カテゴリ:小旅行( 28 )

相方の友人1と友人2がまず連れて行ってくれたのは、
山笠で有名な櫛田神社。
e0190984_11401022.jpg

獅子舞?に頭を噛んでもらうとご利益があると言われて挑戦。
e0190984_11402820.jpg

ちょうど節分の行事をやっていて大混雑でした。
e0190984_11404496.jpg

境内で売られていた、できたての梅ヶ枝餅が美味しかった♪

その後、相方の行っていた高校のそばを通り、ヤフードームを超え、
海岸沿いの風光明媚な道を、西に向かって車を走らせると、
さっきまでいた都会とはがらっと変わって、きれいな海がありました。
e0190984_1141382.jpg

二見が浦にも足を伸ばしました。夫婦岩というそうです。
e0190984_11412154.jpg

こんなに手軽に海に行ける、山にも行ける、
でも町は都会でたいていのものはそろっている。
東京の半分くらいの家賃で都心に住めて、学校も職場も家から近い。
このバランスの良さが、福岡が住みやすいと言われる所以なのでしょう。

友人その1が急に思いついて、海沿いのレストランでパスタを食べ、
(その時点でもう2時を過ぎていて、4時には居酒屋さんへ行くというのに)
帰り道は高速を使って町に戻ってきました。あっという間でした。

読んでくださってありがとうございます。
また更新してね!と応援してくださる方はこちらをクリック♪

にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ
にほんブログ村

ついでにこちらもお願いします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by hadleywood | 2013-02-12 23:45 | 小旅行 | Comments(0)
相方の両親が昨年、故郷の福岡で暮らし始めたのをきっかけに、
初めて相方と一緒に福岡に行ってきました。
相方が18歳まで育った町と、私がまだ会ったことのない友人たちを訪ねる旅。
3泊4日で、飛行機はAir Asiaで往復1万円でした。
(行き帰りとも平日なら往復5000円くらいで乗れます^^)

初日は私の誕生日で、相方の両親がフグ料理に連れていってくれました。
お通しから、お刺身、から揚げ、お鍋、お酒にいたるまでフグ尽くし。
フグは甘くてとても美味しかったです。季節ものがいただけてラッキーでした。

義両親の友達夫婦も同席したのですが、このご主人がとても面白い方で、
20年ぶりくらいに会った相方に対して開口一番、
「はげ方がお父さんにそっくりだねぇ」
率直な物言いで、引き出しが多くて話が上手で、福岡の美味しいものに詳しく、
初対面であることを感じさせない、陽気で豪快で盛り上げ上手。
今回の旅で私が出会った、最初の博多男児でした。

翌日、朝から電話がかかってきて「今から迎えに行く」と、
相方の友人その1が車でやって来ました。
どこへ行くのかと思ったら、近くの公園でラグビーの練習をしているから、
それを見に行こう、というのです。

公園に着くと、若者たちのグループがラグビーの練習をしていて、
そこにそれほど若者ではない、比較的大型の男性がひとりやって来て、
相方を見つけて「おぉ」とたいしてうれしくもなさそうに言います。
「今日の3時半にうお鉄(相方のラグビー仲間がやっているお店)に
行くんだって?そんなの聞いてないって、店主が言ってたよ」と彼が言うと、
「まだ決めてないんだから、言ってないよ」と相方。
その話は相方と友人その1の間で、まだ確定していないプランだったようで、
でも、それを別の友達が聞いて、確定したものとしてみんなに広めたようです。
「じゃあ今決めよう、4時にしよう」と突然決める大型氏。

そこへ電話がかかってきて、友人その2を迎えにいくことになりました。
友人その2はみんなに「3時半にうお鉄」説を広めた人です。
帰ってくるんだったらちゃんと連絡して、集合場所と時間を決めてくれないと、
と彼は少々ご立腹で、私も正直、彼の意見に賛成でした。

だいたい、10年ぶりの帰省で、数日という限られた滞在期間で、
昔の友達に会いたいと思ったら、もっと前もっていろいろ決めておくと思うのです。
当日の朝になってもその日どうするかはわからない、決めてない、では
まわりが困るのです。相方はいつもそうですが、友人その1も同類のようです。
その時々の気分で行動したいから、なるべく制約は作らない、という
相方のほかにも同じような人がいるなんて驚きでした。

