カテゴリ:タイ( 10 )

右手の中指を曲げると痛いのです。
なんとなく打撲っぽいような、突き指っぽいような。
たぶんずっと痛かったのですが、
ここ数日忙しくしていたので、忘れていました。

原因はこちら。
e0190984_026466.jpg

先月訪れたタイ、チャーン島のホテルのバスルーム。
写真だとちょっと暗く見えますが、天窓があって明るく、新しくて快適でした。
シャワーヘッドも固定式ではないし、お湯もじゃんじゃん出ます。

ただ、シャワーボックスというか、シャワーのスペースと脱衣所との間に、
ほとんど仕切りがないんです。
上手にシャワーを浴びないと、トイレのほうまで、辺り一面、水浸しになります。

初日、このまだ使い慣れないバスルームでシャワーを浴びた後、
水浸しになった床を、何を間違ったか携帯用スリッパを履いて歩いてしまった私。

突然、世界が急転回して、つるん!という感じで転んだのです。
自分の足が左側、上半身が右側に傾いていく様子を、
スローモーションのように記憶しています。
とっさに棚をつかもうとして空振り、右手の中指をぐきっとやり、
体勢を立て直そうという努力もむなしく、
右肘に全体重を乗せるような形で、トイレのフタの上に着地しました。
(今思えば、フタが閉まっていてよかった)
この間、ほんの1秒弱だったと思います。

って、こんなに力説するような話でもないんですけど^^;
右手中指の痛みから、急にあの時のことを思い出したものですから。
指と肘の骨が折れたかと思うほどの衝撃でした。

というわけで、皆さんもお風呂場での転倒には気をつけましょう。

ちなみにお部屋の外観はこんな感じでした。
e0190984_052303.jpg

2部屋で1軒のバンガロータイプになっています。
意外に壁が厚いのか、隣りの部屋の音は全く聞こえません。
南国の植物がうっそうと茂る庭を抜けるとプールがあって、その先は海です。
e0190984_14845.jpg

読んでくださってありがとうございます。
また更新してね!と応援してくださる方はこちらをクリック♪

にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ
にほんブログ村

ついでにこちらもお願いします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by hadleywood | 2010-05-07 01:05 | タイ | Comments(0)
タイとかバリ島とか、アジアのリゾートでは必ずバイクを借りるんですが、
今回、チャーン島ではホテルのプールが快適だったのもあって、
e0190984_23324044.jpg

基本、近場のホワイトサンドビーチ界隈でだらだらしていて、
バイクを借りたのは最終日の1日だけ。
島の南端まで二人乗りして、静かできれいなビーチを見てきました。
e0190984_23342138.jpg

シュノーケルツアーに参加したバオ・バンの港は、桟橋にたくさんのお土産物屋さんが並んでいます。
e0190984_23421357.jpg

港とは反対側の湾は岩場になっていて、ここでもシュノーケルができます。
珊瑚とかイソギンチャクとか、熱帯魚たちもいます。
e0190984_23463553.jpg

Cliff Cottageという民宿のような、海の家のようなものがぽつんとあって、
それが意外とおしゃれで居心地が良いので驚きました。
e0190984_23485818.jpg

トイレもシャワーも無料で使えて、食事もできます。
パッタイ(タイ風焼きそば)も美味しいです。食器なんかもさりげなく可愛い。
e0190984_2350821.jpg

こんな僻地にも、欧米人がちらほら。ちゃんと調べて来ているようです。
というか、ここにはタイ人観光客はいませんでした。
e0190984_23525187.jpg

素朴ながら、なんとなく趣味が良い感じ。日本人好みだと思います。
黒いラブラドール(かな?)と、色違いで茶色いのが、人懐っこく歓迎してくれます。
e0190984_23542151.jpg

目の前の海以外、何もない贅沢。
こんなところに泊まってみるのもいいかもしれません。

読んでくださってありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。
応援クリックよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ
にほんブログ村

こちらもお願いします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by hadleywood | 2010-04-26 00:06 | タイ | Comments(4)
チャーン島でお気に入りだったレストラン。
e0190984_16134579.jpg

