仙腸関節炎に効く?バランスボールとサルサ

数年前から(正確にはロースクールで司法試験の勉強をしていたころから)
年に1度か2度、恒例の「腰痛祭り」が開催されます。
何をきっかけにというわけでもなく、祭りはいつの間にか始まっています。
ピーク時には立っていても座っていても、寝転がっても何をしても痛い、
という大変な盛り上がりを見せます。当然、家から出られません。

過去、いくつもの整形外科に通い、レントゲンやらMRIやらを撮り、
長時間待たされたあげく、特に異常はないですね、という診断にお金を払い、
鎮痛剤と湿布をもらって帰ってきて、ひたすら痛みが消えるのを待つ、
ということをずっとくり返してきました。

その後、目白整形外科内科というクリニックで
仙骨と腸骨の間の仙腸関節が炎症を起こしている、と診断されました。
長く座り続ける仕事をしている20代から30代の女性に多い症状だそうです。
やはり鎮痛剤と湿布をくれて、あとはブロック注射をしてくれるくらいですが、
異常がないと言われるよりはずっと納得がいきます。

そして最近、「仙腸関節炎」でGoogle検索すると最初のほうに出てくる、
職場から近い、しかも平日は午後8時まで受け付けてくれる、という理由で
祥泉針灸整骨院というところに行ってきました。
ここで初めて「仙腸関節炎は治りますからね」と言われ、
まだ半信半疑ですが、しばらく通ってみようという気になりました^^。
どういう仕組みで痛みが生じているのかを詳しく説明され、
要は捻挫(ぎっくり腰)と同じなので痛いときは安静にする、
むやみに動かしたり温めたりしない、痛みが引いたらストレッチをする、
という、まぁそれほど想定外のことを言われたわけではないのですが、
丁寧に説明してくれるというだけで人間、安心するものです。

職場でバランスボールを椅子代わりに使っていることを話すと、
(それが実はよくないのかも?とも思ったので)
「バランスボールは姿勢を保つためにもいいので、ぜひ続けてください」

それから、問診表の趣味の欄に「サルサ」と書いたら、
「ダンスをしてるんですか?それは、痛みが引いたらぜひ再開してください」

バランスボールもサルサも私の腰痛に良いのか悪いのか微妙だったのですが、
思いのほか大絶賛だったので、ちょっと驚きました^^。
でもどちらも前からやっているけど、腰痛祭りは滞りなくやって来る・・・。
それだけでは予防になっていないということなんでしょうね。

2012年12月後半に開催された腰痛祭りも年末には下火になり、
年明け最初の週末、2013年初サルサに行ってきました。
相方は毎週会っている常連さんたちですが、私はものすごく久しぶり。
再会を喜び合い、近況を報告し合い、一緒に飲んで、踊りました。

そのうちのひとり、ミャンマー出身シンガポール人の友達いわく、
「腰が痛いんだったらね、カニがいいよ、カニ」
「カニ?食べるの?」
「ちがーうよ、くだいて飲むんだよ、川のカニだよ、ちいさいの」
「・・・」
よくわからないけど、川なんか近くにないし、
そんな小さなカニを「くだいて飲む」ために売っているのも見たことない。
なんだか気持ち悪いし、どう考えてもまずそうなので却下。

いろいろな民間療法があるのだろうけど、とりあえず針の先生の言葉を信じて、
今年は二度と腰痛祭りが開催されないように全力を尽くしたいと思います。

読んでくださってありがとうございます。
また更新してね!と応援してくださる方はこちらをクリック♪

にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ
にほんブログ村

ついでにこちらもお願いします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by hadleywood | 2013-01-08 00:58 | 日常 | Comments(0)

海外暮らし10年、訪れた国30ヶ国、紆余曲折を経て、語学学校(WLA)の経営と外資系企業の法務部勤務をこなす日々☆旅行、美味しいもの、日々のいろいろ、ラテン音楽・サルサなどなど☆


by hadleywood