それでも大好き、バリ島 ~格安旅行編~

バリ島には、ロースクールの女友達4人で、短くも充実した旅をしたほか、
相方と2人、3週間ほどの長い休暇で訪れたことがあります。
例によって行き当たりばったりの、とてもリーズナブルな旅でした。

最初の3泊くらいを予約していったホテルに泊まり、
なかなか居心地の良い、夜はプールサイドでブッフェとバリの伝統芸能が楽しめる、値段のわりにちゃんとしたホテルだったのですが、
e0190984_14404127.jpg

「海が遠い」(徒歩15分くらい)という理由で、移動することになりました。

そこで私は生まれて初めてバイクに乗ることになります。
もちろん運転は相方ですが、バイクの後部座席に乗って、ふつうに車道を(←あたりまえ)、けっこうなスピードで走るというのは、最初はかなりスリリングなものです。

しかも、私たちが泊まっていたのはクタの繁華街のど真ん中。
たいして広くもない道に、車と大量のバイクがひしめいていて、特にバイクの無秩序さといったらないのです。信号のない交差点では、文字通り四方八方から同時にバイクが来るので、常にごちゃごちゃのうずまきみたいな状態。クラクションと怒声が飛び交い、なんというか、かなり「上級者向き」なのです。

あ、そうそう、ちなみにインドネシアでは国際免許証が使えません。国際免許証でもレンタルバイクは借りられるようですが、本当は違法なんだそうです。
私たちは法律を遵守するタイプなので(というより時間に余裕があったので^^)、
デンパサールの試験場まで行って、現地の免許を取ってきました。

会場に着くと、他の観光客らしき人たち(みんな長期で来ている欧米人)と一緒に部屋に通され、試験問題を渡されます。「この標識はどういう意味か、次のAからCの中から正解を選べ」とかそんなのです。で、問題用紙と一緒に、解答も配られます。
「これ、答えだから。写して」
え?そうなの?というか、何この試験?
問題文の英語はへんてこだし、解答も間違っていたりするのですが、まぁとにかく
全てを記入して係員に渡します。ものの10分とかかりません。それから写真撮影をして、仮の免許証が発行され、「正式のものは後日取りに来てください」と言われて、おしまい。

そんな感じで取得したインドネシアの運転免許。
レンタルバイクは結局、帰国する日までずっと乗り続けたので、ちゃんとした免許を持っていることは安心でした。検問にも何度か出くわしました。

さて、バイクでそのへんをうろうろしながら(もちろんガイドブックにも頼りながら)、
目に留まったホテルに入り、値段を聞いて部屋を見せてもらう、という方法で、落ち着いた先はこちら。
e0190984_15203986.jpg

クタから北上したスミニャックというエリアの海沿いのホテルです。
1泊1部屋45USドルくらいだったと思います。朝食つきです。
e0190984_15225461.jpg

設備はやや古いですが、広くて清潔なお部屋です。
ただし、出入り口の扉の下が大きく開いているので、蚊やらヤモリやらが入り放題。
e0190984_15403727.jpg

ヤモリは蚊を食べてくれるのかと思っていたら、パクっと飛びついて空振りしている現場を目撃しました。なんだ、意外と鈍くさいんだ…とちょっとがっかり。

でも(←?)、すぐ目の前はビーチです。徒歩0分です。
e0190984_15281637.jpg

バリ島の西側のビーチは、高い波の立つサーフィンスポットであると同時に、
夕陽が美しいことでも有名です。

ただひたすらのんびり優雅な休暇を過ごしたいなら東側のヌサドゥア、
(広大なリゾートエリアになっているので、移動は観光客向けのバスかタクシー)
リーズナブルでちょっとした冒険を楽しみたいなら西側のクタ、レギャン、スミニャック、といったところでしょうか。もちろん西側にも高級なお店はあります。滞在日数に余裕があれば、いろいろ選べる西側のほうが面白いかな、と思うのですが、
どうでしょう。
ビーチにこだわらなければ、昨日の記事で触れたウブドもおすすめです。

読んでくださってありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。
応援クリックよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

こちらもお願いします。
人気ブログランキングへ
[PR]
Commented by trutina at 2010-01-29 23:27 x
> ヤモリ…空振りしている現場を目撃しました。
異国の経験の、こういうネタが私は大好き。
猫も鳥も、その国で町で、人に似た生き方をしてますよね。
私、ネパールで『道の真ん中に、犬が落ちてる(本気の昼寝)』の見ました。
ヤモリよ、おまえもか、って感じ。
また書いてください。
Commented by hadleywood at 2010-01-30 11:38
trutinaさん♪
コメントありがとうございます!
そうなんです、その土地で、ヤモリもヤモリなりの人生を生きているんです。
そりゃ失敗することもあるし、もしかしたらそれを私に目撃されて、がーん、ってなってるかもしれません。
「犬が落ちてる」現場って、なんだか素敵。
私たちには「え。・・・え~!?」ってことでも、現地の人にとってはありふれた光景なんでしょうね。
by hadleywood | 2010-01-29 17:07 | バリ島 | Comments(2)

海外暮らし10年、訪れた国30ヶ国、紆余曲折を経て、語学学校(WLA)の経営と外資系企業の法務部勤務をこなす日々☆旅行、美味しいもの、日々のいろいろ、ラテン音楽・サルサなどなど☆


by hadleywood