イギリスWaitroseの紅茶

先日、目白のピーコックに行ったら、こんなのを見つけました。
e0190984_2242526.jpg

Waitroseは、イギリスでお馴染みのスーパーです。
日本でも、紀伊国屋や明治屋から、ピーコック、とうきゅう、西友、サミットなどなど、
値段も品揃えもさまざまですが、イギリスのスーパーにもいろいろあります。
Waitroseはどちらかというと高級なほう。
それでも、日本くんだりまで手を広げているとは知りませんでした。
大丸グループと提携でもしているのかしら?

「1カップにつき1袋のティーバッグをティーポットに入れ、熱湯を注ぎ3~4分待ち、
温めたティーカップでお召し上がりください」とのことですが、
1カップにつき1袋だなんて、とんでもない!
1袋で3カップはいけます!(←せこい^^;)
でもほんと、1袋が大きいんですよ。カップに入れたら濃すぎてしまうくらい。

イギリスでティーバッグの紅茶を買ったことのある方はご存知でしょうが、
日本の紅茶にあるような手に持つ紙片がついていなくて、
ただ、丸や四角のティーバックが、箱にそのまま入っているんです。
だからピーコックで買ったこの製品には、大きく日本語で「ティーポット用」と。

でも、1カップにつき1袋なら、ティーポット要らなくないですか?
ティーカップにそのまま入れたらいいじゃないですか。
手に持つ紙片がないから、すくいあげることができなくて、
それでどんどん紅茶が濃くなっていってしまうのだとしたら、
それって1カップ用ではない、ということだと思うんですが。

まぁ、そんなどうでもいい理屈は置いておいて^^;。

とにかく、このWaitroseの紅茶、80袋入っていて500円台というお値段。
1袋で3カップ入るとすると、240杯分の紅茶が入れられる計算になります。
これはとてもリーズナブル♪
しかもけっこう美味しいんです。
特にミルクティーにすると、あ、イギリスの味、って思います(^^)。

ブランドものの紅茶の華やかな見た目には負けますが、
普段使いにはすごくいいです。
がんばれ、Waitrose!

読んでくださってありがとうございます。
人気ブログランキングに参加しています。
応援クリックよろしくお願いいたします。

人気ブログランキングへ

こちらもお願いします。
にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by hadleywood | 2009-12-27 22:38 | 美味しいもの | Comments(0)

海外暮らし10年、訪れた国30ヶ国、紆余曲折を経て、語学学校(WLA)の経営と外資系企業の法務部勤務をこなす日々☆旅行、美味しいもの、日々のいろいろ、ラテン音楽・サルサなどなど☆


by hadleywood