店の名前は「カーンムン」とかそんなような感じ。
丸焼きチキンとソムタム(パパイヤサラダ)が売りの庶民的なレストランです。
e0190984_16153190.jpg

夜はこんな感じで、ちょっと屋台風。
e0190984_1616289.jpg

入り口のカウンターの中で、毎日同じおばちゃんがパパイヤを叩いています。
ソムタムだけで10種類くらいあって、一番シンプルなのが40バーツ(約120円)。
e0190984_16174852.jpg

「辛くする?しない?」と聞かれ、
「辛くしない」
「全然?」
「全然」
といって出てきたのは、比較的辛いもの好きな私でもちょうどいい辛さのソムタム。
「全然辛くしない」といっても、唐辛子は入っているわけです。
味付け的に欠かせないものだから、当然といえば当然なんですが、
これでも日本だったらメニューに唐辛子マークが2,3本つくだろうな、というレベル。
辛くするかしないか、聞いてくれるあたりが観光地ならではの親切なところです。

お店の定休日、やむをえず隣りのレストランに行ったら、
ほぼ同じ価格帯で、こちらはヌードルとスープ系(トムヤムクン、カレーなど)に強く、
その後、この2店舗を、私たちは「二強」と呼んで交互に通いました^^。
他にもレストランはたくさんあるのに、この2軒だけ飛びぬけて繁盛してるのです。
e0190984_16501128.jpg

こちらは蒸し鶏のせご飯。ご飯にも鶏のだしの味がきいていて美味しいです。
後ろのお皿に2切れ残っているのは、今が旬の最高に甘いマンゴー♪
e0190984_16261094.jpg

定番のグリーンカレーと、シーフードのカレー炒め。
もち米と一緒にいただきました。食べかけの写真で失礼^^;
e0190984_16295584.jpg

アジアはやっぱり食事が美味しくて安いのがいいですねー。
滞在中、何か別の食べ物が恋しくなる、ということが一度もありませんでした。

読んでくださってありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。
応援クリックよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ
にほんブログ村

こちらもお願いします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by hadleywood | 2010-04-24 16:58 | タイ | Comments(0)
バンコクではまた死傷者が出たようですが、
昨日、無事にタイから帰国しました。
こんな時期にタイに行って大丈夫?と心配してくださった皆さま、
お騒がせしました^^;

当初はバンコクにも数日滞在する予定だったんですが、
メインストリートやショッピング街が封鎖されているようなので、
急遽、予定を変更し、チャーン島のみの滞在にしました。

行きは、成田夕方発→(飛行機:7時間)→バンコク深夜着&数時間待機、
バンコク早朝発→(バス+フェリー:6時間)→チャーン島に午後着。
帰りは、チャーン島午後発→バンコク夕方着&空港近くのホテルに1泊、
バンコク早朝発→(飛行機:6時間)→成田午後着、という感じで、
要するに、移動だけで丸1日かかるんですが^^。

もともと格安航空券で、行きは深夜着、帰りは早朝発ということが決まっていて、
空港発着のバス(VIPバスというトイレ完備の大型バス)が1日1便、
行きはバンコク早朝発、帰りは夕方着、という時間がちょうど良かったので、
こんな行程になりました。

バスに6時間も乗るなんて、という人は(私も最初ちょっとそう思った^^)、
チャーン島の最寄りの空港トラートまで飛行機で行って、
港まで乗り合いバスかタクシー、そこからフェリーで島に行くという方法もあります。
e0190984_19281187.jpg

この古めかしいフェリーには、いずれにしてもみんな乗ります。大型バスも乗ります。
ちなみに、バスのお値段は片道308バーツ(約900円)。

こちら、チャーン島発のバスがエンジンをかけたら、下から出てきたわんちゃん。
e0190984_19142774.jpg

日陰になっていて涼しかったのでしょう。

去年のメキシコ&キューバ旅行も、おととしのハワイ旅行も、
それなりにリーズナブルに抑えてきたつもりでしたが、やっぱりタイは安いです。
中級ホテルが1泊1部屋2000バーツ(約6000円)。
水シャワー、エアコンなしでよければ400バーツくらいからあります。
レンタルバイクが1日200バーツ(約600円)。
ビール350mlがスーパーで25バーツ、レストランで40バーツ。
ソムタム(パパイヤサラダ)も40バーツ、パッタイ(タイ風焼きそば)が50バーツ。
タイマッサージが1時間250バーツ、といった感じです。

