ひとりサマータイム@日本

同僚ちゃんが、「ひとりサマータイム」を始めたそうです。
家の時計を1時間進めて、たとえば午後7時に帰宅したら、もう8時。
日本時間(って言い方が面白い^^)ではまだ午後11時だけど、
彼女時間ではもう12時だから、「そろそろ寝よう」となり、
日本時間ではまだ午前6時だけど、彼女時間ではもう7時だから、
「わっ、起きなくちゃ」となる。
そうすると早寝早起きができて、体調も良いし、遅刻もしない、と。

ちょっと前まで「朝5時半起き」にトライしていた彼女ですが、
本には日光を浴びると体が目覚める、って書いてあるものの、
日の光だけじゃ起きられない!
というわけで、時計の力を借りることにしたそうです。

時計の力は思いのほか偉大で、
日本時間では実はまだ1時間前だってこと、
頭ではわかっていても、体がだまされてくれるらしいです。

ヨーロッパのサマータイムも時計の力を借りているわけです。
ある日突然(たいてい日曜日の夜中)、はい、今から1時間ずれます、と言われ、
その朝は1時間早起きする感覚で、でもその日のうちに慣れるんです。
夕方になって、「今は6時だけど、昨日までは5時だったのになぁ」なんて
あまり思いません。街全体が一緒にずれるから、違和感がないのです。

対して、自分ひとりだけのサマータイム。
テレビ番組が全部1時間ずれてるって、へんな感じだろうなぁ、と。
でも、なんとなく体には良さそうだし、ちょっと興味ありです。

読んでくださってありがとうございます。
また更新してね!と応援してくださる方はこちらをクリック♪

にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ
にほんブログ村

ついでにこちらもお願いします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by hadleywood | 2010-08-18 15:58 | 日常 | Comments(0)

海外暮らし10年、訪れた国30ヶ国、紆余曲折を経て、語学学校(WLA)の経営と外資系企業の法務部勤務をこなす日々☆旅行、美味しいもの、日々のいろいろ、ラテン音楽・サルサなどなど☆


by hadleywood