ナンパおじさん事件@渋谷マークシティ

都会の真ん中を歩いていて、声をかけられることは誰でもあります。
かけるほうもかけられるほうも、老若男女を問いません。

居酒屋さんの呼び込みとか、
カラオケどうですか?とか、
アンケートお願いしてるんですが、とか
最近あまり見ないけれど「あなたの健康と幸せをお祈りします」とか。

たいてい「いえ、大丈夫です」と曖昧な返事をして立ち去るか、
「すみません、急いでいるので」と断るか、
何も言わずに無視してしまうか。
そして、そんなふうに声をかけられたこと自体、10秒後には忘れています。

それが先日、妙に記憶に残ってしまったおじさんがいました。

世の中的にはお兄さんというより確実におじさんだけど、
本人的にはまだお兄さんだと思っているくらいの、
もしかしたら私とそう年の変わらない、サラリーマン風の人です。
「待ち合わせですか?」
「友達ですか?男性ですか、女性ですか。彼氏ですか?」
「お茶でもする時間なんてありませんよね?」
「きれいな人だなと思って。あ、でも僕なんかいたら迷惑ですね」
「彼氏が来たら何だあいつって思いますよね、いなくなったほうがいいですね」
…etc.

渋谷のマークシティ内の人通りの多い場所で、
すぐ隣りにいた女の子のグループも聞き耳を立てていて、
私はなにしろ一人だし、「へんなおじさんに声をかけられて困っている人」
というポジションが非常に不快で、
結局、待ち合わせはいったん断念してその場を離れたのですが、
(携帯のある時代でよかったです^^)
「すみません、もう行かないといけないので」とかなんとか、
言い訳をして立ち去ったような気がします。

あとから思えばなんでそんな説明をしなきゃいけなかったのか、
そしてそもそも、なんで私のほうがそこを去らなきゃいけなかったのか、
どうして追い払うことができなかったのか、悔やまれます。
「きもいからあっち行ってよ!」とはっきり言わないところが、
日本人女性が世界中で人気がある(もしくはなめらてれいる)原因かと、
自分の行動を省みて、改めて思いました。

次に声をかけられたら、ぜったい追い払ってやる!
と決意したところで、「次」なんてないに越したことはないんですが。

春はへんな人が多いって言いますからね。
この話をしたら、母は「気をつけなさいよ~、こわいんだから」と、
父は「それはまた、顔をよく見なかったんだねぇ」と、
それぞれ予想通りの反応をしてくれました。

読んでくださってありがとうございます。
また更新してね!と応援してくださる方はこちらをクリック♪

にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ
にほんブログ村

ついでにこちらもお願いします。
人気ブログランキングへ
[PR]
Commented by カピバラ at 2011-05-10 11:27 x
ダディ・・・(ノД`)・゜・。
あなたの顔にも半分似ているんだから…。
Commented by brisa_del_mar at 2011-05-10 12:32
お父さん、自分の娘に向かって、ひどい…(笑)

「待ち合わせですか?」と聞かれたら、
「えぇ。両親と。」とにこやかに言ったら、
1秒で退散してくれそうじゃない?(笑)
でも、そういう時って、とっさに思いつかなくて
本当にあとで悔しい思いするんだよね~。
(って私はここ何年もそんな声掛けられたことないけどT-T)
Commented by hadleywood at 2011-05-10 16:33
カピバラさん♪
うん、まぁね。義弟とののちゃんほどじゃないけどね。
「うちの可愛い娘が危ない目にあったらどうしよう!」
というタイプのパパじゃないのよ、昔から。
Commented by hadleywood at 2011-05-10 16:33
aquaさん♪
両親ね!それは思いつかなかったわ。
でも10代女子じゃあるまいし、親が登場して何か効果はあるのだろうか?

なるべくコミュニケーションをとりたくないけど、ただ黙っているのも悔しい、
というむずかしい状況だよね。
もっと頭の回転がよかったらいいのに。
Commented by 楽天二三男 at 2011-05-13 00:41 x
失礼ですが、貴方はおいくつですか?。

って、聞けば良かった。のに・・・
Commented by hadleywood at 2011-05-13 13:23
楽天二三男さん
いえ、年齢を聞いて引き下がるようなタイプじゃないと思います。
自分に興味をもってる、と思われてしまいます。
何歳にみえますか、とか聞かれてもいやだし。

むずかしいですね。
by hadleywood | 2011-05-08 23:40 | 日常 | Comments(6)

海外暮らし10年、訪れた国30ヶ国、紆余曲折を経て、語学学校(WLA)の経営と外資系企業の法務部勤務をこなす日々☆旅行、美味しいもの、日々のいろいろ、ラテン音楽・サルサなどなど☆


by hadleywood