陣痛始まって、かもめ食堂

早ければ今日にでも、私は「おばさん」になるようです。
「伯母さん」と書きます。
妹に陣痛が始まったようです。

こういう時、当人でも旦那でもない、その他の親族はどうしていたらいいのでしょう。まわりがどんなに慌てても、まったく意味がないし役に立たないのですが、それでもなんとなく落ち着かない。

両親もとりあえず病院に駆けつけたものの、まだしばらく時間がかかると言われて帰ってきたり。
母は意味もなく電話してきては、「まだみたいよー」と言います。
「生まれたよ!」の連絡を待っているこちらとしては、「なんだ~」の連続です。

とりあえず、「かもめ食堂」のDVDでも見ようかな、
と思ったら。

今、「難産で危険なため、急遽、帝王切開になりました」との連絡あり。

ちょっと行って来ます。
すみません、「かもめ食堂」についてはまた後日。
[PR]
by hadleywood | 2010-01-11 23:51 | 日常 | Comments(0)

海外暮らし10年、訪れた国30ヶ国、紆余曲折を経て、語学学校(WLA)の経営と外資系企業の法務部勤務をこなす日々☆旅行、美味しいもの、日々のいろいろ、ラテン音楽・サルサなどなど☆


by hadleywood