カテゴリ:小旅行( 28 )

2014☆春のプライベートレッスン、受付中!
対象レベル:TOEICスコアアップをお急ぎの全ての方!


久しぶりにスキーをしました。

初めてスキーをしたのは7歳のころ。当時はドイツに住んでいました。
それから大学を卒業するまで毎シーズン、時には何週間も行っていたのが、
大人になってからはあまり行く機会がなくなりました。

デンマーク在住時代の2003年春、友達とオーストリアのザンクトアントンまで
滑りに行ったのが最後だと記憶していますが、
もしかしたらその後、日本でも一度くらい行ってるかもしれません。
いずれにしても、気づけば10年以上の月日が流れていたわけです。

今回、会社の同僚と5人で上越国際まで行ってきました。日帰りです。
越後湯沢までは新幹線であっという間だし、そこから上越国際までも15分くらい。
着いたらもうそこがゲレンデ目の前で、着替えてすぐにリフトに乗れます。

スキーの靴と板とストックの3点セットをレンタルすると3500円。
ウェアも3000円で貸してくれます。
10年も前のスキーウェアを実家に探しに行く手間とクリーニング代を考えると、
レンタルで十分。というか、ほんとにきれいで文句なしのウェアが借りられます。

私以外の4人はみんなスノボで(若者だから?)
一緒に行動できるか心配でしたが、全然問題なく。

久しぶりすぎるスキーも、だんだん勘を取り戻してきました。
日帰りでなく1泊か2泊していれば、もっとスムーズに滑れたと思います。
脚力が弱いのかスピードを落とせず、どんどん加速していくのは昔からですが、
転ぶことも、人にぶつかることもなく無事に滑れたのでとりあえずよかったです。

なにより、お天気がよくて気持ち良かった。春スキーならでは、ですね。
e0190984_14173446.jpg


読んでくださってありがとうございます。
また更新してね!と応援してくださる方はこちらをクリック♪

にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ
にほんブログ村

ついでにこちらもお願いします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by hadleywood | 2014-03-26 22:54 | 小旅行 | Comments(0)
昨日はディズニーシーでのプライベートパーティーに行ってきました。
ディズニーチャンネルの開局10周年記念ということで、
夜の7時半から10時半までの3時間、入場者数1万人限定の貸切イベントです。
e0190984_0261398.jpg

1万人ってどのくらい?混んでるの?空いてるの?
と思って調べたら、通常の入場者数は7万人くらいだそうで、
じゃあきっと空いているね、と思いきや、全員が同時に入場するので
入り口には長蛇の列。中に入るのに30分近くかかりました。

入るといきなりウェルカムグリーティングといって小さなパレードがやって来て、
ミッキー&ミニーを間近で見ました。写真を撮るヒマはなし。
いつもの火山にWelcomeの文字とディズニーチャンネルのロゴが出ていました。
e0190984_18184066.jpg

会社の同僚たちとその友達の計7人で参加していた私たちは、
今回のイベントのためのスペシャルセレモニー(約5分)を見たあと、
残り2時間半という短い時間でどれだけのアトラクションに乗れるかという
1万人との戦い(?)を早速開始しました。

でも考えることはみんな同じで、トイストーリーマニアは50分待ち。
(といってもこれは普段に比べたら空いているほうなのかも?)
ビックバンドビートも早くから列ができていました。
一方、「期間限定、怖さ倍増、Level13(←何?)」というタワーオブテラーは
意外と空いていて10分待ち。

まずトイストーリーはあきらめて(50分の待ち時間がもったいないので)、
絶叫系を制覇したい5人はタワーオブテラーへ向かい、
私は、ビックバンドビートを観たことがないという同僚女子を連れて、
シアター前の列に並びました。

比較的すぐに中に入れて(さすがに寒かったので助かりました^^)
かなり前のほうの、しかもど真ん中というベストな位置に陣取り、
それから30分ほど生演奏とダンスのショーを楽しみました。
ディズニーシーのアトラクションで、私はビックバンドビートが一番好きです。
同僚ちゃんも気に入ってくれて、「ミッキーに惚れたわ~」と言っていました^^。
ドラムが叩けてタップダンスにもキレがあって、ミッキーはここで見るのが一番。

