サーファーの聖地、ノースショア

急に寒くなって、それなのに台風が来るとかいって、
なんだか不思議な天気ですね。
ハロウィーンの頃ってこんなに寒かったっけ?
暖房なんか入れてたかなぁ?

そういえば今月初めにはまだハワイにいたんです。
つまり、数週間前まで真夏だったのに、秋がほとんどなくて、もう冬。
ここまで急展開しなくてもいいんじゃないか、と思うわけです。

早くも太陽が恋しい気持ちを、こんな写真で癒しています。
e0190984_21401334.jpg

9月末のハワイ、ノースショアのサンセットビーチ。
夏の間は穏やかですが、冬場は世界有数の波が立ちます。
世界中からサーファーが集まる、大規模な大会が開かれたりして、
よく映像で見る人間の身長の何倍もある巨大な波、あれはこの辺りです。

まだ泳げるかと思って行ったのですが、遊泳禁止の赤い旗が立っていました。
観光客も泳ぎに来たというより波を見に来たという感じです。
e0190984_2204147.jpg

写真ではいまいち伝わりにくいのですが、
ちょっと生で見るのは初めて、というくらい迫力のある波なんです。
これがこれから冬に向けてどんどんパワーアップしていくのでしょう。
e0190984_21413751.jpg

遊泳は禁止でも、サーファーはいます。
ワイキキのゆるい波専門の私たちは、もちろんここでは見物のみ。
(というかサーフボードを持ってないし。いつもレンタルなので^^)
e0190984_21432734.jpg

↑ 白い波の前にサーファーがいるの、わかりますか?
サーファーが波間に消えると、どきっとします。
こんなところにチャレンジするのは慣れた人たちばかりなんでしょうけど、
波に飲まれてぐるんぐるんと洗濯機に入れられたみたいになるのは、
プロも素人も同じなんじゃないかと思うんです。
(それともプロは何か、あの洗濯機状態にならない技を持っているのかな?)

ところで、ここで波を見物しながらくつろいでいたら、
日本人の女子2人組が到着して「わ~、きれい!」と海の色を称え、
(確かにきれいはきれいだけど、それより「すごい波!」だと思うんだけど)
驚いたことに、そのうちの1人がシュノーケルのセットを装着して、
海に向かって勇ましく歩き出したのです。

「うわ、あいつ何しようとっ?」と相方は大爆笑。
えっ、教えてあげたほうがいいんじゃない、
ここじゃあシュノーケルどころか、まともに泳ぐのだって無理だよ、
ていうかこの波を見てなぜ気づかないかなぁ、と私もおろおろしていると、
ピピーッと笛が鳴って、監視員のお兄さんが彼女のもとに走っていき、
遊泳禁止だということを大きな身振り手振りで伝えていました。
英語が通じないのか、どうしてもシュノーケルをしたかったのか、
彼女もしばらく粘っていましたが、やがてあきらめて戻っていきました。
なんというか、危険に気づかないってこわいですね^^。

さて、サンセットビーチというくらいですから、夕陽が最高にきれいです。
e0190984_2243899.jpg

だんだんシルエットが濃くなっていって、
e0190984_22171661.jpg

最後の力を振り絞って、茜色の光が消えていきます。
e0190984_2218725.jpg

海って、1日のうちでいろんな顔があって、いいですね。見ていて飽きません。
このあとは満点の星空でした。

読んでくださってありがとうございます。
また更新してね!と応援してくださる方はこちらをクリック♪

にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ
にほんブログ村

ついでにこちらもお願いします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by hadleywood | 2010-10-29 22:27 | ハワイ | Comments(0)

海外暮らし10年、訪れた国30ヶ国、紆余曲折を経て、語学学校(WLA)の経営と外資系企業の法務部勤務をこなす日々☆旅行、美味しいもの、日々のいろいろ、ラテン音楽・サルサなどなど☆


by hadleywood