本日の「ののちゃん」と一卵性双子ちゃんの話

夏に双子ちゃんを生む予定の友達がいます。
双子は双子でも、ちょっと珍しい一卵性。
女の子だそうです。
初産で、いきなり2児のママ。
ていうか去年の今頃はまだ結婚すらしてなかったのに!
(あ、入籍の日にちまでは知らないけど、結婚式は9月でした)
事態の急展開についていけません^^;

去年の今頃といえば、まだうちの妹の妊娠も発覚していませんでした。
それが今や、世界の(じゃなくて、うちの実家の)中心に姪っ子のどか。
ちっちゃいけど、それはそれは大きな存在として君臨しているのです。
時は流れているんですね~。
e0190984_17382671.jpg

写真は今日の「ののちゃん」。
妹と自由が丘で待ち合わせたら、一緒に来ていたので驚きました。
ののちゃん、電車デビューの日から2週間と少し。
もうすっかりお出かけに慣れたみたいで、起きているのに平然としています。
自由が丘は子連れで歩くのにいい街ですね。
e0190984_17444472.jpg

インテリアショップの地下1階、明るくて天井の高いカフェでランチをしました。
店内は広々としていて、ベビーカーをそのままテーブルの横につけられます。
e0190984_17483296.jpg

1,200円でメイン、サラダ、ケーキ、飲み物がつきます。
私はラザニア、妹はキッシュを注文しました。

その後、双子ちゃん妊婦の入院先へお見舞いに行ってきました。
一卵性の双子ちゃんは均等に成長するのが難しいらしく、
管理入院という、ただじっと安静にしているための入院を1ヶ月ほどして、
お腹の中の双子ちゃんを育てるのだそうです。

今、7ヶ月ですが、お腹の大きさは普通の妊婦の8ヶ月くらい、とのこと。
それでも、顔を見ている限り、今までと何の変化もなく、
ほんとに2人もお腹に入れてるの??という感じでした。

かれこれ10年来、飽きることなく続けている相変わらずの話題で盛り上がり^^;
プッチーニ「誰も寝てはならぬ」@発表会がいかに面白かったかを伝え、
私のちょっとうれしかったことの話もして、
ふと考えてみると、こっちは1人、むこうは3人、
つまりそこには4つの生命体がいたということです。不思議な感じですね~^^。

35歳、子供が欲しいなら早くしたほうがいい、という毎度の指摘と、
(理由は不妊、障害児の確率、自分の体力、親の体力・・・などなど)
2人目を考えたらさらに年齢が上がるから、
なんなら双子にしたら?一緒に双子育てようよ、という無茶苦茶な勧誘を受け、
2時間ほどしゃべって帰ってきました。

双子ちゃんがしっかり成長して元気に生まれてくることをお祈りしてます☆

読んでくださってありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。
応援クリックよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ
にほんブログ村

こちらもお願いします。
人気ブログランキングへ
[PR]
Commented by つじ at 2010-04-10 11:58 x
昨日はありがとう!
付き合って二年、入籍して一年で二児の母になるとは人生何が起こるか解らないよね。
双子妊娠が発覚した時は衝撃だったけど周りや病院に自然妊娠で双子なんて選ばれしだよ!て励まされ?色々な意味で結果的に良かったと思ってます。
自分の妊娠期間は意外と長いよ…暇だからかな…
でも新しい世界が広がり忘れていた何かに気が付いたりと貴重な体験です。
女性しか経験できないしね!自分の体を労ったり、周りに労ってもらうこともめったにないし、あと少し世捨て人生活頑張ります。
私の妊婦記憶が薄れないうちに妊婦になってね!宜しく!
Commented by hadleywood at 2010-04-11 21:21
つじ♪
こちらこそ、おじゃましました。楽しかったよ!
ほんとすべてがスピーディーだよね。私とは大違い^^。
サラリーマン感覚はしばらく忘れて、ゆっくりしたらいいと思うよー。
また遊びにいくね。がんばってごろごろしてね。
by hadleywood | 2010-04-09 18:35 | 日常 | Comments(2)

海外暮らし10年、訪れた国30ヶ国、紆余曲折を経て、語学学校(WLA)の経営と外資系企業の法務部勤務をこなす日々☆旅行、美味しいもの、日々のいろいろ、ラテン音楽・サルサなどなど☆


by hadleywood