ショーを観終わった時点で夜の9時半。まだあと1時間あるね、ということで、
以下、2人でデートのように(笑)駆け足でまわりました。

①スカットルのスクーター
マーメイドラグーンにあるスカットル(アリエルの友達のカモメ)の乗り物。
いかにもキッズ向けで、初めて乗ったけど意外と地味に酔う感じ。
②レイジングスピリッツ
同僚ちゃん人生初の360度回転ジェットコースターに挑戦。
「これ怖いですか?」って答えようのない質問でキャストの女性を困らせていたが、
案外大丈夫だった模様。実は私もこれに乗るのは初めてで、楽しかった☆
上から見るシーの夜景も素敵で、カップルにはぴったり。
③ジャスミンのフライングカーペット
これはうちの姪っ子ののちゃんも大好き。
前の席では上下、後ろの席では前後の傾きを変えるレバーを操作できると聞き、
前後に座る私たち。(ふつうは連れ同士で前後どちらかに隣り合わせで座ると思う)
④シンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジ
これも2人とも初めて。イッツアスモールワールドのようにボートで旅をするもの。
10人乗りくらいのボートに2人きりで、ますますカップルみたいだった・・・笑

もっと急げばもっと乗れたのかもしれないけど、
何も飲まず食わずトイレにも行かずで、気付けば閉園時間の10時半。
絶叫チームの5人と合流して帰宅の途につきました。
e0190984_1833276.jpg

ちょっと学生みたいで楽しい3時間でした。

読んでくださってありがとうございます。
また更新してね!と応援してくださる方はこちらをクリック♪

にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ
にほんブログ村

ついでにこちらもお願いします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by hadleywood | 2014-01-12 00:23 | 小旅行 | Comments(0)

女子旅@雨の蓼科

先週末は同僚女子4人で蓼科に行ってきました。
そのうち2人は完全にペーパードライバー、残り2人もほとんどペーパーという
(前回運転したのは1年前の蓼科という^^;そんな私でも貴重な戦力・・・)
この上なく頼りないメンバーでレイル&レンタカーを予約し、
茅野まで特急あずさで行って、そこから日産マーチを借りました。

お天気はあいにくの雨模様。
e0190984_15251078.jpg

空気がきれいで、雨のせいで木々の匂いがいつも以上に新鮮で、
別荘地内には森の住人たちがうろうろしていました。
e0190984_152857100.jpg

11頭の鹿と4人の女子。しばらく見つめ合ったまま動きませんでした。
e0190984_15244911.jpg

たてしな自由農園という商店で地元の野菜をたくさん買い込んで、
かぼちゃのポタージュに茹でたとうもろこし、ナスのチーズ焼き、
きのことチキンのソテーなどなど、自然の恵み盛りだくさんの夕食に。
トマトなんかは本当に甘くて忘れられない美味しさでした。

夜はワインを飲みながら、人生ゲームやらウノやらトランプの大貧民やら、
あとは「トレビア」というクイズのボードゲームなどを引っ張り出してきて、
いつになく真剣に取り組む私たち。
何かに集中するというのは、他のことを忘れられてストレス発散になるようです。

蓼科の山小屋は私が中学3年のころに祖母が建てたものです。
そこに置いてあるゲームの類はどれもものすごく年季が入っていて、
子どものころのお正月を思い出させます。百人一首なんかもあります。

なぜか昭和56年発売の文芸春秋などもあって、
今ではベテランの女優さんがものすごく若くてかわいらしかったり
(そりゃ30年以上も前なのだから当たり前だけど)
なんだか時間が止まったような雰囲気を楽しむこともできます。

2日連続で温泉に入って、心身ともにきれいになって帰ってきました。

読んでくださってありがとうございます。
また更新してね!と応援してくださる方はこちらをクリック♪

にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ
にほんブログ村

ついでにこちらもお願いします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by hadleywood | 2013-09-13 22:31 | 小旅行 | Comments(0)
蓼科の山小屋から車で30分くらいのところに、
北八ヶ岳ロープウェイという観光スポットがあります。
e0190984_2127343.jpg

