パパはイギリス人、ママは日本人

じゃん!
e0190984_2244456.jpg

私の子です♪
と言いたいところですが、残念ながらそうではなく。
以前の記事でご紹介した、妹の友達Mちゃんの赤ちゃん。
パパがイギリス人、ママが日本人のハーフくん(生後6ヶ月)です。

先日、Mちゃんとハーフくんと、Mちゃんのママ(ハーフくんのおばあちゃま)と
親子三代そろってうちの実家に遊びにきてくれました。
Mちゃんの実家は、うちの実家から歩いて10分もかからないところにあります。

ハーフくんは、私たちが大騒ぎで触ったり抱っこしたり写真を撮ったりしている間、
うんともすんとも言わずにおとなしくしていて、
目が合うとにこっと笑ってくれます。これがたまらなく可愛いんです!

唯一、Mちゃんがミルクの用意を始めたときだけ、
「はやくしてよー、まってるんだからー」と催促の声を上げていましたが、
それだって全然うるさくない。静かに主張している感じ(笑)。
パパもママも穏やかな雰囲気だから、きっと優しい性格に育つんだろうなー。

Mちゃんもハーフくんも、クリスマス前にはパパの待つイギリスに帰ってしまいます。
むこうはもう雪が降ったそうです。
ハーフくんの初めてのクリスマスは、ホワイトクリスマスになるのかな?

みんなでいっぱい日本語で話しかけたけど、
もちろん記憶には残らないでしょうね。
それでも、音としての日本語は認識しているのでしょうか。
なんかいってるなー、という感じでしょうか。
パパとママの言葉の違いに気づくのはいつ頃なんでしょう。

赤ちゃんって不思議ですね。
赤ちゃんの時のことを正確に覚えていて、それをきちんと説明できる人がいたら、
きっと科学的にも何か大きな発見があるのでしょうね。

私はわりと昔のことをよく記憶しているほうですが、
さすがにハーフくんの年頃のことは覚えていません(←あたりまえ)。
一番古い記憶で、たぶん2歳くらいだと思います。
私は庭にいて、そこからおうちを見ていて、
おうちには母が赤ちゃんを抱っこしてすわっている、という光景。
妹が赤ちゃんなら、私は2歳です。

記憶力が良い、といっても、暗記は苦手です。
ロースクールには暗記力の高い人たちがたくさんいました。
私の記憶力は、
「こんなことあったよね」
「だれそれさんが、あんなこと言ったよね」
「あの日は、だれとだれとだれがいたよね」
と、そういう種類の、覚えていてもほとんど意味のないようなことばかり。
今のところまだ科学の解明に役立ったことはありません。

読んでくださってありがとうございます。
人気ブログランキングに参加しています。
応援クリックよろしくお願いいたします。

人気ブログランキングへ

こちらもお願いします。
にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by hadleywood | 2009-12-18 23:39 | 恋愛・結婚 | Comments(0)

海外暮らし10年、訪れた国30ヶ国、紆余曲折を経て、語学学校(WLA)の経営と外資系企業の法務部勤務をこなす日々☆旅行、美味しいもの、日々のいろいろ、ラテン音楽・サルサなどなど☆


by hadleywood