初夏のデンマーク4泊6日の旅(5日目:空港チェックイン後のスウェーデン、マルメ観光)

最終日の朝はきれいによく晴れていました。
ホテルをチェックアウトして、中央駅から空港へ向かいます。
滞在中、何度もお世話になったこの古めかしい駅ともお別れです。
e0190984_19265885.jpg

ヨーロッパの大きな駅はどこも物語や古い絵画に出てきそうな、
鉄道マニアでなくても魅了される独特の雰囲気を持っています。
ここから列車に乗って言葉の違う外国へ行くことができるという、
なんだかとてつもなく広い世界の入り口に立っているような気持ち。
今はLCCの普及で飛行機のほうが安かったりしますが、
ヨーロッパでは列車での移動を個人的にはおすすめしたいです。
(といっても北欧を除き、たいていの駅の周りは治安が悪いですが)

さて、空港に着いた私たちはまず免税手続きのオフィスへ向かいます。
二人ともそれほど高額のお買い物をしたわけではないのですが、
デンマークは付加価値税が25%もするので、少しでも戻ってくるなら、と
(最大19%くらい戻ってくるらしいです)
同じ日に同じお店で300DKK以上の買い物をした際に書類をもらい、
それを持ってターミナル2のDanske Bankのカウンターへ。
このときレシートも忘れずに持っていきます。
まれに買った商品を見せるように言われるそうなので、
念のため商品も手元に置いておきましょう。
(チェックイン荷物に入れる場合はチェックインの前に手続きをします)

免税手続きはスムーズに済み、その後のチェックインも
カストラップ空港はすべて自動化されているため列に並ぶこともなく、
すんなりとできてしまいました。こんなに順調でいいの?ってくらい。

空港内のチェーン店Baresso Coffeeで朝ごはんをいただき、
目の前の自販機で切符を買って、目の前の階段を下りて電車に乗って、
30分もしないうちに、私たちは隣国スウェーデンにいました。
e0190984_19271140.jpg

マルメは空港からコペンハーゲンの街とは反対方面に向かい、
大きな橋を渡ってすぐのところにある可愛らしい街です。
(といってもスウェーデンで3番目に大きい都市らしい)
街の中心まで来ると、創業1571年の薬局があったり、
e0190984_13392521.jpg

中はこんな感じ。棚には古い小瓶が並んでいて趣があります。
といっても売っているのは現代の医薬品で、地元の人がふつうに出入りする、
日本だったらマツキヨみたいな感じのドラッグストアです。
e0190984_13385379.jpg

すぐ隣りには趣のある小路があって、けっこう奥まで続いています。
この先には何があるのかなぁ?
e0190984_13395378.jpg

街にはたくさん広場があって、車が入ってこないのでとても静か。
e0190984_16445875.jpg

目的のひとつだったデザインミュージアムは残念ながら改装中でしたが、
e0190984_16441852.jpg

隣りの建物の2階でアート作品を展示販売していたので、のぞいてきました。
e0190984_16434358.jpg

2階の窓から広場を眺めるとこんな感じ。風がとても気持ちよかったです。
e0190984_19285330.jpg

古い木組みの建物がどれもカラフルです。
こういう鮮やかな色合いは北欧ならではかな、と思います。
ドイツやイギリスにも木組みの家はあるけど、壁の色が違う気がします。
e0190984_19284456.jpg

そのままお散歩を続けると、気持ちの良い公園にぶつかりました。
深呼吸すると体の底から癒されるような、デトックスされるような心地がします。
e0190984_19292015.jpg

芝生でピクニックをする人、散歩やジョギングをする人、
そしてカモの親子がすぐ横を通っていきます。
e0190984_1929262.jpg

この場所を目指してきたわけではないのだけど、あまりに気持ちがよくて、
ずっとここでぼーとしていたい、夕方まで芝生に寝転がっていたい、と思います。
明日には東京に戻っているのかと思うと名残惜しくて仕方ありません。
e0190984_1929302.jpg

名前はわからないけど鮮やかな紫色のお花が緑をバックによく映えます。
e0190984_19293847.jpg

いっぱい歩いてお腹が空いたね、というところで偶然見つけたのがこちら。
Hagenという小さなお店です。
e0190984_1929489.jpg

働き者の若者がふたり、めまぐるしい忙しさでランチボックスを用意してくれます。
その場のカウンターでも食べられますがスペースがあまりないので、
たいていの人はテイクアウェイにして持ち帰っています。
すぐ近くの広場に専用のテーブルが出ているので、そちらを利用すればOK。
e0190984_1930115.jpg

私たちが注文したのはフレンチでよく見る「カスレ」。
自家製ソーセージと豆とその他野菜をトマト味で煮込んだものです。
e0190984_19301019.jpg

いわゆるカスレとは違って、どちらかというとグラーシュみたいな味わいでした。
グラーシュはもともとハンガリー料理?ドイツやオーストリアでよく食べます。
なぜそう思ったかというと、たぶんパプリカの香りが強かったからだと思います。
何はともあれ、予想外の美味しさだったのでA子も私も大満足。
マルメに行く機会のある方、ここはものすごくおすすめですので、ぜひどうぞ。

そんな感じで、思いのほか充実したひとときを3時間ほど満喫した後、
私たちは再び電車で国境を越え、コペンハーゲンの空港へ戻りました。
チェックインは済ませているので、そのまま中に入ります。
2001年から2003年までのデンマーク暮らしの間、何度訪れたかわからない
このカストラップ空港ですが、すっかり様子が変わっていてびっくりしました。
まぁ、10年も経っているのですから当たり前といえば当たり前ですが、
昔から評判のよかった空港がさらに見やすく、お洒落になり、
お店も充実していました。私たちのお気に入りの例のパン屋さんもあります。
e0190984_19302165.jpg

成田空港などと違って、カストラップ空港は中に入る前はほとんど何もないので、
空港に到着したら、さっさと中に入ってしまうことをおすすめします。

こうして、私たちは4泊6日の弾丸旅行を終えました。
物価の高さには驚いたけど、全体的にこじんまりしていて移動しやすくて、
清潔で安全で緑にあふれていて人々は親切、という
旅行者、とくに女子旅にはとても優しい地域を選んだと思います。

で、今回の収穫はこちら。
なんだかんだで私も、ニシンの酢漬けの瓶詰めとか黒パンとかビールとか、
確かに安いけど、やたらと重いものを買ってしまいました。
デパートIllumとスーパーのIRMAにNETTO、日本でも人気のTargetには
特にお世話になりました。
e0190984_19303510.jpg

住んでいたときはいつでもまた戻ってこられると思っていたデンマーク、
けっきょく10年半後の訪問になりました。
次はいつ帰れるかな。
e0190984_19304759.jpg

読んでくださってありがとうございます。
また更新してね!と応援してくださる方はこちらをクリック♪

にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ
にほんブログ村

ついでにこちらもお願いします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by hadleywood | 2014-06-15 19:30 | 北欧 | Comments(0)

海外暮らし10年、訪れた国30ヶ国、紆余曲折を経て、語学学校(WLA)の経営と外資系企業の法務部勤務をこなす日々☆旅行、美味しいもの、日々のいろいろ、ラテン音楽・サルサなどなど☆


by hadleywood