週末はノースショアでフリフリチキン

前にも一度ご紹介していますが、
ハワイ、オアフ島のノースショア(ワイキキと反対側の北岸)に行ったら、
名物フリフリチキンを食べることにしています。
ハレイワの町に入ってショッピングモールを抜け、スーパーの駐車場の隣り、
もくもくとけむりを上げているのですぐわかります。
週末しかやっていないらしいので、今回は日曜日に行ってきました。

「フリフリ」とは、ハワイ語で「くるくる」という意味だそうです。
3メートルくらいの長い串にチキンを丸ごといくつも刺したものが、
巨大バーベキューといった感じの炭火の上で、8本くらい回っています。

ホールチキンが9ドル、ハーフが6ドル。
と聞けばホールのほうがお得な気がするじゃないですか。
私はハーフでいいよ、と言っていたのに、
ほんとにハーフでいいの?と聞かれ、うーん、やっぱりホールにする、と。
これが大きな間違いで、空腹と、中まで味の染みこんだ美味しさと、あと気合い、
それらを総動員してもハーフが限界でした。

だってよく考えたらニワトリ丸ごと1羽なんです。
クリスマスチキンをひとりで食べるようなものです。

それよりチキンをハーフにして、ライスをつけてもらったほうがよかったです。
付け合せの野菜も炭水化物もなく、ただひたすら肉だけをいただくのって、
日本人的にはちょっとつらいものがあります。
自分の分のホールと、私の残した半分を完食してくれた相方は、
そういう意味では日本人じゃないのかもしれません。
ていうかチキンを丸ごと1.5個って…。

ハワイはアメリカ本土に比べてお料理のバリエーションが豊富で、
日本人の口に合うものも多いですが、そこはやっぱりアメリカ。
一皿の量が多いことはわかっているのに、なぜか毎回びっくりしています。
そろそろ学んでもいい頃なんですが。

ビーチでくつろぐ白人のおじさんたちの、中に双子でも入っていそうなお腹を見て、
あぁ、私たちはこの先、アメリカには住んではいけない、
私は自分のだんながあんなお腹をして、ハンバーガーやフライドポテトを食べて、
ごろごろ寝そべってテレビを見ていたらちょっといやだ、と思ってしまいました。

そんなおじさんのひとりに、ホノルルクッキーカンパニーというお店で、
クッキーの試食をしようとしていたら、声をかけられました。
「これをあんまり食べるとお腹がこうなるからね(自分のお腹を指して)」
すかさず相方が、
「もうなってますけどね」
と答えると、うれしそうに笑って去っていきました。
あぁ、やっぱり若干仲間と思われているんじゃないか。
明日からまたちゃんと走らなければ、と心に誓った週末でした。

読んでくださってありがとうございます。
また更新してね!と応援してくださる方はこちらをクリック♪

にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ
にほんブログ村

ついでにこちらもお願いします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by hadleywood | 2010-09-28 18:17 | ハワイ | Comments(0)

海外暮らし10年、訪れた国30ヶ国、紆余曲折を経て、語学学校(WLA)の経営と外資系企業の法務部勤務をこなす日々☆旅行、美味しいもの、日々のいろいろ、ラテン音楽・サルサなどなど☆


by hadleywood