洗礼名はカトリーヌ・ラブレ

日曜日は姪っ子「ののちゃん」の洗礼式でした。
場所は、昨年12月に私が結婚式を挙げたカトリック高輪教会
結婚式と違って洗礼式は、通常の日曜日のミサに追加するような形でするので、
参列者は200人以上。
みんなが見守る中、ののちゃんはカトリック教徒になりました。
洗礼名は妹と同じ、カトリーヌ・ラブレ。フランスの聖人の名前です。
e0190984_235348.jpg

赤ちゃんのときに洗礼を受けることを幼児洗礼といいますが、
自分の意志で洗礼を受けたわけではないので、
これからご両親の育て方が重要になります、というようなことを
神父様が言っていました。

と、言っているそばから、ののちゃんは体をよじってご機嫌ななめ。

この日はとても暑くて、
ずっとパパ(義弟)に抱っこされていることも、
自由に歩き回れないことも、楽しいことがひとつもないことも、
何もかもが気に入らなかったに違いないのです。
まぁ、ののちゃんの身になったら、そりゃあ怒り出すのも無理はない状況。

リハーサルもしたそうですが、ののちゃん的にはそんなのまったく関係なく。
神父様は式次第に従ってお祈りの言葉を続けつつ、
「はい、もう少しで終わるからね」とののちゃんをあやしているし、
頭に白いベールをかけてもらっても、瞬間的に払い落とすののちゃんに、
見ていた子どもたちがくすくす笑い出すし、で
なんというか、ほのぼのとしたセレモニーでした。

式が終わってお庭に解放され、端っこの小さな塔の中に入って
すっかり機嫌を直したののちゃん。
e0190984_23292084.jpg

お日様の下で白いドレスで、きらきらと天使みたいです。
e0190984_23323698.jpg

この後、中華料理のビュッフェでもずっとご機嫌。
相変わらずの食欲旺盛ぶりを発揮して、大人たちとほぼ変わらない時間、
テーブルについていました。これって実はけっこうすごいことみたいです。
私や妹は食べることに興味のない子どもで、食事の時間は大変だったらしく、
その点、ののちゃんはみんなから高く評価されています^^。

読んでくださってありがとうございます。
また更新してね!と応援してくださる方はこちらをクリック♪

にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ
にほんブログ村

ついでにこちらもお願いします。
人気ブログランキングへ
[PR]
Commented by viosan at 2011-05-24 19:07 x
姪っ子のののちゃん、おめでとう。洗礼式を終わったののちゃん
可愛いですね。信者の名前を与えるというのは、いいことですね。日本の仏教では、死んでから信者の名前をもらうという変な
習慣が当たり前になってしまいましたよね。しかも階級まである!
Commented by yuyu at 2011-05-24 22:27 x
写真ちょうだい。何だか大変な一日で、気づけば一枚も写真撮ってなかったよ。
Commented by hadleywood at 2011-05-26 09:47
viosanさん♪
ありがとうございます!
そうですね、たしかに名前をもらうタイミングが仏教とキリスト教では違いますね。
生きている間に信者として生きるのか、
生きるという修行の結果、信者(?)になれるのか、
という違いでしょうか。おもしろいですね。
幼児洗礼の場合、それまでに積んできた徳とかそういうものもないので、
階級はつけようがないですね^^。
Commented by hadleywood at 2011-05-26 09:50
yuyu♪
おつかれさま~☆
写真、こんど渡すよ。まぁでもここに載せているものがベストだけどね。
(あとは動いちゃったりドアップすぎたりしていまいちなので)
by hadleywood | 2011-05-23 23:35 | 日常 | Comments(4)

海外暮らし10年、訪れた国30ヶ国、紆余曲折を経て、語学学校(WLA)の経営と外資系企業の法務部勤務をこなす日々☆旅行、美味しいもの、日々のいろいろ、ラテン音楽・サルサなどなど☆


by hadleywood