タイは3度目ですが、ピピ島、プーケット島に比べて、
チャーン島はよりローカル色が濃いというか、物価も安いような気がします。

読んでくださってありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。
応援クリックよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ
にほんブログ村

こちらもお願いします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by hadleywood | 2010-04-23 20:22 | タイ | Comments(0)

チャーン島のわんこたち

ホテル近くの行きつけのスーパー。
そこに犬が落ちているのを発見しました。
e0190984_15401032.jpg

そんなところに寝てたら踏まれちゃうよ?
この島にはよく地面に犬が落ちています。
e0190984_15402631.jpg

地面は冷たいんでしょうか。
あとこちらは、海辺のレストランで食事をしてたら隣にやってきたわんちゃん。
e0190984_15404118.jpg

こちらも一人歩き。首輪をしてるのに、飼い主の姿は見当たりません。
e0190984_15405819.jpg

そういえば、リードにつながれている犬を見ないんですよね。
犬同士で吠え合ったり、走ったりしてるところも見かけず。
人間と同じような調子で、ふつうに歩いているか、座ってるか、寝ている。
誰かの飼い犬か、野良ちゃんか、という区別もいまいち不明。
なんとなく、猫みたいな感じです。

読んでくださってありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。
応援クリックよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ
にほんブログ村

こちらもお願いします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by hadleywood | 2010-04-20 11:56 | タイ | Comments(0)
ソンクラーンの水かけ祭りが終わったと思ったら、
どしゃぶりの雨に見舞われました。
この旅行、とにかくなんだかいつもずぶ濡れです。
でも今は快晴。
濡れた服もすぐに乾くので助かります。

チャーン島の面している海は、
プーケットやクラビのあるアンダマン海ではなく、タイ湾です。
サムイ島とか、ダイビングで有名なタオ島とかがあるほうです。
島の南端バン・バオの港からツアーが出ていて、
近隣の小さな無人島などでシュノーケリングができます。
e0190984_15431257.jpg

透き通った海に、派手な色の珊瑚と熱帯魚たち。
ダイビングの免許があればさらに楽しめるんでしょうけど、
シュノーケルでも十分満喫しました。
e0190984_15432737.jpg

私たちのツアーは500バーツ(約1,500円)で4つの島を巡るもので、
タイ料理のランチとフルーツなどの軽食と飲み物がついて、
朝8時から夕方5時くらいまで、1日めいっぱい使ってこの値段はお得です。
(ローシーズンだと400バーツだそうです)

最後にワイ島という、一応、宿泊施設のある島に上陸。
砂の色が赤っぽくて、チャーン島とはまた違った趣の秘島です。
e0190984_15435527.jpg

ところで、今回のシュノーケリングツアーもそうですが、
どこに行っても多いのが、どういうわけかスウェーデン人。
タイ語、スウェーデン語、英語、ドイツ語、ロシア語、フランス語、の順で
よく聞くような気がします。

日本人には一度だけ、家族連れに出会いました。
小学生の女の子二人が慣れた様子でシュノーケルをしていて、
タイ語で挨拶もできるので、バンコク辺りに住んでいるのかなぁ、と。
もしかしたら日本人学校とかに行ってるのかな、と想像したり。
声をかける機会がなかったのが残念です。

読んでくださってありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。
応援クリックよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ
にほんブログ村

こちらもお願いします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by hadleywood | 2010-04-18 13:06 | タイ | Comments(0)
同じタイのリゾートでも、プーケットやクラビ、サムイ島などに比べ、
チャーン島はマイナーです。
「地球の歩き方」には少しだけ出ていますが、
他のガイドブックには名前すら載っていなかったりします。

