中村吉衛門さんと早稲田の町のおじいさんたち

日曜日、早稲田大学の23区支部総会という集まりに行ってきました。
東京23区の稲門会(早稲田の同窓会)に所属している人たちの、
年に1回の総会です。
今年は私の所属する中央区の稲門会が、総会の幹事でした。

同窓会というのはどこもそうかもしれませんが、
とにかく年齢層が高いのです。
区によっては、団塊世代が最年少かな?というグループもあります。
普段、ちょっとお話する機会のないような世代の方がたくさんいて、
ほとんど全ての人から、
「おや、若いねぇ、どうしてこんなに若い子がいるの」
と言われます。(もう30半ばも超えたのに…^^;)

第一部は早稲田出身の著名人の講演会など、
第二部はリーガロイヤルホテルで懇親会、というのがいつもの流れで、
今年、第一部には歌舞伎役者の中村吉衛門さんをお招きしました。
人間国宝になられる方です。

歌舞伎にはまったく詳しくないし、歌舞伎役者もほとんど知らないのですが、
鬼平犯科帳の俳優さんと言われて、ようやく顔が思い浮かびました。
(といっても、すみません、時代劇もほとんど見ないんですが^^;)

そんな物知らずの私は置いておいて、
会場は満席以上、立ち見が大勢出る状態で、ものすごい盛況でした。
吉衛門さんが和服姿で会場に入ってこられると、
「はりまや!」と声をかける人があり、
みなさん、歌舞伎に行き慣れている様子。
吉衛門さんご本人は、とても華のある、でもどこか親しみやすい雰囲気で、
人間国宝、なんて近づきがたいイメージは払拭される感じでした。

その後の懇親会のメニューは、こちら。

スモークサーモンとポテトサラダ
蒸し鶏の中華風サラダ
海老チリ
鶏肉の甘酢あんかけ?
炒飯
ざるそば
マンゴープリン
コーヒー

ん?前菜だけ洋食?
メインの海老と鶏肉はスイート&サワーソースの味付けがかぶっている?
しかも両方、揚げ物だし。
そして炒飯のあとにざるそば??

ホテルとはいえ、やはり早稲田の町ならではのラインナップでしょうか。
お年寄りが多いのだから、もっと違うメニューにすればいいのに…。
と思った私のそばで、もりもりと完食していくおじいさんたち。
早稲田の卒業生をなめてはいけない、ってことですね^^。
(それにしても会費1万円とるのだから、もう少しなんとかならないでしょうかね)

読んでくださってありがとうございます。
また更新してね!と応援してくださる方はこちらをクリック♪

にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ
にほんブログ村

ついでにこちらもお願いします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by hadleywood | 2011-08-23 13:41 | 日常 | Comments(0)

海外暮らし10年、訪れた国30ヶ国、紆余曲折を経て、語学学校(WLA)の経営と外資系企業の法務部勤務をこなす日々☆旅行、美味しいもの、日々のいろいろ、ラテン音楽・サルサなどなど☆


by hadleywood