ののちゃん、電車デビューの日

この週末は実家の隣りの妹の家に泊まりに来ています。
義弟が出張で、両親も連休で旅行に行くため、
妹と姪っ子のどか(ののちゃん)が二人きりになってしまうので、
何かと人手もいるだろう、ということで来ています。

赤ちゃんの世話なんて何ひとつわからなくても、
とにかく誰でもいいからもう一人、人の手が必要、ということがあるのです。

たとえば、お風呂。
ののちゃんはもう赤ちゃん用のお風呂を卒業して、
ふつうのお風呂に入っています。
でも、もちろんひとりじゃ入れないので、
まず、パパかママが抱っこして一緒に湯船につかります。
で、お風呂に入っていない方のどちらかが、外で待機していて、
いい感じにポカポカになったののちゃんを受け取り、
お部屋に運んで、タオルでよく拭いて、服を着せます。
この連携プレーが意外と大変なのです。

今日なんか、宅配ピザを注文していたんですが、
ののちゃんは、お風呂から出てきた時点でやや不機嫌。
紙オムツをつけて、服を着せようとしたところで、
ピンポーン!
「ピッツァ・サルバトーレでーす!」
は~い、と出て行こうとすると、ののちゃんがぐずって暴れ出し、
とりあえず服は全部着せておこう、と思ってあたふたしていると、
再度、ピンポーン!
お風呂から飛び出してきた妹がインターホンに出て、
「今、行きまーす!ちょっと待っててください!」
バトンタッチで私がお財布をもって玄関の外の門まで走り、
無事にピザはゲットしたのですが、なんともあわただしく。

こうして書いてみると、なんてことはないのです。
ただ、どうにもあわただしく、落ち着くひまがない。
ひとりで二人も三人も面倒見ている人はほんとにすごいと思う。
神業としか言いようがないです。

ちなみに今日はののちゃんの電車デビューの日でした。
ベビーカーを押して駅まで歩く間にすっかり熟睡してしまい、
電車に乗ったことも全然気づいていないようでしたが^^;
とにかく初めて電車に乗って、自由が丘まで行ってきました。

ぷらぷら歩いて春物の服を見て、100円ショップや無印良品に寄って、
食べにくいけど美味しい「佐世保バーガー」のハンバーガーを食べて。
風が強かったけど、いいお天気で暖かくて、ののちゃんもひたすら静かで、
デビュー戦としてはなかなか好調だったようです。

帰りは最寄り駅からタクシーに乗ったんですが、
これだって、ひとりじゃなかなか難しいと思うんですよね。
荷物と、ベビーカーと、赤ちゃんと、自分自身。
どれをどういう順番で車に乗せて、どういう順番で降ろすのか。
なんてことはないようで、妙に頭を使います。
子育てって、こういう些細な知恵の積み重ねなんだろうなぁ、としみじみ。

ののちゃんは、だんだんいろんな表情をするようになって面白いです。
何やらひとしきりしゃべって、満足げに笑ったりします。
自分で言って自分でウケてる。
え、今なんて言ったの?もう1回言ってよ、というと
いきなり寝たふりをしたりします。
どんなキャラクターの子になるのか楽しみです^^。

読んでくださってありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。
応援クリックよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ
にほんブログ村

こちらもお願いします。
人気ブログランキングへ
[PR]
Commented by amuro at 2010-03-22 22:07 x
妹さんとのお風呂の連携プレー、微笑ましい光景が想像できます♪
我が家では、長女と私で末っ子を入れてますよ。
長女は、長女として産まれるのではなく、長女として育っていくのですね(笑)
Commented by hadleywood at 2010-03-22 23:11
amuroさん♪
すごい、お姉ちゃんがお母さんの助手みたいな感じだね!
「長女として育つ」って名言ですね~。
私は妹と年が近いから、助手どころか足を引っ張るほうだったと思うけど^^;
by hadleywood | 2010-03-20 21:25 | 日常 | Comments(2)

海外暮らし10年、訪れた国30ヶ国、紆余曲折を経て、語学学校(WLA)の経営と外資系企業の法務部勤務をこなす日々☆旅行、美味しいもの、日々のいろいろ、ラテン音楽・サルサなどなど☆


by hadleywood