いのち尊し

珍しく、祖母(93歳)のお見舞いに行ってきました。
去年まで実家の隣りで一人暮らしをしていましたが、
今は実家から歩いてすぐのところにあるホームに暮らしています。

最近のこと(何曜日に誰がお見舞いに来たか、とか)はすぐ忘れてしまうけど、
昔のことはよく覚えています。
長男(私の父)を生んだとき、目が大きくてそれはそれは可愛らしい子で、
みんなにほめられた、そこら辺のアメリカ人(←東京です。時代を感じますね)に、
ヒューヒューって口笛を吹かれた、とかいう話をします。

最近のことでも大事件、たとえば妹の出産についてはちゃんと記憶しています。
部屋のベッドの脇には、ひ孫の「ののちゃん」の写真。
「Yちゃん(妹)もママになって。大変でしょう」
と言ったかと思うと、
「あなたはどうなっているの。いつまでも理想ばかり追い求めないで、
適当なところで手を打ちなさい。ひとりで年を取ったら孤独ですよ」
とか言ってくるので油断できません^^;

祖母には私と妹と、もうひとり従妹と、3人しか孫がいないのですが、
私も従妹も独身なので、ののちゃんは初めてのひ孫なんです。
「大丈夫、Aちゃん(従妹)より先に結婚しますから」
と断言しておきました。

こんなとき、もうひとりの祖母が生きていたら、どんな感じだったのかなと
思ったりします。母方の祖母です。9年前、77歳で亡くなりました。
母方のほうは私と妹だけが孫なので、やっぱりののちゃんは「初ひ孫」。
元気だったら飛んできて、いろいろ世話を焼いたり、
得意の手芸でベビー服や小物を作ってくれたりしたんだろうな、と。
そしてやっぱり私のことを心配して、いつ結婚するんだと聞くわけです。
両方の祖母にとって、私は「初孫」ですしね。

父方の祖母は、今のところ、母方の祖母より16年も長く生きていて、
まだまだ当分の間は元気そうです。100歳まで余裕で突っ走る勢いです。
他方、今年に入ってから同級生のお母上が2人亡くなりました。
まだ60代、これから、というときに。

人の命ってわからないものだなと思います。
こればっかりは、自分で決めているのではない、決められているのだ、と
人生の始まりも終わりも、自分の意志では決められないんだ、と思います。

9年前、祖母が亡くなって3ヵ月後、その後を追うようにして亡くなった祖父は、
こんな短歌を作っていました。

「うつせみの命尊し天地(あめつち)に生きとし生ける命尊し」

幼い頃に母親を亡くし、仲良しだった弟を戦争で亡くした祖父の
今、生きている命を大切に思う気持ちが現れている歌です。

平凡な毎日に感謝して、与えられた命を丁寧に生きたい、改めてそう思います。

読んでくださってありがとうございます。
また更新してね!と応援してくださる方はこちらをクリック♪

にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ
にほんブログ村

ついでにこちらもお願いします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by hadleywood | 2010-05-15 03:33 | 日常 | Comments(0)

海外暮らし10年、訪れた国30ヶ国、紆余曲折を経て、語学学校(WLA)の経営と外資系企業の法務部勤務をこなす日々☆旅行、美味しいもの、日々のいろいろ、ラテン音楽・サルサなどなど☆


by hadleywood