ここからふつうはロープウェイに乗って山頂駅まで行って(所要時間7分)
坪庭という1周30分くらいの、高山植物に囲まれたハイキングコースを歩きます。

でもあまのじゃくな我が家はロープウェイに乗らず、そこを歩いて登りました。
高低差466メートル、所要時間1時間15分の登山道です。
e0190984_21414951.jpg

時折、下ってくる人たちとすれ違いましたが、
歩いて登っている人にはひとりも出会いません。
思ったより急勾配な森を抜けると急に目の前が開けて、
e0190984_22273937.jpg

その後、また森の中を歩いたりします。
e0190984_22595427.jpg

標高2000メートルの高地とはいえ、1時間も歩くと汗だくです。
そしてやっと到着したところは、ロープウェイの山頂にある坪庭。
7分で上ってきた人たちと合流します。
達成感があるのかないのか、微妙な登山です。

しかも10分ほど休んだら「下りるぞー」と相方。
「下りるなら上らなければいいのに」(それを言ったら登山って無意味ですが)と
文句を言いながら、今来た道をまた1時間弱かけて下りて、
ロープウェイの山麓駅で野菜カレーを食べて帰りました。

読んでくださってありがとうございます。
また更新してね!と応援してくださる方はこちらをクリック♪

にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ
にほんブログ村

ついでにこちらもお願いします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by hadleywood | 2013-08-21 22:54 | 小旅行 | Comments(0)
14日の水曜日から4泊5日で蓼科に来ています。
八ヶ岳に囲まれた大地には鮮やかな色の田んぼが見渡す限り広がっています。
e0190984_1853748.jpg

勤務先の会社が、節電のための強制夏季休暇と称して3日間のお休みに入り、
どこへ行くにも高いし混んでいるし全然良いことのないお盆の真っ只中、
でもまぁせっかく5連休になるのだし、ということで蓼科行きを決めました。
e0190984_1821480.jpg

最寄りの大きなスーパーはいまだかつて見たことのないような混雑ぶりで、
町営の温泉施設も洗い場の順番待ちをするほどの混みよう。
駐車場に止まっている車の半数以上が首都圏のナンバーです。

それでも、山小屋のある別荘地はいつもと同じ静寂で迎えてくれました。
e0190984_18143023.jpg

木々の清々しい香りのする気持のよい風が吹いて、
聞こえてくるのは鳥のさえずりと虫の羽音だけ。
エアコンはもちろん扇風機もいらない、爽やかすぎる気候の中で、
東京の猛暑がもはや思い出せないほどです。

読んでくださってありがとうございます。
また更新してね!と応援してくださる方はこちらをクリック♪

にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ
にほんブログ村

ついでにこちらもお願いします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by hadleywood | 2013-08-16 19:35 | 小旅行 | Comments(0)
私のまわりのアラフォーミガール(身軽女子)たちの中には、
車の運転も縦列駐車も、一人旅もおひとりさまディナーも、
何でもできる、何でもひとりで楽しめる男前な女性が多いのですが、
中学以来の友人aquaちゃんもそのひとり。
見た目も乗り心地も素敵なBMWを出してくれて、
ふたりでドライブデートをしてきました。

といっても昨日は3連休のど真ん中。
何もこんな日にドライブじゃなくてもよかったね、というくらい
どこもかしこも大渋滞で、
まずはランチにしらす丼でも食べよう、といって目指した江ノ島で、
気づいたら夕方になっていて、タイムアウト。
その後に予定していた鎌倉のお寺や甘味屋さんなどは店じまいが早く、
結局この日は「しらす丼を食べにいく旅」となりました。

最初にトライした「とびっちょ」という有名店は、
なんと190組待ち(といってもその半数以上はあきらめているはず)で、
山の上のほうまでのぼって「江ノ島亭」というお店に入りました。
それでも15組待ち。
海の見えるレトロな雰囲気のお店です。(映画の撮影にも使われたらしい)
e0190984_13534286.jpg

季節限定の生しらす丼はみんなが注文するからか、
けっこう早く出てきました。こちらはいくら&生しらす丼。
新鮮な甘さとちょっとだけ苦味があって美味しかった♪
e0190984_1354211.jpg

