ビーフストロガノフとサンクトペテルブルク

昨晩、ウォーキングを兼ねて、高田馬場までごはんを食べに行ったところ、
途中の新目白通り沿いに、Y's mart という24時間営業のスーパーを発見♪
3ヶ月ほど前にオープンしたそうです。

24時間営業のスーパーというのは、あんまり信用していないんですが^^;
ここは品揃えもまぁまぁで、特にお肉が安い、という印象♪
この辺りはスーパーが充実していなくて、下手するとデパ地下並みに高いので、
ちょっと家から遠いけど、ありがたい存在ができました。

で、早速買ってきた牛肉を使って、今日はビーフストロガノフを作りました☆

塩、こしょう、小麦粉をまぶした牛肉と、たまねぎの薄切りとキノコ
(マッシュルームが理想ですが、高かったのでエリンギで代用)をバターで炒めて、
水とスープの素を入れて煮込み、最後に生クリームを入れます。
本当はサワークリームを入れるみたいですが、勝手がよくわからないので^^;

あと、トマトを入れる派と入れない派があって、
フレンチのシェフとロシアンのシェフの対決(?)もあるようです。

もともとはロシア料理です。名前的に、そうです。
私が聞いた説は、ストロガノフさんという伯爵が年を取り、
もう今までのように分厚いステーキは食べられなくなったので、
料理人が、食べやすいように牛肉を細かく刻んで、煮込んで出した、
という説なんですが、ほかにもいろいろな説があるようです。

私の記憶によると、確か、そのストロガノフさんの家は、
ロシアのサンクトペテルブルク(英:St. Petersburg)にあります。
運河沿いの、古い瀟洒な建物です。
e0190984_22564532.jpg

たぶんこの右側のピンクっぽい建物がそうだと思うんですが、
もしかしたら、こっちかも。
e0190984_22572586.jpg

どなたかわかる方、教えてください。
こうやって、「何だったっけ」という写真ばかりが増えていきます。
建物や、小さい田舎町の名前は、ガイドブックを見返さないと思い出せません。

一緒に行った友達に聞く、という手もありますが、
私が2003年の秋にサンクトペテルブルクに一緒に行った友達は、
ひとりは外交官で今どこの国にいるかわからず、
ひとりは大型客船のシェフで、やっぱりどこにいるのかわかりません^^。

ビーフストロガノフを作った、ということでなつかしい友達を思い出しました。
Y's martのおかげですね。

読んでくださってありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。
応援クリックよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ
にほんブログ村

こちらもお願いします。
人気ブログランキングへ
[PR]
Commented by ゆうすけ at 2010-03-10 15:32 x
この前、ピンクのところでビーフストロガノフを食べようとしたら、お店が替わってて、もう食べられなくなってた記憶があるから、そっちがストロガノフさんの家では。
Commented by hadleywood at 2010-03-10 16:43
ゆうすけさん♪
コメントありがとう。
そっか、やっぱり上のほうだよね?なんかそっちのほうが豪華だしね。
今はレストランになっているの?
「ストロガノフさんの家」って観光名所にするんだったら、
ちゃんとビーフストロガノフ食べられるようにしててほしいところだけど、
ロシア人的にはあんまり関心ないのかしら。
by hadleywood | 2010-03-10 00:03 | ロシア | Comments(2)

海外暮らし10年、訪れた国30ヶ国、紆余曲折を経て、語学学校(WLA)の経営と外資系企業の法務部勤務をこなす日々☆旅行、美味しいもの、日々のいろいろ、ラテン音楽・サルサなどなど☆


by hadleywood