたのですが、
うちにはそれを挽いて粉にする設備がなく。
電動ミルでも買おうかなぁ、数千円で売ってるしなぁ、と。

自宅でコーヒー豆を挽く、ということには前からずっと興味はあったので
いろいろ調べているうちに、これだ!というものに出会ってしまいました。
e0190984_2310544.jpg

カリタの「ダイヤミル」です。三重県でひとつずつ手作りされているそうです。
定価12,600円のところ、楽天のファディ・コーヒーというお店で9,680円でした。
電動式よりだいぶお値段高めですが、どっしりと重くて、
大きなハンドルを縦に回すので、よくある横に回すタイプよりも力がいらない、
粉を受ける引き出しが大きめなので、挽くときに粉が飛び散らない、
(と口コミには書いてあった^^。初めて買うので比較のしようもないけど)
そして見た目がレトロで可愛くてそこらへんに置いてもじゃまにならない。

毎朝、出勤前のコーヒーを豆から挽く習慣のある人は、
おそらく電動式のほうが早いし簡単だし、現実的なんだろうと思います。
でも、普段は粉で買ってきて、時間に余裕があるときだけ挽くという人には、
ガリガリと音を立てて挽くところから楽しめるので、手動も悪くないです。
e0190984_23212745.jpg

フタを開けて挽くと、徐々に豆が減っていくのが見られて、
ささやかな達成感があります。と同時に香りがふわ~っと広がってきて、
至福のとき^^♪もちろん味もとても美味しかったです。

誕生日プレゼントのコーヒー豆を挽く目的で買ったミルですが、
おまけのコーヒー豆100gと美味しいクッキーが同梱されていました☆

読んでくださってありがとうございます。
また更新してね!と応援してくださる方はこちらをクリック♪

にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ
にほんブログ村

ついでにこちらもお願いします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by hadleywood | 2013-02-21 23:39 | 日常 | Comments(2)
正月太りというにはずいぶん流行に乗り遅れているのですが、
なんだかここ数日、急に体が重くなったような気がして、
久しぶりに体重計に乗ってみたら、見慣れた数字から2キロも多く、
ちょっと衝撃を受けました。

高校生のころから変わらなかった体重が2キロも増えている、というのは
これは一大事ではないでしょうか?

原因はもちろん先日の福岡旅行で食べ過ぎたというのもあり、
そのせいで胃が大きくなったのか、東京に戻ってからも相変わらずの食欲、
さらに今週はバレンタインでチョコレート&さまざまなスイーツが飛び交い、
職場がお菓子の家になっている、という事情もあります。
一日中パソコンに向かって仕事をしていて、ほとんど動かないにもかかわらず、
ランチはしっかり食べているし、おやつもなんとなく食べている。

最近の女子は、バレンタインといえば男子にあげるチョコではなくて、
女友達と交換する「友チョコ」作りがメインイベントだと聞きましたが、
(バレンタイン当日、小学生の女の子をもつママたちのFacebookは、
「友チョコ」に関する愚痴ばかりでした。結局私が作ってる!とか^^)
会社でも「いつもお世話になっています」といってチョコをくれる女子がいて、
今、私のデスクまわりはチョコだらけです。

さらに、家に帰ると相方が大学で同僚や学生からもらってきたチョコがたくさん。
e0190984_225487.jpg

しかも私は、帰宅する時間には相方が夕食の準備をしてくれている、という
ふつうに働く大人として、最高に恵まれた暮らしをしているのですが、
これがまたいつも量が多いのです。どうしても食べ過ぎてしまう。

とりあえず、食べ過ぎない。腹八分でおさえる。
それから行き帰りの駅までの道を、バスを使わずに歩く。
あとは週末などに余裕があればジョギングをする。
このくらいのゆるい感じでがんばってみようと思います。

相方は最近ジムでベンチプレスをがんばっているらしく、
今まであまりやってこなかったトレーニングらしいのですが、
少しずつ負荷をかけていって、重いものも持ち上げられるようになったとのこと。
そんなことをしていると上半身がどんどん大きくなっていくのです。
「相対的にお腹が引っ込んで見えるでしょ」などと言っていますが、
そんなのぜんぜん問題の解決になっていないし、
ますますサイズの合う服がなくなるのでは?という懸念もあります。

それでも毎日運動している、というだけで、
私よりはずっと健康優良児なわけで、私もそこは少し見習おうかと思っています。
(もちろん大食いのところは見習いません)

読んでくださってありがとうございます。
また更新してね!と応援してくださる方はこちらをクリック♪

にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ
にほんブログ村

ついでにこちらもお願いします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by hadleywood | 2013-02-15 23:15 | 日常 | Comments(0)

全身グリーンの山手線

毎日の通勤でお世話になっている、JR山手線。
シルバーの車体にグリーンのラインが入ったものがお馴染みですが、
今年に入って全身グリーンの車体が走っているのをたまに見かけます。
e0190984_014850.jpg

山手線50周年(この色になってから50年?)の企画だそうで、
今年いっぱい走らせるそうです。

大学生や社会人になって初めて東京に来た同世代には知らない人も多いですが、
私が中学生のころは全身グリーンの山手線が走っていました。
真夏の暑いときに、窓の開いた古い車種の電車がやってくると、
あ~ハズレだ、と思ったのを覚えています。エアコンが付いていないのです。
全身グリーンの山手線がすべてエアコンなしだったのかどうかは不明ですが、
夏にエアコンが効いていない電車なんて、今では考えられません。

いつから山手線は全身グリーンじゃなくなったのか、
そういえばいつから自動改札になって、いつからスイカになったのか、
正確には思い出せません。
少なくとも私が中学1年生のときは、渋谷駅のJRの改札口に駅員さんが立って、
カチャカチャ音を立てて切符にハサミを入れていました。

若い人の知らない昔を知ってる、という世代になってきたのかなぁ、と
全身グリーンの山手線を見てしみじみと思いました。

読んでくださってありがとうございます。
また更新してね!と応援してくださる方はこちらをクリック♪

にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ
にほんブログ村

ついでにこちらもお願いします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by hadleywood | 2013-01-26 00:04 | 日常 | Comments(0)

海外暮らし10年、訪れた国30ヶ国、紆余曲折を経て、語学学校(WLA)の経営と外資系企業の法務部勤務をこなす日々☆旅行、美味しいもの、日々のいろいろ、ラテン音楽・サルサなどなど☆


by hadleywood