相方のほかにも、という点でいえば、しゃべり方もそうです。
私のまわりで博多弁を話す人は、基本的に相方しかいないのですが、
これは彼のオリジナリティではなく、福岡の人はみんなそのように話すわけです。
当たり前のことですが、実際に同じしゃべり方の人たちを目の前にすると、
東京の言葉しか知らない私としては、異文化に対する一種の感動を覚えます。

さて、4時にうお鉄、ということが決まり、
それまでの時間、友人1と友人2がいろいろなところに連れていってくれました。
その話はまた次回☆

読んでくださってありがとうございます。
また更新してね!と応援してくださる方はこちらをクリック♪

にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ
にほんブログ村

ついでにこちらもお願いします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by hadleywood | 2013-02-11 11:17 | 小旅行 | Comments(0)

何もしない時間@蓼科

毎日暑いですね・・・^^
長らく更新をさぼっておりますが、元気です。

2週間前の週末、長野の蓼科に行ってきました。
うちには車がないのでレンタカーが必要になるのですが、
都内から車で出かけると渋滞に巻き込まれるだろう、ということで
茅野駅まで特急「あずさ」で行って、現地で借りることにしました。
e0190984_12512669.jpg

駅から車で30分くらいのところに別荘地があり、うちの山小屋があります。
e0190984_12464233.jpg

もともとは母方の祖母の持ち物です。
中学、高校時代は家族で、大学生になると友達を連れて遊びにきたこの家には、
もう20年以上お世話になっています。

7~8人でバーベキューの最中に柱の1本が崩れて、
ベランダごと落下したこともあります。
私はたまたまビールを取りに行っていて、振り返るとみんなが落ちていった、
という衝撃的な事件でした。
幸い、誰もけがをしなかったので、今では笑い話になっていますが。

標高1200m以上、真夏でもエアコンのいらない涼しい風が吹きます。
鳥のさえずりしか聞こえない、とても静かな昼下がり。
な~んにもせずに、ただ身体中の空気がきれいになっていく感覚を楽しみます。
デトックスってこういうことを言うのかなぁ。
e0190984_1325229.jpg

相方はテレビの前に転がって、ほとんど寝ていました。
出かける用事といえば、JAのスーパーに食材を買いに行くくらい。
あとは近くの牧場に立ち寄ったりもしました。
e0190984_1371433.jpg

空がきれいに青いのです。東京の空とはちがいます。
そして日陰に入れば涼しくて、汗がすーっと引いていく感じ。

今回の滞在では何度か美味しい信州そばを食べましたが、
写真をとったのはこちら。
e0190984_13132859.jpg

たまねぎが丸ごと入っているオニオングラタンスープと、
焼きたてのピッツァ・マルゲリータ。
e0190984_13134026.jpg

高原の空気を吸いながら、外のテラスでいただきました。
e0190984_13135375.jpg

どの季節に行ってもいいけど、やっぱり真夏の蓼科がいちばん
ありがたみがあります^^。

読んでくださってありがとうございます。
また更新してね!と応援してくださる方はこちらをクリック♪

にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ
にほんブログ村

ついでにこちらもお願いします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by hadleywood | 2012-08-13 13:17 | 小旅行 | Comments(0)

身軽系女子4人で蓼科

30代も後半戦^^、家庭をもつ人が徐々に増えてきて、
週末の、しかも泊まりがけの予定となると、
なかなか声をかけられる人が減ってきた今日この頃ですが、
同級生の女子3名を誘って、蓼科にあるうちの山小屋へ行ってきました。

この4人、いつもつるんでいるメンバー、というわけではなく、
ちょっと意外な組み合わせだったのですが、
やはり同じ中学、高校、大学出身というだけあってなんだか似ている。
誰と仲が良かったか、どんな先生のどんな授業を選択していたか、
それぞれの記憶のかけらを集めると、かなりいろいろ思い出します。
おそろしいことに、高校を卒業したのはもう18年も前。
当時の倍の年齢になっているのだから驚きです。

