おしゃれなカフェの年齢制限

妹と、表参道のカフェ クレープリー ル ブルターニュでランチをしました。
e0190984_2223174.jpg

そば粉クレープ「ガレット」のお店です。
ガレットとシードル(りんごの発泡酒)といえば、北フランスの名物ですが、
店員さん同士がフランス語でしゃべっているのでちょっとびっくり。
明らかに日本人ではない外見の店員さんに、
「なんとかかんとか(←フランス語)、マドモワゼール」
とサーブされて、若干固まりました。
ここでは「メルシー」が正解?でもとっさに出てこなかった^^;
e0190984_2214575.jpg

サラダといろいろ選べるガレットと、デザートのクレープと飲み物がついて、
ランチセット1,680円はけっこうお得だし、どれも美味しかったです♪

夕方、目白にある美容院に行って、カラーをしました。
いつもカットをしてくれる担当の人は決まっているんですが、
カラーはその人が色の指示だけして、あとは見習いっぽい人たちが作業します。

髪にカラーリング剤を塗りながら、新人美容師くんが聞いてきます。
「今日はお休みですか?どこか行ってたんですか?」
(毎回思うけど、彼らは本当にそんなことに興味があるのだろうか)
「表参道でガレット、あの、甘くないクレープね、あれ食べてきました」と答えると、
「あ~!すぐそこにできたお店みたいな、あんな感じの?」とノリノリの反応。
そういえば、目白の駅前にも少し前にガレットのお店ができたんです。

「そうそう、あれと一緒です。あのお店、美味しいんですか?」と私。
「いや、入ったことないんですよー、まだ」と美容師。
「Kさん(私のカット担当者)がね、おまえにはまだ早いって言うから」
「・・・え、クレープ屋に早いとか遅いとかあるんですか」
「あるらしいですよ。なんか、あの店おしゃれな感じするじゃないですか」
まぁ、確かにちょっとフレンチ風の、可愛らしい雰囲気ではあるんですが。

「おしゃれな感じのお店にはいつになったら行けるんですか?」と私。
「う~ん、やっぱり、ニーハチくらいじゃないすか」
「ニーハチ?」
「はい、28」
「・・・28歳ってそんな境目になるんですか」
「そうらしいです。(もうひとりの美容師くんに向かって)Kさんって何歳だっけ」
「29じゃない?あ、もう30かな」

はあ^^;
みなさん、若いんですね。
新人くんの年を聞こうかと思ったけど、聞き返されても困るのでやめました。
Kさんはもうちょっと上だと思ってたけどなぁ。

「表参道よく行くんですか。買い物ですか?」
「ええ、買い物とか、あとはごはん食べたりカフェに行ったり」
「カフェとかいっぱいありそうですね。でもカフェって女の人多くないですか」
「男性もいますよ」
「男でひとりでカフェってどうなんですか。何してるんですかね」
「何って、コーヒー飲んだりしてるんじゃないですか」
「コーヒー飲んだら一瞬で飲んですぐ出て来ちゃうと思うんですよ、自分は。
ずっと座ってる人って何してるんだろうって」
「本読んだり、パソコンやったりしてるんじゃないですか」
「あ~~」と、ここで美容師ふたりとも妙に納得したように頷いて、
「ITの人はいいですよね」
・・・いや、ITの人じゃなくても、美容師さんでもメールくらいするでしょう。

「自分の行きつけのカフェがあったらかっこいいですよね」
美容師その1が言って、美容師その2が、うんうんと頷きます。
「いつもの、とか言って注文したいんですよ」
「・・・」
「でも、ずっと『コーヒー』って頼んでて、いつから『いつもの』に変えたら
いいんですかね。急に変えたら、なんかへんじゃないですか」
「・・・コーヒーはコーヒーでいいんじゃないですか?
何か、特別なメニューを毎回作ってもらってる、とかじゃなければ」
「あ~、裏メニューですね!いいですね、そういうの」
う~ん、ドラマや漫画ではよく見るけど、実際にやってる人っているんでしょうか。

「カフェってやっぱりおしゃれな人じゃないと長く居れないですよね」
「そんなことないですよ、カフェにもいろいろあるけど・・・」
「やっぱ自分はマックがいちばん落ち着くんですよ」

マックが落ち着く・・・。

やっぱりこの人には目白駅前のガレット屋は「まだ早い」のかも。

なんだか高校生としゃべったみたいな、
元気をもらったんだか吸い取られたんだかわからないひとときでした。

読んでくださってありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。
応援クリックよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ
にほんブログ村

こちらもお願いします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by hadleywood | 2010-03-27 00:32 | 日常 | Comments(0)

海外暮らし10年、訪れた国30ヶ国、紆余曲折を経て、語学学校(WLA)の経営と外資系企業の法務部勤務をこなす日々☆旅行、美味しいもの、日々のいろいろ、ラテン音楽・サルサなどなど☆


by hadleywood