プロテスタント教会のお葬式

昨日はカトリックの話をしましたが、
今日は、昔の職場でお世話になった方の葬儀で、
プロテスタントの教会に行ってきました。

身内以外でキリスト教式のお葬式に出るのは初めてで、
まず御香典をどうしたものか悩みました。
キリスト教式では「御花代」とか「献花料」とか言うらしいですが、
近所のコンビニで探したら「御霊前」と「御仏前」の封筒しかなくて、
御霊前のほうに「どの宗教にも使えます」と書いてあったので、それにしました。

でもあとで調べたら、浄土真宗では臨終と同時に成仏すると考え、
成仏する前の「霊」という概念がないので、「御霊前」ではいけないそうです。
「冥福を祈る」という言葉も、「成仏して幸せになってください」という意味で、
成仏できない可能性があることを前提にしているので、
浄土真宗では使ってはいけないそうです。

で、それと似たようなことが、今日の教会で配られた式次第にも書いてあり。
「キリスト教の葬儀は、
・・・故人の霊を慰めたり冥福を祈ることが目的ではありません。
その霊は今、既に天国でキリストとともにあり、
・・・もはや供養される必要はありません」

あらら?やっぱり「御霊前」ではいけなかったのかな?

イメージとしては、浄土真宗以外の仏教では、
亡くなった後、あちらの世界に行くまでの、中間の場所があって、
その中間の場所にいる「霊」を慰めたり、成仏を願ったりするのが、
お葬式の主な目的だということですね。

お祝い事とは違って、悲しみの席は少ないに越したことはありませんが、
めったに参列しないだけに、前回のことは忘れているし、
冠婚葬祭のマナーについて書かれたものもいろいろありすぎて、
何か非常識なことをしてしまわないか不安になります^^;

ところで、日本のプロテスタントの教会で牧師さんのお話を聞いたのは、
もしかしたら今日が初めてかもしれません。
カトリックでは神父、プロテスタントでは牧師、
カトリックではお御堂、プロテスタントでは礼拝堂、
カトリックでは聖歌、プロテスタントでは賛美歌、
呼び方が違うだけじゃなくて、内容もだいぶ違います。

カトリックでは宣教師という役職の人を見ません。
(見かけないだけで、そういう仕事をしてる人はいるのかも?)
あと、亡くなった人を呼ぶときはミドルネームに洗礼名を入れますが、
今日の教会では本名に「兄弟」をつけていたのも新鮮でした。

ご冥福をお祈りします、とうっかり言ってしまいそうですが。
ご遺族のみなさんが悲しみを乗り超えて早く元気になられることを
お祈りしています。

読んでくださってありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。
応援クリックよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ
にほんブログ村

こちらもお願いします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by hadleywood | 2010-03-26 02:22 | 日常 | Comments(0)

海外暮らし10年、訪れた国30ヶ国、紆余曲折を経て、語学学校(WLA)の経営と外資系企業の法務部勤務をこなす日々☆旅行、美味しいもの、日々のいろいろ、ラテン音楽・サルサなどなど☆


by hadleywood