ネットで調べると、「秘島だ」とか「もはや秘島ではない」とか、
「海の色がきれい」とか「茶色っぽくて全然きれいじゃない」とか、
情報もいろいろ。訪れる季節にもよると思います。

今、4月は乾季の終わりごろ。一番暑い時期です。
昼間の気温は体温より高く、だからソンクラーンで水をかけてくれると、
ちょっとありがたかったりします。服もすぐに乾きます。
お祭りシーズンなので人は多いですが、タイ人が多いようです。
雨が降る気配はなく、たまに曇りますが基本晴れていて、海は青いです。

島の中心はホワイトサンドビーチというエリア。
ホテルやレストランが建ち並び、私たちもそこに泊まっています。
e0190984_15453410.jpg

1泊目はかなりエコノミータイプのバンガローに宿をとりました。
Plaloma Cliff Resort というホテルです。
夜は波の音しか聞こえない、静かな立地(のみ?)が魅力。
2泊目からはGrand View Resort というホテルに移りました。
お値段は300バーツ(約900円)の差で、だいぶグレードアップしました。
ソンクラーンの時期はホテルを予約していくことをおすすめします。

ビーチを散歩していると、こんなヒッピー風のバンガローもあります。
e0190984_15455698.jpg

この様子だと、トイレやシャワーは共同なんでしょうか。
「お湯の出る部屋をご希望の方はフロントまで」とか看板が出ています。
この暑さじゃエアコン必須だろう、と固く信じているわりには、
どんなに暑くても水でシャンプーをするのは無理、という
私のような軟弱者から見ると、とても上級者向きの風情です。

読んでくださってありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。
応援クリックよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ
にほんブログ村

こちらもお願いします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by hadleywood | 2010-04-15 22:40 | タイ | Comments(2)
少しのあいだ、行方不明になっていましたが、
今、タイのチャーン島というところにいます。
e0190984_15375615.jpg

デモで荒れているのに大丈夫かと心配されつつ、
月曜日の夜中に首都バンコクに着き、
早朝のバスでトラート経由、フェリーで島までたどり着きました。
島はゆったりとした時間が流れ、平和そのものです。
e0190984_15382056.jpg

と言いたいところですが。
実は、別の意味でぜんぜん平和じゃないんです。
タイのお正月ソンクラーンが、今年は4月13日から15日。
このソンクラーンは「水かけ祭り」と言われていて、
誰でも彼でも水をかけていいことになっています。
よくわからない白い粉を溶いた液体を顔に塗り合って、
バケツや巨大水鉄砲で大量の水をかけ合います。
e0190984_15383934.jpg

べつに狙ってこの日を選んだわけじゃないんですが、
とにかく町中がお祭りモード。
おかげで観光客向けの勧誘なんかも全然なく、
ある意味、平和に過ごせています。

ホテルの近所のネット屋さんで日本語の設定をしてもらったので、
また更新しますね。
とりあえず、生存報告でした。

読んでくださってありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。
応援クリックよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ
にほんブログ村

こちらもお願いします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by hadleywood | 2010-04-15 14:05 | タイ | Comments(0)
急にタイ料理が食べたくなって、
前から気になっていたお店、Lopburi Kitchenへ行ってきました。
e0190984_2347350.jpg

明治通り沿い、早稲田通りとの交差点の近くです。
このせまくて急な階段が、何やら本格的(?)な感じがしませんか。

中は4人掛けのテーブルが3つ。
タイ人のおじさんがひとりで切り盛りしていました。

トムカーガイ(鶏肉のココナッツスープ)と、
エビ春巻きと、
空芯菜の炒め物と、
豚肉の炒め物と、
ジャスミンライスを注文。

スープが特に美味しかった♪
というか、どれも本場の味です。空芯菜とか、思いのほか辛いです。
BGMに、タイのバンドのライブ映像とあの不可解なタイ語の文字が流れ、
店にかかってきた電話に、おじさんがタイ語(たぶん)で応対しています。

