サンタ・マリア・ノヴェッラの香水(フリージア)

早めのクリスマスプレゼントということで、
相方からサンタ・マリア・ノヴェッラのオーデコロンをもらいました。
伊勢丹メンズ館の8階で、さんざん迷ってフリージアにしました。
e0190984_22453194.jpg
もう7年も前になりますが、このお店の本店を訪れたことがあります。
妹とフィレンツェ2人旅をしたときです。

関係ないけど、そのときの記事はこちら。
春のフィレンツェで落し物をする
春のフィレンツェで古い橋を歩く
春のフィレンツェで偶然友達に会う
トスカーナの田舎町ルッカを歩く

サンタ・マリア・ノヴェッラは800年の歴史のある世界最古の薬局で、
フィレンツェでは単なる買い物スポットではなく、もはや観光名所のひとつ。
美術館や教会なんかと同じような感覚で訪れる場所になっています。

なので、日本人観光客がたくさんいて、店員さんも接客業というよりは、
美術館の入り口に座っている係員の雰囲気です。
つまり、それほど熱心に商品を売る気はなさそうなので、
こちらもよっぽど買うものが決まっていたりしない限りは、
なんとなく店内を眺め、商品棚を眺め、素敵だねぇ、と言って、去る。
そういう多くの観光客と同様、私と妹も何も買わずにその店を後にしました。

でもそういえば、日本にもたくさん店舗があって、ファンも多いみたいだし、
なんとなく気になってはいたのです。
原材料も天然のもので、品のあるイメージだし。

オーデコロンが「ケルンの水」という意味であることは知っていましたが、
元々はこのサンタ・マリア・ノヴェッラのものだったようです。
(→「香りの歴史はフィレンツェから始まった」
メディチ家が薬、medicineの語源というのも初めて知りました。

香水ひとつで知的好奇心をくすぐられる感じが新鮮です。
まだ使い始めていないのですが、クリスマスまで待てるかな。

読んでくださってありがとうございます。
また更新してね!と応援してくださる方はこちらをクリック♪

にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ
にほんブログ村

ついでにこちらもお願いします。
人気ブログランキングへ

[PR]
Commented by trutina at 2014-12-21 14:34 x
私も大好きです。買ったことないんだけど。(=_=)
私も昔、本店に行き接客業じゃない接客にあいましたよ。(^^;)
諦められずに丸の内店へ行きましたが、店員も一緒に輸入したのか、相手にされませんでした。(日本人だったのに)

私はボディーウォーターの色と香りにすっかりメロメロなのですが、久しぶりに調べたら、なんとボトルが変わってる。
いつかあの青い貴婦人(イタリア語が読めなかった為勝手に付けた私の中だけで通じる商品名)を手に入れることを夢見ていたのに。縁がなかったとはこのことか。(>_<。)

クリスマスおめでとう。プレゼント我慢するなんて、心意気だけでも偉いわ。(^^)/
Commented by hadleywood at 2014-12-24 17:37
trutinaさん♪
わーい、お久しぶりです!コメント気づくの遅くてすみません。
接客業じゃない接客、有名ですよね^^;
ああいうなんというか空港の荷物検査係並みに感じ悪い接客って日本では見かけないと思っていましたが、丸の内に輸入されていたなんて驚きです。伊勢丹はふつうに感じよかったですよ。
「青い貴婦人」素敵です。ボトルが変わってもきっと香りは同じでしょうから、試してみてはいかがですか?

今日はクリスマスイブですね☆
今日の夜にでも開封しようと思います^^。
by hadleywood | 2014-12-15 22:25 | 日常 | Comments(2)

海外暮らし10年、訪れた国30ヶ国、紆余曲折を経て、語学学校(WLA)の経営と外資系企業の法務部勤務をこなす日々☆旅行、美味しいもの、日々のいろいろ、ラテン音楽・サルサなどなど☆


by hadleywood