早稲田の村にも春の足音

つい先日まで真冬の寒さだったのが嘘のように、
東京は急激に暖かくなりました。
花粉やら黄砂やらPM2.5やらの心配がなければいい季節なのに、と思いつつ
マスクをして、コンタクトレンズにゴミが入らないように注意しながら歩いています。

土曜日に桜の開花宣言があったようですが、
うちの近所の神田川沿いは、日曜日の時点でまだこんな感じ。
e0190984_23474063.jpg

あ、でもよく見たらピンク色にふくらんでいるつぼみもあります。
e0190984_23481857.jpg

毎年、ソメイヨシノよりも少し早く咲く、違う種類の桜はしっかり咲いていて、
e0190984_23485493.jpg

卒業生をお見送りする準備万端、といったところでしょうか。
e0190984_23483890.jpg

就職したり、大学院に進んだり、帰省したり、その他いろいろな道に進む人たちが、
4年間の学生生活を振り返って、どんな気持ちでここを去るのか、
また、全国津々浦々からやってきた、高校を卒業したばかりの人たちが、
どんな思いで今、始まったばかりの大学生活を歩みだそうとしているのか、
しみじみと思いを馳せながら、時の流れを感じる、そんな季節です。

自分がここの法科大学院に入学したのは、かれこれ8年前になります。
ここではないけど、大学の学部に入学したのなんて、
もはや何年前なのか数えるのも面倒なくらい大昔です。

・・・あえて数えてみたら、なんとぴったり20年前!
今年の新入生たちが生まれる前に、自分は大学に入学していたということ。
なんだか衝撃的です^^;

今年は開花が早いので、今度の新入生が入学してくるまで
桜は待っていてくれないかもしれませんが、
この時期の早稲田は、季節の移り変わりを最も感じさせてくれる街です。

読んでくださってありがとうございます。
また更新してね!と応援してくださる方はこちらをクリック♪

にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ
にほんブログ村

ついでにこちらもお願いします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by hadleywood | 2013-03-17 20:20 | 日常 | Comments(0)

海外暮らし10年、訪れた国30ヶ国、紆余曲折を経て、語学学校(WLA)の経営と外資系企業の法務部勤務をこなす日々☆旅行、美味しいもの、日々のいろいろ、ラテン音楽・サルサなどなど☆


by hadleywood