春のフィレンツェで偶然友達に会う

ポンテ・ヴェッキオを渡ってすぐのところに、ヴェッキオ宮殿があります。
e0190984_1101026.jpg

その隣りにあるのが、ルネサンス絵画で有名なウフィッツィ美術館。
ボッティチェリの「春」とか「ヴィーナスの誕生」とか、
ダヴィンチの「受胎告知」とか、ミケランジェロの「聖家族」とか、
とにかく誰もがどこかで目にしたことのある、有名どころがいっぱい。
どの季節に行っても常に混んでいて、入場券を予約していく必要があります。
オンラインで、または直接電話して予約することもできるみたいですが、
泊まっているホテルの人にお願いすると予約してくれます。

ウフィッツィ美術館の屋上にはカフェがあって、
歩き疲れた私たちはそこでちょっと一休み。
お天気が良いので、テラス席の空いているテーブルを探していたら、
どこかで見たことのある日本人が…。
「あれっ、何やってんの、こんなところで」
ロースクールのクラスメートがご家族と一緒にお茶をしていて。
東京ではご近所さん。
それでも道で偶然会うことなんてほとんどないのに、
なぜ、遠く離れたフィレンツェで?^^

こちらはヴェッキオ広場のカフェ(←お茶ばっかしてる)。
e0190984_1103081.jpg

このブログの紹介のところに使っている写真です^^。
ここで、道行く人を眺めながら、ポストカードを書いたりして、
のんびりだらだら過ごしました。
ヨーロッパでは基本、カフェでのんびりする時間が最高です。
e0190984_1153010.jpg

イタリアのバールでは、カウンターとテーブル席とで値段が違うので要注意。
いっぱい歩いた後はテーブル席で休みたいところだけど、
カウンターで立ったまま、バリスタのおじさんと常連客の会話を聞きながら、
美味しいエスプレッソを飲むのもいいです。
ちょっとだけ、地元の人に混じった気分になれます。

読んでくださってありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。
応援クリックよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ
にほんブログ村

こちらもお願いします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by hadleywood | 2010-03-18 11:14 | イタリア | Comments(0)

海外暮らし10年、訪れた国30ヶ国、紆余曲折を経て、語学学校(WLA)の経営と外資系企業の法務部勤務をこなす日々☆旅行、美味しいもの、日々のいろいろ、ラテン音楽・サルサなどなど☆


by hadleywood