食べているあいだ、急にどしゃぶりの雨が降って、すぐにまた晴れて、
(こういうの、本当に日本はもはや熱帯地方なのでは?と思います・・・)
外に出たらさっきまでの猛暑が少しやわらいで、涼しい風が吹いていました。
e0190984_1472292.jpg

紫陽花もまだ咲いていて、雨上がりの空気によく似合います。
e0190984_148209.jpg

そのまま山を反対側に降りて、海岸沿いの岩場を少しお散歩しました。
水平線に沈む夕陽を見るのもささやかな非日常で癒されます。
e0190984_1494913.jpg

次回は鎌倉のお寺めぐりと甘味屋さん、リベンジで行きたいと思います。

読んでくださってありがとうございます。
また更新してね!と応援してくださる方はこちらをクリック♪

にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ
にほんブログ村

ついでにこちらもお願いします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by hadleywood | 2013-07-15 14:23 | 小旅行 | Comments(2)
今日から東京も梅雨入りだそうですね。
天気予報も当然、傘マーク。
そんな日に会社を休んで妹と姪っ子ののちゃんとディズニーランドに行ってきました。
e0190984_21173588.jpg

午前中は青空ものぞき、日が差すと暑いくらいのお天気。
プーさんのハニーハントがいつも混むので、まずはファストパスをゲットし、
それからののちゃんでも大丈夫そうな乗り物にいくつかトライしてみました。

前回ののちゃんがディズニーランドに来たのは一昨年の秋、しかも混雑した祭日で、
ベビーカーを置いて長蛇の列に並ぶのはちょっとむずかしかったのですが、
もう3歳で自分で歩いてくれるし、今日は平日で待ち時間もほとんどなかったので、
かなりいろいろなものに乗れるようになりました。

とはいえ、ジャングルクルーズではボートの揺れで眠りそうになったかと思うと、
暗闇に入った途端「こわい」と言い出し(たしかにすごく暗いのです)
ゴールデンカルーセルでは「回りすぎ。もう降りたい」と静かにコメントし、
アリスのティーパーティーには「乗りたくない」と拒否、
プーさんのハニーハントでもくるくる回って後ろ向きに進むところで泣き出し、
アトラクション系はまだちょっと楽しめないかな、という感じ。

それに対してショー系のものに対する食いつきは素晴らしいです。
プラザパビリオン・レストランでランチをしていたら、
ちょうど目の前のステージでスーパードゥーパー・ジャンピンタイムという
キッズ向けのショーが始まり、ミッキーやミニーやドナルドが出てきて、
ののちゃん、レストランの窓に張り付いて大興奮でした。

ミッキーのフィルハーマジックも楽しんではいたようですが、
3Dとはいえ映像だったのが物足りなかったようで、
「大きいミッキーが出てこなかった」と言っていました。
実は私は、今日初めてこれを観て(なんで今まで観る機会がなかったんだろう?)
音楽がどれも好きなものばかりで、とてもよかったので満足でした。
ちょっと大人向けだったかもしれません。

スティッチの魅惑のチキルームでは、ののちゃんは手拍子をしてノリノリでした。
そういえば1歳のときもここではノリノリだったと記憶しています。

そして何といってもののちゃんの心をつかんだのは、パレードでしょう。
その少し前に雨がぱらついてきて心配になりましたが、無事決行されました。
e0190984_21551871.jpg

ディズニーのキャラクターに詳しいののちゃん、
ミッキー、ミニー、ドナルド、デイジー、グーフィー、チップとデール、
マリーちゃん、スティッチ、そして大好きなプリンセスたちが
目の前を通り過ぎるのを、歓声をあげ、手を振って見送っていました。

なんというか、ディズニーってすごいな・・・と思った瞬間でした。
東京ディズニーランド30周年のキーワードはHappinessですが、
みんなをHappyにすることに本当に真剣なんだな、と。
すごいのはウォルト氏なのかディズニー社なのかオリエンタルランド社なのかは
よくわかりませんが、今、ののちゃんという人を作るのに一役買っている、という
その影響力には圧倒されるものがあります。