おじさんはこちらに向かっていろいろ話しかけてきます。
タイ料理は南へ行くほど辛い、バンコックはそうでもないとか、
自分はなんとかという川(聞き取れなかった…)のそばの出身だとか、
冬場は食材が手に入りにくて、値段も高くて困るとか。

入り口からしてエキゾチックなお店ですが、
中の雰囲気も負けていません。
私たちのほかにお客さんがいなかったせいもあるでしょうが、
タイのビールと、美味しいお料理と、不思議な音楽と、
ちょっと聞き取りにくい(すみません^^;)おじさんの日本語の相乗効果で、
なんだかちょっとタイに行ってきたみたいな気分になりました。

読んでくださってありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。
応援クリックよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ
にほんブログ村

こちらもお願いします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by hadleywood | 2010-02-23 00:16 | タイ | Comments(0)
BBC Newsのサイトで、こんな記事を見つけました。
Tsunami-hit Thailand: Recovery and remembrance
23万人以上の犠牲者を出した、インドネシア、スマトラ島沖地震の津波から、
今日でちょうど5年になるんですね。

犠牲者の数では、インドネシアのアチェが17万人と圧倒的に多いんですが、
タイのプーケットやピピ島では、ちょうどクリスマス休暇で滞在していた外国人観光客がたくさん犠牲になったこともあって、世界中の注目を集めました。

私はその1年ほど前、2003年の1月末に、タイのピピ島に行っています。
津波のニュースはすごくショックでした。
あんなに綺麗で穏やかだった海が、人も建物も木々も、すべてを飲み込んでしまったこと。素朴でのんびりと居心地の良かった島が、戦後の焼け跡みたいに、ほんとに何もなくなってしまったこと。

でも、その後の復興の勢いには、さらにびっくりでした。
世界中からボランティアの人たちが駆けつけて、寄付も集まって、
被災からほんの数ヵ月後にはホテルやレストランが次々と再開され、
2年も経てば、観光客が以前にも増してやって来るようになったのです。

タイって愛されているんですね。
本当にここで津波があったの?と新しく来た人たちは思うそうです。
人間の立ち直ろうとする力のすごさ、たくましさを感じます。
もちろん、家族や友人を亡くした人々の心の傷は、何年経っても、どんなに島が復興を遂げても、癒されることはないのでしょうけれど。

ピピの本島、ピピドン島の中心エリアは、2つの湾に挟まれています。
左がトンサイ湾、右がローダラム湾。
e0190984_18573847.jpg

中心部の街並みはこんな感じ。
e0190984_19138.jpg

レオナルド・ディカプリオ主演の映画「ビーチ」の舞台となった無人島、ピピレイ島や、その他の島にはロングテールボートという小舟で行きます。
e0190984_1931121.jpg

海は穏やかでものすごく透明で、深さは15メートルくらいでしょうか。
カラフルな熱帯魚がたくさんいます。ニモもいます。
私はダイビングはしませんが、シュノーケリングでも十分楽しめます。
ただし、背中の日焼けには要注意!
e0190984_1945199.jpg

こちらはピピドン島の、海からしかアクセスできないビーチ。
e0190984_19124532.jpg

泊まっていたコテージからビーチへ出る道。とにかく時間がゆっくり流れています。
e0190984_19164217.jpg

朝のトンサイ湾。
e0190984_19182493.jpg

ピピ島は、私が相方と初めて旅行した思い出の場所なんです。
ここで29歳の誕生日を迎えました。
津波のことはショックだったけど、何もお手伝いすることはできなかったので、
せめて再訪して、元気になった島にエールを送りたいなと思っています。

読んでくださってありがとうございます。
人気ブログランキングに参加しています。
応援クリックよろしくお願いいたします。

人気ブログランキングへ

こちらもお願いします。
にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by hadleywood | 2009-12-26 19:29 | タイ | Comments(0)

海外暮らし10年、訪れた国30ヶ国、紆余曲折を経て、語学学校(WLA)の経営と外資系企業の法務部勤務をこなす日々☆旅行、美味しいもの、日々のいろいろ、ラテン音楽・サルサなどなど☆


by hadleywood