土曜日はあいにくの雨で、でもおかげで中央高速は空いていました。
談合坂のサービスエリアに入って、パンとコーヒーを買って、
そして席についたら最後、しゃべるしゃべるしゃべるしゃべる。
「ねえ、そろそろ行かない?ここ目的地じゃないし」と
誰かが言い出さないと出発しないのです。先が思いやられます。

お昼過ぎには山小屋に着き、電気やガスをつけて、
凍結防止のために水抜きをしてあった水道を元通りにするのに、
ああでもない、こうでもないと大騒ぎ。
やっと落ち着いて、またコーヒーを入れて一息ついて、
そして再びしゃべるしゃべる・・・。

ようやく立ち上がって、信州名物のお蕎麦を食べに行きました。
そば粉100%の十割蕎麦です。
コシがあって美味しく、あと2~3皿は食べられたかも?
e0190984_23172447.jpg

その後、スーパーで買い出しをして、地元の温泉に行って、
夕食は八ヶ岳の野菜たっぷりのトマト鍋。
ビールやワインを飲み、そのままひたすらしゃべり続けて、
気づけば午前2時になっていました。

翌朝は晴れて、紅葉(というかほぼ落葉)した木々から、
気持ちのよい陽射しが差し込んでいました。
e0190984_23273511.jpg

前の晩のトマト鍋の残ったスープにチーズを溶かし(←高カロリー^^;)
バゲットと一緒に朝ごはんにしました。
食後のコーヒーを飲みながら、またまたしゃべるしゃべる。
「このまま夜になっちゃうよ」ということで、重い腰を上げ、
水道の水抜きをして電気とガスを止めてゴミを捨てて、山小屋を後にしました。

別荘地を出て左に曲がると景色がきれいだよ、と
そういえばずいぶん前に叔父が言っていたのを思い出し、
いつもは右に曲がるところを反対側に行ってみると、いきなりこんな感じ。
e0190984_23351497.jpg

ただ、広くて、静かで、空気の気持ちよい場所でした。
e0190984_2338289.jpg

早めの夕食は、暖炉のある瀟洒なカフェでビーフシチューをいただきました。
アンティークの食器やキャンドルなんかが置いてあって、
お客は老夫婦と私たちだけでしたが、ここでもやっぱりしゃべり通し。

カフェを出ると外は真っ暗で、見上げると満天の星空でした。
流れ星を2つ見つけました。
そしてかなり気温が下がっていることに気づきました。
山にはもう冬が来ています。

結局、私たちの弾丸トークは、中央高速を降りて、
それぞれ解散するところまで続きました。
何をそんなに話すことがあるのか不思議ですが、
しゃべることは元気の源、全然疲れないところがもっと不思議です^^。

読んでくださってありがとうございます。
また更新してね!と応援してくださる方はこちらをクリック♪

にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ
にほんブログ村

ついでにこちらもお願いします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by hadleywood | 2011-11-22 23:48 | 小旅行 | Comments(4)
軽井沢の街からすぐのところに、
ぽこっといきなりある山があります。
離山(はなれやま)、別名「テーブルマウンテン」です。
アウトレット内のインフォメーションセンターで、
この近くに山歩きができる場所ありますか?と聞いたら、教えてくれました。

別荘地を抜け、けっこうな坂道を登りきったところに登山口があります。
e0190984_23301325.jpg

すぐそばにはこんな看板が…。
e0190984_23323310.jpg

アウトレットの混雑に比べ、意外なほど静か。というか、人がいません。
e0190984_23362483.jpg

道はかなり上のほうまできれいに整っていて歩きやすいです。
風が気持ちよく、木々のいい香りがします。
山登りというよりは森歩きといった気楽な感じ^^。
1時間弱で到着する頂上からは、浅間山が目の前に見えます。
e0190984_2353020.jpg

反対側の山はスキー場。
夏場に見るとちょっと気の毒な風情です。
e0190984_23515039.jpg

さて、下山しようかというところで、いきなり現れたのがこちら。
e0190984_23521669.jpg

なに?鹿?カモシカ?
こっちをじっと見ていて逃げようとしません。
もののけ姫にでも出てきそうな堂々としたたたずまい。
クマには会わなかったけど、この山の住人のひとりに会うことができました。

