初対面で若く見られるということ

春は出会いの季節ですね。
e0190984_10302369.jpg

この週末も、大学近辺は新歓シーズン真っ只中かと思われます。
(毎年あまりにもすごい人ごみなので、今年はまだ近付いていない…)
ロースクールに入学した5年前、
そういえば世の中には新歓というイベントがあった、ということを
何年ぶりかに思い出したのを記憶しています。
私の卒業した大学とは、新入生の数もサークルの数もケタが違う、
交通整理のおまわりさんまで出動する、大がかりなイベントです。
夜は高田馬場のビックボックス前に大集合。
近隣の安い居酒屋さんはどこもいっぱいになります。

「新入生の方ですか?」
とチラシを配られた、といって喜ぶ新入生ではない人、というのも、
この時期の風物詩のように思います。
新入生=18歳、に見られちゃった、ということです。
私が大学2年生のときも、3年生、4年生のときも、
そうやってよく騒いでいました。
今思えば、大学2年生なんてほとんど違わないのに、
「若く見られた」って・・・^^;と思いますが。

初対面で若く見られる、というのは
老けて見られるよりはいいです、もちろん。
でも最近は、それも程度の問題だなぁと思ったりします。

たとえば、美容院で、
「この近くに住んでるんですか?」と聞かれ、
「はい、歩いて10分くらいです」
「一人暮らしですか?」
「まぁ、そんなようなものです」
「自炊とかしてます?」
「してますよ」
「えらいっすね、家賃は自分で払ってるんですか?」
「・・・はい、払ってますよ」
一応、社会人になって10年以上経つんですけど・・・。
これは、若く見られたとかそういう話以前の問題だと思うのです。

一昨年、ハワイに行ったとき、
クラブに入るのに年齢を証明するものを忘れ、入り口のガードマンに、
「1975年生まれ、33歳なんだけど」と言ったら、
「悪いけど、信じられると思う?きみ、16歳に見えるよ」と。
まぁ、万が一、未成年だったときに店としては面倒、というのがあるんでしょうが、
いくらなんでもそれはちょっと失礼じゃない?

年相応の落ち着きと、色気と、知性を備えたいものです。
20代に見せたいアラフォーではなく、
40代ならではの味のあるアラフォーを目指して。

読んでくださってありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。
応援クリックよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ
にほんブログ村

こちらもお願いします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by hadleywood | 2010-04-03 11:44 | 日常 | Comments(0)

海外暮らし10年、訪れた国30ヶ国、紆余曲折を経て、語学学校(WLA)の経営と外資系企業の法務部勤務をこなす日々☆旅行、美味しいもの、日々のいろいろ、ラテン音楽・サルサなどなど☆


by hadleywood