来年にはののちゃんも4歳になり、入場料がかかるようになってしまうので、
その前にまた行けたらいいなと思っています^^。

読んでくださってありがとうございます。
また更新してね!と応援してくださる方はこちらをクリック♪

にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ
にほんブログ村

ついでにこちらもお願いします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by hadleywood | 2013-05-29 22:12 | 小旅行 | Comments(0)
すっかり更新をさぼっているうちに、季節はもう初夏ですね。
ゴールデンウィークは毎年どこへも行かずにのんびり過ごしています。

毎朝、通勤途中にJR山手線の原宿駅を通るのですが、
向かい側のホームの奥に、明治神宮の緑が日増しに濃くなっていて、
そういえば都心でこんなに緑があるのに、ちゃんと訪れたことはないなぁ、と
少し前から思っていたので、相方といっしょに行ってきました。
e0190984_18344926.jpg

鳥居は真ん中に神様がいるので、そちらにお尻を向けないように、
左端を左足から、または右端を右足から入って通り抜けなければいけない、と
前にテレビで見たので、その通りにしてみました。

ゴールデンウィークといっても、明治神宮の境内はそれほどの混雑もなく、
世界各国の観光客に混ざって砂利道を歩き、本殿でお参りをしておみくじを引き、
e0190984_1914545.jpg

さらに宝物殿(明治神宮の北端。ほとんど代々木駅)までお散歩してきました。
広い芝生のエリアは新宿御苑に雰囲気が似ていました。
e0190984_1933913.jpg

良いお天気で、暑すぎず寒すぎず、こんなに気持ちの良い季節は
東京では本当に貴重です。

このあと、代々木公園の裏の、井の頭通りにあるカフェ、
Bondi Cafe Yoyogi Beach Parkに行ってきました。
以前、広尾店のほうに行ったBondi Cafe、代々木公園のほうも素敵でした。
その話はまた、のちほど。

読んでくださってありがとうございます。
また更新してね!と応援してくださる方はこちらをクリック♪

にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ
にほんブログ村

ついでにこちらもお願いします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by hadleywood | 2013-05-03 23:10 | 小旅行 | Comments(0)
博多っ子(40代半ばのおじさん)たちと丸1日を過ごした翌日は、
相方も私も、食べすぎでまったく食欲がなく、
義両親の家でお腹にやさしい雑炊をいただきながら、まったりと過ごしました。

つい半年前まで東京の小金井に住んでいた義両親の新居は、
びっくりするほど前の家と同じ間取りで、置いてある家具の位置も同じで、
さて、これから中央線で家に帰ろうか、という気分だったところへ、
(本当は飛行機に乗らないと帰れないのだけど)
前日、夜まで付き合ってくれた相方の友人その2から電話がありました。

7時に私たちの泊まっているホテル(天神のど真ん中)の前に待ち合わせ、
ということになり、義両親が最寄りの駅まで見送ってくれて、
そこから電車でほんの4駅ほどで、博多の中心、天神に到着。
やはり福岡はコンパクトです。

相方の友人は待ち合わせの時間を過ぎても現れず、連絡もなく、
月曜日だし、仕事が終わらないのかもしれないね、と
とりあえずそのへんを散歩していようということになって、
中州の繁華街を歩いてきました。
e0190984_2121341.jpg

1時間ほど経ったころに連絡があり、遅れた理由の説明もなく、
「で、何時に会える?」と聞いてくる友人。
待たせてごめんね、なんて言わなくてもわかることは言わないのです。

連れていってもらったのは、屋台「まみちゃん」
だまされたと思って食べてみて、と出されたのが、
ぶつ切りの豚足、明太子入りの卵焼き、炒飯、焼きラーメン・・・。
それと相方はふつうのラーメンもひとりで食していました。
どれも私にとっては、ありそうでなかった味というか、新鮮な美味しさで、
前日の食べすぎのことなんて忘却の彼方^^;
これがまたいくらでも食べられる感じでした。屋台って素晴らしいです。
何がいいのかというと、味?雰囲気?目の前で作ってくれるでき立ての感じ?