読んでくださってありがとうございます。
また更新してね!と応援してくださる方はこちらをクリック♪

にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ
にほんブログ村

ついでにこちらもお願いします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by hadleywood | 2011-08-17 00:10 | 小旅行 | Comments(2)

20年ぶりの軽井沢

8月10日から13日までの3日間、
会社の節電対策で強制的に夏休みだったので^^
ちょうど大学も夏休み中の相方と一緒に、軽井沢へ行ってきました。
e0190984_15224257.jpg

なぜ軽井沢か、というと特に理由もないのですが、
この、酷暑&エアコン漬けの暮らしから抜け出したいねぇ、ということで、
夏休み初日の朝、急に思い立ちました。

別荘(というか山小屋)のある蓼科に行けばいいのだろうけど、
ちょうどうちの両親と叔父叔母が滞在している上に、
妹家族(妹、義弟、姪っ子ののちゃん)も行くかもしれない、と
そんなに大勢は泊まれないので断念したのです。

蓼科くらいの涼しさを期待すると、軽井沢は何これ?という暑さですが、
それでも別荘地の緑の中を散策したり、山道を歩いたり、
木陰に入るとびっくりするほど風が気持ちよくて、
やはり東京とは全然違います。

そういえば、軽井沢に行くのは中学生のころ以来です。
旧軽のメインストリートなど、お店は変わっていますが、
雰囲気は記憶していたとおりでした。
e0190984_1552598.jpg

レトロな店構えのレンタル自転車屋さんには、2人乗り自転車が置いてあって、
そうそう、あったあった、こういうの、と思い出しました。
2人乗り自転車は意外と乗るのがむずかしかったような気がします。

素焼きのお皿に絵を描いて焼いてもらう、らくやき屋さんも、
昔ほど数はないのですが、一応、健在でした。

あと、浅野屋のパン屋さん。
ミッドタウンにもあるし、何も珍しくないのに、
なんとなく名物ということで入ってしまい、買い込んでしまいました^^;

昔なかったもので最大のものは、駅前のアウトレット。
けっこう広くて、端から端まで見て回ろうとするとかなり歩きます。
芝生エリアも広々していて、歩き疲れたら木陰でお昼寝も可能。
私たちはここでさっき買ってきた浅野屋のパンを食べました。
サンドイッチが美味しかった♪

夕食に入ったアウトレット内のレストランでは、
新鮮な野菜が食べ放題で、私はとても気に入りました。
(相方はそれほど嬉しそうではなかったけど)
e0190984_1613156.jpg

日が落ちると急に涼しくなり、夜はエアコンなしで眠れます。
東京もこのくらいだったら快適なのに。

読んでくださってありがとうございます。
また更新してね!と応援してくださる方はこちらをクリック♪

にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ
にほんブログ村

ついでにこちらもお願いします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by hadleywood | 2011-08-14 16:15 | 小旅行 | Comments(0)

南伊豆の写真、今&昔

写真を整理していたら、面白い発見がありました。
こちら、数年前の夏に行った南伊豆(下田辺り)の海。
e0190984_22573576.jpg

で、同じ風景をバックに、こんな写真。
e0190984_22592794.jpg

写真の古さは一目瞭然ですが、さぁ、これは誰でしょう?^^

次、これも数年前の同じ旅行で撮った海。
e0190984_2302716.jpg

そしてまた同じ風景の、こんな写真。
e0190984_2314424.jpg

確か、山の上のほうに見晴らしの良い場所があって、
そこでみんな車を止めて写真を撮っていたような気がします。
当然、背後の島や岸壁のシルエット、海岸線なんかもまったく同じわけです。

人間は変わっても、自然の景色って変わらないんですね。

なんでこんな古い写真が私の手元にあるのかよくわかりませんが、
私が生まれる前の、今の私よりずっと若いころの両親です。
かれこれ40年近く昔の話じゃないでしょうか。
結婚50周年は金婚式だけど、40周年って、何かありましたっけ?

