カテゴリ:ロシア( 3 )

ロシアネタが続きますが^^、
私が以前働いていた法律事務所では、
何の案件だったか、ロシア語の書面が送られてくることがありました。
「今FAX送ったんですけど、不鮮明なのでメールで送り直しますね!」
という電話をもらったりして、
いや、鮮明でも不鮮明でも、どっちみち誰も読めないし、
しかも表か裏かもよくわからないんですけど、と思っていました。

あれは、キリル文字というんですね。
NとかRが反対向きになっていたり、
円周率を出すときのパイ(π)みたいなのがあったりする、あれです。

ところで、昨日からまたうるさく報道している^^;元横綱・朝青龍の話で、
テレビにモンゴル市内の映像が出てくるのですが、
そこにあの不可思議なキリル文字があったような気がしたんです。
あれ?モンゴルってロシア語?

Wikipediaによると、
「モンゴル語の表記は歴史的に、縦書きのモンゴル文字により表記される蒙古文語が専ら使用されてきた。ソビエト連邦の全面的な支援によって中国からの独立を果たしたモンゴル人民共和国では、一時ラテン文字による表記体系が宣伝された時期もあったが、結局ロシア語のキリルアルファベットに2つの母音字を加えた表記体系をモスクワからの指示で1941年に採用し、言文一致の表記が可能となった」
とのこと。

ちなみにモンゴル人民共和国は、1992年にモンゴル国と名前を変えて、
社会主義から脱退したそうです。
それでもキリル文字はそのまま使い続けているんですね。

そういえば、ロンドンの大学院に通っていたころ、
ウランバートル出身のクラスメートがいて、そんなようなことを言っていました。
彼女は旧ソ連時代に教育を受けたからキリル文字しか習っていないけど、
彼女の娘はソ連崩壊後の学校で、伝統的なモンゴル文字も習っている、と。

そんなわけで、朝青龍の背後にロシア語らしき文字がある?という謎がとけました。
相撲協会のことも、彼自身の今後のことも、そんなに興味はないのですが^^;
朝青龍って、モンゴル語ぺらぺらなんだなぁ、って
当たり前なんですが、そんなところに妙に感心してしまいました。

読んでくださってありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。
応援クリックよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ
にほんブログ村

こちらもお願いします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by hadleywood | 2010-03-12 10:46 | ロシア | Comments(0)
昨日のビーフストロガノフで思い出したついでに、
サンクトペテルブルクの写真をいくつか。

こちら、エルミタージュ美術館。
パリのルーブル美術館、マドリッドのプラド美術館(or ニューヨークのメトロポリタン
美術館という説もあるようですが)と並ぶ、世界三大美術館のひとつです。
とにかく広いです。目的を決めて歩かないと、1日かけても見切れません。
e0190984_23582842.jpg

中心街を散歩していると、いきなり現れる、この教会。
…あ~、名前忘れた><
タマネギ型の塔といい、モザイクの鮮やかな色使いといい、
ちょっとアラビアンナイトみたいな感じで、他のヨーロッパ諸国とは違う趣ですね。
e0190984_053260.jpg

エカテリーナ宮殿は、町の中心から少し離れたところにあります。
女帝エカテリーナが暮らしたお城です。世界遺産になっています。
e0190984_010667.jpg

中には有名な琥珀の間があります。
戦争のときドイツ人に奪われたのを後年になって返してもらい、
確か、やっと復元したばかり、という時だったと思います。
本当に全部、琥珀なんです。見てるとちょっと酔ってくるくらい^^;
(どうやら現在は撮影禁止になってるようですが、当時はOKでした)
e0190984_0161833.jpg

広大な庭に出て、振り返ると木々の間から見えた、エカテリーナ宮殿。
e0190984_0184093.jpg

こちら、ピョートル大帝の夏の宮殿、「ペテルゴーフ」(←調べた^^)。
これも世界遺産です。
e0190984_028105.jpg

初めてのロシアでいろいろ戸惑いもありましたが、
ごはんが美味しかった!ということがすごく印象に残っています。
(当時はデンマークに住んでいて、味覚が北欧基準だったので、
余計に感動したのかもしれませんが^^)

読んでくださってありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。
応援クリックよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ
にほんブログ村

こちらもお願いします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by hadleywood | 2010-03-11 00:37 | ロシア | Comments(2)
昨晩、ウォーキングを兼ねて、高田馬場までごはんを食べに行ったところ、
途中の新目白通り沿いに、Y's mart という24時間営業のスーパーを発見♪
3ヶ月ほど前にオープンしたそうです。

24時間営業のスーパーというのは、あんまり信用していないんですが^^;
ここは品揃えもまぁまぁで、特にお肉が安い、という印象♪
この辺りはスーパーが充実していなくて、下手するとデパ地下並みに高いので、
ちょっと家から遠いけど、ありがたい存在ができました。

で、早速買ってきた牛肉を使って、今日はビーフストロガノフを作りました☆

塩、こしょう、小麦粉をまぶした牛肉と、たまねぎの薄切りとキノコ
(マッシュルームが理想ですが、高かったのでエリンギで代用)をバターで炒めて、
水とスープの素を入れて煮込み、最後に生クリームを入れます。
本当はサワークリームを入れるみたいですが、勝手がよくわからないので^^;

あと、トマトを入れる派と入れない派があって、
フレンチのシェフとロシアンのシェフの対決(?)もあるようです。

もともとはロシア料理です。名前的に、そうです。
私が聞いた説は、ストロガノフさんという伯爵が年を取り、
もう今までのように分厚いステーキは食べられなくなったので、
料理人が、食べやすいように牛肉を細かく刻んで、煮込んで出した、
という説なんですが、ほかにもいろいろな説があるようです。

私の記憶によると、確か、そのストロガノフさんの家は、
ロシアのサンクトペテルブルク(英:St. Petersburg)にあります。
運河沿いの、古い瀟洒な建物です。
e0190984_22564532.jpg

たぶんこの右側のピンクっぽい建物がそうだと思うんですが、
もしかしたら、こっちかも。
e0190984_22572586.jpg

どなたかわかる方、教えてください。
こうやって、「何だったっけ」という写真ばかりが増えていきます。
建物や、小さい田舎町の名前は、ガイドブックを見返さないと思い出せません。

一緒に行った友達に聞く、という手もありますが、
私が2003年の秋にサンクトペテルブルクに一緒に行った友達は、
ひとりは外交官で今どこの国にいるかわからず、
ひとりは大型客船のシェフで、やっぱりどこにいるのかわかりません^^。

ビーフストロガノフを作った、ということでなつかしい友達を思い出しました。
Y's martのおかげですね。

読んでくださってありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。
応援クリックよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ
にほんブログ村

こちらもお願いします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by hadleywood | 2010-03-10 00:03 | ロシア | Comments(2)

海外暮らし10年、訪れた国30ヶ国、紆余曲折を経て、語学学校(WLA)の経営と外資系企業の法務部勤務をこなす日々☆旅行、美味しいもの、日々のいろいろ、ラテン音楽・サルサなどなど☆


by hadleywood