料理をしてくれたのはマスターの息子さんで、人なつっこそうな25歳でした。
相方の友人は、その彼が子どものころから、ここの屋台の常連だそうです。
「こんど一緒に街コン行きましょうよ」と25歳が言います。
相方の友人は離婚していて今はひとり。一緒に婚活をしよう、というのです。
20歳も年の差があるのに?街コンの対象年齢ってそんなに幅広いんだ?
「鹿児島とか宮崎から女の子たちがいっぱい来るから、男が少ないんですよ」と
25歳は目をくりくりさせてうれしそうに教えてくれました。

その後、相方の友人の自慢の歌声を聞く目的で、
ものすごく久しぶりに(7~8年ぶり?)カラオケに行きました。
彼は昔、音楽で食べていこうとしていたというだけあって、文句なく上手で、
それでも「ちょっとはふたりも歌ってよ」というので(そりゃそうです)
相方と私は、無理やり2曲ずつ歌ってきました。

歌がうまいってかっこいいねぇ、と
相方はそんな当たり前のことに今さら気づいたらしく、
それ以来、自分の歌えそうな曲を探すのに真剣です。
(いつも聞いているラテン音楽は、さすがに相方のスペイン語力ではむずかしく、
しかもふつうのカラオケボックスには入っていない曲ばかりなので^^;)

読んでくださってありがとうございます。
また更新してね!と応援してくださる方はこちらをクリック♪

にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ
にほんブログ村

ついでにこちらもお願いします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by hadleywood | 2013-02-14 22:47 | 小旅行 | Comments(0)
相方のラグビー仲間がやっている居酒屋さんうお鉄に着くと、
今日はほんとはオフのつもりだったという大将が迎えてくれて、
気づけば10人くらいのちょっとした宴会になっていました。
ちゃんと事前に連絡をしていないのに集まってくれて、ありがたいことです。

相方が小学校時代から一緒にラグビーをしていた人たちに、
ラグビー関係ではないけれど中学が同じだった人、
ラグビー関係ではないし中学も高校も違う人(じゃあ何の知り合い?)まで、
共通点は相方と同い年で、相方と同じ博多弁をしゃべるということ。
みんな話に夢中になって食事どころではないようで、
料理はとりあえず出てくるそばから私の前に置かれました。

この透明なイカはまだ勢いよく足をバタバタさせていたし、
e0190984_033274.jpg

こちらの鯵もすでにお刺身になっていることを知ってか知らずか、
尾びれをピンピン動かしていました。
e0190984_054673.jpg

どれをとってもすごく美味しいのです。
私は魚に詳しくないし、あまり舌が肥えているとも思いませんが、
とにかく新鮮で美味しくて、いくらでも食べられる感じでした。

相方の原点となる博多男児たちは、みんな私には親切でした。
福岡初心者の私にいろいろと気を使ってくれて、面白い話もしてくれて。
でも、みんな同士で話しているときは言葉遣いが荒いというか野生的というか、
私の友達(男女ともに)とは明らかに違う人種という感じがします。
たまに何を言っているのかわからないこともあります。
博多弁、ラグビー、40代のおじさん、酔っ払い、という
二重三重のハードルのせいで余計にギャップを感じたのかもしれません。
2年前の結婚式に「呼んだら大変なことになるから」といって、
相方が彼らを招待しなかったのは、無難な選択だったというべきか、
彼らがいたらもっと面白くなっていたのに、と考えるべきか判断に悩みます。

この日は結局、二次会で焼き鳥屋さんへ行き、
東京ではあまりメジャーではないだろう、といって豚バラを何十本も注文し、
(福岡では焼き鳥といえば豚バラだそうです。焼き「豚」ですね)
さらにその後、屋台へ行ってラーメンなどを食べて、深夜に帰宅。
実に8時間くらい飲み食いを続けていたことになります。

その夜は、夢の中でもみんなの博多弁が鳴り響いていて、
眠った気がしませんでした^^。
何歳になっても、初めての環境には体がびっくりするものですね。
昔、海外に住み始めたばかりのころを思い出しました。

読んでくださってありがとうございます。
また更新してね!と応援してくださる方はこちらをクリック♪

にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ
にほんブログ村

ついでにこちらもお願いします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by hadleywood | 2013-02-13 22:23 | 小旅行 | Comments(0)

海外暮らし10年、訪れた国30ヶ国、紆余曲折を経て、語学学校(WLA)の経営と外資系企業の法務部勤務をこなす日々☆旅行、美味しいもの、日々のいろいろ、ラテン音楽・サルサなどなど☆


by hadleywood