ハワイ島でシュノーケリングならホナウナウ・ツーステップス?

ケアラケクア湾のキャプテン・クック記念碑前まで山道を歩いて行って、
シュノーケリングを楽しんだことはすでに書きました。
(→「上級編!?ケアラケクア湾のキャプテン・クック記念碑まで歩いてみた」

この2日後、私たちが行ったのはお隣りのホナウナウ湾。
(ケアウホウとかケアラケクアとかホナウナウとか、
ハワイは地名がなかなか覚えられません・・・)

11号線のハイウェイを南下し、お気に入りのカフェ、コーヒーシャックを通り過ぎ、
しばらく行くと郵便局のある三叉路に出るので、そこを右折すると、
プウホヌア・オ・ホナウナウ国立歴史公園のサインが出てきます。
ハワイ王室の歴史上、重要な意味をもつ場所だそうですが、
私たちの目的地はその隣りの、通称「ツーステップス」というビーチです。

歴史公園の駐車場(有料)の手前(無料)に車を止めて、
右手の細い道を入っていくと、すぐに海に出ます。
e0190984_13392455.jpg

岩を2段降りて水中にアクセスするから「ツーステップス」なのでしょうか。
海は穏やかですが、打ち寄せる波には少し気を付ける必要があります。
フィンとマスクをつけて、いざ、水の中へ。

うわ~と思わず声を出してしまいそうな、美しいサンゴ礁と魚の群れ。
特に多いのが黄色いエンジェルフィッシュ?名前はわかりませんが、
大群で、きらきらと花吹雪のように舞っています。
黒と黄色のしましまもいます。ちょっと大きくてのそっとしたやつもいます。
ビーチの岩場の地味な黒とは対照的に、水の中はなんて派手なんでしょう。

小1時間くらい泳いで、海に浮かびながら、
「ケアラケクア湾とどっちがいい?」と相方。
「こっち」と私。即答。

だって!
山歩きなしで来て、山歩きなしで帰れる。
そして水のきれいさ、シュノーケリングの楽しさは変わらないんですよ。
サンゴだってお魚だって、考えてみたら隣りの湾なんだから同じわけです。

ツーステップスに一票。

地元の人たちもたくさん来ています。
難点は、ケアラケクア湾もそうですが、あまりくつろぐスペースがないことと、
シャワーやトイレなどの設備がないこと。
あと、上陸するときに岩についているウニを触ると痛いこと、くらいでしょうか。

岩場なので砂がつかないし、それほどべたつくこともないので、
帰りはそのまま車に乗ってしまい、ホテルへ戻ってプールに飛び込むか、
あるいはシャワー完備の別のビーチへ行く方法もあります。

向こう側に見えるのはお隣りの歴史公園。
e0190984_13391121.jpg

こちらには行く機会がありませんでしたが、
ツーステップスでのシュノーケリングは気に入ってリピーターになりました。

読んでくださってありがとうございます。
また更新してね!と応援してくださる方はこちらをクリック♪

にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ
にほんブログ村

ついでにこちらもお願いします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by hadleywood | 2015-10-08 23:37 | ハワイ | Comments(0)

海外暮らし10年、訪れた国30ヶ国、紆余曲折を経て、語学学校(WLA)の経営と外資系企業の法務部勤務をこなす日々☆旅行、美味しいもの、日々のいろいろ、ラテン音楽・サルサなどなど☆


by hadleywood