読んでくださってありがとうございます。
また更新してね!と応援してくださる方はこちらをクリック♪

にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ
にほんブログ村

ついでにこちらもお願いします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by hadleywood | 2011-07-04 23:19 | 小旅行 | Comments(0)
相方と義弟と3人で高尾山に行ってきました。
いいお天気で日差しが強く、風がとても気持ちの良い日でした。

高尾山口の駅に着いたときから、空気のきれいさに感動☆
そういえばもうずいぶん長いこと都心を離れていなかったことに気づき、
久しぶりの田舎の空気がうれしくて、
改札を通るまでの花火大会並みの混雑も気になりませんでした。

ケーブルカーなどは当然、長蛇の列。
歩いて出発しても、人、人、人。
その混雑は高尾山の山頂まで続きます。
でもまぁ、自分のペースで歩けないというほどではありません。

義弟が「やっぱり頭を使うのが一番カロリーを消費する」という話をして、
相方が「じゃあ何か頭を使うことをしよう」と提案。
「なぞなぞでもしよう。ごま」
私「…?」
義弟「それは答えですか?それともなぞなぞじゃなくてしりとりをするの?」
相方「あ、しりとりね。ごま、マンゴ」

よくわからないけど、「ご」に戻ったところでしりとりが始まり、
だらだらと坂を登っているうちに見晴らしの良い場所に着きました。
e0190984_22225259.jpg

高尾山の山頂付近はお弁当を食べる人たちで大混雑。
自動販売機の飲み物も全て売り切れ。
私たちもすき間を見つけて座り、持ってきた大量のおにぎりを食べました。

私も義弟も高尾山に来るのは初めてで、
東京の人たちにとって高尾山って遠足とかで身近なんじゃないの?
福岡の油山みたいに、と相方は言うのですが、
そうでしょうか?私は遠足で高尾山に行ったことはありません。
それに、油山は車でのぼれて夜景が見れて、デートスポットになっているけど、
高尾山はその日の思いつきで行くにはちょっと遠いし、
行くなら前もってそのつもりの格好をしてこないといけないから、
デートスポットというには若干ハードルが高い気がするのですが。

高尾山から反対のほうへ降りていくと、急に人が減ります。
大半の人たち、特に子供連れはそのまま元来た道を戻るのでしょう。
私たちの今日の目的は、どこか目当ての山に登るのでも景色を見るのでもなく、
ただひたすら「歩く」「鍛える」ということなので、
とりあえず前に進むのみです。

トイレはわりとよく見かけます。
ただし水洗ではなく「雨水を使っています」とのことで、
私は初めて見たのですが、水の代わりに白い泡が出てくるタイプです。
泡の中に消臭の成分が含まれているようで、
いわゆる「水洗じゃないトイレ」よりは清潔な感じがします。

小仏城山の頂上で、義弟がどこからか入手してきた甘夏を食べ、
すっきり爽快な気分になったあとは、ひたすら山道を下るのみ。
そこを登ってくる人たちや、走ってくる人(!)までいて驚きました。
これはぜったい高尾山側から登ってきたほうが楽です。
すれ違いざま、思わず「がんばってください~」と声をかけてしまうほど。

山を降りきったところでお茶屋さんが待ち構えていて、
「お疲れさま~。おまんじゅういかがですか」
酒まんじゅうに生ビールという不思議な組み合わせでひと休み。
そこから弁天橋までさらに少しだけ道を下り、
e0190984_2223133.jpg

再び上り坂を上がると、ようやく相模湖です。
藤の花がきれいに咲いていました。
e0190984_22232645.jpg

合計10キロほどのハイキングでしたが、上り下りがあったので、
先日の10キロウォーク+5キロランとは別の感じで疲れました^^。

読んでくださってありがとうございます。
また更新してね!と応援してくださる方はこちらをクリック♪

にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ
にほんブログ村

ついでにこちらもお願いします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by hadleywood | 2011-05-04 22:50 | 小旅行 | Comments(6)

海外暮らし10年、訪れた国30ヶ国、紆余曲折を経て、語学学校(WLA)の経営と外資系企業の法務部勤務をこなす日々☆旅行、美味しいもの、日々のいろいろ、ラテン音楽・サルサなどなど☆


by hadleywood